Amazon Web Services ブログ

Category: News

EC2 インスタンスの更新 – NVMe ストレージを搭載する M5 インスタンス (M5d)

今月はじめに NVMe ローカルストレージを搭載した C5 インスタンスの提供を開始し、近い将来に NVMe ローカルストレージを搭載したインスタンスタイプをさらに追加するとお伝えしました。 本日、NVMe ローカルストレージを搭載した M5 インスタンスを発表します。このインスタンスは 5 つのリージョンで即時ご利用可能で、コンピューティングリソースとメモリリソースのバランスが要求されるワークロードに非常に適しています。そのスペックは次のとおりです。 インスタンス名 vCPU RAM ローカルストレージ EBS 最適化された帯域幅 ネットワーク帯域幅 m5d.large 2 8 GiB 1 x 75 GB NVMe SSD 最大 2.120 Gbps 最大 10 Gbps m5d.xlarge 4 16 GiB 1 x 150 GB NVMe SSD 最大 2.120 Gbps 最大 10 Gbps m5d.2xlarge 8 32 […]

Read More

AWS IoT 1-Click – Lambda 関数のトリガーにシンプルなデバイスを使用する

AWS re:Invent 2017 にて AWS IoT 1-Click のプレビューを発表しました。その後、平易であること、完全な設定不要のエクスペリエンスであることに重点を置き、調整を重ねてきました。幅広い利用者に IoT を提供し、ご利用いただけるようにするために設計された AWS IoT 1-Click がついに一般公開のときを迎え、AWS と AT&T からリリースされた最新の IoT ボタンでご利用いただけるようになります。 ひと月かふた月ほど前、ブログ記事の準備をするためにこのサービスについて学ぼうと、開発チームをたずねました。このミーティングの間、彼らから一組の IoT ボタンを借りて、クリエイティブな使い方に思いを馳せました。思いついたアイデアをいくつかご紹介しましょう。 ヘルプリクエスト – 今月の初め、ロサンゼルスで HackTillDawn ハッカソンに参加し、とても和やかなウィークエンドを過ごしました。参加者は遠隔地からハッキングに参加していたため、AWS、機械学習、Amazon SageMaker、および AWS DeepLens などについて質問されることも時たまありました。AWS ソリューションアーキテクトが大勢近くにいたものの (目立つようにおしゃれで個性的な AWS のシャツで会場に華を添えていました)、各チームに IoT ボタンを使えるのではないかと考えました。ボタンを押すと、SMS を介して SA クルーに通知が行き、クルーが正しいテーブルに直行します。 カメラの制御 – Tim Bray と私は、AWS の動画スタジオでAWS Messaging に関する Tim のシリーズの 1 話目を撮影する準備をしていました。 Twitch ストリームを開始する数分前、ズームイン画面に切り替えるためにカメラマンに指示を送る明確で目立たない方法がないことに気付きました。ここでも、IoT ボタンが […]

Read More

Amazon Sumerian – GAのお知らせ

当社は AWS re:Invent 2017 で Amazon Sumerian を発表しました。Tara のブログ記事 (Amazon Sumerian: VR、AR、3D 体験を作成する簡単な方法の紹介) にあるように、Sumerian は特別なプログラミングや 3D グラフィックスの専門知識を必要としません。モバイルデバイス、ヘッドマウントディスプレイ、デジタルサイネージ、ウェブブラウザなど幅広い一般的なハードウェアプラットフォームで、VR、AR、3D 体験を構築できます。 Sumerian が一般提供されたことをお知らせします。3D モデリング、アニメーション、照明、オーディオ編集、プログラミングのための特別なツールを購入または習得することなく、リアルな仮想環境とシーンを作成できます。ビルド後はカスタムコードを記述したり、特殊なデプロイシステムやプロセスを処理することなく、完成した作品を複数のプラットフォームにデプロイできます。 Sumerian はウェブベースのエディタを提供し、これを使用してリアルでプロフェッショナル品質のシーンをすばやく簡単に作成できます。オブジェクトやキャラクター (Sumerian Hosts) がユーザー操作に反応する方法を制御するロジックを構築するためのビジュアルスクリプティングツールがあります。Sumerian は、Amazon Lex、Polly、AWS Lambda、AWS IoT、Amazon DynamoDB などの AWS によるリッチで自然な対話を作成することもできます。 Sumerian は複数のプラットフォームで動作するように設計されています。Sumerian で作成した VR や AR アプリケーションは、WebGL や WebVR をサポートするブラウザおよび Oculus Rift、HTC Vive、iOS または Android 搭載の一般的なデバイスで動作します。 プレビュー期間中、当社は幅広い顧客に Sumerian のテストに参加してもらい、従業員教育、トレーニングシミュレーション、現場サービス生産性、仮想コンシェルジュ、設計と制作、ブランドエンゲージメントなど多様なユースケースをハイライトするように設計された PoC (概念実証) […]

