Amazon Web Services ブログ

Tag: Open Source

Bottlerocket ECS Updater に Deep Diveする

この記事は A deep dive into Bottlerocket ECS Updater を翻訳したものです。 先月 (2021 年7 月)、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) に最適化された Bottlerocket AMI の一般提供を発表しました。この記事では、Bottlerocket ECS Updater に焦点を当ててみたいと思います。Bottlerocket ECS Updater は ECS クラスターにインストールできるサービスで、Bottlerocket のコンテナインスタンスを最新の状態に保つことができます。 サービスの仕組みを詳しく説明する前に、Bottlerocket でアップデートがどのように適用されるかを説明する必要があります (Bottlerocket の GitHub リポジトリ に 詳細が記載されていますのでご参照ください)。Bottlerocket のアップデートは、一般的なオペレーティングシステムで慣れ親しんだものとはかなり異なっています。一般的なオペレーティングシステムでは、個々のソフトウェアコンポーネントを 1 つずつアップデートすることができますが、Bottlerocket はオペレーティングシステム全体を一度にアップデートします。

Read More
FireLens の内部構造を示す図。

詳解 FireLens – Amazon ECS タスクで高度なログルーティングを実現する機能を深く知る

この記事は Under the hood: FireLens for Amazon ECS Task (記事公開日: 2019 年 11 月 18 日) を翻訳したものです。 2019 年 11 月、Amazon ECS は FireLens によるカスタムログルーティングのサポートを発表しました。FireLens によって、人気の高いオープンソースのロギングプロジェクトである Fluentd や Fluent Bit を簡単に使用することができ、さまざまな AWS サービスやパートナーの宛先にログを送信することができます。 この記事では、私たちがなぜ、どのようにして FireLens を作ったのか、詳しく説明します。また、私が FireLens を使用した結果を共有し、FireLens を設定するための推奨事項を紹介します。この記事では、FireLens、Fluent Bit や Fluentd について深く掘り下げます。Fluentd や Fluent Bit に馴染みのない方は、読み進める前に、Fluentd や Fluent Bit と FireLens のドキュメントをよく理解しておくことをお勧めします。

Read More

AWS Cloud Development Kit v2 開発者プレビューのお知らせ

AWS Cloud Development Kit (AWS CDK) v2が開発者プレビューとして、TypeScript、Python、Java、C#、Go言語で利用できるようになりました。AWS CDKは、使い慣れたプログラミング言語を使ってクラウドアプリケーションのリソースをモデル化し、プロビジョニングするためのオープンソースのソフトウェア開発フレームワークです。AWS CDKを使用すると、インフラストラクチャをコードとして定義し、AWS CloudFormationを通じてプロビジョニングすることができます。AWS CDKは、実績のあるデフォルト値で事前に設定された高レベルなコンポーネントを提供しているため、専門家でなくてもクラウドアプリケーションを構築することができます。また、組織の要件を組み込んだ独自のカスタムコンポーネントを構成して共有することができるため、チームが新しいプロジェクトを迅速に開始することができます。 2019年7月には、TypeScriptとPython向けのAWS CDK v1の一般提供を発表しました。それ以降、JavaとC#の追加言語のサポートをリリースし、Go言語バインディングの開発者プレビューをリリースしました。今回はv2のプレビューリリースを発表します。このリリースによりAWS CDKをより簡単に利用できるようになり、また今後のバージョンアップに対応することがより容易になります。 AWS CDK v1アプリケーションの最新マイナーバージョンからv2への移行は、比較的簡単です。まずAWSアカウントで再度ブートストラップ (cdk bootstrap) をする必要がありますが、これは各リージョンで一度だけの作業です。ほとんどのプロジェクトでは、インポート文を更新し、合成(synth) し、デプロイするだけで済みます。リソースに若干の変更があるかもしれませんが、リソースの作り直しが必要になるようなことはありません。 この記事では、AWS CDK v1とv2の間の変更点をご紹介します。

Read More