Amazon Web Services ブログ

Category: News

Amazon EKS 料金引き下げ

18 か月前のローンチ以来、Amazon Elastic Kubernetes Service は 62 の機能、14 のリージョン、4 つの Kubernetes バージョンと驚異的なペースでリリースしています。私のような開発者はイノベーションの速さと信じられないほどの新機能がなによりですが、本日は、財務部門の人々が笑顔になれる発表があります。料金を 50% 引き下げます。 1 月 21 日より、Amazon EKS クラスターの 1 時間あたりの料金が、0.20 USD から 0.10 USD に引き下げられます。この新しい料金は、すべての新規および既存の Amazon EKS クラスターに適用されます。 信じられないほどの勢い 昨年、私は Amazon EKS の 62 の機能のうちのいくつかについて書きました。たとえば、Amazon EKS on AWS Fargate、EKS Windows Containers サポート、Amazon Elastic Kubernetes Service のマネージドノードグループなどの機能です。コメント、会議、イベントで、こうした機能により、さまざまな種類のアプリケーションを今まで以上に確実かつ効率的に実行できるようになったというお客様の声を聞いて、とてもうれしく思っています。また、パブリックコンテナーロードマップ を通じてお客様からフィードバックが届き、Amazon EKS チームが要望された機能を安定したペースで提供しているのを見るのも楽しいことです。 Amazon Elastic Kubernetes Serviceで活気づくお客様 Amazon […]

Read More

AWS 大阪ローカルリージョンをフルリージョンへ拡張中

大阪でのサービスに対するお客様からの大きなご要望にお応えし、大阪のローカルリージョンが 2021 年初頭までに 3 つのアベイラビリティーゾーンを持つ完全な AWS リージョンに拡大することになりました。 他のすべての AWS リージョンと同様、アベイラビリティーゾーンはそれぞれ独自の電源、冷却システム、物理的セキュリティにより分離されます。また、可用性に影響を与える単一のイベントのリスクを大幅に減らすため離れて配置されますが、高可用性アプリケーションの低レイテンシーは維持されます。 AWS はインフラストラクチャを継続的に拡張しており、お客様が拡大できる十分な能力と、可用性と堅牢性を高めるためのさまざまなシステムを設計するために必要なツールを提供しています。AWS は現在、22 のリージョンと 69 のアベイラビリティーゾーンをグローバルに運用しています。 2011 年 3 月に、2 つのアベイラビリティーゾーンを持つ 5 番目の AWS リージョンとして AWS 東京リージョンを立ち上げました。その後、2012 年に 3 番目の東京のアベイラビリティーゾーン、2018 年に 4 番目のアベイラビリティゾーンを立ち上げました。 2018 年 2 月には大阪ローカルリージョンを立ち上げました。単一のデータセンターに含まれるインフラストラクチャは分離されかつ対障害性のある設計で、既存の AWS リージョンを補完する新しいリージョン構成となりました。東京リージョンから 400 キロ離れた大阪ローカルリージョンは、東京リージョンだけでは難しい災害対策の提供を目指して、国内のさまざまな場所で必要とされるアプリケーションを持つお客様をサポートしてきました。 大阪ローカルリージョンの将来 大阪リージョンは、立ち上げ時より他の AWS リージョンと同様の幅広いサービスを提供し、あらゆる AWS のお客様が利用できるようになる予定です。お客様は日本国内にマルチリージョンシステムをデプロイすることができ、西日本のユーザーは現在よりもさらに低いレイテンシーを享受できます。 最高のグローバルネットワークパフォーマンスを備えた、最も柔軟で、信頼性が高く、かつスケーラブルでセキュアなクラウドコンピューティング環境を提供する AWS グローバルインフラストラクチャの設計と構築に関心があるお客様は、グローバルインフラストラクチャサイトをご覧ください。このサイトでは、すべてを分かりやすく説明しています。 ご期待ください 今回の件や他の今後の AWS リージョンに関する新たな情報が分かり次第、皆さまにお知らせします。どうぞご期待ください。 4 つのリージョン […]