Read More

Amazon Aurora Backtrack – 時間を巻き戻す

こんなご経験、皆さんにもありますよね。重要なプロダクションデータベースに素早く、見かけ上はシンプルな修正を加えなければならないという状況。まずクエリを作成して、ざっと目を通し、そして実行キーを押す。数秒後、WHERE 句を書き忘れたとか、ドロップしたのが誤ったテーブルだったとか、または、他にも深刻な間違いがあったことに気づき、クエリを中断するものの、すでに一部の変更は反映されてしまっている。あなたは深いため息をつき、歯の間から弱々しい音をもらし、Undo (元に戻す) 機能があればよかったのにとうつむくのです。さて、次はどうしますか? 最新の Amazon Aurora Backtrack 今日は Amazon Aurora の新しい「巻き戻し」機能についてご紹介します。 これは現在の技術レベルで可能な、現実世界を「元に戻す」のに最も近い方法です。 この機能は新しく開始される Aurora データベースクラスターで有効にすることができます。 これを有効にするには、巻き戻す必要がある可能性のある時間を指定するだけで、そのあとは通常通りにデータベースを使用します (以下は事前設定の設定ページ): Aurora は分散型ログ構造ストレージシステム (詳細については Design Considerations for High Throughput Cloud-Native Relational Databases を参照) を採用しています。データベースへ変更を加えるたびに新しいログレコードが作成され、ログシーケンス番号 (LSN) が生成されます。巻き戻し機能を有効にすることで、LSN のストレージ用クラスターに FIFO バッファーがプロビジョニングされます。これにより、素早いアクセスと秒単位で測定されたリカバリ時間が利用できるようになります。 すべてが失われたように思えたその絶望的な瞬間のあと、あなたはただアプリケーションを一時停止し、Aurora コンソールを開いてクラスターを選択して [Backtrack DB cluster] (DB クラスターを巻き戻す) をクリックするだけです。 それから Backtrack を指定し、取り返しのつかない過ちを犯してしまった寸前を選び、[Backtrack DB cluster] (DB クラスターを巻き戻す) をクリックします。 それから巻き戻しが終わるまで待ち、アプリケーションを再開して、何ごともなかったかのように作業に戻ります。巻き戻し機能を開始すると、Aurora はデータベースを一時停止し、すべての接続を遮断して、コミットされていない書き込みをドロップし、巻き戻し機能が完了するのを待ちます。その後、通常のオペレーションを再開して、リクエストを受け入れます。 巻き戻し機能の実行中、インスタンスの状態は […]

