Amazon Web Services ブログ

Craig Liebendorfer

Author: Craig Liebendorfer

I write for and work with other authors who write for the AWS Database Blog. I previously owned and edited the AWS Security Blog for 3+ years.

Amazon DynamoDB が、7 歳の誕生日!

7 年前の今日、AWS の CTO であった Werner Vogels が Amazon DynamoDB のリリースを発表しました。そこで、2018 年と 2017 年の「最新情報」の記事を振り返って、DynamoDB の最近の成長を示すのもおもしろいだろうと考えました。こうした記事は、トランザクション、オンデマンドキャパシティモード、ポイントインタイムリカバリ、グローバルテーブル、バックアップとリストア、Auto Scaling など、さまざまな機能リリースをすべて説明しています。

Read More

一元化された AWS バックアップサービス、AWS Backup の紹介

昨日サービスの提供が開始された AWS Backup は、完全マネージド型の AWS バックアップソリューションを提供するために Amazon DynamoDB、Amazon EBS、Amazon RDS、Amazon EFS、および AWS Storage Gateway と統合されています。AWS Backup は、クラウド内だけではなくオンプレミスの AWS のサービス全体におけるデータのバックアップと保持を一元化し、自動化します。AWS Backup コンソールの統合されたビューによって、バックアップの監視、バックアッププランの管理、および監査情報の提供を行うことができ、内部ポリシーと外部の規制監査に対するコンプライアンスを確実にするプロセスがシンプルになります。 地域ごとの可用性に関する情報については、AWS のリージョン表を参照してください。 詳細については、完全な AWS News Blog 記事をお読みください。   著者について Craig Liebendorfer は、アマゾン ウェブ サービスのシニアテクニカルエディターです。この写真は、アイスランドでバスを待っている Craig と Elizabeth です。    

Read More

Amazon DynamoDB のベストプラクティスに従うという 2019 年の計を立てる

AWS ではこの 2019 年、DynamoDB での作業時にミッションクリティカルなワークロードのパフォーマンスを最大化して、コストを最適化するために役立つ Amazon DynamoDB のベストプラクティスに従うことをお勧めします。この記事は、このような抱負の維持を助ける DynamoDB のコンテンツに焦点を当てて行きます。

Read More

2018 年に最もよく読まれた AWS データベースブログ

この記事では、私たちが 2018 年に掲載した AWS データブログ記事で、最もよく読まれた10本を紹介しています。このリストをガイドとして使って、まだ読んでいないデータベースブログに目を通す、または特に有益だと思った記事を読み返すことができます。

