Amazon Web Services ブログ

AWS Japan Staff

Author: AWS Japan Staff

週刊 AWS – 2016 年 4 月 11 日

先週 AWS の世界で起こった出来事を振り返ってみましょう。 月曜日 4 月 11 日 AWS データベース移行サービスで詳細なテーブルとスキーマのマッピングがサポートされたことを発表しました。 既存のデータソース設定をコピーすることにより、Amazon ML に新しい Amazon Redshift データソースを簡単に作成できることを発表しました。 Amazon Kinesis Agent を新しいデータ処理機能とともに更新しました。 ECS CLI、AWS CLI、AWS SDK for Java、AWS SDK for Ruby、および AWS SDK for JavaScript を更新しました。 AWS サポートに運用に関する評価、推奨、およびレポート作成が追加されたことを発表しました。 Botmetric で、AWS クラウド内での単一障害点の排除について扱われました。 DZone Cloud Zone で、Amazon CloudWatch Logs を AWS Lambda を使用して Loggly に送信することが扱われました。 Gorillastack が、AWS コスト管理の新機能について発表しました。 Datadog […]

Read More

AWS Elastic Beanstalk 管理されたプラットフォームの更新

アプリケーションが動作するAWS Elastic Beanstalkの環境を、指定したメンテナンス時間帯に、自動的に最新のバージョンに更新するよう選択出来るようになりました。Elastic Beanstalkは、サポートされるプラットフォーム(Java, PHP, Ruby, Node.js, Python, .NET, Go, およびDocker)の新しいバージョンを定期的にリリースしています。こちらには、オペレーティングシステム、ウェブおよびアプリケーションサーバ、言語やフレームワーク等の更新も含まれます。以前は、Elastic Beanstalkコンソール、コマンドラインインタフェース(CLI)、またはAPIを使って手動でElastic Beanstalkの環境の更新を開始しなければいけませんでした。本日より、シンプルに1週間ごとにメンテナンス時間帯を選択して、その時間帯で自動的に環境のプラットフォームバージョンを更新させることが出来るようになりました。 管理されたプラットフォームの更新により、アプリケーションを動作させるプラットフォームへパッチ適用したり、更新し続けるようを気を付ける必要はなくなりました。Elastic Beanstalkは、エンドユーザーへの影響は最小限になるように安全な形で更新を行います。この更新はimmutableデプロイメントメカニズムを使用します。こちらにより、Elastic Beanstalkは同様のAmazon EC2インスタンス群を起動して、環境を交換して既存のインスタンスを終了する前に更新をインストールします。もしElastic Beanstalkのヘルスシステムが更新の間に問題を検知した場合には、アプリケーションのエンドユーザーへのインパクトを最小限に保ちつつ、既存のインスタンス群にトラフィックを向け直します。 Elastic Beanstalkは新しいパッチとマイナープラットフォームのバージョンの更新を自動的に実行できます。環境ごとに異なるメンテナンス時間帯をスケジュール可能です。また定期的にスケジュールが組まれたメンテナンス時間帯以外でアップデートを開始させることも可能です。Elastic Beanstalkは、(例:Java 7 Tomcat 7 からJava 8 Tomcat 8への)メジャーバージョンアップデートを自動的に実行しません。その理由は、メジャーバージョンののアップデートには非互換の変更や追加のテストが必要な場合があるためです。こちらの場合は、手動でアップデートを開始する必要があります。 利用開始するには、Elastic Beanstalkコンソールの設定タブ、EB CLIまたはAPIで、管理されたプラットフォームの更新を有効にしなければなりません。管理されたプラットフォームの更新についての詳細は、ドキュメントまたはFAQをご覧ください。 Elastic Beanstalkの詳細: 製品ページ ドキュメント リリースノート プラットフォームサポートリスト 翻訳は舟崎が担当しました。原文はこちらです。

