Amazon Web Services ブログ

Category: News

Redis 向け Amazon ElastiCache グローバルデータストアが利用可能に

インメモリデータストアは、アプリケーションのスケーラビリティのために広く使用されており、開発者は、頻繁にアクセスされる (揮発性または永続的) データを保存することの恩恵を長年にわたって享受しています。Redis のようなシステムは、データベースとバックエンドを着信トラフィックから疎結合化し、本来ならそれらに到達するはずだったほとんどのトラフィックを排し、ユーザーのアプリケーションレイテンシーを削減するのに役立ちます。 これらのサーバーを管理することが重要なタスクであることは明白で、何が起きようとも、それらを維持し、実行し続けるために細心の注意を払わなければなりません。以前の業務において、私のチームは、物理キャッシュサーバーのクラスターをホスティングスイート間で移動する必要がありました。1 つずつ外部バッテリーに接続し、外部電源プラグを抜き、それらをラックから取り出し、オフィス用の台車 (!) で他のスイートまで運び、再びそれらをラックに入れていたのです! サービスを中断することなく実行できましたが、これが完了すると私たち全員は安堵のため息をつきました。高トラフィックのプラットフォームでキャッシュデータを失うと、大変なことになるからです。そのことを考えれば羨ましい限りです。幸いなことに、クラウドインフラストラクチャはより柔軟です! インシデントが発生した場合のサービスの中断を最小限に抑えるために、Memcached および Redis のマネージドインメモリデータストアである Amazon ElastiCache に、クラスターモード、自動フェールオーバーを備えたマルチAZなど、多くの高可用性機能を追加しました。 Redis は多くの場合、低レイテンシートラフィックをグローバルユーザーに提供するために使用されることから、お客様は、AWS リージョンをまたいで Amazon ElastiCache クラスターをレプリケートできるようになることを望んでいます。当社はこれらに耳を傾け、解決に向けて動きました。そして本日、このレプリケーション機能が Redis クラスターで利用可能になったことをお知らせできることを大変嬉しく思います。 Amazon ElastiCache Global Datastore For Redis の紹介 簡単に言えば、Amazon ElastiCache Global Datastore for Redis を使用すると、1 つのリージョンのクラスターを最大 2 つの他のリージョンのクラスターに複製できます。お客様は、通常、次の目的でこれを行います。 ネットワークレイテンシーを削減し、アプリケーションの応答性を向上させるために、キャッシュされたデータをユーザーの近くに置く。 リージョンの一部または全部が完全に利用できない場合に備えた災害復旧機能を構築する。 グローバルデータストアのセットアップは非常に簡単です。最初に、アプリケーションから書き込みを受信するプライマリクラスターとしてのクラスターを選択します。これは、新しいクラスター、または Redis 5.0.6 以降を実行する既存のクラスターのいずれかにすることができます。次に、他のリージョンにプライマリから更新を受信する最大 2 つのセカンダリクラスターを追加します。 このセットアップは、単一ノードクラスターを除くすべての Redis 設定で使用できます。もちろん、単一ノードクラスターをレプリケーショングループクラスターに変換し、それをプライマリクラスターとして使用できます。 最後に重要なことですが、グローバルデータストアの一部であるクラスターは、通常どおりに変更およびサイズ変更できます (ノードの追加または削除、ノードタイプの変更、シャードの追加または削除、レプリカノードの追加または削除)。 簡単なデモを見てみましょう。 […]