Read More

AWS Backup: EC2 インスタンス、EFS Single File Restore、クロスリージョンバックアップ

昨年 AWS Backup をリリースして以来、毎日 20,000 を超える AWS のお客様がペタバイトのデータを保護しています。AWS Backup は、Amazon Elastic Block Store (EBS) ボリューム、データベース (Amazon Relational Database Service (RDS) または Amazon DynamoDB)、AWS Storage Gateway、Amazon Elastic File System (EFS) のバックアップ管理を簡素化する、フルマネージド型の一元管理バックアップサービスです。 私たちはお客様のご意見を引き続きお待ちしております。その結果、現在、AWS Backup にエンタープライズデータ機能を追加しています。 Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) インスタンス全体をバックアップできるようになりました。 バックアップを他の AWS リージョンにコピーできるようになりました。 完全なファイルシステムではなく、Elastic File System ファイルシステムから単一のファイルを復元できるようになりました。 詳細は以下のとおりです。 EC2 インスタンスのバックアップ EC2 インスタンスのバックアップと復元には、インスタンスの個々の EBS ボリュームだけでなく、追加の保護が必要です。インスタンスを復元するには、すべての EBS ボリュームを復元する必要があります。また、インスタンスタイプ、VPC、セキュリティグループ、IAM […]

Read More

Amazon at CES 2020 – 接続性とモビリティ

コンシューマーエレクトロニクスショー (CES) が明日から開催されます。この展示会は、5G、IoT、広告、自動車、ブロックチェーン、健康とウェルネス、家庭と家族、没入型エンターテイメント、プロダクトデザインと製造、ロボット工学と機械知能、スポーツなど広い分野での開発に関して、最新の情報が得られる最大の機会です。 CES での Amazon ラスベガスの CES に参加する予定であれば、ぜひラスベガスコンベンションセンターにある Amazon Automotive の展示に足を運んでみてください。ブース 5616 にて、次世代ソフトウェアによる車両の製造を行う自動車メーカーと開発者を支援している弊社の取り組みを紹介しています。 この業界は、メーカーが車両の設計と製造を行うだけでなく、複数の形態のモビリティを含むより大きなビジョンを実現することで、改革を続けていることが知られています。 ブースにはいくつかデモがあり、車両、接続性、ソフトウェア、アプリ、センサー、機械学習を新しい方法でマッシュアップした場合にどんなことが可能となるかを確認することができます。 キャデラックがたたどって来た道 – データ駆動型のショッピングを体験できる、インタラクティブかつ没入型のデモで、あらゆるタッチポイントで顧客にアプローチします。ZeroLight を搭載したこのデモは AWS で実行しており、GPU を装備した EC2 インスタンスでリアルタイムに生成される 3D 画像を使用しています。 モビリティの未来 – Alexa Auto SDK と AWS Machine Learning サービスをいくつか利用したデモで、 インタラクティブな車載サポートを作成します。ドライバープロファイルをクラウドに保存し、Amazon Rekognition を使用してドライバーの適切なプロファイルを読み込みます。機械学習を使って毎朝行く最寄りのコーヒーショップを見つけるなど、繰り返す行動を検出します。 Rivian Alexa – フルビークルのデモで、Alexa Auto SDK との深い統合をお見せします。これは Rivian が近く発表する R1T Electric Truck でのコアビークル機能の制御に使用されています。 スマートホーム/スマートガレージ – […]