Read More

AWSストレージアップデート – Amazon S3 Transfer Accelerationとより大きなSnowballをより多くのリージョンに展開

いくつかのAWSチームは、オンプレミスのデータをクラウドへ移動する処理を簡素化し、高速化することにフォーカスしています。当初はとてもベーシックなPUTのオペレーションとマルチパートアップロード機能のご提供から始めて、ディスクを送付する方法をご提供し、昨年のAWS re:Inventで、AWS Import/Export Snowballをローンチすることでそのプロセスはより簡素化されました。(AWS Import/Export Snowball – Amazon所有のストレージアプライアンスを利用して1週間あたり1ペタバイトのデータ転送を実現を参照下さい。) 本日、S3とSnowballに関する重要な改善についてお伝えします。この改善はどちらもデータ移行プロセスをよりシンプルに、より加速させるようデザインされています。以下が新しい機能になります。: Amazon S3 Transfer Acceleration – この新機能はAWSのエッジロケーションとネットワークプロトコルの最適化を利用し、S3へのデータ転送を高速化します。大きなオブジェクトを国を跨いで転送する場合、50%から500%の改善、もしくは特定の環境下ではそれ以上の高速化を見込むことができます。 より大きなSnowballをより多くのリージョンで – より大きなキャパシティ(80TB)のSnobwballが利用可能となりました。加えて、新たに2つのUSリージョン、および2つのインターナショナルリージョンでご利用頂くことができるようになりました。 Amazon S3 Transfer Acceleration 現在AWSは50箇所以上ののエッジネットワークを提供しています。今までは、Amazon CloudFrontによるコンテンツの配信やAmzon Route53による高速なDNSクエリの応答に利用されてきました。本日のアナウンスにより、S3へ、もしくはS3からのデータ転送の高速化にエッジネットワークが活用されます。もしあなたが、高速なインターネット回線を持ち、大容量のオブジェクトもしくは、大量のコンテンツを地域間で転送する際に、その恩恵を受けることが可能となります。 エッジネットワークを、あなたのアップロード場所(デスクトップもしくはオンプレミスのデータセンター)とターゲットのS3 Bucket間のブリッジとして利用いただけます。Bucketにてこの機能を有効にする(AWSマネージメントコンソールのチェックボックスをチェックする)ことで、簡単にBucketのエンドポイントをBUCKET_NAME.s3-accelerate.amazonaws.comのように変更することができます。それ以外の設定は不要です。設定後は、TCPのコネクションが自動的に最寄りのAWSのエッジロケーションにルーティングされます。S3 Transfer AccelerationによりAWSが管理するバックボーンネットワークと効率化されたネットワークプロトコル、エッジとオリジン間のパーシステント接続、最大化された転送ウィンドウなどを活用し、S3へのアップロード転送を行います。 下記が、自分のBucketに対してTransfer Accelerationを有効化する方法になります。(jbarr-public): 私のBucketのエンドポイントはhttps://jbarr-public.s3.amazonaws.com/でしたが、ツールやコードのエンドポイントをhttps://jbarr-public.s3-accelerate.amazonaws.com/に変更するだけです。これだけで、アップロードを行うとS3 Transfer Accelerationの恩恵をうけることができます。また同じルールで構成されたURLを利用することで、ダウンロードも高速化することが可能です。 ネットワーク設定や環境は日々もしくは場所により常に変動することから、Transfer Acceleration によりアップロードパフォーマンスが改善する可能性がある転送の場合のみ費用をお支払いいただきます。高速化転送は、GBアップロードあたり$0.04から課金されます。またS3の他の機能同様、初期費用および長期的なコミットメントは不要です。 新たに提供するAmazon S3 Transfer Acceleration Speed Comparisonを利用することで、Transfer Accelerationの効果を確認いただくことができます。私のUS West(Oregon)リージョンにあるAmazon WorkSpacesで実行した結果が下記となります: 距離に応じた、自分のリージョンからターゲットへの高速化の割合が確認いただけるかと思います。 本機能に関してより詳細を確認したい場合は、S3 開発者ガイドのGetting Started with Amazon S3 Transfer Accelerationを参照してください。本日より北京(中国)リージョンおよびAWS […]

Read More

Amazon Kinesis アップデート – Amazon Elasticsearch Service との統合、シャード単位のメトリクス、時刻ベースのイテレーター

