Amazon Web Services ブログ

Category: Containers

AWS Proton の一般提供開始を発表

この記事は Announcing the general availability of AWS Proton を翻訳したものです。 re:Invent 2020 で AWS Proton を紹介してから半年が経ちましたが、本日、AWS Proton の一般提供が開始され、皆様の本番利用が可能になったことをお知らせします。 AWS Proton をご存じない方のために、まず AWS Proton とは何かをおさらいしましょう。続いて、この半年の間に追加された機能をご紹介します。

Read More

Amazon ECS on AWS Fargate を利用したコンテナイメージのビルド

この記事は Building container images on Amazon ECS on AWS Fargate を翻訳したものです。 コンテナイメージのビルドのプロセスは、アプリケーションのコード、ライブラリ、および依存関係を再利用可能なファイルシステムにパッケージ化することです。開発者は自分たちのコードと一緒に、コンテナイメージを組み立てるためのすべてのコマンドを含む Dockerfile を作成します。この Dockerfile は、Docker Engine に組み込まれているようなコンテナイメージのビルドツールを利用して、コンテナイメージを作成するために使用されます。ビルドされたコンテナイメージは、Amazon ECS や EKS のようなコンテナの実行環境でコンテナを作成するために使用されます。開発ワークフローの中では、開発者は例えばローカルの Docker Engine に対して docker build コマンドを実行して、コンテナイメージを各自のローカルマシン上でビルドします。

Read More

Amazon ECR’s credential helper が Amazon ECR Public をサポートしました

この記事は Amazon ECR’s credential helper now supports Amazon ECR Public を翻訳したものです。 amazon-ecr-credential-helper は Amazon Elastic Container Registry (ECR) をより簡単に利用できる Docker デーモンの credential helper です。ECR credential helper を設定すると、 AWS CLI および AWS SDK と同じ認証情報を自動的に利用してリポジトリへの安全なアクセスのための ECR の認証トークンを最初に取得し、次に docker push や docker pull などの使い慣れた Docker コマンドを使用するときに Docker デーモンにこのトークンを利用させます。これにより Docker CLI を利用する開発者やビルドスクリプトは、コンテナイメージをプッシュやプルする前に ECR API を明示的に使用してセキュアトークンを取得したり、トークンを使用して docker login を呼び出したりする必要がなくなりました。

Read More

【開催報告】「AWSへのマイグレーションのその先に ~リフト&シフトからのクラウド最適化~」セミナー

EC2スポットインスタンススペシャリスト ソリューションアーキテクトの滝口です。2021年6月3日にオンラインで開催された「AWSへのマイグレーションのその先に ~リフト&シフトからのクラウド最適化~」セミナーでは、200名を超える聴衆の方々にご参加いただき、AWSからの基調講演および技術解説、またリフト後のマイグレーションを成功裏に実施された、2社のお客様の具体的な事例をご紹介いただきました。 本記事では、お客様のご登壇資料を含む当日資料をご紹介し、また参加者の皆様からいただいた当日のQ&Aの一部をご紹介します。

Read More

Amazon EKS 1.20 がリリースされました

この記事は Amazon EKS 1.20 Released を翻訳したものです。 Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) チームは、Kubernetes 1.20 のサポートを発表できることを嬉しく思います。私は 2020 年の 9 月から 12 月まで、このリリースのアップストリームのリリースチームを務めるという特権に恵まれました。Amazon EKS のお客様が “The Raddest Release” (訳注: 最高のリリース) のその素晴らしさを体験できることを楽しみにしています。

Read More

Docker Compose と Amazon ECS を利用したソフトウェアデリバリの自動化

この記事は Automated software delivery using Docker Compose and Amazon ECS を翻訳したものです。 2020 年 11 月、Docker Compose for Amazon ECS の一般提供を開始しました。開発者はコンテナ化されたマイクロサービスベースのアプリケーションをワークステーションから取り出し、AWS クラウドに直接デプロイすることがさらに簡単になりました。以前紹介したこのブログにあるように、開発者は docker compose up コマンドを実行して既存の Docker Compose ファイルをそのまま Amazon ECS にデプロイできます。Docker Compose for Amazon ECS を活用することで、開発者はアプリケーションをローカルで開発する場合と Amazon ECS で実行する場合で一貫したフレームワークを持つことができます。