Read More

在宅勤務について AWS ができること

たった数週間で多くのことが変わりました。これまでのスタイルの生活、仕事、会議、挨拶、コミュニケーションは、しばらく姿を消しています。友好的な握手と温かいハグは、現時点では健康的でなく、社会的にも受け入れられないものとなっています。 私の同僚と私は、多くの人々が仕事、学校、コミュニティ環境の変化に対応使用としていることを認識しています。当社では、お客様、コミュニティ、従業員が状況に合わせて対応できるようにするための措置を講じており、今後もさらに尽力していきます。 在宅勤務 現在、多くの都市や国々において、人々は、在宅勤務や自宅学習を求められています。当社のいくつかのサービスをご利用いただくことで、オフィスや教室から自宅への移行を少しだけ簡単にできます。ソリューションの概要は次のとおりです。 Amazon WorkSpaces を使用すると、仮想 Windows デスクトップおよび仮装 Linux デスクトップを起動でき、あらゆるデバイスでどこからでもアクセスできます。これらのデスクトップは、リモートワーク、リモートトレーニングなどに使用できます。 Amazon WorkDocs は、他のユーザーとの共同作業を簡単にします。場所とデバイスを問わないのは同様です。コンテンツを作成、編集、共有、および確認することができ、すべて AWS に一元的に保存されます。 Amazon Chime は、最大 100 人 (今月後半に 250 人に増加) が参加するオンライン会議 (チャットやビデオ通話など) をサポートします。すべて単一のアプリケーションから行えます。 Amazon Connect を使用すると、着信コールやメッセージを何万人ものエージェントにルーティングする機能を使用して、コールセンターまたはコンタクトセンターをクラウドにセットアップできます。これを使用して、エージェントが在宅勤務をしていても、緊急情報や個別のカスタマーサービスを提供できます。 Amazon AppStream を使用すると、デスクトップアプリケーションを任意のコンピューターに配信できます。計算や 3D レンダリングに GPU を使用するものなど、エンタープライズ、教育、または遠隔医療のアプリを大規模に配信できます。 AWS Client VPN を使用すると、どこからでも AWS およびオンプレミスネットワークへの安全な接続をセットアップできます。従業員、学生、または研究者に、既存のネットワークに「ダイヤルイン」(過去に私たちが使っていた言葉と同じ意味です) する機能を提供できます。 これらのサービスの一部には、無料で簡単に開始できる特別なオファーがあります。その他は、AWS 無料利用枠で既に利用可能となっています。詳細については、各サービスのホームページと、新しい Remote Working & Learning ページをご覧ください。 これらのサービスにサインアップして使用を開始するために、当社と打ち合わせをする必要はありませんが、詳細情報が必要な場合や、ニーズに合った適切なサービスを選択するのにサポートが必要な場合は、当社までお問い合わせください。連絡先は次のとおりです。 パブリックセクター – ライブチャット。 […]

Read More

Bottlerocket – コンテナホスティング用オープンソース OS

私たちの業界では、アプリケーションをパッケージ化およびスケールする方法として、コンテナが定番化していると言えるでしょう。クラウドベースのコンテナ全体の 80% 超が AWS で実行されているなかで、Amazon ECS および Amazon Elastic Kubernetes Service が大いに活用されています。 コンテナベースの環境は簡単にスケールアウトできるため、ユーザーは数百または数千ものインスタンスを包含するホスト環境を運用することができます。しかしこの規模になると、ホストオペレーティングシステムに関していくつかの課題が持ち上がります。たとえば次のようなものです。 セキュリティ – 依存関係を満たすだけの目的で追加のパッケージをインストールすると、攻撃対象領域が拡大する場合があります。 更新 – 従来のパッケージベースの更新システムやメカニズムは複雑でエラーが起きやすく、依存関係に問題が発生する場合があります。 オーバーヘッド – 不要な追加のパッケージによってディスク領域やコンピューティングサイクルが浪費されるうえ、起動にかかる時間も長くなります。 ドリフト – パッケージや設定の一貫性が欠如していると、時間が経つにつれてクラスターの整合性が損なわれていくおそれがあります。 Bottlerocket のご紹介 こちらの記事では Bottlerocket をご紹介します。これは、コンテナホスト専用に当社が設計および最適化した、新しい Linux ベースのオープンソースオペレーティングシステムです。 Bottlerocket には、私たちが長年にわたり蓄積してきた多くのノウハウが詰め込まれています。含まれているパッケージは優れたコンテナホストとなるのに必要なもののみで、既存のコンテナオーケストレーターと統合します。Docker イメージ、および Open Container Initiative (OCI) イメージ形式に適合するイメージをサポートしています。 そして Bottlerocket では、パッケージ更新システムを使用する代わりに、必要時に高速かつ完全なロールバックが可能な、イメージベースのシンプルなモデルを使用しています。これにより競合や破損をおそれずに済み、EKS などのオーケストレーターを使用してフリート全体に対する信頼性の高い更新を簡単に適用することができます。 パッケージセットが最小限に抑えられているのに加え、Bottlerocket では、dm-verity で起動時に整合性チェックが行われる、主に読み取り専用のファイルシステムが使用されます。SSH アクセスは非推奨ですが、隔離された admin コンテナの一部としてのみ利用可能です。このコンテナは、必要に応じて有効化しトラブルシューティングに利用することができます。 お試しください 本日、Bottlerocket の公開プレビューをローンチしました。クイックスタート の手順に従って EKS […]

