Amazon Web Services ブログ

Category: News

AWS CodeArtifact によるソフトウェアパッケージ管理

 ソフトウェアアーティファクトリポジトリとそれに関連するパッケージマネージャーは、開発に不可欠なコンポーネントです。ライブラリが必要な時点で、パッケージマネージャーを使用してソフトウェアのビルド済みライブラリをダウンロードして参照すると、開発プロセスとビルドプロセスの両方が簡略化されます。Maven Central、npm パブリックレジストリ、PyPi (Python Package Index) など、さまざまなパッケージリポジトリを使用できます。多数のアーティファクトリポジトリを操作すると、アプリケーションのソフトウェアの依存関係のバージョンとアクセスの両方を慎重に制御したい組織にいくつかの課題が生じる可能性があります。検出されておらず、悪用され得る脆弱性が組織のアプリケーションに存在するのを防ぐために、依存関係への変更はすべて制御する必要があります。一元化されたリポジトリを使用することで、組織がアクセス制御とバージョン変更を管理しやすくなり、チームは、IT リーダーが新しいバージョンの使用を承認していることを確信しながら、パッケージバージョンを更新できます。大規模な組織では、これらの課題を解決するために従来のアーティファクトリポジトリソフトウェアを使用する場合がありますが、これらの製品では、インストール、設定、メンテナンス、およびスケーリングに関するさらなる課題が発生する可能性があります。小規模な組織では、従来のアーティファクトリポジトリソフトウェアの料金とメンテナンスにかける労力が莫大なものになる場合があります。 今日一般的に利用可能な AWS CodeArtifact は、開発、構築、およびデプロイのプロセスで使用されるソフトウェアパッケージを安全に保存および共有するための、開発者および組織向けのフルマネージド型のアーティファクトリポジトリサービスです。現在、CodeArtifact は、Maven と Gradle (Java の場合)、npm と yarn (Javascript の場合)、pip と twine (Python の場合) などの一般的なビルドツールとパッケージマネージャーで使用できます。新しいパッケージが取り込まれるか、リポジトリに公開されると、CodeArtifact は自動的にスケーリングし、フルマネージド型のサービスとして、CodeArtifact は、お客様の側におけるインフラストラクチャのインストールやメンテナンスを必要としません。さらに、CodeArtifact はポリグロットアーティファクトリポジトリです。つまり、サポートされている任意のタイプのアーティファクトパッケージを格納できます。たとえば、単一の CodeArtifact リポジトリを設定して、Maven、npm、および Python リポジトリからのパッケージを 1 つの場所に格納できます。 CodeArtifact リポジトリはドメインに編成されます。組織で単一のドメインを使用してから、リポジトリを追加することをお勧めします。例えば、チームごとに異なるリポジトリを使用することを選択できます。パッケージをリポジトリに公開したり、外部リポジトリからパッケージを取り込んだりするには、開発者が慣れているパッケージマネージャーツールを使用するだけです。開始のプロセスを見てみましょう。 CodeArtifact の開始方法 CodeArtifact の使用を開始するには、まず組織用のドメインを作成する必要があります。これにより、リポジトリが集約されます。ドメインは、リポジトリから使用されますが、パッケージとメタデータの実際のストレージを実行するために使用されます。これには、特定の npm パッケージなどの単一のパッケージアセットが、リポジトリの数に関係なく、ドメインごとに 1 回だけ格納されるという利点があります。CodeArtifact コンソールで、左側のナビゲーションパネルから [ドメイン] を選択するか、代わりに、最初のリポジトリの作成の一部としてドメインを作成します。これを行うには、[リポジトリの作成] をクリックします。 最初に、リポジトリに名前と任意の説明を付け、その後に任意でリポジトリをいくつかのアップストリームリポジトリに接続することができます。リポジトリに存在しないパッケージがリクエストされると、CodeArtifact はこれらのアップストリームリポジトリからそれぞれのパッケージをプルし、CodeArtifact リポジトリにキャッシュします。CodeArtifact リポジトリは、他の CodeArtifact […]

