Amazon Web Services ブログ

Tag: Fargate

EKS Fargate にデプロイされた ADOT コレクターインスタンスのパイプラインコンポーネント

AWS Distro for OpenTelemetry を使用した CloudWatch Container Insights の EKS Fargate サポートのご紹介

この記事は Introducing Amazon CloudWatch Container Insights for Amazon EKS Fargate using AWS Distro for OpenTelemetry (記事公開日: 2022 年 2 月 17 日) を翻訳したものです。 イントロダクション Amazon CloudWatch Container Insights は、お客様がコンテナ化されたアプリケーションやマイクロサービスからメトリクスやログを収集、集約、要約するのに役立ちます。メトリクスデータは、埋め込みメトリクスフォーマット (Embedded Metric Format, EMF) を使用したパフォーマンスログイベントとして収集されます。これらのパフォーマンスログイベントは、構造化された JSON スキーマを使用しており、カーディナリティの高いデータを大規模に取り込んで保存することが可能です。このデータから、CloudWatch はクラスター、ノード、Pod、タスク、および Service の各レベルで集約されたメトリクスを CloudWatch メトリクスとして作成します。Container Insights が収集したメトリクスは、CloudWatch の自動ダッシュボードで利用できます。

Read More

Amazon ECS と AWS Fargate を利用した Twelve-Factor Apps の開発

この記事は、Developing Twelve-Factor Apps using Amazon ECS and AWS Fargate を翻訳したものです。 本投稿は、Solutions Architect の Sushanth Mangalore と Chance Lee により寄稿されました。 はじめに The Twelve-Aactor App と呼ばれる方法論は、モダンでスケーラブル、かつメンテナンス性に優れた Software-as-a-Service アプリケーションの構築に役立ちます。この方法論はテクノロジーにとらわれず、クラウドネイティブアプリケーションを開発するためのアプローチとして広く採用されています。 AWS で Twelve-Factor アプリケーションを開発するには、いくつかの方法があります。コンテナ技術をベースにしたソリューションは、Twelve-Factor アプリケーションに自然に適合します。この投稿では、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) の Fargate 起動タイプを使用して開発されたサンプルソリューションを通じて、この方法論の要点を説明します。もし AWS 上でコンテナソリューションをすでに構築し始めている場合、この投稿で提供される情報は Twelve-Factor のコンテナアプリケーションアーキテクチャを計画するためのガイダンスとして使用できます。ここで説明したコンセプトは、EC2 起動タイプの ECS ベースのアプリケーションや、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) ベースのアプリケーションにも同様に適用できます。 ソリューションの概要 サンプルのソリューションでは、コンテナベースの Python […]

Read More

Amazon EFS を利用して AWS Fargate 上の Amazon EKS でステートフルなワークロードを実行する

この記事は、Running stateful workloads with Amazon EKS on AWS Fargate using Amazon EFS を翻訳したものです。 本投稿は、Container Specialist Solutions Architect の Re Alvarez-Parmar と Sr Technical Account Manager の Vikram Venkataraman により寄稿されました。 Amazon Elastic Kubernetes Service (EKS) では、EC2インスタンスまたは AWS Fargate で Kubernetes ポッドを実行することができます。コンテナ用のサーバーレスコンピューティングエンジンである AWS Fargate を使用すると、サーバーの作成と管理、データプレーンのスケーリング、EC2 インスタンスの適切なサイズ設定、ワーカーノードのアップグレードの処理を行うことなく、Kubernetes ワークロードを実行できます。今のところ Fargate は、ステートレスなコンテナ化されたワークロードを安全で費用対効果の高い方法で実行するのに理想的です。Fargate は VM で分離された環境で各ポッドを実行し、ノードに自動的にパッチを適用するため安全です。Fargate では、ポッド用に構成したコンピューティングリソースに対してのみ課金されるため、費用対効果が高まります。最近リリースされた Amazon Elastic File System […]

Read More

Amazon ECS 上の Linux コンテナでの Windows 認証の使用

この記事は、Using Windows Authentication with Linux Containers on Amazon ECS を翻訳したものです。 本投稿は、Sr Solutions Architect の Matt Cline により寄稿されました。 統合 Windows 認証 (または統合認証) は、クライアントおよびアプリケーションが SQL Server データベースに接続するための推奨メカニズムですが、コンテナ化されたワークロードを実行する場合、統合 Windows 認証の使用は複雑な場合があります。一般的に統合 Windows 認証クライアントは SQL Server データベースと同じドメインに参加しますが、個々のコンテナは恒久的な実行ではないためにドメインに参加することは適切ではありません。 この記事は、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) で実行されている Linux コンテナを設定して、コンテナをドメインに参加させることなく、統合 Windows 認証を使用して SQL Server データベースに接続する方法を示します。この例では AWS Fargate を使用してコンテナを実行しますが、このソリューションを少し変更して別のコンテナランタイムまたはコントロールプレーンにデプロイすることもできます。 概要 この例は Microsoft Active Directory 用のAWS […]

