Amazon Web Services ブログ

Category: News

只今準備中 – 南アフリカの AWS リージョン

AWS は昨年、フランスと中国 (寧夏) に新しい AWS リージョンを開設し、バーレーン、香港特別自治区、スウェーデンの各リージョン、および米国内で 2 番目の GovCloud リージョンの開設に取り組んでいることを発表しました。 南アフリカ: 2020 年初頭 今日は、2020年前半、南アフリカに AWS リージョンが開設されることをお知らせしたいと思います。この新しいリージョンはケープタウンを拠点とし、3 つのアベイラビリティーゾーンで構成されます。このリージョンは、南アフリカでワークロードを実行し、データを保存する能力を AWS のお客様とパートナーに提供します。AWS アフリカ (ケープタウン) リージョンの追加によって、組織がサブサハラアフリカ全域のエンドユーザーに低レイテンシーを提供することも可能になり、より多くのアフリカ組織が、イノベーションを推進するために、人工知能、Machine Learning、Internet of Things (IoT)、モバイルサービスなどの高度なテクノロジーを活用できるようになります。 AWS のお客様はすでに、世界中で 19 のインフラストラクチャリージョンにまたがる 55 のアベイラビリティーゾーンを活用しています。今日の発表は、グローバルリージョン (運用可能なリージョンと準備中のリージョン) の合計数を 23 に引き上げます。 高まる存在感 この新しいリージョンは、南アフリカにおける一連の投資の中で最新のものであり、南アフリカの変貌をサポートする AWS のコミットメントの一環です。2004 年、アマゾンは、先駆的なネットワーキングテクノロジー、カスタマーサポート向けの次世代ソフトウェア、および Amazon EC2 の背景にあるテクノロジーの構築に焦点を当てる Development Center in Cape Town を開設しました。AWS はまた、アカウントマネージャー、カスタマーサービス担当者、パートナーマネージャー、ソリューションアーキテクトなどを含む多数のチームを追加し、クラウドに移行するあらゆる規模のお客様を援助しています。 2015 年、AWS はその拡大を継続してヨハネスブルグに事務所を開設し、2017 年には […]

Read More

Amazon RDS アップデート – コンソールの更新、RDS の推奨事項、Performance Insights、M5 インスタンス、MySQL 8、MariaDB 10.3、その他多数

 Amazon RDS を素早くアップデートする必要がありそうです。シェアしたいニュースが、たくさんあります: コンソールの更新 – RDS コンソールの外観が新しくなりました。 RDS の推奨事項 – ベストプラクティスに従ってデータベースインスタンスを設定するのに役立つ推奨事項があります。 MySQL 用 Performance Insights – MySQL を深く調べて、クエリの処理方法についてより詳しく理解することができます。 M5 インスタンス – M5 インスタンスで MySQL と MariaDB を使用できるようになりました。 MySQL 8.0 – 現在、MySQL 8.0 を本稼働環境で使用できます。 MariaDB 10.3 – 現在、MariaDB 10.3 を本稼働環境で使用できます。 より詳しく見てみましょう… コンソールの更新 RDS コンソールは、今年初めに外観が新しくなりました。開発中はプレビュー形式で利用できるようにしましたが、現在はすべての AWS ユーザーが標準で使用できます。ホームページから、RDS リソースの概要を一目で確認したり、新しいデータベースを作成したり、ドキュメントにアクセスしたり、さらに多くのことができます: また、Performance Insights と新しい RDS の推奨事項に直接アクセスできます。 RDS の推奨事項 これらのプラクティスが改善されたとしても、RDS […]