Read More

新規 – 第 2 世代 AMD EPYC™ プロセッサを搭載した Amazon EC2 C5a インスタンス

過去 18 か月間において、当社は、お客様に汎用およびメモリ集約型のワークロードを実行するための追加の選択肢を提供するため、AMD を搭載した M5a と R5a/M5ad と R5ad、および T3a インスタンスをリリースしました。AWS Nitro System 上に構築されたこれらのインスタンスは、カスタムの第 1 世代 AMD EPYC™ プロセッサを搭載しています。これらのインスタンスは、同等の EC2 M5、R5、および T3 インスタンスよりも 10% 低い料金で利用可能で、コストとパフォーマンスに基づいてインスタンスミックスのバランスをとるためのオプションを提供します。 本日より、最大 3.3 GHz の周波数で動作する、第 2 世代 AMD EPYC™ プロセッサを搭載したコンピューティング最適化 C5a インスタンスの一般提供が開始されます。C5a インスタンスは、Amazon EC2 のコンピューティング最適化 (C5) インスタンスファミリーのバリアントであり、同等のインスタンスよりも 10% 低いコストで高性能な処理を提供します。C5a インスタンスは、バッチ処理、分散分析、データ変換、ログ分析、ウェブアプリケーションなど、コンピューティングを多用する幅広いワークロードに最適です。 現在、C5a インスタンスは、米国東部 (バージニア北部)、米国東部 (オハイオ)、米国西部 (オレゴン)、欧州 (アイルランド)、欧州 (フランクフルト)、アジアパシフィック (シドニー)、およびアジアパシフィック (シンガポール) リージョンにおいて、オンデマンド、スポット、およびリザーブドインスタンス、または Savings […]

Read More

MSP360 – 10 年以上にわたる AWS を使ったクラウドバックアップの進化

2009 年、私はアンディという名前の AWS 開発者から e メールを受け取りました。それには、アンディとエンジニア 5 人のチームが CloudBerryExplorer for Amazon S3 という名前の製品を構築したと書かれていました。私は、CloudFront Management Tool Roundup と、その後のブログ記事数本で彼の製品について書きましたが、re:Invent 2019 において、CloudBerry が 130 人を超える社員を抱えるまでに成長し、MSP360 と呼ばれるようになったことを知りました。アンディと彼のコアチームは今も活躍中で、ファイル管理とクラウドベースのバックアップのサービスを提供し続けています。 MSP360 はマネージドサービスプロバイダー (MSP) へのバックアップおよびリモート管理サービスの提供に焦点を当てており、これらのプロバイダーが、それらを IT プロフェッショナルと小企業に販売します。MSP360 は事実上、堅牢な AWS 駆動のクラウドバックアップソリューションを提供する能力を MSP に与える「MSP in a box」を提供しています。MSP はそれぞれ、独自のブランドを追加し、自ら選択した建設、金融サービス、法務サービス、ヘルスケア、製造などのさまざまな対象者に対して出来上がった製品を売り出すことができます。 AWS は、2012 年に AWS パートナーネットワーク (APN) をローンチしました。MSP360 は最初に参加した会社のひとつです。今日、MSP360 はバックアップ & 復元ユースケースのストレージコンピテンシーを取得した APN アドバンストテクノロジーパートナー、および AWS のトップストレージパートナーのひとつとして、お客様に複数の Amazon Simple […]