Read More

New – Amazon ECS Exec による AWS Fargate, Amazon EC2 上のコンテナへのアクセス

この記事は、 NEW – Using Amazon ECS Exec to access your containers on AWS Fargate and Amazon EC2 を翻訳したものです。 本日、開発者、運用者を含むすべての Amazon ECS ユーザに向けて、 Amazon EC2 もしくは AWS Fargate にデプロイされたタスク内のコンテナに “Exec” する機能を発表しました。この新しい機能は、 ECS Exec と名付けられ、コンテナに対して対話型のシェル、あるいは一つのコマンドを実行できるようになります。これは AWS コンテナロードマップ上で最も要望の多かった機能の一つであり、一般公開できることを大変嬉しく思います。 ユーザが個々のコンテナに SSH 接続すべきでなく、監視やデバッグ、ログ分析のために適切な可観測性の仕組みを導入することは、コンテナ利用においてよく知られるセキュリティのベストプラクティスです。この発表は、ベストプラクティスを変更することなく、アプリケーションのセキュリティを改善するのに役立ちます。アプリケーション開発サイクルの初期段階においては、迅速なフィードバックループを回す必要がある場面がしばしばあります。例えば、あなたがローカル環境で開発とテストを行っていて、 docker exec を利用している場合、この新しい ECS の機能はきっと役に立つでしょう。またこの機能は、本番環境で重要度の高い問題をデバッグするために、コンテナへの “緊急用アクセス” が必要になる場合にも役立ちます。ここで、コンテナに対して “Exec” する時に利用できるツールと機能は、コンテナ内にインストールされているもののみであることに注意が必要です。つまり、例えば netstat や heapdump コマンドがコンテナのベースイメージにインストールされていない場合、それらを使用することはできません。 この機能をアナウンスするまでは、 ECS ユーザが EC2 […]

Read More

EKS と Fargate、AWS Compute Savings Plans で Pod の料金を節約する

この記事は、Saving money a pod at a time with EKS, Fargate, and AWS Compute Savings Plans を翻訳したものです。 re:Invent 2019 では、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) で、Kubernetes の Pod を AWS Fargate にデプロイできるようになったことが発表されました。その発表以降、多くのお客様が実際に Fargate 、つまりコンテナを実行するためのサーバーレスインフラストラクチャーに Kubernetes の Pod をデプロイしています。Fargate を利用することで、クラスターの管理やパッチの適用、セキュリティやアイソレーション、スケーリングといった様々な運用業務、「差別化にならない重労働( undifferentiated heavy lifting )」から解放されます。 Amazon EKS と Fargate の詳細については、re:Invent のブレイクアウトセッションでも掘り下げられています。 AWS Fargate は AWS Compute Savings Plans […]

Read More

Amazon ECS Fargate/EC2 起動タイプでの理論的なコスト最適化手法

この記事は、 Theoretical cost optimization by Amazon ECS launch type: Fargate vs EC2 を翻訳したものです。 本ブログは Julia Beck, Thomas Le Moullec, Kevin Polossat, and Sam Sanders によって投稿されました。 お客様から、 Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) のベストプラクティスについてご質問をいただくことがよくあります。特に、 Well-Architected Framework の コスト最適化 の柱に注目されるケースがあります。こちらに関する大きな要因の 1 つには、お客様が EC2 もしくは Fargate 起動タイプという選択肢をとることができるという点が考えられます。2019年には Fargate 起動タイプについて 最大50%の値下げ が発表され、また現在は Fargate Spot や Savings Plan も発表されており、大きく節約することが可能です。これらの考慮事項を踏まえて、 2 […]

Read More

AWS Proton はじめの一歩

この記事は、 AWS Proton: A first look を翻訳したものです。 ※日本語字幕の表示には、設定 → 字幕 → 自動翻訳 → 日本語をご選択ください 我々がお客様のエンジニアチームと会話するときに、特にエンタープライズ規模のお客様の場合、開発チームとプラットフォームチームに分かれて組織化されていることがよくあります。通常、開発チームはサービスの作成とメンテナンスを担当し、プラットフォームチームは開発チームが簡単にサービスを展開できるようなツールを構築しています。このツールには多くの場合、ビルドパイプラインや可観測性、スケーリング、およびセキュリティについての既知のベストプラクティスが組み込まれています。

Read More

re:Invent 2020: AWS Containers Track

re:Inventは11月30日 (月) 〜12月18日 (金) の3週間を通して開催される無料かつ完全オンラインのカンファレンスです。 今週より、登録済みのお客様は多岐に渡るAWSサービスに関するライブ及びオンデマンドのセッションへアクセスすることができます。本記事ではコンテナサービスのトラック、例えば Amazon ECS、Amazon EKS、AWS Fargate、Amazon ECR、AWS App Meshに関連するセッションについてご紹介させていただきます。また、お客様のフィードバックに基づき、今年は過去人気の高かった“Getting Started”セッションやリーダシップトーク、お客様事例のセッションを復活させました。 去年のre:Invent 2019からの進化をお客様へご共有できること、心より嬉しく思います。是非ご登録いただき、アジェンダよりご覧になりたいセッションをカレンダーへ追加してください。 ローンチセッション An introduction to Amazon ECS Anywhere, Massimo Re Ferre, Principal Technologist Amazon ECS キャパシティプロバイダーは、コンテナ化されたワークロードをさまざまなタイプのコンピュートキャパシティで実行できるようにする柔軟なルール定義機能およびそのキャパシティのスケーリング管理機能を提供するものです。本セッションでは、“オンプレミス”キャパシティプロバイダーがどのようにして多種のキャパシティ上で起動するAmazon ECSタスクやサービスを統一されたAPIを使って、コントロールプレーンの追加的ソフトウェアが必要なく管理できるかを見ていきます。オンプレミス、或いは別のクライド上でコンテナをAmazon ECSからオーケストレーションする方法についてご案内します。 セッション詳細 12月9日 2020 | 7:30 AM – 8:00 AM JST 12月9日 2020 | 3:30 PM – 4:00 PM JST 12月9日 2020 | […]

Read More