Amazon Kinesis はストリーミングデータをクラウド上で簡単に扱えるようにします。 Amazon Kinesis プラットフォームは3つのサービスから構成されています:Kinesis Streams によって、開発者は独自のストリーム処理アプリケーションを実装することができます;Kinesis Firehose によって、ストリーミングデータを保存・分析するための AWS へのロード処理がシンプルになります;Kinesis Analytics によって、ストリーミングデータを標準的な SQL で分析できます。 多くの AWS のお客様が、ストリーミングデータをリアルタイムに収集・処理するためのシステムの一部として Kinesis Streams と Kinesis Firehose を利用しています。お客様はこれらが完全なマネージドサービスであるがゆえの使い勝手の良さを高く評価しており、ストリーミングデータのためのインフラストラクチャーを独自に管理するかわりにアプリケーションを開発するための時間へと投資をしています。 本日、私たちは Amazon Kinesis Streams と Amazon Kinesis Firehose に関する3つの新機能を発表します。 Elasticsearch との統合 – Amazon Kinesis Firehose は Amazon Elasticsearch Service へストリーミングデータを配信できるようになりました。 強化されたメトリクス – Amazon Kinesis はシャード単位のメトリクスを CloudWatch へ毎分送信できるようになりました。 柔軟性 – Amazon […]

Read More

Amazon EBSのアップデート – 新たなスループット最適化ボリュームとコールドボリューム

AWSチームは料金とパフォーマンスの両面でイノベーションを起こし、その成果をサービスという形でお客様にご提供する方法がないか日夜検討しています。多くの場合、こういった取り組みは経済的な要素と技術的な要素の間のジレンマに直面することになります。 AWSに限らずとも、こういったジレンマは頻繁に目にすることができます。たとえばストレージにおけるHDDとSSDのトレードオフはその良い例でしょう。今日のSSDをHDDと比較すると、SSDには価格あたりのIOPS値や1GBあたりのデータ転送スループット、レイテンシの短さという点で優位性があります。だからといってHDDに優位性が無いかというとそうではなく、記録密度向上のおかげで容量あたりのコストの面では大きな優位性があります。ただし、これは裏を返せばインタフェースのスループットが同じであれば、1GBあたりのスループットが低下するということにつながります。この種のジレンマはよくあることですが、我々はこれをひとつのチャレンジするべき課題であると考え、「コスト効率の高いHDDを利用してビッグデータやログデータ処理といった用途で使える、高いスループットを安定的に発揮するEBSを作ることができないか?」と自問自答してみました。 その結論は『できる』です。 本日、低コストと高スループットという2つの要素を両立させた、2種類の新たなボリュームタイプを発表いたします。これらのEBSボリュームタイプは磁気ディスクを利用しており、EC2インスタンスやAmazon EMRクラスタと組み合わせて利用することが可能です。(料金は発表時点の東京リージョンのものです。他リージョンについてはEBSの料金ページをご参照ください) スループット最適化HDD(st1) – 高スループットを必要とするワークロード(MapReduce、Kafka、ETL処理、ログ処理、データウェアハウスなど)向けのタイプ; 1GBあたり月額0.054ドル コールドHDD (sc1) – 同様のワークロードでアクセス頻度が低いユースケース向け; 1GBあたり月額0.03ドル 既に多くのお客様にご利用頂いている汎用SSD(gp2)と同様に、これらの新規ボリュームタイプにはベースパフォーマンスとバーストパフォーマンス、バーストクレジットの概念があります。SSDベースのボリュームタイプはIOPSでその性能が表現されていましたが、こちらはスループットで表現されます。ベースパフォーマンスのみならず、バーストパフォーマンスもプロビジョンした容量に応じて下記のルールに従って変わっていきます。 スループット最適化HDD (st1) – 1TBあたり250MB/秒で最大500MB/秒まで コールドHDD (sc1) – 1TBあたり80MB/秒で最大250MB/秒まで EBS進化の歴史 AWSのサービス開発は、お客様のフィードバックが重要な要素となっています。新たなサービスや機能は、多くのユースケースに幅広く適用可能で汎用的なソリューションとして登場します。サービスの立ち上げ後、お客様のユースケースや頂戴したフィードバックを元にサービス改善のプランを立案し、開発に着手します。これによって、初期リリースでは汎用的であったサービスが個々のお客様のユースケースに対して最適化が進んだ形でいくつもの新機能が登場することになります。 この良い例が、EC2インスタンスで利用できるストレージの選択肢です。EC2インスタンスが利用できるストレージについてはこれまで数多くの機能拡張が行われていますが、特徴的なものを時系列で挙げてみましょう。 2006 – EC2のサービス開始。(この時点ではインスタンスストレージのみが利用可能でした) 2008 – 磁気ディスクベースのEBS(Elastic Block Store)をリリース 2012 – プロビジョンドIOPSボリュームとEBS最適化インスタンスをリリース 2014 – SSDベースのボリュームである汎用SSDをリリース 2014 – EBSデータボリュームの暗号化機能をリリース 2015 – 大容量で高速なEBSボリュームをリリース 2015 – EBS起動ボリュームの暗号化機能をリリース 2016 – 新たなボリュームタイプ、スループット最適化HDD(st1)とコールドHDD(sc1)をリリース ワークロードの特性 私たちはビッグデータのワークロードで利用する時に最高のコストパフォーマンスを実現するように設計を行いました。ボリュームに備わった性能を最大限発揮するためには、大きなデータブロックに対してシーケンシャルにアクセスを行う必要があります(これはビッグデータ処理においては一般的なものです)。これはベースとなるHDDの性能特性に由来するものです。一般にHDDはシーケンシャルなデータは高速に転送することが可能ですが、(データベースエンジンが要求するような)小さいデータブロックに対するランダムなアクセスには向いておらずスループットが低くなります。こういった用途にはSSDが向いていますので、引き続き汎用SSDやプロビジョンドIOPSをご利用頂くことをお勧めします。 いずれのボリュームタイプにおいても、バーストクレジットの蓄積上限はボリュームサイズと等しい値になります。これは、もしバーストクレジットが上限まで蓄積されていれば、ボリュームの全領域を常時バースト状態でスキャンできるということを意味しています。1MB以下のブロックサイズに対するI/Oリクエストは1MB分のクレジット消費とカウントされることを覚えておいて下さい。シーケンシャルなI/Oリクエストについては可能な限りマージされますので、スループットの向上とバーストクレジットの有効活用が行われます。(バーストクレジットの概念についてはこちらのブログポストを参照してください) […]