Read More

最新の AWS ヒーローのご紹介 – 2020 年 5 月

コミュニティは今、かつてないほど重要になっています。地域コミュニティのメンバーは、AWS のスキルの構築、技術的な問題の解決、キャリア開発に関するガイダンスや指導を行うことのできるリーダーが現れることを期待しています。こうした AWS の知識やコミュニティサポートは、従来、ソーシャルメディア、ブログ、オープンソースプロジェクト、またはイベントやミートアップでのプレゼンテーションなどを介して、多くの手段で共有されてきました。最近の困難な時期において、リーダーたちはコミュニティをつなげ、お互いにサポートし合えるよう取り組んでいます。 AWS ヒーローは、コミュニティで際立った活躍を見せ、広く影響を与えている AWS の熱烈なファンを認知するためのプログラムです。本日は、南アフリカとフランスからの初のヒーローを含む、最新の AWS ヒーローをご紹介します。 Philippe Abdoulaye – ローリー (米国) コミュニティヒーローの Philippe Abdoulaye 氏は、AWS のアドバイザリーコンサルティングビジネスを行う ITaaSNow の創設者です。クラウドを活用したビジネスパフォーマンスの向上を専門としています。AWS を使って IT インフラストラクチャや IT 組織を変革する方法について、企業に助言することが主な仕事です。彼は 2 つのアーキテクチャフレームワークを開発し、AWS アーキテクチャの設計と実装を高速化しています。この中には、完全 ITaaS 配信モデルと AWS 仮想データセンター (VDC) が含まれています。AWS、DevOps、デジタル変革に関する 7 冊の著書と 100 本以上の記事を執筆し、AWS を使用してビジネスを成長させる方法についての講演も行っています。 Jayesh Ahire – プネー (インド) 機械学習ヒーローの Jayesh Ahire 氏は ML の開発者で、分散ニューラルコンピュータでの作業に勤しむ研究者です。プネーの AWS User Group、Elasticsearch […]

Read More

新機能 – AWS Marketplace の SaaS 契約のアップグレードと更新

現在、AWS Marketplace には 1,500 の独立系ソフトウェアベンダー (ISV) の中に 7,500 以上のリストがあります。デジタルカタログを参照して、AWS で実行するソフトウェアを検索、テスト、購入、デプロイすることができます。 ISV は各自で、ソフトウェアの料金モデルや料金を設定しています。無料トライアル、時間ごとや従量制での料金、月額または年間 AMI の料金、1 年、2 年、3 年契約の前払い料金など、さまざまなオプションを用意しています。これらのオプションおかげで、各 ISV はお客様に最適なモデルを柔軟に定義できます。Software as a Service (SaaS) 契約モデルでサービスを提供する場合、販売者が使用カテゴリー、ディメンション、契約期間を定義できます。 アップグレードと更新 AWS Marketplace で検索した SaaS および使用量ベースの製品を利用する AWS のお客様は、短期契約から始め、ワークロードの拡大に応じて早い段階でアップグレードまたは更新することを考えるのが一般的です。 現在 AWS では、これらの契約のアップグレードと更新の処理がこれまでになく簡単になっています。最初の契約がまだ有効でも、購入者は販売者に連絡を取って、購入者のニーズに最適なプライベートオファーを新たに交渉することができます。このオファーには、製品を使用するための追加の許可、料金の割引、支払いスケジュール、改定後の契約終了日、エンドユーザー使用許諾契約 (EULA) の変更を含めることができ、特定の購入者のニーズにすべて合わせることが可能です。 購入者がオファーを受け入れると、新しい契約が即座に有効となります。この新しい合理化プロセスにより、販売者は同様の契約 (紙面とデジタル) をどちらも追跡する必要がなくなり、購入者は継続してサービスを受けることができます。 AWS Marketplace の製品を既に使用しており、販売者と延長契約の終了日について交渉しているとします。販売者は購入者のためにプライベートオファーを作成し、そのオファーを検索および確認するためにフォローするリンクを購入者に送信します。 アップグレードオファーを選択すると、新しい契約の終了日、アップグレード契約のディメンション、支払いスケジュールが表示されます。[現在の契約をアップグレード] をクリックして、続行します。 意思を確認します。 これで完了です。 この機能はすべての購入者と SaaS 販売者が利用でき、SaaS 契約と使用量に応じた料金の契約に適用されます。 Jeff

Read More

AWS Graviton2 を搭載した新しい EC2 M6g インスタンス

本日より、第 6 世代の Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) 汎用インスタンスである M6g をご利用いただけます。「g」は「Graviton2」を意味します。これは、AWS (および Amazon のグループ企業である Annapurna Labs) が 64 ビット Arm Neoverse N1 コアを使用して設計した次世代の Arm ベースのチップです。 これらのプロセッサは、256 ビットの常時オンの DRAM 暗号化をサポートしています。また、第 1 世代の Graviton と比較して浮動小数点演算の性能を 2 倍にするデュアル SIMD ユニットが含まれており、機械学習の推論ワークロードを加速する int8/fp16 命令をサポートしています。詳細については、AnandTech によって公開されたこの完全なレビューをご覧ください。 M6g インスタンスは、1、2、4、8、16、32、48、および 64 の vCPU を備えた 8 つのサイズで、またはベアメタルインスタンスとして、利用できます。最大で 256 GiB のメモリ、25 Gbps のネットワークパフォーマンス、および 19 Gbps […]