Read More

緊急かつ重要なお知らせ ー Amazon RDS、Aurora、DocumentDB の証明書をローテーションしてください

2020年2月5日追記: 2020年2月5日から3月5日の間に、RDSは再起動を行わずにRDSデータベースインスタンスに新しい証明書を自動的に配置することをご案内していました。しかし、お客様のフィードバックに基づき、証明書の更新を完了させるためにできるだけ多くの時間をお使いいただけるように、RDSは2020年3月5日まで自動的にデータベース証明書をステージングも更新も行わないこととなりました。これにより、2020年3月5日まで新しいCA証明書を使用するようにアプリケーションとデータベースの更新を行っていただけるようになりました。 ********************************** お客様には E メールやコンソール上の通知により連絡が届いていると思いますが、驚かれられた方のために、重ねてお伝えします。 すぐにローテーションを行ってください Amazon Aurora、Amazon Relational Database Service (RDS)、もしくは、Amazon DocumentDB をご使用中のお客様で、データベースインスタンスへの接続時に SSL/TLS 証明書の検証をご利用になっている方々は、最新の証明書のダウンロードとインストールをした上で対象のインスタンスにおいて認証機関 (CA) のローテーションを行い、そのインスタンスを再起動してください。 SSL/TLS 接続、もしくは証明書の検証を利用していないお客様は特に更新を行う必要はありません。ただし、将来 SSL/TLS 接続を導入することが決定済みである場合は、それに備えて更新しておくことをお勧めします。その場合は、CLI の新しいオプションを使って、再起動はさせずに最新証明書のローテーションとステージングのみ行うことができます。 この新しい証明書 (CA-2019) は、古い証明書 (CA-2015) を含む証明書バンドルの一部分として提供されるので、卵と鶏とちらが先かといった状況に陥ることなく、スムーズな変更ができるようになっています。 現在の状況 RDS、Aurora、DocumentDB 用の SSL/TLS 証明書が失効し、メンテナンスおよびセキュリティ管理に関する当社の標準規律に則った 5 年に 1 度の置き換えが行われます。それに関して、重要なスケジュールを次に明記しておきます。 2019 年 9 月 19 日 ー CA-2019 証明書が利用可能になりました。 2020 年 1 月 14 日 ー この日以降、作成されるインスタンスは、新しい証明書 […]

Read More

新機能 – Amazon Comprehend Medical がオントロジーリンクを追加

Amazon Comprehend は、機械学習を使用して構造化されていないテキストからインサイトを見つける自然言語処理 (NLP) サービスです。非常に使いやすく、機械学習の経験は必要ありません。 Comprehend は特定のユースケースに合わせてカスタマイズできます。たとえば、ドキュメントを独自のカテゴリに整理するカスタムドキュメント分類子を作成したり、特定の用語のテキストを分析するカスタムエンティティタイプを作成したりできます。 ただし、医療用語は非常に複雑で、医療分野固有のものである場合があります。 Amazon Comprehend Medical は HIPAA に対応した自然言語処理サービスで、機械学習を使用して構造化されていないテキストから関連する医療情報の抽出を簡単に行うことができます。Comprehend Medical を使用すると、医師のメモ、臨床試験報告書、患者の健康記録などのさまざまなソースから、健康状態、薬、投与量、強度、頻度などの情報を短時間で正確に収集できます。 今日、Comprehend Medical が抽出した情報を医療オントロジーにリンクする機能を追加しています。 オントロジーは、そのドメインに存在する概念、その属性、それらの関係を定義して表すドメインの宣言モデルを提供します。通常、ナレッジベースとして表され、ナレッジを使用または共有する必要があるアプリケーションで利用可能になります。オントロジーは、健康情報学の中で、健康関連ドメインの正式な記述にあたります。 Comprehend Medical がサポートするオントロジーは次のとおりです。 ICD-10-CM では、健康状態をエンティティとして識別し、診断、重症度、解剖学的区別などの関連情報をそのエンティティの属性としてリンクします。 これは、集団健康分析を行うときや、提供された医療サービスに基づいて保険会社から保険金を受けとるとき、非常に役立つ診断コードセットです。 RxNorm では、薬をエンティティとして識別し、投与量、頻度、強度、投与経路などの属性をそのエンティティにリンクします。 医療従事者はこれらの概念を使用して、薬の処方確認のようなユースケースを可能にします。これは、患者が服用しているすべての薬のリストを可能な限り正確に作成するプロセスです。 Comprehend Medical はオントロジーごとに、潜在的な一致においてランク付けされたリストを返します。信頼スコアを使用して、どの一致が正しい意味なのか、またはどの一致をさらに検討しなければならないのかを決定できます。どのように機能するかは、例を通して見てみましょう。 オントロジーリンクの使用 Comprehend Medical コンソールでは、構造化されていない医師のメモを入力することから始めます。 最初は、Comprehend Medical で既に利用可能ないくつかの機能を使用して、医療および保護医療情報 (PHI) のエンティティを検出します。 認識されたエンティティ (詳細についてはこの記事を参照) の中には、いくつかの症状と薬があります。薬は包括的に、またはブランドとして認識されます。これらのエンティティの一部をより具体的な概念につなげる方法を学びます。 新しい機能を使用して、これらのエンティティを医薬品の RxNorm 概念にリンクします。 テキスト内で、薬に言及している部分のみが検出されます。詳細な答えには、さらに多くの情報があります。 たとえば、検出された薬の 1 つを見てみましょう。 用語「クロニジン」は、始めて登場 (上記入力テキストの 2 行目) したときに、RxNorm オントロジーの一般的な概念 (下の画像の左側) にリンクされます。 「クロニジン」という用語が […]