Read More

EC2 スポットインスタンスと TIBCO GridServer を使用して AWS 上で 130万個の vCPU グリッドを作成する

私の同僚の多くがお客様に会い、お客様の声に耳を傾けるといった機会を持てることは幸運です。これによりお客様のビジネスやテクノロジーのニーズをより満足させる方法を見つけるのに最善を尽せます。この情報は細心の注意を払って扱い、新しいサービスと新機能のロードマップに取り組むときに利用します。 金融サービス業界 (FSI) の AWS を利用するお客様は、2019年から2021年に実施される FRTB (Fundamental Review of Trading Book) の規制に備えています。とりわけ、それぞれの金融機関がニューヨークで取引が終了してから東京で開始するまでの4時間の時間枠内に「バリュー・アット・リスク」の計算を実行しなければならなという新しい方法取り組みが規定されます。現在、このミッションクリティカルな計算は、20万個の vCPU (仮想CPU) のリソースを消費していますが、本規制により 40万 〜 80万個の vCPU (仮想CPU) に増加する見込みです。この高いスループットの計算を実行するのに必要な規模や回数などについては、まだ議論が必要ですが、全体的な方向性は明確になっています。 FSIのお客様がこれらの新しい規制に対処できるようサポート体制が整ったことを確かなものにするため、TIBCOと協力して、 AWSクラウドでPoC (概念実証) を実施します。4時間以内に処理を完了するために必要な処理能力とストレージ量が伴う計算には、費用対効果の高く、オンデマンドで膨大な量の計算能力を利用できる環境が最も適しています。 当社のお客様は、すでにオンプレミスの TIBCO GridServer をクラウドで利用することを検討しています。本製品は、エンタープライズ規模でグリッドを実行するように設計されています。仮想化された方法でアプリケーションを実行し、リソースの要求を受諾し、必要に応じて動的にプロビジョニングします。クラウド版では、Amazon Linux だけでなく、PostgreSQL と互換性のある Amazon Aurora サポートしています。 TIBCOと協力して、現在のハイエンド予測である 80万個の vCPU よりも大幅に大きいグリッドを作成し、50% の安全係数を追加した 130万個の vCPU (オンプレミスの5倍の規模) まで拡張しました。この目標を念頭に置いて、アカウント制限を次のように引き上げました。 スポットインスタンス制限 – 120,000 EBS ボリューム制限 – 120,000 EBS 容量制限 – […]

Read More

EC2 フリート – 1 回のリクエストで、大量のオンデマンドおよびスポットインスタンスを管理する

EC2 スポットフリートは実に画期的です。EC2 インスタンスタイプからアベイラビリティーゾーンに至るスポットインスタンスのフリートを、容量を見つけたり料金を監視するためのカスタムコードなしに開始できるようになります。アプリケーションに意味のある単位で対象の容量 (フリートのサイズ) を設定し、スポットフリートを作成して、自分の代わりにフリートの管理を任せることができます。私たちのお客様はあらゆる種類のスポットフリートを作成しています。たとえば、ある金融サービスのお客様は 10 個の異なる EC2 インスタンスタイプで、モンテカルロのシミュレーションを実行しています。このお客様は日常的に大量の vCPU のリクエストを作成し、可能な限り安価に大容量のアクセスを提供するという作業をスポットフリートに任せています。 EC2 フリート 本日、私たちは EC2 フリートを使ったスポットフリートで、自分たちが開拓した「一度設定するだけであとはお任せ」のモデルを拡張し、一般でも利用できるようになりました。これはユーザーにフリートを作成する新しいビルディングブロックで、EC2 オンデマンド、リザーブド、スポットの各インスタンスの組み合わせを 1 度の API コールで構成したものです。皆さんの必要なもの、容量、インスタンスまわりのことを聞かせてください。私たちがまとめて面倒見ます。私たちは足場組み的なコードを書く必要なく、必要に応じてインスタンスを開始、管理、監視、およびスケールします。 ユーザーはインスタンス、vCPU、またはアプリケーション指向の単位を条件にフリートの容量を指定し、また、スポットインスタンスで処理すべき容量の程度を指定できます。アプリケーション指向の単位を使用することで、ユーザーはアプリケーションのニーズを直接マップする方法で、各 EC2 インスタンスタイプの関連する性能を指定できます。3 つの容量指定オプション (インスタンス、vCPU、アプリケーション指向単位) はいずれも重量値として知られています。 この機能を使ってフリートにインスタンスを容易に管理させる方法が多数見つかるはずです。また、チームの近い将来のロードマップもきっと皆さんのお役に立つと思います (これについてはすぐに詳しくお話しします)。 EC2 フリートの使用 ステートレスのウェブサービス、ビッグデータクラスターを実行しているのであれ、継続的な統合パイプラインを実行しているのであれ、この機能を活用できる方法は多数あります。今日は、ゲノムのプロセスに EC2 フリートをどのように使用できるかについて説明しますが、これはリスクの分析、ログのプロセス、イメージのレンダリングといったワークロードと似ています。最近の DNA シークエンサーは毎日数テラバイトの未加工データを生成する可能性があり、これを適宜意味のある情報へプロセスするには、大量の処理能力が必要になります。ここでは従属的な分析タスクを並行的に走らせることで、大量のデータを超高速で処理してくれるワーカーノード「グリッド」のデプロイ方法をご紹介します。 ゲノム解析プロジェクトでは、数百、ときには数千のサーバー上で新しいパイプラインを実験し、試すために、EC2 の提供する伸縮性を使用できます。EC2 を利用すれば、必要なときすぐに必要な量のコアにアクセスでき、お支払いいただくのは使用した分のみです。今日からは RunInstances API または Auto Scaling グループをグリッドのオンデマンドおよびリザーブドインスタンスポーションに使用する必要があります。最高のコストパフォーマンスを得るために、もしパワフルなセカンダリ分析にスポットインスタンスを追加するのであれば、異なるインスタンスタイプをもつスポットフリートか複数の Spot Auto Scaling グループを追加する必要もあります。最後に、複数の API と Auto Scaling グループでスケーリングの決定を自動化するには、グリッドの進捗とバックログに定期的にアクセスする Lambda […]