Read More

過去18ヶ月間で見逃した可能性のあるAmazon DynamoDBのハイライト

Amazon DynamoDB は、信頼性の高いパフォーマンスをあらゆる規模で提供できる非リレーショナルデータベースです。これは完全管理型マルチリージョンのマルチマスターデータベースで、レイテンシは一桁台のミリ秒単位の安定性です。また、ビルトインのセキュリティ、バックアップとリストア、およびメモリ内キャッシュを提供します。 このブログの投稿は、過去18ヶ月のDynamoDBハイライトを要約したものです。この記事を読んで、データベースの規模、パフォーマンス、そして可用性を改善させながら、所有者の総コスト(TCO)を削減してクラウド変革を促進する方法を学んでください。 1. DynamoDBなどのAWS独自のデータベースは、アプリケーションに理想的なツールを提供します ワークロードをクラウドに移行する際に、アプリケーション用に画一的なリレーショナルデータベースを実行するための、フリーサイズのすべてのアプローチが不要です。独自のデータベースを使用して、適切な仕事(アプリケーション)に適したツール(データベース)を選択し、非リレーショナルデータベースの基礎となるDynamoDBを選択できるようにします。 ワーナー・ヴォゲルス:AWS独自のデータベース(ブログ記事) AWS独自のデータベース戦略:適切な仕事に適したツール(ビデオ) AWS独自のデータベース戦略の適用 (ビデオ) 2. DynamoDBは過去18ヶ月間に多くの新機能を追加しました DynamoDBは、心配の無い暗号化、バックアップとリストア、Amazon DynamoDB Accelerator、Time To Live、そしてグローバルテーブルなどの機能を着実に開始しています。次のビデオを見るか、付属のプレゼンテーションのスライドを読んで、AmazonのDynamoDBの歴史と、皆さんが操作にではなくコードに集中することができるよう、私たちがどのように革新を続けて行くかを学んでください。 Amazon DynamoDBの新機能(ビデオ) Amazon DynamoDB の新機能 (デッキ) 3. DynamoDBは、99.999%のサービス水準合意(SLA)をご提供します。 AWSは稼働時間を考慮してDynamoDBを設計しました。2018年6月から、DynamoDBには99.999%の稼働率のSLAがあります。DynamoDB SLAの詳細をお読みください。 DynamoDBサービス水準合意(ウェブページ) 4. 適応能力により容量の計画がさらに簡単になります 不均一なアクセスパターンやワークロードに対して、DynamoDB適応能力により、アプリケーションは一貫したパフォーマンスで読み書きを継続できます。 Amazon DynamoDBの適応能力が不均一なデータアクセスパターンに対応する仕組み(または、なぜDynamoDBについて知っている情報が古くなっているのか)(ブログ記事) DynamoDB適応能力:入り組んだワークロードのためのスムーズなパフォーマンス(ビデオ) 5. ポイントインタイムリカバリーとオンデマンドバックアップを使用して、データベースのバックアップとリストアを自動化 DynamoDBは、今年初めに連続バックアップとポイントインタイムリカバリー(PITR)を開始しました。これらの機能を使用すると、過去35日間のデータベースを1秒あたりで自動的にバックアップおよびリストアすることができます。PITRを有効にするためのメンテナンスやコードは必要ありません。 Amazon DynamoDB連続バックアップとポイントインタイムリカバリー(ブログ記事) DynamoDBのオンデマンドバックアップとリストア(ドキュメンテーション) 6.グローバルテーブル:DynamoDBは、唯一のマルチリージョン、マルチマスターデータベースサービスです グローバルテーブルでは、DynamoDBは唯一のマルチリージョン、マルチマスターデータベースサービスです。グローバルテーブルを使用して、最も厳しいビジネスの継続性要件を満たすマルチレージンソリューションを実行できます。また、グローバルテーブルを使用して、世界中のどこからでもエンドユーザーに向けた低レイテンシのデータアクセスが可能になります。 Amazon DynamoDBアップデート – グローバルテーブルとオンデマンドバックアップ(ブログ記事) 7.顧客は、Cassandraなどの他のデータベースからDynamoDBに移行しています SamsungやGumGumなどの企業は、CassandraからDynamoDBに移行し、結果としてTCOを最大70%削減しました。おそらく、DynamoDBへの移行の最大のメリットは、データベースを稼動させ続けることではなく、ビジネス革新に集中できるようになることです。 Apache CassandraデータベースをAmazon DynamoDBに簡単に移行する(ブログ記事) SamsungはCassandraからDynamoDBへ1 PBを移行(ビデオ) Hosted CassandraからAmazon DynamoDBへの移行:年間60%のコスト削減へと飛躍(ブログ記事) 概要 この記事では、過去18ヶ月間の主要なDynamoDBのハイライトの一部が再度要約されています。DynamoDBの機能の詳細については、Amazon DynamoDBの機能をご参照ください。DynamoDBの使用を開始するには、DynamoDB入門をご参照ください。 著者について […]

Read More

AWS re:Invent 2018 で開催予定の Amazon DynamoDB セッション、ワークショップ、およびチョークトークのご案内

AWS re:Invent 2018 がもうすぐ開催されます! この記事には、AWS re:Invent 2018 で行われる、Amazon DynamoDB セッション、ワークショップ、チョークトークの全リストを掲載しています。この記事の情報で、今年のラスベガスでのコンファレンスウィークをうまくスケジューリングしましょう。上司を説得できず、まだ AWS re:Invent 2018 に登録していないのなら、こちらの出張の必要性についてのメモを読んでみてください。 レベル 200 – 入門 DAT201 – Amazon DynamoDB の新情報についてのディープダイブ これは、DynamoDB の総括的な新着情報のセッションです。新しく発表された機能を紹介し、エンドツーエンドから見た最新のイノベーションを提供します。お客様の成功事例やユースケースもシェアする予定です。DynamoDB の新機能について、一緒に学びましょう。 レベル 300 – 上級 DAT303 – 最大級に重要な資産 (つまり、あなたのデータ) の保護 : DynamoDB を使ったセキュリティベストプラクティス このセッションでは、DynamoDB に組み込まれているセキュリティ機能と、それらを使用してデータを保護する最善の方法を学びます。利用できるオプションを使って、テーブルへのアクセスとそのテーブルに格納されているコンテンツをどう制御するかを考えます。また、暗号化を使用してテーブルの内容を保護する方法と、データへのアクセスを監視する方法についても説明します。 DAT311-R – Amazon DynamoDB と AWS Lambda を使用したサーバーレスアプリケーションの構築 – ワークショップ形式 先進的デザインとベストプラクティスを使った、全く新しいタイプのワークショップです。このワークショップは、幅広い AWS サーバーレス製品のご紹介と、コンポーネントがどのように連携するかを実証します。このインタラクティブなワークショップでは、ある e コマース会社の発展を考察します。簡素なサーバレス製品カタログから始まって、1日のユーザー数が100万人に達する規模に成長し、その後、分析とほぼリアルタイムでのモニタリングを追加します。ワークショップを進めながら、DynamoDB や […]