Read More

AWS のリンクと更新 – 2019 年 12 月 9 日 (月)

re:Invent 2019 が終了し、今月のブログ業務はかなり少なくなりました。しかし、最新のニュースおよびリンクの数々を新鮮なうちに共有したいと思います。 12 月の AWS オンラインテックトーク – 今月の残りの期間に、18 のテックトークが予定されています。AWS Fargate での Kubernetes の実行、AWS IoT 関連のニュース、そして AI によるヘルスケアの変容などについて学ぶことができます ! AWS Outposts : 注文およびインストールの概要 – この動画では、Outposts ラックの注文およびインストールの手順について概要を説明します。物理的要件、電気要件、およびネットワーク要件について学び、実際のインストールを直接見ることができます。 NFL Digital Athlete – データおよび分析手法を用いて選手の安全およびケアを改善することを目的としたプラットフォームである Digital Athlete を共同開発し、怪我を予知して回避するために、NFL と提携しました。このツイートの動画で詳細をご覧ください。 AWS JPL Open Source Rover Challenge – エネルギー消費と損傷リスクを最小限に抑えつつ、シミュレートされた火星環境の特定の場所の間で JPL’s Open-Source Rover を自律的に駆動するため、AWS で強化学習 (RL) モデルを構築して、トレーニングを行いました。詳細は、ウェブサイトを閲覧するか、Launchpad Video をご覧ください。 AWS での機械学習のマッピング – […]

Read More

AWS Local Zones がロサンゼルスで利用可能に

AWS のお客様は、より多くの機能、より多くの帯域幅、より高いの計算能力、より多くのメモリを常に求める一方で、レイテンシと価格の低下も求めています。これらの競合する要求を満たすために最善を尽くします。新しいEC2 インスタンスタイプ、EBS ボリュームタイプ、およびS3 ストレージクラスを迅速にローンチし、定期的に価格を下げていきます。 ロサンゼルスでの AWS 本日、カリフォルニア州ロサンゼルスで Local Zone を開始します。Local Zone は、特定の地理的エリアに非常に近い AWS のサービスを選択する新しいタイプの AWS インフラストラクチャのデプロイメントです。この Local Zone は、ロサンゼルスや南カリフォルニアの他の場所からアクセスされるアプリケーションに非常に低いレイテンシ (ミリ秒 1 桁) を提供するように設計されています。レイテンシに特に敏感な非常に要求の厳しいアプリケーションからは特に関心が得られるでしょう。本サポートに含まれるものは次のとおりです。 メディア&エンターテインメント – ゲーム、3D モデリングとレンダリング、ビデオ処理 (リアルタイムの色補正を含む)、ビデオストリーミング、メディア制作パイプライン。 電子設計自動化 – インタラクティブな設計とレイアウト、シミュレーション、検証。 Ad-Tech – 迅速な意思決定と広告配信。 機械学習 – 高速で継続的なモデルトレーニング。高性能で低遅延の推論。 Local Zone の詳細 ロサンゼルスの新しい Local Zone は、米国西部 (オレゴン)リージョン (これを親リージョンと呼びます) の論理的な部分であり、いくつかのユニークで興味深い特性があります。 : ネーミング – Local Zone には、プログラムで us-west-2-lax-1a […]