Read More

AWS Database Migration Service と AWS Schema Conversion Tool がソースとしての IBM Db2 LUW をサポート開始

AWS SCT がLinux、UNIX、Windows (LUW) 用の IBM Db2 からAWS上でサポートされているオープンソースデータベースにオブジェクトを変換できるようになりました。これには Amazon RDS for PostgreSQL と RDS for MySQL、Amazon Aurora (MySQL and PostgreSQL compatible) を含みます。同時に、AWS DMS のソースとしての IBM Db2 for LUW の一般リリースも発表します。この発表は、AWS DMS を使用して Db2 for LUW から AWS DMS でサポートされているすべてのターゲットに移行できることを意味します。これらの機能は、Db2 for LUW からクラウドへの移行に役立ちます。

Read More

AWS サポート – 最初の 10 年

AWS ではちょうど 10 年前に、Amazon EC2、Amazon S3、および Amazon SQS に焦点を当てたゴールドプランとシルバープランで AWS サポートを開始しました。シアトルの小さなチームが支えるこれらの開始当初のサポート提供から始まった AWS サポートは、現在 60 を超える場所で働く何千人もの人々で成り立っています。 これまでを振り返って 長い年月を経て、これらのサポートは AWS のますます多様化するカスタマーベースのニーズを満たすために成熟し、進化しました。AWS は、一番初めの実験から、ミッションクリティカルなワークロードとアプリケーションをデプロイするときまで、クラウド採用の旅におけるあらゆる段階でお客様をサポートすることを目標としています。 私たちは、AWS のサポートモデルを有益な先を見越したものとするために尽力してきました。AWS では、お客様がセキュアで堅固、かつ信頼できるシステムを構築するために役立つツール、アラート、および知識を提供するために最善を尽くしています。以下は、この目標に向けた最近の取り組みの一部です。 Trusted Advisor S3 バケットポリシーチェック – AWS Trusted Advisor は 5 つのカテゴリーのチェックを提供し、セキュリティとパフォーマンスを向上させるように設計された推奨事項を提供します。AWS は今年の初めに、S3 バケットアクセス権限チェックが無料になり、すべての AWS ユーザーにご利用いただけるようになったことを発表しました。AWS サポートのビジネスまたはプロフェッショナルレベルに加入されている場合は、Amazon CloudWatch Events を使ってこのチェック (およびその他多くの事柄) を監視できます。これは、人手を介さずにバケットを監視してセキュア化するために使用できます。 Personal Health Dashboard – このツールは、AWS でお客様に影響を与える可能性があるイベントが発生しているときにアラートとガイダンスを提供します。お使いの AWS リソースの基礎となる AWS のサービスのパフォーマンスと可用性に関するパーソナライズされたビューを見ることができます。また、必要に応じて自動フェイルオーバーと修復を開始できるように、Amazon CloudWatch […]