Read More

AWS Amplify CLI から AWS Amplify コンソールでアプリをホストする

AWS Amplify と AWS Amplify コンソール をお試しいただけましたか? 私は、アイデアからプロトタイプに至るまで AWS で新しいウェブアプリケーションを取得する、最も速い方法を 1 つ提供します。それで AWS Amplify と AWS Amplify コンソールとは何ですか? AWS Amplify は、最新のアプリケーションを構築するための定評あるフレームワークです。認証 (Amazon Cognito 経由) またはストレージ (Amazon Simple Storage Service (S3) 経由) または GraphQL API などのサービスをすべてコマンドラインインターフェイス経由で簡単に追加するためのツールチェーンを備えています。AWS Amplify コンソール は、簡単に最新のウェブアプリを継続的にデプロイしてホスティングします。React、Angular、Vue.js、Ionic、Ember など、シングルページアプリ (SPA) フレームワークのフロントエンドおよびバックエンドアセットのホストをサポートします。また、Gatsby、Eleventy、Hugo、VuePress、Jekyll などの静的サイトジェネレーターもサポートしています。 本日のリリースにより、AWS Amplify CLI から利用可能なホスティングオプションに、S3 と Amazon CloudFront に加えて Amplify コンソールが含まれるようになりました。Amplify コンソールを使用して、継続的なデプロイ、インスタントキャッシュの無効化、カスタムリダイレクト、カスタムドメインの簡単設定などの機能を利用できます。 Amplify アプリの初期化 […]

Read More

Amazon FSx for Lustre の最新情報: 長期間、高パフォーマンスワークロード用の永続ストレージ

昨年、Amazon FSx for Lustre についての記事を投稿した際、当社のお客様がサブミリ秒の遅延で、膨大な量の IOPS (1 秒あたりの入出力オペレーション数) を実現する大量の並列クライアントに対応するペビバイト規模の高度に配列化された POSIX 準拠のファイルシステムを作成するために、FSx for Lustre をどう使用できるかについてお話ししました。 マネージドサービスとして Amazon FSx for Lustre を使用することで、世界でも最も人気のある高パフォーマンスファイルシステムを簡単に起動および実行できます。お客様は機械学習、ハイパフォーマンスコンピューティング (HPC)、金融モデリングなど、速度が重要なワークロードにこのサービスを使用しています。 今後は、耐久性と可用性に優れたハイパフォーマンスファイルシステムを作成する機能と、3 つのパフォーマンスティア、そして、急激なワークロードの増加に、より良いサポートを提供するようデザインされた新しい次世代スクラッチファイルシステムをリリースすることで、Amazon FSx for Lustre を強化していきます。 最新の更新 今日のニュースの本題に入る前に、サービスに盛り込まれた最新の更新をいくつかご紹介します。 データリポジトリ API – この更新により、一連の API が導入され、FSx から S3 へ簡単にファイルをエクスポートできるようになりました。また、その中には S3 への変更済みファイルの送信を開始、監視、およびキャンセルする機能も含まれています。詳しくは、Amazon FSx for Lustre と Amazon S3 の間でデータを移動するための新しい機能強化を参照してください。 SageMaker の統合 – この更新により、Amazon FSx for Lustre ファイルシステムに保存したデータを […]

Read More

最初の IoT ヒーローを含む最新の AWS ヒーローのご紹介!

AWS ヒーロープログラムは、地域コミュニティで活躍する傑出したリーダー個人を表彰するものです。AWS ヒーローは、AWS の知識を共有し、さまざまな方法でピアツーピア学習を促進したことで知られるようになった人たちです。AWS ヒーロープログラムは、AWS が世界中のコミュニティで色々なものを育てようという熱意が高まるにつれて拡大し、今では 35 か国に AWS ヒーローがいます。 本日、最新の AWS ヒーローをご紹介できることを嬉しく思います。ご紹介するヒーローには、ボスニア、インドネシア、ナイジェリア、スウェーデン初のヒーローや、初の IoT ヒーローが含まれます。   Joshua Arvin Lat – フィリピン首都圏 Machine Learning ヒーローの Joshua Arvin Lat は、Complete Business Online、Insites、Jepto の CTO です。彼は 9 つの AWS 認定を取得しており、認定内容領域専門家として参加し、貢献し、AWS Certified Machine Learning (アイテム開発ワークショップ中の専門試験) を更新するのを支援しました。彼は過去 4~5 年間、AWS ユーザーグループフィリピンのコアリーダーの 1 人で、さらに AWS Summit Singapore (TechFest)、AWS Community Day (メルボルン) など、いくつかの国際的な […]

