Amazon Web Services ブログ

AWS Japan Staff

Author: AWS Japan Staff

Amazon ElastiCache for Redisアップデート – Sharded Clusterの追加やエンジンバージョンを更新 –

多くのAWSのお客様に高速で、インメモリデータストアとして Amazon ElastiCacheをご利用頂いています。 2013年にAmazon ElastiCache for Redisをリリースし、スナップショットのS3へのエクスポート機能、エンジンバージョンの更新、スケールアップ機能、タグ、Multi-AZで自動フェイルオーバー機能を数年で追加してきました。 本日、新機能をElastiCache for Redisへ追加しました。詳細は以下の通りです。 Sharded Clusterサポート – 3.5 TiB以上をインメモリデータとして扱う事が出来るsharded clusterを作成可能になりました コンソールの改善 – 以前より簡単にクラスタの作成やメンテナンスが行えるようになりました エンジンアップデート – Redis 3.2の機能をご利用頂けるようになりました Geospatial Data – 地理空間データの処理を行え、利用可能になりました 更に詳細を見ていきましょう!   Sharded Clusterサポート / 新コンソール 今まではElastiCache for Redisは1つのプライマリノードと5つまでのread replicaを含んだクラスタに対応していました。この構成では、メモリサイズがクラスタあたり237 GiBに制限されていました。 1クラスタで15シャードまで作成出来るようになったことで、クラスタ全体のメモリ容量を拡大することが可能になり、最大3.5 TiBまでのデータをインメモリデータとして格納出来ます。それぞれのシャードは5つまでread replicaを作成可能で、1秒あたり2,000万読み込み、450万書き込みの性能を提供します。 シャードモデルは、read replicaと合わせて利用することでクラスタ全体の可用性とパフォーマンスを向上します。データは複数のノードに分散され、read replicaは高速で自動的なフェイルオーバーをプライマリノードに障害が起こった際に提供します。 シャードモデルの利点を活かすために、cluster対応のRedisクライアントを使う必要があります。クライアントは、16,384個のスロットをシャード毎に均等に分散されたハッシュテーブルとして扱い、保存するデータを各シャードにマップします。 ElastiCache for Redisはクラスタ全体を1つのバックアップとリストア用途のユニットとして扱います。そのため、各シャード毎のバックアップを管理したり考えたりする必要がありません。 コンソールの機能が改善され、スケールアウトクラスタを簡単に作成可能になりました。(Redisエンジンを選択した後にCluster Mode enabled (Scale Out)にチェックを入れている点を注目して下さい) 新しい便利なメニューで適切なノードタイプを選択を手助けしてくれます sharded clusterは、AWS Command Line […]

Read More

現在進行中 – VMware Cloud on AWS

オンプレミスの仮想化への長期的なトレンドにより、多くの企業は業務効率を向上させ、データセンターから可能な限り多くの価値を引き出しています。その過程で、アーキテクチャのスキルと業務経験のレパートリーを大きく広げることができましたが、現在ではパブリッククラウドのエコノミクスや AWS の技術革新のペースに合わせるべく苦労しています。このため、多くのエンタープライズは に注目しています。企業は、AWS が世界の 13 か所 (さらに 5 か所で工事中) にある 35 のアベイラビリティーゾーンにデータセンターを持っていることに注目し、豊富な AWS サービスや柔軟性の高い従量課金制モデルに大きな価値を見出しています。また、多くの場合は 10 年以上も前からの仮想化への投資を基にして将来的に物事を進める方法を模索しています。VMware + AWS = 勝利 これらの組織が仮想化への既存の投資を基にしながら、AWS が提供するメリットを活用することを支援するため、当社は VMware の仲間と連携して、VMware Cloud on AWS を構築、提供するべく努力しています。 この新しいサービスは AWS クラウドでのネイティブな完全マネージド型 VMware 環境で、時間単位のオンデマンド、またはサブスクリプション形式でアクセスできます。これには、vSphere Hypervisor (ESXi)、Virtual SAN (vSAN)、および NSX ネットワーク仮想化プラットフォームを含めて、今日お客様が自社のデータセンターで実行できるのと同じコア VMware テクノロジーが含まれ、クリーンでシームレスな体験を提供するよう設計されています。 VMware Cloud on AWS は物理ハードウェアで直接実行される一方で、当社のセキュリティファーストの設計モデルをサポートするべく設計されたネットワークとハードウェア機能のホストを活用します。これにより、VMware はネストされた仮想化を使用することなく、AWS インフラストラクチャで仮想スタックを実行できます。 お客様が、上記に説明したような状況 (オンプレミスの仮想化を実行しているが、クラウドを検討している) にある場合、この方法が気に入ると思います。パッケージング、ツール、およびトレーニングの投資は引き続き効果を生み出します。既存の VMware ライセンス、契約、および割引も同様です。ESXi、vSAN、および NSX […]