Read More

新しい AWS ブロックチェーンテンプレートを使用してブロックチェーンを始める

ブロックチェーンテクノロジーに関する今日の議論の多くは、古典的な Shimmer のフロアワックスの寸劇を思い出させます。Dan Aykroyd によれば、Shimmer はデザートのトッピングです。Gilda Radner はそれがフロアワックスであると主張し、Chevy Chase が議論を解決し、実際には両方であることを明らかにします。私が話している人々の中には、ブロックチェーンは新しい金融システムの基盤であり、国際的な支払いを促進する手段であると見る人がいます。他の人々は、ブロックチェーンを分散された元帳、物流、サプライチェーン、土地の登記、クラウドファンディング、その他のユースケースに適用できる不変のデータソースと見ています。いずれにしても、興味深い可能性がたくさんあり、お客様がこの技術をより効果的に使用できるよう支援しています。 本日、AWS ブロックチェーンテンプレートを開始します。これらのテンプレートを使用すると、Ethereum (パブリックまたはプライベート) や Hyperledger Fabric (プライベート) ネットワークをほんの数分で、数回クリックするだけで始めることができます。テンプレートが、堅牢でスケーラブルな方法で動かすために必要なすべての AWS リソースを作成し、設定します。 プライベート Ethereum ネットワークの開始 Ethereum テンプレートには、2 つの起動オプションがあります。ecs オプションは、Virtual Private Cloud (VPC) 内に Amazon ECS クラスターを作成し、クラスターで一連の Docker イメージを起動します。また、docker-local オプションも VPC で実行され、Docker イメージを EC2 インスタンスで起動します。このテンプレートは、Ethereum のマイニング、EthStats と EthExplorer のステータスページ、Ethereum RPC プロトコルを実装し、応答するノードのセットをサポートしています。どちらのオプションも、サービス検出のための DynamoDB テーブルを作成して使用し、ステータスページのための Application Load Balancer も使用します。 Ethereum […]

Read More

AWS AppSync – 6 つの新機能を加え本番提供開始

データ指向のウェブおよびモバイルアプリを構築し (または構築したいと思い)、リアルタイムの更新やオフライン作業の機能が必要な場合は、AWS AppSync を確認する必要があります。AWS re:Invent 2017 においてプレビュー形式で発表され、ここで詳しく説明されている AWS AppSync は、iOS、Android、JavaScript、および React Native アプリで使用するために設計されています。AWS AppSync は、アプリケーションでクラウドから必要とする正確なデータを要求することを容易にするオープンで標準化されたクエリー言語である GraphQL を中心に構築されています。 アプリケーション開発プロセスを簡素化し、合理化する次の新しい 6 つの機能を備えた AWS AppSync のプレビュー期間が終了し、一般利用可能になり、本番稼働の準備ができたことを発表できることをうれしく思います。 コンソールログアクセス – AWS AppSync コンソールの中から GraphQL クエリー、ミューテーション、サブスクリプションをテストするときに作成される CloudWatch Logs を確認することができるようになりました。 モックデータによるコンソール試験遂行 – 試験遂行の目的でコンソールにモックコンテキストオブジェクトを作成し、使用することができるようになりました。 サブスクリプションリゾルバ – すでにクエリに対して行い、リクエストを変更する方法と同様に、AWS AppSync サブスクリプションリクエストに対するリゾルバを作成することができるようになりました。 DynamoDB のバッチ GraphQL オペレーション – DynamoDB のバッチオペレーション (BatchGetItem と BatchWriteItem) をリゾルバ機能の中の 1 つ以上のテーブルにわたって利用することができるようになりました。 CloudWatch […]

Read More