Read More

AWS re:Invent 2017 Roundup:オンデマンド視聴のためのすべてのAmazon DynamoDB関連のセッション

2ヶ月前にAWS re:Invent 2017を開催したにもかかわらず、私たちは引き続き、会議から素晴らしいAmazon DynamoDBセッションの内容をまとめて共有したかったのです。次のテーブルには、DynamoDBに関連するセッションのタイトルと、セッション録画へのリンク、セッションの説明、および各セッションの最適な説明が記載されています。 AWS re:Invent 2017のセッションタイトルとビデオへのリンク セッション内容 ベスト Amazon.com – 100のOracle DBをJust Oneに置き換える:Amazon DynamoDB(ARC406) 300を超えるAmazonエンジニアリングチームが使用するミッションクリティカルなシステムで、Herdは毎日40億以上のワークフローを実行します。2013年からは、Herdのワークフロートラフィックは、毎年倍増していました。そして、その数十の水平方向にパーティション化されたOracleデータベースをスケーリングすることは、悪夢のようなものでした。Herdのスケーリングニーズをサポートし、より良い顧客体験を提供するために、Herdチームはストレージシステムを再構築し、OracleからAmazon DynamoDBへのプライマリーデータストレージを移動する必要がありました。このエキスパートレベルのセッションでは、DynamoDBへの移行について議論し、直面した最大の課題とその克服の方法を学び、学んだ教訓を共有します。 Amazon.comがどのように100のOracleデータベースをDynamoDBに移行したかを知りたい方。 キャッシング可能な場合:高度なキャッシングストラテジー(ATC303)によりコストを最適化しながらレイテンシを最小化する Amazon CloudFrontからElastiCache、Amazon DynamoDB Accelerator(DAX)まで、このセッションは、アドテックワークロードにどうやってキャッシュ方法を適用させるかを学習するワンストップショップです。どのデータをキャッシュすべきで、それはなぜですか? キャッシュするときの一般的な副作用と落とし穴は何ですか? 実際にDAXをどのように使用するべきですか? 常にデータが最新のキャッシュ状態を保つにはどうすればよいですか? このセッションでは、これらのトピックについて深く議論し、チームインターネットから学んだ教訓を共有します。 アドテックのワークロードにどうやってキャッシュ方法を適用させるか詳細を知りたい方。 DynamoDB – 新機能(DAT304) 今回のAmazon DynamoDBの一般セッションでは、新しく発表された機能について説明し、最新の技術革新についてのエンドツーエンドの視点を提供します。また、顧客の成功事例やユースケースを共有し、グローバルテーブルとオンデマンドバックアップのライブデモを共有します。 DynamoDBや新機能について知りたい方。 クラウドへのギャラクシーの移行:サムスンのAmazon DynamoDB(DAT320)への移行に関するベストプラクティス このセッションでは、従来のリレーショナルデータベースマネジメントシステムやその他のNoSQLデータベースなど、データベースをAmazon DynamoDBに移行するためのベストプラクティスを紹介します。重要なDynamoDBの概念、評価基準、DynamoDBでのデータモデリング、DynamoDBへのデータ移行、データ移行時の重要な考慮事項について説明します。CassandraクラスターをSamsung CloudワークロードのためにDynamoDBに移行した、Samsung Electronicsの事例を紹介します。 SamsungがDynamoDBにどのように移行したかを知りたい方。 ExpediaがDynamoDBに飛ぶ:Travel Analytics(DAT324)のためのライトニング – ファストストリーム処理 豊富で高性能なストリーミングデータシステムを構築するためには、複雑なビジネスロジックを実装するために参照データセットへのオンデマンドアクセスが必要です。このセッションでは、Expediaが直面したアーキテクチャー上の課題と、Amazon DynamoDB Accelerator(DAX)とAmazon DynamoDBがアーキテクチャー全体にどのように適合し、Expediaの設計要件を満たしているかについて説明します。以下について学びます:1)データをストリーミングするためのExpediaの全体的なアーキテクチャーパターン、2)ExpediaがDynamoDB、DAX、Apache Spark、Apache Kafkaを使用して問題に対処する方法、そして3)DAXが提供する価値と、Expediaがパフォーマンスとスループットを向上させ、コストを削減する方法—新しいコードを書く必要はまったくありません。 ExpediaがDynamoDBとDAXを使用して、参照データセットに高速かつオンデマンドでアクセスする方法を知りたい方。 Amazon DynamoDB(DAT325)のSnapchat Stories […]

Read More