Read More

AWS がガートナーのクラウド AI 開発者サービスに関するマジック・クアドラントでリーダーに位置づけ

先週、AWS の大口顧客である企業の経営陣の方々とお話をして、Amazon 文化の側面を共有する機会がありました。リーダーシッププリンシプルとワーキングバックワードモデルについて話すことができました。多くのお客様と同様に、今後 5 年または 10 年で業界がどうなるかについて質問がありました。これは回答が難しい質問です。なぜなら、製品ロードマップの約 90% がお客様からのリクエストに基づいているからです。正直なところ、私は、未来が私たちをどこへ連れて行ってくれるのかについてはわかりません。しかし、未来は、私たちのお客様がその目標を達成し、そのビジョンを実現することをサポートしてくれることは確かです。 クラウド AI 開発者サービスに関するマジック・クアドラント 弊社の努力によってお客様の喜びが持続しているのを見ること、また、ガートナーや他の一流のアナリストたちから認められることは、いつでもうれしいものです。本日、AWS がガートナーのクラウド AI 開発者サービスのマジック・クアドラントの上部右端部分に位置取り、実行能力とビジョンの完全性において、いずれも最も上位である評価を受けたことを共有できることを嬉しく思います。 詳細については、レポート全体をご覧ください (登録が必要です)。 猫を入れない AWS AI および ML サービスのパワーのシンプルかつ強力な例として、Ben Hamm 氏の DeepLens を搭載した猫のドアをご覧ください。 AWS AI および ML サービス AWS のコンピューティング、ストレージ、ネットワーキング、セキュリティ、データベース、および分析サービスを基礎に構築された AI および ML 製品のラインナップは、初心者、専門家、および中間にあるすべての人々に役立つように設計されています。それらのいくつかを見てみましょう。 Amazon SageMaker – これにより、開発者およびデータサイエンティストが、機械学習モデルを構築、トレーニング、テスト、調整、デプロイ、および管理することができます。SageMaker は、労力を削減し、コストを削減し、可能な限り迅速にモデルを本番環境に投入するように設計された機械学習コンポーネントのフルセットを提供します。 Amazon Kendra – 機械学習を原動力とする、高精度で使いやすいエンタープライズ検索サービスです。Kendra は、強力な自然言語クエリを使用して、複数の異なるソースのコンテンツを検索可能にします。 Amazon CodeGuru – このサービスは、自動化されたコードレビューを提供し、最も高価なコード行を識別することにより、アプリケーションのパフォーマンスを改善するための推奨を行います。数十万の Amazon 内部プロジェクトと […]

Read More

Amazon Transcribe で、個人情報の自動編集機能を提供開始

AWS re:Invent 2017 でローンチされた Amazon Transcribe は自動音声認識 (ASR) サービスで、AWS のお客様が音声テキスト変換機能をアプリケーションに簡単に追加できるようにします。この記事の執筆時点では、 は 31 の言語をサポートしており、そのうち 6 つについてリアルタイムで文字起こしを行うことができます。 の一般的な使用例は、お客様のコール (コールセンター、テレマーケティングなど) の自動トランスクリプションで、ダウンストリーム分析や、感情分析などの自然言語処理タスク用のデータセットを構築します。したがって、プライバシーを保護し、現地の法律や規制を遵守するためにあらゆる個人情報 (PII) を削除する必要があります。 ご想像のとおり、これを手動で行うのは非常に面倒で時間がかかり、間違いが起こりやすいため、Amazon Transcribe が PII の自動リダクションをサポートするようになったことを発表できることを大変嬉しく思います。 Amazon Transcribe でのコンテンツ編集のご紹介 そう指示した場合、 は次の PII を自動的に識別します。 社会保障番号、 クレジットカード/デビットカード番号、 クレジットカード/デビットカードの有効期限、 クレジットカード/デビットカードの CVV コード、 銀行の口座番号、 銀行ルーティング番号、 デビット/クレジットカードの PIN、 名前、 E メールアドレス、 電話番号 (10 桁)、 郵送先住所。 これらは、文字起こしされたテキストの中で「[PII]」タグに置き換えられます。また、開始と終了のタイムスタンプだけでなく、(通常の ASR スコアの代わりに) 編集信頼度スコアも取得します。これらのタイムスタンプは、オーディオファイル内の PII を見つけるのに役立ちます。これにより、ストレージと共有を安全に行い、追加のオーディオ処理をしてソースで編集できるようにします。 […]

