Amazon Web Services ブログ

Category: Events

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon Quantum Ledger Database (QLDB) 資料及び QA 公開

こんにちわ、ソリューションアーキテクトのザビオ(@zabbiozabbio)です! 先日 (2020/06/09) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon Quantum Ledger Database (QLDB) 」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200609 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Quantum Ledger Database (QLDB) AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q1. 運用の途中に、ジャーナルのスキーマやテーブル構造が変更される場合もPartiQLによってDDLのような形で保存されるのでしょうか。 はい、すべてのトランザクションは遡ることが可能なので、PartiQLで表現されるDDLや、Amazon ION形式として保存されます。 Q2. Amazon Quantum Ledger Database (QLDB)もチェーンコードを記述できるのでしょうか。 QLDBはDatabaseのためチェーンコードの記述はできません。 Q3. QLDB からエクスポートしたあとの、Transaction IDは固定化するのでしょうか。 従来のものからエクスポートしたものは、固定化されます。TransactioIDや、その他メタデータはそのまま値を引き継ぎます。メタデータについてはこちらを参照ください。 Q4. QLDB のデータ検証はどのように行われるのでしょうか。 Validationの機能を利用することで、いつでも暗号学に基づいたデータ検証が確認できます。 Q5. アプリケーションの一部をQLDBに置き換えることを考えております。RDBと併用することにおいて懸念点はありますか?またSQLとほぼ同様なインターフェースがあるとのことですがRDBのような他のテーブルとのJOINや複雑な検索は可能でしょうか。 QLDBはRDBと同じようなインターフェースはありますが、すべてのPartiQLをサポートしているわけではありません。 DBへのアクセスパターンや、ワークロード次第になりますが、大きく以下2種類に分類されるかと思います。 複雑なSQLはRDBMSで処理させ、確実に整合性を保証し、履歴を残し、改ざんを検知するものは、QLDBを使う。 QLDBで実行できるものはQLDBで実行し、QLDBで処理できないものは、QLDB […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS サポート技術支援サービス紹介 資料及び QA 公開

先日 (2020/06/16) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS サポート技術支援サービス紹介」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200616 AWS Black Belt Online Seminar AWS サポート技術支援サービス紹介 AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. 他のサービス同様に API がある、という点について、イメージわかなかったのでもう一度教えてほしいです。 A. AWS サポート関連でご利用いただけるAPIとして、サポート API、ヘルス API という 2 種類の API がございます。AWS サポート API を使用すると、サポートケースの作成、AWS サポートエンジニアとのやり取りの追加といったサポートケースの管理や、Trusted Advisor のチェックの実行、チェックの詳細情報とサマリーの取得といった一連のタスクの実行が可能です。また、AWS ヘルス API を使用すると、Personal Health Dashboard に表示される AWS Health 情報にプログラムでアクセスすることが可能となります。これらの API をご利用いただくには、ビジネスサポートプランもしくはエンタープライズサポートプランのご加入が必要です。 それぞれの API の詳細については以下のドキュメントでご紹介しています。 […]

Read More

AWS ネットワーク入門編を公開しました!- Monthly AWS Hands-on for Beginners 2020年6月号

こんにちは、テクニカルソリューションアーキテクトの金澤 (@ketancho) です。さて、6月も最終週、つまり今年も半分が終わろうとしています。みなさん年始に立てた目標は順調ですか?「AWS を使えるようになる!」「AWS の資格を取る!!」などの目標を立てられている方に向けて、今後もオンデマンド形式で手を動かせるハンズオンコンテンツを拡充していければと思っています。ぜひご活用いただければ幸いです。(なお、私がプライベートで立てた年間目標は未達が濃厚です。) さて、この記事では先日公開した AWS ネットワーク入門ハンズオンの紹介と、上半期に多くの方に受けていただいた AWS Hands-on for Beginners シリーズベスト3 を紹介したいと思います。 AWS Hands-on for Beginners “AWS ネットワーク入門 – AWS上にセキュアなプライベートネットワーク空間を作成する” 申し込みページ AWS Hands-on for Beginners シリーズ一覧 前回の記事: “AWS 上で静的な Web サイトを公開しよう!” 編を公開しました!- Monthly AWS Hands-on for Beginners 2020年5月号 AWS Hands-on for Beginners とは? AWS Hands-on for Beginners は、動画にそって実際に手を動かしながら AWS サービスについて学んでいただく無償のコンテンツです。名前の通り、初めて AWS サービスをご利用される方向けの内容ですので、学習の最初のステップとしてご活用いただけます。オンデマンド形式での配信となるので、移動時間などのスキマ時間での学習もできますし、分かりにくい部分を巻き戻して何度でもご覧いただくことができます。   […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon Elasticsearch Service 資料及び QA 公開