Read More

Amazon ECS Anywhere の開始方法 – 一般提供の開始

Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) が 2014 年にリリースされて以来、AWS は、モバイルデバイス用のサービスである AWS Wavelength や、AWS が所有するフルマネージド型のハードウェアを使用して、お客様の環境に拡張するサービスである AWS Outposts など、AWS リージョンの外で Amazon ECS タスクを実行するための他のオプションをリリースしてきました。 しかし、規制、レイテンシー、データ所在地に関する要件、または既存のインフラストラクチャへの投資を活用したいという要望を理由として、アプリケーションをオンプレミスで実行する必要があるお客様もいます。このような場合、お客様は個別のコンテナオーケストレーションソフトウェアをインストール、運用、管理する必要があり、AWS 環境とオンプレミス環境全体でさまざまなツールを使用する必要があります。お客様からは、このような複雑さとコストを増大させることなく、オンプレミスのコンテナを管理する方法を求める声が寄せられました。

Read More

AWS Copilot CLI を使用した永続性を持つ AWS App Runner サービスの継続的ワークフローの実現

この記事は Enabling continuous workflows for AWS App Runner service with persistency using AWS Copilot CLI を翻訳したものです。 AWS は最近、AWS App Runner と呼ばれる新しいサービスを開始しました。これは、コンテナ化されたステートレスな Web アプリケーションを AWS でビルドして実行する最も簡単な方法です。App Runner は、ビルドパイプライン、ロードバランサー、スケールインとスケールアウト、そしてもちろんその基盤となるインフラストラクチャなど、コンテナを実行するために必要なすべてのリソースをプロビジョニングおよび管理します。 App Runner は Web 層の優れた抽象化レイヤーとして機能し、ステートレスな Web アプリケーションを最も簡単にデプロイして実行することができますが、外部の依存関係が必要になる場合があります。例えば、Web アプリケーションは、DynamoDB テーブルや S3 バケットなど、データ層として他の AWS リソースを必要とするかもしれません。 その必要なリソースをプロビジョニングして管理するには、どのような選択肢があるでしょうか?マネジメントコンソールや AWS CLI を使って作成しますか?それも一部のユーザーには有効ですが、一貫したデプロイメントのためには、より優れた方法が必要かもしれません。CloudFormation や Terraform のテンプレートをスクラッチから書くのはどうでしょうか?これにより、リソースを高度に構成管理することができ、継続的に管理できますが、明らかに簡単な作業ではありません。App Runner のベータ版ユーザーの一部からは、App Runner と同じくらいシンプルに依存するリソースを管理する方法を探しているというフィードバックがありました。 そこで Copilot の出番です。Copilot は […]

Read More

Amazon ECS-optimized Amazon Linux AMI のサポート期間終了について

この記事は Amazon ECS-optimized Amazon Linux AMI End-of-Life を翻訳したものです。 2021 年 4 月 16 日更新 – Amazon ECS-optimized Amazon Linux AMI は 2021 年 4 月 15 日に標準サポートを終了し、メンテナンスサポート期間に入りました。 2015 年のローンチ以来、Amazon ECS-optimized Amazon Linux AMI は多くのお客様がコンテナ化された Linux ベースのアプリケーションを Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) 上に構築する手助けをしてきました。この AMI を利用することにより、お客様は最新バージョンの Amazon Linux OS に依存した Amazon ECS コンテナエージェント、Docker デーモン、および Docker ランタイムがバンドルされた環境でコンテナ化されたアプリケーションを実行できます。2018 年 […]

Read More

GitOps を用いた Amazon EKS の自動化

元の記事:https://aws.amazon.com/jp/blogs/containers/automating-amazon-eks-with-gitops/ 本記事は Weaveworks のコンテンツディレクターの Anita Buehrle による寄稿記事です。 企業は速く進むことを望んでいます。より頻繁に、より確実に、そしてなるべく少ないオーバーヘッドでデプロイする必要があります。GitOps は Kubernetes で実行されている複雑なアプリケーションやインフラストラクチャを開発者が管理および更新するための迅速かつ安全な方法です。 GitOps は運用とアプリケーションデプロイのワークフローであり、クラウドネイティブアプリケーションのインフラストラクチャとデプロイの両方を管理するための一連のベストプラクティスです。この記事は二部構成になっています。第 1 部では GitOps がどのように動作し、利点が何であるかについての説明とともに、GitOps の歴史もお話します。第 2 部では、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) への継続的デプロイのパイプラインを Flux でどのようにセットアップするかを説明したハンズオンチュートリアルを用いて、自分自身で GitOps を試してみることができます。 GitOps とは何か? Weaveworks の CEO の Alexis Richardson による造語である GitOps は Kubernetes およびその他のクラウドネイティブ技術の運用モデルです。クラスターとアプリケーションのデプロイ、管理、そしてモニタリングを統合する、一連のベストプラクティスを提供します。言い換えると、アプリケーション管理にデベロッパーの手法を適用していくということであり、運用と開発の両方にエンドツーエンドの CI および CD パイプラインと Git ワークフローが適用されます。 GitOps の原則 GitOps が実際に機能するためには、チームが次の原則を実施している必要があります。 #1. システム全体が宣言的に記述されている […]

Read More