Read More

New – Amazon Lightsail のためのマネージドデータベース

Amazon Lightsail により、AWS の利用を簡単に開始することができます。実行するオペレーティングシステム (とオプションのアプリケーション) を選択し、インスタンスプランを選択してインスタンスを作成します。すべての作業は数分で実行できます。Lightsail は、コンピューティング性能、ストレージ、データ転送を含むインスタンスプランで予測可能な低い料金で提供されます。 マネージドデータベース Lightsail は今日、数回のクリックでマネージドデータベースを作成できるようになり、さらに便利になりました。これは大切なお客様から要望があった点で、それを共有できることをうれしく思っています。 この機能は、学生、独立系開発者、起業家、IT マネージャーなど、Lightsail の現在および将来の非常に幅広いユーザーにとって興味深いものになるでしょう。データベースを設定して実行する際に発生する最も一般的で複雑な問題に対処しました。間もなく目にするように、データベースの選択、起動、セキュリティ、アクセス、監視、および保守のプロセスを簡素化して微調整を行いました。 各 Lightsail データベースバンドルは月ごとの固定料金で課金され、データベースインスタンス、SSD ベースの大容量ストレージ、インターネットやその他の AWS リージョンへのテラバイトまたはそれ以上のデータ転送、7 日間のポイントインタイムリカバリを行える自動バックアップが含まれます。また個別に課金する手動データベーススナップショットを作成することもできます。 マネージドデータベースの作成 マネージドデータベースを作成し、既存の MySQL バックアップをマネージドデータベース中にロードするプロセスについて説明します。Lightsail コンソールにログインし、[データベース] をクリックして開始します。次に、[データベースの作成] をクリックして進みます。 すべてのオプションを一目で確認、編集することができます。場所、データベースエンジンとバージョン、プランを選択して名前を入力し、[データベースの作成] をクリックします(これらのオプションはすべて便利なデフォルト設定で 1 回クリックするだけでほとんどの場合十分です)。 MySQL 5.6 および 5.7 のサポートを開始し、間もなくPostgreSQL 9.6 および 10 のサポートを追加で行います。標準データベースプランにより、冗長性のない 1 つのアベイラビリティーゾーンにデータベースが作成されます。高可用性プランは 2 番目の AZ にもプレゼンスを作成し、プロダクションに使用することをお勧めます。 データベースの作成が数分で完了すると、ステータスは [ Available] に変わり、データベースが使用できる状態になります。 [Database-Oregon-1] をクリックすると接続の詳細が表示され、他の管理情報やツールにアクセスできます。 これで接続する準備ができました。 Lightsail インスタンスへの […]

Read More

re:Invent 2018 – 残り 55 日になりました….

今このブログを書いている時点で、AWS re:Invent 2018 まで残すところ 55 日となっています。私と同僚たちは、皆さんに最高の学習経験を提供するために全力を尽くしています。今日は、いくつかの事柄について簡単に説明したいと思います… 交通手段 – 「Customer Obsession」は、最初のアマゾンリーダーシッププリンシプルであり、私たちは皆さんのフィードバックを真剣に受け止めています。 今年の re:Invent 2018 キャンパスはさらに大きくなっており、交通システムもそれに合わせて調整および拡大されています。これには、ひとつの会場で待たされることがないようにするための会場から会場への直通シャトルルート、そして re:Invent アプリと会場の看板によるリアルタイムの交通情報へのアクセスが含まれます。モバイルアプリは、皆さんが定刻通りかどうかを知らせると共に、セッション間を移動する手助けにもなります。もっと独自に行動したい、シャトルに乗りたくないという場合は、アマゾンは Lyft および Uber などのライドシェア企業とも提携しています。re:Invent Transportation ページにアクセスして、交通プラン、ルート、およびオプションに関する詳細をご覧ください。 予約席 – 皆さんにとって最も大切な技術的コンテンツを見る機会を出来るだけ多くご提供するために、予約席を復活させました。予約は 10 月 11 日 (木) の午前 10 時 (太平洋時間) 開始となっていますので、カレンダーに印をつけておいてください。席の予約は、長い列で待つことなくお気に入りのセッションの席を確保するための最良の方法です。会場には開始予定時間の 10 分前には到着するようにしてください。前にお話ししたとおり、私たちはに最も人気のあるセッションの再演をすでに予定しており、これらは Session Catalog で予約できるようになっています。再演は、1 週間を通してすべての re:Invent 会場で行われ、コンテンツハブ (各会場における、集中化されたオーバーフロールーム) も用意されています。また、セッションが満席になると、コンテンツハブにライブコンテンツをストリーミングします。 トリビアナイト – 史上初の Camp re:Invent トリビアナイトのために、水曜日の午後 7:30、ベネチアンシアターにお集まりください。トリビアナイトで re:Invent と AWS […]