Read More

Amazon Elasticsearch Service のUltraWarm の一般提供

本日、Amazon Elasticsearch Service の UltraWarm の一般提供を開始しました。 この新しい低コストのストーレジ層は、現在の Amazon Elasticsearch Service ストーレジ層の 10 分の 1 のコストで、最大 3 ペタバイトのログデータについて高速かつインタラクティブなアナリティクスを提供します。 UltraWarm は、古いデータやアクセス頻度の低いデータに安価なストーレジを提供することで、既存の Amazon Elasticsearch Service ホットストーレジ層を補完します。同時に Amazon Elasticsearch Service のお客様が期待するような、てきぱきしたインタラクティブなエクスペリエンスを提供します。Amazon Elasticsearch Service は、Amazon S3 にデータを保存し、AWS Nitro System 上で専用に構築された高度に最適化されたカスタムノードを使用して、そのデータをキャッシュ、プリフェッチ、クエリします。 Amazon Elasticsearch Service には、ウェブサイトの検索システムの構築、アプリケーションログまたはインフラログからのデータの保存と分析など、多くのユースケースがあります。この新しいストーレジ層は、大量のログデータを保存しているお客様に特に適していると考えています。 Amazon Elasticsearch Service は、大量のログデータを取り込み、対話的に分析できるため、ログアナリティクスによく利用されています。マイクロサービスとコンテナを使用してアプリケーションを構築する開発者が増えると、ログデータが爆発的に増加します。数ヵ月または数年分のデータを保存して分析することは、コストがかかりすぎるため、お客様は複数のアナリティクスツールを使用したり、貴重なデータを削除したりして、長期的なデータがもたらす重要な知見を得ることができませんでした。 AWSは、この問題を解決するために UltraWarm を構築しました。開発者、DevOps エンジニア、InfoSec の専門家は、アーカイブからアクティブで検索可能な状態にデータを復元するために、Amazon Elasticsearch Service クラスター内で数日を費やすことなく、最近の長期的な運用データを分析することができます。 それでは、AWS マネジメントコンソールで新しいドメインを作成して、この新しいストーレジ層をどのように使用するかを見てみましょう。 最初に Amazon […]

Read More

新機能 – AWS Glue を使用したサーバーレスストリーミング ETL

 アプリケーションが本番環境にあるとき、何が起こっているか、どのようにアプリケーションが使われているかを把握する必要があります。データ分析の最初のアプローチはバッチ 処理モデルで、一連のデータを一定期間収集し、分析ツールで実行します。迅速に対応したい場合には、ストリーミングモデルを使用します。このモデルでは、データの到着時にデータ処理し、一度に 1 レコードずつ、または数十、数百、数千のレコードのマイクロバッチで処理します。 継続的な取り込みパイプラインの管理や即時的なデータ処理は、管理、パッチ適用、スケーリング、一般的な対応を必要とする常時オンのシステムであるため、大変複雑です。現在、拡張 (AWS Glue ジョブを Apache Spark に基づいて ) によってこうした機能をより簡単でコスト効率の高い方法で実装し、ストリーミングプラットフォーム (Amazon Kinesis Data Streams や Apache Kafka (完全マネージド Amazon MSK を含む)) などからデータを継続的に実行し使用しています。 このように、Glue はデータレイク (Amazon S3 の)、Amazon Redshift などのデータウェアハウス、またはその他のデータストアにデータを取り込むために必要なインフラストラクチャをプロビジョニング、管理、スケーリングします。たとえば、ストリーミングデータを DynamoDB テーブルに保存してすばやく検索したり、Elasticsearch に保存して特定のパターンを検索したりすることが可能となります。この手順は通常、抽出、変換、読み込み (ETL) と言います。 Glue ジョブでストリーミングデータを処理すると、Spark Structured Streaming の全機能にアクセスして、集約、パーティション化、フォーマット、他のデータセットとの結合といったデータ変換を実行し、データに情報を追加または修正して分析を容易にします。たとえば、外部システムにアクセスしてリアルタイムで不正を特定したり、機械学習アルゴリズムを使用してデータを分類したり、異常や異常値を検出したりできます。 AWS Glue を使用したストリーミングデータの処理 この新しい機能を試すには、IoT センサーからデータを収集し、すべてのデータポイントを S3 データレイクに保存します。Raspberry Pi と Sense HAT を使用し、温度、湿度、気圧、空間内の位置をリアルタイムで […]

