Amazon Web Services ブログ

Category: AWS Lambda@Edge

2018年2月のAWS Black Belt オンラインセミナーのご案内

こんにちは。ソリューションアーキテクトの有岡です。2018年2月のAWS Black Belt オンラインセミナーの配信についてご案内をさせて頂きます。 re:invent 2017の振り返りを終え、2018年2月のBlackBeltセミナーでは、ソリューションカットとしてAWS上での位置情報と動画配信ソリューション、Amazonのコンテナサービスをご紹介します。 サービスカットでは、クラウド型仮想デスクトップサービスのAmazon Workspaces、同じくBIツールのAmazon QuickSight、AWS Lambdaをエッジロケーションで活用する方法、エンタープライズのお客様でお使いになるケースの多いAWS Organizationsなど、盛り沢山でお送りします。   2月の開催予定 ソリューションカット 2月6日(火) 12:00~13:00 AWS における位置情報 2月13日(火) 12:00~13:00 動画配信 on AWS 2月20日(火) 12:00~13:00 Amazon Container Services サービスカット 2月7日(水) 18:00~19:00 Amazon Workspaces 2月14日(水) 18:00~19:00 AWS Organizations 2月21日(水) 18:00~19:00 AWS Lambda @ Edge 2月28日(水) 18:00~19:00 Amazon QuickSight お申し込みは、それぞれ上記のリンクより行って頂けます。キャンセルの際も連絡不要ですので是非お早めにご登録ください。Speaker、Staff 一同、みなさまのご参加をお待ちしております。    

Read More

Lambda@Edge – エッジで HTTP リクエストを”賢く”処理する

昨年、Lambda@Edge のプレビューをアナウンスし、お客様に近いロケーションでHTTPリクエストを”賢く”処理する方法を説明しました。プレビューに応募しアクセスを許可された開発者は Lambda@Edge を有効に活用し、非常に有用な多くのフィードバックをいただきました。プレビュー中に HTTP レスポンスの生成、CloudWatch Logs のサポートを追加し、フィードバックに基いてロードマップを更新しました。 一般提供の開始 本日、 Lambda@Edge の一般提供を開始できることを嬉しく思います。次のように利用できます: A/B テストを行うために cookie を検査し、 URL を書き換える ユーザーエージェントヘッダに基づいて、特別なオブジェクトを返す オリジンにリクエストを許可する前に、特定のヘッダを検索することでアクセスコントロールを実装する ヘッダを追加、削除または変更して様々なキャッシュ済オブジェクトに誘導する HTTP レスポンスを生成する 古い URL 形式のサポート ヘッダや URL を変更または簡略化して、キャッシュ使用率を改善する 他のインターネットリソースへ HTTP リクエストを行い、その結果を使用してレスポンスをカスタマイズする

Read More