Read More

Savings Plan のアップデート: Lambda ワークロードで最大 17% の節約

昨年末、私は、Savings Plans についての記事を書きました。そして、指定された量 (1 時間あたりのドルで測定) の Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) または AWS Fargate を使用する 1~3 年契約を締結する際に、どのように節約できるかを示しました。Savings Plans により、低価格でコンピューティング能力にアクセスしながら、コンピューティングサービス、インスタンスタイプ、オペレーティングシステム、およびリージョンを柔軟に変更できます。 今日の Lambda 本日、Compute Savings Plans が AWS Lambda 関数によって消費されるコンピューティング時間に適用され、最大 17% 節約できるようになったことをここにお知らせいたします。すでに 1 つ以上の Savings Plans を使用してサーバーベースの処理について節約している場合、アプリケーションを最新化し、シンプルなプログラミングモデル、自動関数スケーリング、ステップ関数など、たくさんの強力な Lambda 機能を活用しながら、コストを節約できます。 ユースケースに一定レベルのマイクロサービスの関数呼び出しが含まれている場合、Compute Savings Plans を最大限に活用できます。 AWS Cost Explorer は、Savings Plan を推奨するときに、Lambda の使用量を考慮するようになりました。AWS Cost Explorer を開き、[Savings Plans] 内の [Recommendations] をクリックして、推奨事項を確認します。これを行っているときに、推奨事項の作成に使用される期間、支払いオプション、および時間枠を変更できます。 […]

Read More

新機能 – プロビジョンド IOPS (io1) Amazon EBS ボリュームのマルチアタッチ

Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) の を使用して Linux を実行しているお客様は本日より新たに Amazon Elastic Block Store (EBS) のプロビジョンド IOPS (io1) ボリュームを複数の EC2 インスタンスにアタッチできるようになりました。各 EBS ボリュームに新しいマルチアタッチオプションを設定すると、1 つのアベイラビリティーゾーンあたり最大 16 個の EC2 インスタンスにアタッチできます。さらに、Nitro ベースの EC2 インスタンスではそれぞれに複数のマルチアタッチ対応 EBS ボリュームがサポートされます。マルチアタッチ機能を使用すると、ストレージの一貫性を維持するための書き込みオーダリングを提供するアプリケーションの可用性を簡単に改善できます。 ノンブートデータボリュームのようなマルチアタッチボリュームはアプリケーションによってアタッチが可能になり、読み書きのアクセス権限が最大限に付与されます。マルチアタッチが設定されたボリュームのスナップショット保存は通常のボリュームと同様ですが、アタッチされたどのインスタンスからでもボリュームによってスナップショットを起動できます。マルチアタッチボリュームでは暗号化もサポートされています。マルチアタッチ設定済みのボリュームでは、Amazon CloudWatch メトリクスを使用してモニタリングが可能です。インスタンスごとにパフォーマンスをモニタリングするには、Linux iostat ツールを使用します。 重要な安全性のヒント: 上記ではアプリケーションがストレージの一貫性を維持するために書き込み順序を提供する必要があることを述べました。これは複数のインスタンスが同時にデータを書き込む場合、データが上書きされて矛盾する危険性があるためです。 この機能を使用する前に、クラスタファイルシステムのセットアップと実行に必要な事項を十分に理解してください。 マルチアタッチボリュームの Delete-on-Termination 機能 EC2 インスタンスを停止するときにアタッチ済みボリュームを削除するオプションを利用したい場合は、マルチアタッチボリュームがアタッチされたインスタンス全体に対してインスタンス停止時に適用が考えられるオプション、つまり「すべて削除」または「すべて維持」のいずれかのアクションを用意しておくことを推奨します。異なる Delete-on-Termination の値を持つインスタンスセットにボリュームをアタッチする場合は、そのボリュームの削除は前回デタッチしたインスタンスが削除に設定されていたか否かに左右されます。一貫した設定をしていけば、疑問の余地はなくなります。 アベイラビリティー 詳細については、Amazon Elastic Block Store (EBS) の技術ドキュメントをご覧ください。Amazon Elastic […]

Read More