Read More

ゲノミクス研究とクラウドコンピューティングでコアラを救う

今日はコアラを救う日で、AWS Research Credits と AWS クラウドによって可能になった注目に値する画期的な研究についてお話しするためにこれ以上良いタイミングはありません。 5 年前、レベッカ・ジョンソン博士 (Australian Museum Research Institute のディレクター) は、コアラの個体群、遺伝的性質、および疾患についてより詳しく学ぶ研究に着手しました。食に限りがある生物学的にユニークな動物として、健康で遺伝的に多様な個体群を維持することは、どちらもあらゆる保護計画の重要な要素です。コアラ個体群の遺伝的多様性の特性を明らかにすることに加えて、このチームは、大規模なゲノムシーケンシングプロジェクトを率いるオーストラリアの能力を強めたいと考えていました。 コアラゲノムの内部 このチームは先月、その結果をNature Genetics紙上で発表しました。彼らの研究論文 (Adaptation and Conservation Insights from the Koala Genome) は、コアラのユニークな生態に関する遺伝的基盤を特定しています。この研究論文を読むにはたくさんの概念を調べなければなりませんでしたが、チームが発見した事柄をある程度理解することはできました。これがそのまとめです。 有毒な食習慣 – コアラが好むユーカリの葉には、他の種が摂取すると有害になる物質が数え切れないほど含まれています。解毒機能を持つエンザイムをエンコードする遺伝子での遺伝子拡張と遺伝子選択の事象は、コアラがこれらの物質を素早く解毒することを可能にし、他のどの動物も好まない食物で生命を維持することができるようになります。加速化された代謝の根本にある遺伝的レパートリーは、疾患のあるコアラを治療するための一般的な抗炎症剤と抗生物質の効果もなくしてしまいます。 食物の選択 – 前述したように、コアラは好き嫌いの多い動物です。遺伝学的見地から言うと、これは、匂いに基づいて植物代謝物の違いを識別する能力を提供する 6 個の遺伝子によって、コアラの嗅覚と味覚が増大される結果として起こるものです。研究者たちは、コアラが水分含有量の多いユーカリの葉を選ぶために役立つ遺伝子と、苦味と旨味を判断する能力を向上させる遺伝子を持つことも発見しました。 繁殖 – 排卵と出産を制御する特定の遺伝子も見つかりました。無駄を避けるため、雌のコアラは必要なときにしか卵子を作りません。 コアラの母乳 – 生まれたばかりのコアラはインゲンマメの大きさで、体重もたったの 2 分の 1 グラムです! コアラの赤ちゃんは約 1 年間、時間と共に組成が変化する母乳を飲んで育ち、これには潜在的な遺伝相関があります。研究者たちは、抗微生物性を発揮するとして知られる遺伝子も特定しました。 免疫システム – 研究者たちは、コアラに影響する特定の疾患に対する耐性、免疫、および感受性の基礎を形成した遺伝子を確認しました。コアラレトロウイルスが、実際にそれ自体をゲノムに挿入するという「遺伝的侵略」 (研究者自身の言葉です) の証拠も発見しました。 遺伝的多様性 – 研究者たちは、生息環境の障害物、および表面温度などの地質学上の事象が、どのように遺伝的多様性と種の進化を形作ったかについても調査を行いました。彼らは、多様性 […]

Read More

新しくなった Amazon Aurora の Parallel Query

Amazon Aurora は、豊富なネットワーキング、処理、およびクラウド上で利用可能なストレージリソースを最大限に活用できるように設計されたリレーショナルデータベースです。Amazon Aurora は、MySQL と PostgreSQL との互換性をユーザー側で維持することができ、最新かつ専用の分散ストレージシステムを使用しています。データは、3 つの異なる AWS アベイラビリティゾーンに分散する数百のストレージノードにストライプ化され、高速 SSD ストレージの各ゾーンに 2 つづつコピーを作成します。次のようになります (Amazon Aurora の開始方法から抜粋): 新しくなった Parallel Query Amazon Aurora を立ち上げた際、同じスケールアウト設計原理を、他のデータベーススタックの層にも適用するつもりであることをお伝えしていました。今日は、今後の予定についてお話したいと思います。 上に描かれたストレージ層の各ノードは、大きな処理能力も持ち合わせています。Amazon Aurora は現在、分析クエリ (通常は、かなりサイズが大きいテーブルのすべてまたは大部分を処理するクエリ) を使用して、処理能力を最大限に活用することができます。また、数百または数千のストレージノード全体を並列で実行することで、処理スピードは2 桁台に近づいています。今回のニューモデルは、ネットワーク、CPU、およびバッファプールの競合を減らすため、同じテーブル上で分析クエリとトランザクションクエリを同時に実行でき、かつ両クエリで高いスループットを維持します。 インスタンスクラスは、指定された時間にアクティブにできる並列クエリの数を決定します: db.r*.large – 1 つの同時並列クエリセッション db.r*.xlarge – 2 つの同時並列クエリセッション db.r*.2xlarge – 4 つの同時並列クエリセッション db.r*.4xlarge – 8 つの同時並列クエリセッション db.r*.8xlarge –16 個の同時並列クエリセッション db.r4.16xlarge – 16 個の同時並列クエリセッション Aurora_pq パラメーターを使用して、グローバルレベルおよびセッションレベルで、並列クエリの使用を有効または無効にすることができます。 並列クエリは、200を超える単一テーブルの述語およびハッシュ結合のパフォーマンスを向上させることが可能です。Amazon […]