Read More

Atlassian JIRA ソフトウェアと Bitbucket データセンターの新しい AWS クイックスタート

AWS クイックスタートは 内のソフトウェアソリューションのリファレンス実装を迅速にデプロイする場合に役立ちます。クイックスタートを使用すれば、AWS やソフトウェアパートナーが推奨しているベストプラクティスのメリットを活用しながら簡単にソフトウェアをテストしたり使用することができます。 今回は APN アドバンスドテクノロジーパートナー (および DevOps コンピテンシー所有者) である Atlassian と協力して開発したクイックスタートガイドのペアについてご紹介します。このクイックスタートガイドは JIRA ソフトウェアデータセンターと AWS 上の Bitbucket データセンターのデプロイで役立ちます。 Atlassian のデータセンターの機能は、規模の大きな開発チームを持ち、スケーラブルで可用性の高い開発ツールとプロジェクト管理ツールを必要とするお客様のために設計されています。こうしたツールは常にミッションクリティカルであるため、堅牢性と耐障害性がベースライン要件であり、実稼働デプロイメントは常にマルチノードまたはクラスター設定で実行されるようになっています。 新しいクイックスタート JIRA ソフトウェアデータセンターはスピードを必要とするチームにプロジェクト管理ソリューションと問題管理ソリューションを提供、Bitbucket データセンターは Git リポジトリソリューションを提供します。どちらのソリューションも、複数のプロジェクトに携わる規模の大きなチームで可用性が高く大規模なパフォーマンスを実現します。こうした新しい Atlassian クイックスタートにより、徹底的なテストとリファレンスアーキテクチャの完全サポートを利用することができるので、AWS で行う製品のデプロイを大幅に簡略化し加速することが可能になりました。 クイックスタートには、新規または既存の Virtual Private Cloud (VPC) で Bitbucket と JIRA ソフトウェアのデプロイを許可する テンプレートが含まれています。新しい VPC を使用したい場合は、テンプレートが作成できます。同時にパブリックサブネット、プライベートサブネット、NAT ゲートウェイも作成するので、プライベートサブネットで EC2 インスタンスを許可しインターネットに接続することができます (NAT ゲートウェイを利用できないリージョンでは、代わりに NAT インスタンスをテンプレートが作成します)。すでに AWS をご利用されていて適切な VPC がある場合は、代わりに JIRA […]

Read More

AWS オンラインセミナー – 2016 年 10 月 & 11 月(太平洋時間・英語によるセミナー)