先日 (2020/06/23) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon Elasticsearch Service」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。   20200623 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Elasticsearch Service AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. OpenDistro で追加された SQL Query と Lucene Query でパフォーマンスは影響はあるのでしょうか?(変換との説明があったので、どれぐらいの影響があるのかが分かればと思います) A. こちらについては,特に公開されているパフォーマンスに関するデータはございません.もし気になる場合には,是非実際にご自身のワークロードでご確認いただければと思います. Q. ログ分析のユースケースにおいて、Athena と ES の使い分けはどういった観点にしたらよろしいでしょうか。(大規模の場合はESとかでしょうか。) A. 規模よりは,ユースケースで使い分けいただけると良いかと思います. Athena は小規模データから大規模データまで,S3 上のデータに対して SQL を用いたアドホック分析を行う場合にご利用ください.Amazon ES は SQL もサポートしておりますが,こちらにもありますように,サポートされている SQL の範囲は限定的です.その一方で Amazon ES […]

Read More

AWS Black Belt オンラインセミナーのご案内 (2020 年 7 月)

こんにちは!AWS Webinar チームです。 陰暦では 7 月は「初秋」だそうです。 秋とは程遠い 7 月の梅雨・夏真っただ中に実施する AWS Black Belt オンラインセミナーのご案内です。 移動の必要ゼロですので、クーラーで冷えた快適なお部屋からぜひご視聴ください。 7 月は、内容盛りだくさんの 7 本のアジェンダを配信予定です! 今回初めて実施する内容、数年前に実施したアジェンダからのアップデートや、お客様からリクエストいただいた トピックを予定しています。 視聴方法: オンラインセミナー登録ページよりお申し込みください 7 月のスケジュール Amazon EC2 Deep Dive: AWS Graviton2 Arm CPU 搭載インスタンス 2020 年 7 月 7 日 (火) | 12:00 – 13:00 | IT 知識レベル:★★★☆☆ | AWS 知識レベル:★★★☆☆ AWS Graviton2 は、AWSが独自に設計した Arm Neoverse […]

Read More

7 月 1 日(水)開催:AWSome Day Online Conference で AWS クラウドの基礎を学ぼう!(チャット Q&A あり)

こんにちは! AWS Webinarチームです。 7 月といえば七夕ですね。 幼いころは、笹の葉についた短冊に願い事を書きました。みなさまの願い事はなんですか? AWS クラウドサービスを知りたい、基礎知識をつけたいという願いでしょうか? そんな願い事を内に秘めている方にお薦めするオンラインセミナーのご連絡です。 AWSome Day Online Conference を 7 月 1 日(水)15 時から配信いたします。 AWS クラウドの基礎を約 2.5 時間の短時間で学べるオンラインセミナーです。 新しくクラウドを始めようと思っている方、クラウドの基礎知識がぼんやりしてしてしまったので復習したいと 思っている方、どちらの方にもお勧めの内容となっております。ぜひこの機会にご登録・ご視聴ください。 当日は AWS エキスパートがチャット形式による Q&A 対応をいたします。 その場で、テクニカルに関する疑問点を質問を投げかける吹き出しに入力ください。チャット形式でお答えいたします。 ※入力した質問内容は他の視聴者には見えません。 日程:2020 年 7 月 1 日(水) 時間:15:00 開始 – 17:40 終了予定 費用:無料 主催:アマゾン ウェブ サービス 株式会社 詳細・ご視聴はこちらからお申込みください。 AWSome Day Online Conference とは? 「AWSome […]