Read More

最新情報 – AWS Storage Gateway ハードウェアアプライアンス

AWS Storage Gateway は、お使いのオンプレミスアプリケーションを Amazon Simple Storage Service (S3)、Amazon Elastic Block Store (EBS)、Amazon Glacier のような AWS のストレージサービスに接続します。AWS Storage Gateway は既存の仮想環境内で実行され、ユーザーのアプリケーションやクライアントオペレーティングシステムでは、ファイル共有、ローカルブロックボリューム、または仮想テープライブラリとみなされます。こうして提供されるハイブリッドストレージモデルにより、バックアップ、アーカイブ、災害対策、クラウドデータ処理、ストレージの階層化、移行などを AWS Storage Gateways を使用して行えるようになります。 新たなハードウェアアプライアンス 本日より、Storage Gateway は現行の VMware ESXi、Microsoft Hyper-V、Amazon EC2 のサポートに加え、ハードウェアアプライアンスとして利用できるようになりました。つまり、仮想環境やサーバークラスのハードウェアがなくても、または専門的な管理スキルを持つ IT スタッフがいなくても、Storage Gateway を使用できるようになります。Amazon.com からアプライアンスを注文し、支店、倉庫、IT 専門のリソースが不在の営業所に配達できます。このあとご説明する簡便な設定で、3 種類のストレージソリューションがご利用になれます。 ファイルゲートウェイ – Amazon S3 へのファイルインターフェースで、NFS または SMB ファイル共有を使用してアクセス。ファイルは S3 オブジェクトとして格納され、ライフサイクル管理やクロスリージョンレプリケーションのような S3 の特徴的な機能の使用が可能になります。AWS Lambda 関数のトリガー、Amazon Athena […]

Read More

AWS – 次の嵐に備えて

以前触れたように (AWS – Ready to Weather the Storm)、ハリケーンや嵐などの自然災害に直面した場合でも AWS が確実に稼働し続けられるよう、私たちは幅広い予防策を講じています。ハリケーン「フローレンス」が米国東海岸に向かっていることから、これは過去記事の最も重要なポイントを振り返り、情報を最新のものにしておくのに最適なタイミングだと考えました。押さえておくべき事項は、以下のとおりです。 アベイラビリティゾーン – 高可用性を確保するため、AWS の必須コンポーネントについては複数のアベイラビリティゾーンをまたいでレプリケートしています。ジェネレーター、UPS ユニット、空調などの一般的な障害点については、アベイラビリティゾーンをまたぐ共有はされていません。電力系統は完全冗長設計で、運用に影響を与えることなく維持できます。AWS Well-Architected フレームワークでは、複数のアベイラビリティゾーンを適正に使用して信頼性と回復力の高いアプリケーションを構築するための手引きを提供しています。また、ホワイトペーパー AWS クラウドでの耐障害性のあるアプリケーションの設計でも情報を提供しています。 緊急時対応計画 – 緊急時対応計画を整備し、対応について定期的に予行演習を行っています。得られた教訓を盛り込んで新たな脅威に備えるべく、一連の事故対応計画を整備し、定期的に更新しています。ハリケーンなど、すでにわかっている出来事が起こるまでの数日間、燃料調達を増やし、人員の配置プランを更新し、サポートチームの健康と安全を確保するための備えを増強します。 データ転送 – デバイスあたり 100 TB のストレージ容量を備えているので、AWS Snowball Edge の設備を使用して迅速に大量のデータをクラウドに移動できます。 災害対応 – 災害の前後および最中に、コールスパイクが発生する場合、Amazon Connect でお客様の既存のコールセンター能力を補い、応答を改善させることが可能です。 サポート – こうした問題でお困りの場合には、AWS サポートに連絡してください。 — Jeff    