AWS による開発事項の最新情報をご存知ですか?、、 について十分理解していますか?IoT について理解し、クラウドのワークロードに適用するセキュリティのベストプラクティスをしっかり把握していますか?EC2 スポット市場を把握し、その活用方法を理解していますか? トレーニングと教育面に焦点を当てた 10 月と 11 月に開催予定の AWS オンラインセミナーについては次をご覧ください。受講は無料ですが、すぐに満席になってしまうため、お早目の登録をお勧めします。開催時間はすべて太平洋標準時、所有時間は 1 時間です。 10 月 25 日 午前 9:00 – Amazon ECS の詳細 午前 10:30 – AWS Lambda を使用したリアルタイムのデータ処理 正午 – Amazon ElastiCache for Redis を使用した高速の大規模データ 10 月 26 日 午前 9:00 – Amazon Cognito を使用してアプリにユーザーサインインと管理を追加 午前 10:30 – 開始方法: Amazon S3 と Amazon […]

Read More

X1 インスタンスの更新 – X1.16xlarge + リージョンの追加

今年初旬に AWS は x1.32xlarge インスタンスをリリースしました。約 2 TiB の容量を備えるこのインスタンスタイプは、メモリに大きな負担をかけるビッグデータ、キャッシュ、分析などのワークロードに最適です。AWS のお客様は SAP HANA インメモリデータベース、大規模な Apache Spark や Hadoop ジョブ、様々なタイプのハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) ワークロードを実行しています。 そしてこの度、AWS は X1 インスタンスタイプの更新を 2 つリリースしました。 新しいインスタンスのサイズ – x1.16xlarge インスタンスの新しいサイズはフットプリントが小さいワークロードの実行を可能にします。 新しいリージョン – X1 インスタンスの利用が可能なリージョンを 3 つ追加しました。これでリージョン数は合計 10 になりました。 新しいインスタンスのサイズ 新しい x1.16xlarge の仕様は次のとおりです。 プロセッサ: 2 x Intel™ Xeon E7 8880 v3 (Haswell) 2.3 GHz – 32 cores […]

Read More

週刊 AWS – 2016 年 10 月 3 日

今回の週刊 AWS の作成には AWS 内外から 20 人の寄稿者にご協力いただきました。自分もぜひ参加していみたいという方は (re:Invent でランチ無料の可能性あり)、GitHub の週刊 AWS をご覧ください。 月曜日 10 月 3 日 Mistwire.com は、AWS ソリューションアーキテクトプロフェッショナル認定へ向けての学習についての記事の連載を始めました。 がサービスアップデートと Black-Belt Tip について大量の情報を含むエピソードを公開しました。 が ElastiCache for Redis のための Lua でのサーバー側スクリプトについて説明しました。 Cloud Guru ブログは経費を抑えたい人のための AWS 学習について書きました。 は AWS 公共セクターのひと月を振り返る – 9 月を公開しました。 Cloudability Blog が新しい AWS Convertible リザーブドインスタンスとリージョン別メリットの機能について盛んに論じられている疑問に回答しました。 Botmetric が AWS 災害復旧で取り組むべき 5 つの課題 (初心者向け) […]

Read More

AWS ブログのユーザビリティパネル (シアトルまたはリモート)

今後も AWS ブログを通じて読者の皆さんが必要とする情報やエンターテインメントを提供していくため、今月下旬にユーザビリティパネルの開催を企画しています。初心者から上級者まで、ブログの読者や AWS をご利用されているローカル (シアトル) にお住まいの方々はもちろん、リモートからの参加もお待ちしております。ユーザビリティパネルにご参加頂いた方々には、感謝の気持ちを込めて Amazon.com ギフトカードを贈呈いたします。 参加するには今すぐ登録にアクセスしてください。