Read More

Amazon S3 Access Points で共有データセットの管理が簡単に

安全で、スケーラブルで、耐久性があり、可用性の高いストレージは、クラウドコンピューティングの基本的なコンポーネントです。それが、AWS が 2006 年に Amazon Simple Storage Service (S3) を開始したそもそもの理由です。これは、AWS が現在提供している 175 を超えるサービスの多くの構成要素になっています。2020 年代が間近に迫る中、Amazon Redshift、Amazon Athena、Amazon EMR および AWS Lake Formation により、S3 は、オブジェクトだけでなくエンジンも格納する方法にもなり、データを洞察に変えていきます。これらの機能は、バケットに保存されたデータのアクセスパターンと要件が進化したことを意味します。 本日、S3 で共有データセットの大規模なデータアクセスを管理する新しい方法、Amazon S3 Access Points をローンチします。S3 Access Points は、そのエンドポイントを使用してデータにアクセスする方法を記述する専用のアクセスポリシーを持つ一意のホスト名です。S3 Access Points 以前は、データへの共有アクセスは、バケット上の単一のポリシード2020キュメントを管理することを意味していました。これらのポリシーは、多くの異なる権限を持つ数百のアプリケーションを表し、監査と更新が多くのシステムに影響を及ぼす潜在的なボトルネックになる可能性がありました。 S3 Access Points を使用すると、アプリケーションやチームを追加するときにアクセスポイントを追加でき、ポリシーを具体的かつ管理しやすくします。バケットには複数のアクセスポイントを含めることができ、各アクセスポイントには独自の AWS Identity and Access Management (IAM) ポリシーがあります。アクセスポイントポリシーはバケットポリシーに似ていますが、アクセスポイントに関連付けられています。S3 Access Points は、Amazon Virtual Private Cloud 内からのアクセスのみを許可するように制限することもできます。また、各アクセスポイントには一意の DNS 名があるため、AWS […]

Read More

Amazon Elasticsearch Service 向け UltraWarm (プレビュー版) 発表

  本日、Amazon Elasticsearch Service 向けの低コストの完全マネージド型ウォームストレージ層である UltraWarm を発表します。UltraWarm はプレビューでご利用いただけます。UltraWarm はAmazon Elasticsearch Service でホットウォームティアリングを提供する新しいアプローチを採用し、最大 900TB のストレージを提供。既存のオプションに比べて、ほぼ 90% のコスト削減を実現しています。UltraWarm は、Amazon Elasticsearch Service エクスペリエンスのシームレスな拡張機能であり、使い慣れた Kibana インターフェイスから、ホットデータと UltraWarm データの両方をクエリおよび視覚化できます。UltraWarm データは、現在使用しているのと同じ API とツールを使用してクエリできます。また、保管中および転送中の暗号化、統合アラート、SQL クエリなどの一般的な Amazon Elasticsearch Service 機能もサポートしています。 Amazon Elasticsearch Service のお客様に人気のユースケースは、大量の (そしてますます増加している) マシン生成ログデータを取り込んで分析することです。ただし、これらのお客様からは、より多くのこのデータに対してリアルタイム分析を実行したいので、それを使用して運用とセキュリティの問題を迅速に解決するのに役立てたいとの声が寄せられています。数か月、さらには数年分のデータの保存と分析は費用がかかりすぎてしまうため、複数の分析ツールを使用する人もいれば、貴重なデータをただ削除して洞察を逃してしまう人もいます。UltraWarm は、Amazon Simple Storage Service (S3) に裏打ちされた費用対効果の高いストレージで、この問題の解決に役立ち、お客様は長年蓄積してきたデータを保持して分析できます。 UltraWarm のリリースにより、Amazon Elasticsearch Service は、ホットウォームと UltraWarm の 2 つのストレージ層をサポートできるようになります。ホットティアは、インデックス作成、更新、およびデータへの最速アクセスの実現に使用します。UltraWarm は、ホットティアを補完して、アクセス頻度の低い古い大量のデータのサポートを強化し、ストレージコストを削減できる利点があります。前述したように、UltraWarm はデータを […]

Read More