Read More

AWS Device Farm のアップデート – デバイスにリモートアクセスしてインタラクティブなテストが可能に

昨年、 AWS Device Farm の記事を書いた際は、どのように実機デバイスにてモバイルアプリをテストするかについてお話しました。その時に説明したとおり、AWS Device Farm では Project を作成し Application を指定し Test を設定すれば、さまざまな iOS や Android 端末の上で Test を実行できるようになります。 デバイスにリモートアクセス 本日、新しい機能をローンチします。この機能により、デバイス(スマートフォンとタブレット)にリモートアクセスすることができるようになり、インタラクティブなテストを実施していただけます。ご希望のデバイスにて新しいセッションを開始して、デバイスが利用可能になるまで(通常は1〜2分程度)待つと、AWS Management Console 経由でデバイスをインタラクティブに操作できるようになります。 まるでそのデバイスが机のうえにあるかのように、もしくは、手のなかにあるかのように、リアルタイムにウェブブラウザ越しに、ジェスチャーして、スワイプして、インタラクティブに操作することができます。アプリケーションをインストールして実行することもできます! こちらは簡易なデモです。[Start a new session] をクリックして開始します。 そして、希望のデバイスタイプ、OS バージョンを検索・選択し、セッションの名前を入力します。[Confirm and start session] をクリックして進めます。 そして、利用可能になるまで待ちます。(この場合は 30秒ほど) デバイスが利用可能になると、コンソール経由でスクリーンを閲覧し操作できます。 マウスを使って Kindle Fire をインタラクティブに操作できます。言語をラテンアメリカスペイン語に設定すると、もしかすると私のアプリは期待通りに動作しないかもしれません。数クリックで Kindle Fire の設定を変更できます。 [Upload] をクリックして APK ファイルを選択すれば、 Kindle Fire に私のアプリをインストールできます。 セッションは最大 […]