Read More

最新 – AWS Systems Manager セッションマネージャーで EC2 インスタンスへのシェルアクセスを実現

今は企業の IT 管理者となるのに、非常に興味深い時代です。その一方で、開発者たちは素晴らしい未来について話題にし、それを実行しています。そこではインフラストラクチャをコード化し、サーバーやその他のリソースをまるで家畜のように取り扱っています。また、一方ではレガシーシステムは依然としてペットとして取り扱い、人の手、もしくは一部制限のある自動化の助けを借りて設定および保守しなければなりません。私が日々やり取りをするお客様は、速いペースで未来へと変革を進めていますが、現状存在する世界と仕事をすることも避けられません。たとえば、時々、自社のサーバーにシェルレベルでアクセスする必要性が生じます。彼らがランウェイプロセスを中断すること、サーバーログを確認すること、設定を細かく調整すること、または一時的なパッチをインストールすることなど、これらを実行する一方で強いセキュリティプロファイルを維持しなくてはなりません。彼らは Bastion のホストを稼動させるうえで生じる手間と、インスタンス上の SSH ポートを開く際に起こるリスクを軽減したいと考えています。 私たちは既に、AWS Systems Manager ランコマンドを使い、シェルレベルのアクセスの必要性に既に対処しています。この AWS の能力により、管理者は EC2 インスタンスに安全にアクセスできるようになります。この製品により彼らはコマンドの文書を作成し、希望する EC2 インスタンスのセットに対し、それらを実行できるようになります。また、その両方で Linux と Microsoft Windows のサポートが確保されます。コマンドは非同期的に実行され、出力はレビュー用に取得されます。 新しいセッションマネージャー 本日、シェルレベルアクセスに新しいオプションを追加します。新しいセッションマネージャーにより AWS Systems Manager がこれまで以上にパワフルになります。これからはブラウザベースの新しいインタラクティブシェルとコマンドラインインターフェース (CLI) を使用し、Windows と Linux のインスタンスを管理できるようになります。サービスの詳細は以下のとおりです。 セキュアなアクセス – インスタンス上でユーザーアカウント、パスワード、または SSH キーを手でセットアップする必要はなく、インバウンドポートを開く必要もありません。セッションマネージャーはインスタンス上で開始される暗号化されたトンネル内で SSM エージェント経由でインスタンスと通信を行い、踏み台となるホストを必要としません。 アクセスコントロール – IAM ポリシーとユーザーを使用してインスタンスへのアクセスをコントロールし、SSH キーを配布する必要はありません。IAM の日付条件演算子を使用して希望の時間へのアクセスやメンテナンスの時間枠に制限を設けることができます。 監査能力 – コマンドと応答は Amazon CloudWatch と S3 バケットにログ記録可能です。新しいセッションが始まった時点で SNS […]

Read More

Amazon AppStream 2.0 – 新しいアプリケーション設定のパーシステンス機能の紹介および 2018 年に追加された機能概括

Amazon AppStream 2.0 を使用すると、ウェブブラウザ経由で Windows のデスクトップアプリケーションにアクセスできるようになります。SOLIDWORKS、Siemens、MathWorks など、数千社にのぼる AWS のカスタマーがすでに AppStream 2.0 を使用してアプリケーションを客先に届けています。 今回は、AppStream 2.0 の直近の追加機能をいくつかまとめておさらいをしておきたいと思います。さらには、アプリケーションのカスタマイズ (環境設定、ブックマーク、ツールバー設定、接続プロファイルなど) およびユーザーのセッション間の Windows 設定を自動保存するまったく新しい機能を詳しくご紹介します。 AppStream 2.0 で最近追加された機能は、次の 4 つに分類できます。 ユーザー機能強化 – タイムゾーン、ロケール、言語入力のサポート、コピーアンドペースト操作の改善、新しいアプリケーションのパーシステンス機能。 管理者向けの改善点 – アプリケーションのデフォルト設定、一部のシステムリソースに対するアクセス権限の管理、複数の AWS リージョンにまたがるイメージのコピー、ブランディングのカスタマイズ、複数の AWS アカウント同士のイメージ共有。 ストレージの統合 – Microsoft OneDrive for Business および Google Drive for G Suite のサポート。 利用可能リージョンの拡大 – AppStream 2.0 を利用できる AWS リージョンが、欧州およびアジアで 3 […]

Read More