Read More

Snowball HDFS のインポート

オンプレミスで MapReduce を実行していて、HDFS (Hadoop Distributed File System) にデータを保存している場合、中間のステージングファイルを使用することなく、そのデータを直接 HDFS から にコピーできるようになりました。多くの場合、HDFS はビッグデータワークロードに使用されるため、これにより大量のデータを AWS にインポートしてさらに処理するプロセスが簡略化されます。 この新機能を使用するには、最新バージョンの Snowball クライアントを、目的の HDFS クラスターを実行しているオンプレミスホストにダウンロードして設定します。次に、以下のようなコマンドを使用して、Snowball 経由で HDFS から S3 にファイルをコピーします。 $ snowball cp -n hdfs://HOST:PORT/PATH_TO_FILE_ON_HDFS s3://BUCKET-NAME/DESTINATION-PATH -r オプションを使用して、フォルダー全体を再帰的にコピーできます。 $ snowball cp -n -r hdfs://HOST:PORT/PATH_TO_FOLDER_ON_HDFS s3://BUCKET_NAME/DESTINATION_PATH 詳細については、「HDFS クライアントの使用」を参照してください。 ※AWS Import/Export Snowballは日本で未提供のサービスです。

Read More

新しい collectd の CloudWatch プラグイン

これまでご自分のビジネス、アプリケーション、システムメトリックスを で保存されてきたと思います (詳しくは「Amazon CloudWatch の新しいカスタムメトリックス」をご覧ください)。随分前のことになりますが、私が 2011 年に書いたブログで「ユーザーの AWS リソースを CloudWatch で保存しているように、グラフを表示したり、アラームを設定、自動化したアクションをこうしたメトリックスに基づいて設定することができます。」といったように、この機能についてご紹介したことがあります。 そして本日より、新しい CloudWatch プラグイン collectd 対象を使用することで、ユーザーのシステムから統計を収集する方法を簡略化しながら収集した情報を CloudWatch に保存できるようになりました。さまざまなタイプの統計を収集する collectd の機能と、保存、表示、アラート、警告を可能にする CloudWatch の機能を組み合わせることで、EC2 インスタンスの状態とパフォーマンス、そして EC2 で実行しているオンプレミスハードウェアやアプリケーションについてより細かく把握することができます。このプラグインはオープンソースプロジェクトとしてリリースしています。皆様からのプルリクエストをお待ちしております。 パフォーマンスと可搬性を提供するため collectd デーモンは C で記述されています。これは 100 以上のプラグインをサポートし、Apache や Nginx ウェブサーバーパフォーマンス、メモリ使用量、稼働時間の統計を収集できるようにします。 インストールと設定 実際のアクションを見るため、collectd と新しいプラグインを EC2 インスタンスにインストールして設定してみました。 まず、CloudWatch にメトリックスデータを書き込むためのアクセス許可を使用して IAM ポリシーを作成します。 次にポリシーで EC2 を許可する IAM ロール (インスタンスで実行する collectd コード) を作成します。 オンプレミスサーバーから統計を収集するためにプラグインを使用する予定の場合や、すでに EC2 […]

Read More

IPv6 サポートの更新 – CloudFront、WAF、S3 Transfer Acceleration

先日のブログ「Amazon S3 で IPv6 をサポート」の続報として、今回は 、Amazon S3 Transfer Acceleration、 と 50 か所以上に渡るすべての CloudFront エッジロケーションでも IPv6 サポートが利用可能になったことをお知らせします。AWS では、すべての自律システムネットワーク (ASN) で IPv6 を有効にするための段階的な移行プロセスを本日より開始し、今後数週間に渡りすべてのネットワークで拡張する予定です。 CloudFront IPv6 のサポート 各 ディストリビューションごとに IPv6 サポートを有効にすることができます。IPv6 を使用して CloudFront エッジロケーションに接続する閲覧者とネットワークは自動的に IPv6 でコンテンツを取得します。IPv4 を使用して接続する場合は以前のように機能します。オリジンサーバーへの接続には IPv4 を使用します。 新たに作成したディストリビューションでは自動的に IPv6 が有効になります。既存のディストリビューションを変更するには [Enable IPv6] を有効にします。これはコンソールまたは CloudFront API から設定できます。 この新機能の重要事項については次をご覧ください。 エイリアスレコード – ディストリビューションで IPv6 サポートを有効にすると、ディストリビューションの DNS エントリは AAAA レコードを含むものに更新されます。 […]

Read More