Read More

[New] Amazon Cognito 向け User Pools

Amazon Cognito を使うことでバックエンドコードを書いたり、インフラストラクチャの管理をする必要なくモバイルや Web アプリに簡単に認証やユーザ管理とデータ同期を簡単に追加できます。ユーザごとの設定やアプリケーションの状態データをバックエンドコードを書いたり、インフラストラクチャの管理をする必要なく AWS Cloud に保存することが簡単になります。昨年、AWS CloudTrail サポートやログインプロバイダとして Twitter および Digits の使用、Cognito におけるイベントに応答するAWS Lambda function の実行機能、そして Amazon Kinesis へのユーザアイデンティティデータのストリーミングといったいくつかのパワフルな新機能を Cognito に追加しました。 User Pools モバイルと Web アプリに簡単にユーザサインアップとサインインを追加するのに Amazon Cognito を利用できるようになりました。User Pool の機能を用いて、数億ユーザまでスケールし、フルマネージドなので構築したり、セキュアにしたりアプリに対する認証をスケールしたりするのに関連する重労働について心配することなく独自のユーザディレクトリを作成できます。この機能は email による確認、電話番号による確認や多要素認証といった拡張されたセキュリティ機能も提供します。アプリ開発者として、みなさんはこういった目的のために、Federated Identity Pools と呼ぶようになった Cognito の機能を利用して、Amazon、Facebook、Google、Twitter もしくは Digits といった外部のアイデンティティプロバイダを利用するというオプションを既に持っていました。User Pool を使うことで Web とモバイルの SaaS アプリ、ゲームなどといった面でサインアップとサインインに詳細なコントロールが可能になります。あらゆるスケール(潜在的には数十や数億のユーザ)でディレクトリサービスを構築し稼働させることは簡単ではなく、ユーザ名、パスワード、email アドレスやその他のセンシティブな情報のかけらを管理するときに追加されるセキュリティの重荷とともに全くもって付加価値を生まない重労働です。User Pool を使う場合、独自のディレクトリサービスを構築し、稼働させる必要はありません。 アカウントごとの複数のUser Pool 自分の […]

Read More

Box Zones – AWS によって企業レベルでデータの場所の管理が可能に

Box は、Fortune 500 の半数を超える企業で、安全なソースコンテンツ管理、コラボレーション、ファイル共有用として採用されています。 Box は、企業顧客のニーズに注意を払うことで成功を収めてきました。たとえば、昨年のブログで紹介した Box Enterprise Key Management (EKM) は、柔軟性が高く、不正アクセスを許さない暗号システムです。Box 顧客は、EKM を使用することによって、自身の暗号化キーを制御できます。この機能が進化した Box KeySafe を使用すると、最小規模の IT 組織でも暗号化機能を使用して、彼らが所有権を持つドキュメントを保護できます。Box Capture (ビジネス処理へのモバイルフォンの統合) や Box Governance (管理とコンプライアンス) などの他の Box 機能も、企業のビジネスニーズを満たすことを目的として構築されています。 私たちは、今日リリースの Box Zones をサポートする役割を担えることを嬉しく思っています。 この新機能は、Amazon S3 を使用しており、これにより Box 顧客は、ドイツ、アイルランド、シンガポール、東京の 4 つからストレージの場所を選択できます。Box 顧客は、データを保存する場所を選択できるだけでなく、透かし挿入、アクセス許可に関する細かな制御、コメント付加、ファイルのプレビューなど、Box のその他の機能のメリットもそのまま活用できます。 この新しい機能の詳細については、Box Zones のオンラインセミナーをご覧ください。 祝 Box Zones スタート。AWS を使用していただき、ありがとうございます。 – Jeff  