Read More

新情報 – VPC エンドポイント向け Amazon Simple Email Service (SES)

 チャットやメッセージングアプリケーションも広く普及しましたが、メールは最も投資利益率 (ROI) の高いユビキタスチャネルとして人気を維持しています。参入のハードルの低さ、価格の安さ、特定の受信者をターゲティングする機能が特徴です。組織のマーケティングおよび取引のメッセージがタイムリーに顧客に届き、より深いエンゲージメントを促進していることを確認するには、大規模なメール配信における専門知識を培ってきた、経験豊富で信頼できるメールサービスプロバイダーと連携する必要があります。 Amazon Simple Email Services (SES) は信頼性と柔軟性に富んだ手ごろな価格のメールサービスプロバイダーとして、2011 年から開発者およびデジタルマーケター向けにサービスを提供してきました。Amazon SES は、顧客とのやりとりにメールを使用しているあらゆる規模の企業に適した、信頼性が高く、コスト効率の良いサービスです。多くの企業が、機密性が高く、厳しいセキュリティポリシーを保持する業界に属しています。そのため AWS は Amazon SES のセキュリティおよびコンプライアンスの機能を強化しました。独自の RSA キーペアを使用した DKIM の設定、HIPAA 資格や FIPS 140-2 準拠のエンドポイントのサポート、地域拡大などが可能となりました。 このたび Amazon SES ユーザーは、AWS PrivateLink を使用した VPC エンドポイントを介して、安全かつ拡張可能な方法で、Virtual Private Cloud (VPC) から Amazon SES に直接接続できるようになりました。インターネットゲートウェイ、NAT デバイス、VPN 接続、または AWS Direct Connect 接続を使用せずに、VPC 経由で Amazon SES にアクセスできるようになりました。インターフェイス VPC エンドポイントを使用すると、VPC と Amazon […]

Read More

FORMULA 1 DeepRacer ProAm Special Event にご参加ください

 AWS DeepRacer リーグは、賞品と栄光をかけて競うとともに、強化学習について楽しみながら学ぶ機会を提供します。モデルの構築、トレーニング、および評価には AWS DeepRacer 3D レーシングシミュレーターを使用でき、モデルがレースできることを確実にするために、結果を検証してモデルを改善することが可能です。 フォーミュラ 1 (F1) レースで優勝するには、技術的に洗練されたレースカー、一流のドライバー、極めて優れたクルー、そして (信じられないかもしれませんが) かなりの機械学習が必要です。AWS は過去数シーズンにわたって、かつてないほど速く、低燃費のレースカーを生み出すために機械学習を利用する方法を見つけるべくフォーミュラ 1 チームと連携してきました (詳細については、最速の車、最速のクラウド、および Formula 1 Works with AWS to Develop Next Generation Race Car をお読みください)。 スペシャルイベント AWS DeepRacer リーグでは、AWS DeepRacer コンソールで毎月新しい仮想レースを開催していますが、今月は特別なレース、Formula 1 DeepRacer ProAm Special Event を開催します。5 月中は、フォーミュラのドライバーたちとそのクルーによって構築およびチューニングされたモデルとレースする機会を求めて競い合うことができます。出場者は以下のとおりです。 ロブ・スメドレー – F1 のデータシステム担当ディレクター兼 AWS Technical Ambassador。 ダニエル・リカルド – グランプリで 7 度優勝し、29 […]

Read More