Amazon Web Services ブログ

Tag: Amazon FSx for Windows

2021 メディア業界のお客様向け AWS 勉強会 第十一回「クラウド編集 / クラウドレンダリング」

2021/11/24 にメディア業界のお客様向けに AWS 勉強会を開催いたしました。第十一回は従来、場所や時間に縛られていた映像編集や CG/VFX レンダリングについて、働き方改革やコロナ禍の影響もありクラウド化が進む中で見えてきたメリットや最新のソリューションをご紹介しました。資料のダウンロードおよび動画の視聴は下記のリンクからご利用頂けますので、合わせてご確認ください。

Read More

2021 メディア業界のお客様向け AWS 勉強会 第八回「目指せ ! クラウドプラクティショナー」

2021/10/06 にメディア業界のお客様向けに AWS 勉強会を開催致しました。第八回では AWS 認定の中でも AWS クラウドの基礎知識とスキルを身につけることができるクラウドプラクティショナー認定の取得を目指す方向けに、ストレージとデータベースについての基礎知識をご説明するセミナーを実施しました。前半をストレージ編、後半をデータベース編、という2つのパートに分けて、ソリューションアーキテクトの金目よりご説明致しました。

Read More
aws-media-asset-preparation-system-maps

【Edit in the Cloud】AWS Media Asset Preparation System (MAPS)の構築ガイド

はじめに AWS Media Asset Preparation System (AWS MAPS)の紹介ブログ記事では、MAPSがAWSへのメディアのアップロード、ファイル/フォルダの整理、AWSストレージボリューム上でのファイル移動、メディアの準備、権限の割り当て、検索、フィルタリング、コンテンツ配信などの課題をどのように解決するかについて概要を説明しました。この記事では、MAPSが制作プロセスにおいてどのように重要な役割を果たしているかの概要を説明し、お客様の環境にMAPSを導入する方法を詳細に説明するステップバイステップガイドを提供します。  MAPSを導入した後はこのガイドを参考にして、本番制作環境のパイプライン構築に繋げていただければと思います。

Read More

Amazon FSx for Windows ファイルサーバーでエンドユーザーアクセスのセキュリティ通知機能を実装する

このブログはJaroslav Skrickij (Sr. Solutions Architect at AWS)によって執筆された内容を⽇本語化したものです。原⽂はこちらを参照して下さい。 AWSでは、セキュリティは最優先事項です。お客様のデータへのエンドユーザーのアクセスを記録することは、多くのお客様の内部セキュリティポリシーやコンプライアンスニーズを満たす上で重要な要素です。エンドユーザーアクセスの監査ログは、定期的なセキュリティ監査やセキュリティインシデントのフォレンジック調査に利用されます。しかしながら、お客様は新たに発生するセキュリティリスクを事前に評価し、悪意のあるユーザーが引き起こす可能性のある被害を軽減するために、不審なアクセスをほぼリアルタイムで知りたいケースもあります。データセキュリティ管理者は、共有ファイルストレージに繰り返し不正アクセスが発生した場合や、大量のファイルが予期せず削除された場合などに、迅速な対応を求められます。

Read More

Amazon FSx File Gatewayを使ったファイルサーバーへの高速なキャッシュアクセス

このブログはSteve Roberts (Developer Advocate focused on .NET and PowerShell development on AWS)によって執筆された内容を⽇本語化したものです。原⽂はこちらを参照して下さい。 従来のワークロードがクラウドに移行していく中で、一部のお客様は、データがオンプレミスのファイルサーバに保存されているため、クラウドの恩恵を十分に活かしきれていません。例えば、チームやプロジェクトのファイル共有、コンテンツ管理システムなどで一般的に使用されるデータは、お客様の拠点とクラウド間のネットワーク遅延、帯域の制限・共有などの問題により、オンプレミスに設置する必要があるからです。 今回、新しいタイプのAWS Storage GatewayであるAmazon FSx File Gatewayを発表します。これは、オンプレミスのファイルサーバーを運用する代わりに、Amazon FSx for Windows File Serverでクラウドに保存されたデータにアクセスすることを支援するものです。Amazon FSx File Gatewayは、ネットワークの最適化とキャッシングをしているため、ユーザーやアプリケーションからは、共有データがあたかもオンプレミスにあるかのように見えます。ファイルサーバーのデータをAmazon FSx for Windows File Serverに移行して統合することで、クラウドストレージの拡張性とコストメリットを活用し、オンプレミスのファイルサーバーのメンテナンスから解放され、Amazon FSx File Gatewayがネットワーク遅延と帯域の問題を解決します。

Read More

AWS DataSyncとAmazon FSxを使って1ヵ月でファイルストレージをAWSへマイグレーション

このブログはVaibhav Singh (Cloud Infrastructure Architect with AWS ProServe India)によって執筆された内容を日本語化した物です。原文はこちらを参照して下さい。   オンプレミスからクラウドへの移行では、さまざまなお客様がそれぞれに異なった環境を持っていて実現方法も異なります。あるお客様はオンプレミスで稼働しているワークロードの規模が小さかったり、あるお客様は複数のデータセンターに複数のストレージアレイを設置していたり、さらに複雑で膨大なセットアップを行っているお客様もいるかと思います。クラウドに移行する場合、現在のデータストレージ環境を調査することの難しさや、どのように始めればよいか戸惑うのは当然のことでしょう。 AWSプロフェッショナルサービスは、ダウンタイムを最小限に抑えながら、お客様のクラウドへの移行をサポートし、最も効率的で効果のある方法でクラウドソリューションを最大限に活用できるようにします。AWSは、アプリケーションやデータベース、バックアップやディザスタリカバリ(DR)のスタックを再設計することなく、ビジネスに最適な方法でデータをクラウドに移行することを支援します。 この記事では、10,000人以上の従業員を抱えるグローバル金融サービス企業のお客様が、AWSプロフェッショナルサービスによる迅速かつ安全なオンライン移行によって、どのようにしてクラウドへの移行を加速させたかを紹介します。このケースでは、お客様はAWS DataSyncとAmazon FSx for Windows File Server(Amazon FSx)を使用して、100TB以上のファイルストレージを迅速かつシームレスに移行することができました。

Read More

VMware Cloud on AWSにおけるストレージオプションと設計

VMware Cloud on AWSはVMwareのSoftware-Defined Data Center (SDDC)技術をAWSのグローバルインフラストラクチャ上で提供するためVMwareとAWSが共同開発したソリューションです。 様々なストレージ要件のワークロードが存在する場合、利用可能なストレージオプションの種類を把握し、異なる条件下でそれらをどう使っていくことが最適であるかを理解することが重要です。 VMware Cloud on AWSは複数のストレージサービスと統合されており、VMware vSphereワークロードに対して選択肢と柔軟性を提供しています。しかしながら各サービスは特定のシナリオに最適化されており、ワークロード全体に対して最適な単一のアプローチというものはありません。正しいサービスを選択するには、まずVMware vSphereワークロードのストレージ要件やパフォーマンスの統計データを理解しなければいけません。それを踏まえた上で、お客様のワークロードに適したコスト、可用性、パフォーマンス要件を満たすストレージを計画、実装することができます。

Read More