Read More

Amazon Kinesis エージェントの更新情報 – 新しいデータ事前処理機能

Amazon Kinesis エージェント用の新しいデータ事前処理機能について同僚の Ray Zhu が説明したゲスト投稿を以下に掲載します。 – Jeff Amazon Kinesis エージェントは、Amazon Kinesis Streams や Amazon Kinesis Firehose にデータを信頼性の高い方法で簡単に送信できるようにする、スタンドアロンの Java ソフトウェアアプリケーションです。エージェントはファイルセットを監視して新しいデータを検出し、Kinesis Streams または Kinesis Firehose に連続的に送信します。ファイルのローテーション、チェックポイント処理、および失敗時の再試行も処理します。また、Amazon CloudWatch もサポートするので、エージェントからのデータフローの入念な監視やトラブルシューティングも行えます。 Kinesis エージェントを使用したデータ事前処理 今回、データ事前処理機能がエージェントに追加され、ユーザーはデータを Kinesis Streams または Kinesis Firehose に送信する前に、適切に書式設定できます。 この投稿の記述時点で、エージェントは次の 3 つの処理オプションをサポートしています。エージェントはオープンソースなので、ユーザーはこれらの処理オプションを開発したり、拡張したりできます。 SINGLELINE – このオプションは、改行文字と、行頭および行末のスペースを削除して、複数行のレコードを単一行のレコードに変換します。 CSVTOJSON – このオプションは、区切り文字で区切られた書式から JSON 書式にレコードを変換します。 LOGTOJSON – このオプションは、一般的に使用されている複数のログ書式を JSON 書式に変換します。現在サポートされているログ書式は、Apache Common Log、Apache Combined […]

Read More

AWS Elastic Beanstalk で、 2つの新しいデプロイメントポリシーとAmazon Linux AMI 2016.03 が利用可能に

AWS Elastic Beanstalk を利用してアプリケーションコードをデプロイする際に、immutable, rolling with additional batch という 2つの新たなデプロイメントポリシーを利用可能になりました。これは、現在 Elastic Beanstalk がサポートしている2つの既存のデプロイメントポリシー(rolling, all at once) に追加されるものです。アプリケーションを更新する際に、これらの4つのポリシーから、1つ選択できます。 これらの 4つのデプロイメントポリシーに加えて、 Elastic Beanstalk では、 DNS ベースの Blue/Green アップデートも利用できます。 Elastic Beanstalk 上のアプリケーションや環境設定を更新する際に、 新たなデプロイメントポリシーである immutable を利用できます。このポリシーは、ダウンタイムを細小にしたり、デプロイメントの失敗によるリスクを小さくしたい商用環境でのアップデートに非常に向いています。このポリシーを利用することによって、デプロイメントの失敗による影響を1つのインスタンスに限定したり、更新中にあなたのアプリケーションがフルキャパシティでトラフィックをさばいたりすることが可能になります。このポリシーでは、新たに作成される 一台のAmazon EC2 インスタンスにコードをデプロイし、新しいバージョンを実行する新規インスタンス群の全台が起動される前に、ヘルスチェックに通るか確認します。ひとたび、新しいアプリケーションバージョンを実行する新規インスタンス群が起動されると、古いインスタンス群は終了されます。 また、アプリケーションを更新する際に、新たなデプロイメントポリシーである rolling with additional batch を利用できます。このポリシーを利用することによって、デプロイメントの失敗による影響を単一バッチに限定したり、更新中にあなたのアプリケーションがフルキャパシティでトラフィックをさばいたりすることが可能になります。このポリシーでは、既存のインスタンス群からなる各バッチに更新を展開する前に、新規に作成される EC2 インスタンスからなるバッチにコードをデプロイします。デプロイメントの終わりに、古いアプリケーションバージョンを実行する最後のバッチを終了します。例えば、もしあなたが、 あなたのアプリケーションを実行する 9台の EC2 インスタンスを持っていて、1/3 ずつ更新するように選択した場合、本ポリシーにより、まずはじめに3台の新バージョンを実行する新規インスタンスが作成されます。新規インスタンス群(バッチ)がヘルスチェックに成功すると、 Elastic Beanstalk は、古いインスタンスのうちの6台を、2回にわけて連続で更新していきます。古いバージョンを実行する残りの3台を終了します。 加えて、Elastic Beanstalk でサポートされる全ての Linux プラットフォームが、 2016.03 […]

Read More