Read More

オンラインテックトーク 6 月 26 日: AWS Storage を使用したデータのアーカイブ

6 月 26 日に開催される AWS オンラインストレージテックトークをお見逃しなく。AWS エキスパートが AWS ストレージサービスを使ったデータアーカイブの最新化と簡素化についてお話します。 このテックトークは、午前 11:00~午後 12:00 太平洋時間 (午後 2:00~午後 3:00 東部時間) に開催されます。 AWS は、データアーカイブ用のクラウドストレージサービスのフルセットを提供しています。お客様は、データの保持と取得のニーズに応じて、Amazon S3 Glacier と S3 Glacier Deep Archive を選択して、手頃な料金で時間の制約を受けにくいクラウドストレージを取得したり、または Amazon S3 を選択して、クラウドストレージを高速化したりできます。AWS Storage Gateway とソリューションプロバイダーエコシステムにより、お客様はアクティブアーカイブまたはデジタルアセット保護のための包括的なストレージソリューションを構築できます。長期的なデータ保持のためのベストプラクティスとアーキテクチャについて学びましょう。 この 300 レベルのオンラインセミナーの内容は、以下の通りです。 AWS がアーカイブのユースケースに最適なソリューションである理由を学ぶ データのアーカイブのベストプラクティスを学ぶ 長期的なデータ保持のための AWS ストレージソリューションを学ぶ 参加対象者 IT 専門家 アーカイブマネージャー ストレージ管理者 IT マネージャー クラウドストレージ管理者 クラウドアーキテクト IT インフラストラクチャのディレクター 内容に関心のあるお客様 講師 […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] サーバーレス イベント駆動アーキテクチャ 資料及び QA 公開

先日 (2020/06/10) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「サーバーレス イベント駆動アーキテクチャ」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200610 AWS Black Belt Online Seminar サーバーレスイベント駆動アーキテクチャ AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. オーダーサービスの例をとると、非同期になったことにより在庫が結果としてなかったなどの応答はどうやってクライアントに通知するべきでしょうか? A. このような場合に備えて補償トランザクションを定義します。具体的には注文を受け付けた時点では即座に注文を受け付けた状態としてクライアント側に応答しますが、在庫確認処理で在庫が無かった場合、後から在庫が無かったので注文がキャンセル(または入荷するまで処理をペンディング)される旨をメールで伝えるなどの処理を行うことになります。補償トランザクションはビジネスと密接に関わるため、関連するステークホルダーと協議して決めることになるでしょう。 Q. 福井さんの Black Belt でサーバーレスパターンの解説をしてほしいです。 A. リクエストありがとうございます。前向きに検討させて頂きます。 Q. SQS とSNS はどう使い分けるのでしょうか?過去事例では SQS + SNS を組み合わせるケースが多いように思いますが、組わせるメリットは何でしょうか? A. SNS はパブリッシュ(発行) / サブスクライブ( 購買)パターンを実現するサービスで、このパターンのメリットは発行者が購買者に対する知識を持つ必要がなく、発行者の実装に影響を与えることなく特定のトピックに関心がある購買者を自由に追加できる点にあります。さらに SNS には AWS Lambda、Amazon SQS、HTTP/S、Email、SMS に対してノンコーディングで信頼性の高い接続が構築できるというメリットもあります。一方 Amazon SQS はイベントストアとしての機能を提供することでメッセージの送信者が受信者の受信タイミングに影響を受けることなく信頼性の高いメッセージによる通知を行うことができます。また Amazon […]

Read More

オンラインテックトーク (6 月 24 日): Amazon S3 のためのコスト最適化ガイドライン

6 月 24 日、弊社の AWS オンラインストレージテックトークにおいて、AWS の専門家が Amazon S3 のためのコスト最適化ガイドラインを説明します。どうぞお見逃しなく。このテックトークは、午前 11:00~午後 12:00 太平洋時間 (午後 2:00~午後 3:00 東部時間) に開催されます。 Amazon S3 ストレージクラス 全体のコスト最適化を効果的にするには、アプリケーションレイテンシおよびアクセスパターンに応じて、様々なアプローチが必要となります。全ての S3 ストレージクラスは、それに相当するコストにて特定のデータアクセスレベルをサポートします。例えば、頻繁なアクセスのために S3 標準でミッションクリティカルな本番データを保存したり、アクセスされるのが稀なデータを S3 標準 – IA で保存することでコストを削減したり、Intelligent-Tiering を使用してコスト削減を自動化したり、アーカイブストレージクラス(S3 Glacier および S3 Glacier Deep Archive)でデータを最低コストでアーカイブしたりなどです。.このテックトークにおいては、 Amazon S3 でデータを保存するための鍵となるコスト最適化ガイドラインをレビューします。また、共通の Amazon S3 ワークロードのためにデザインパターンを共有し、ワークロードパフォーマンスの要求事項を満たしながらもコストを最適化するためのサポートをします。 この 300 レベルのオンラインセミナーの内容は、以下の通りです。 S3 ストレージクラス全体にオブジェクトを保存することにより、コスト最適化のベストプラクティスを学ぶ オブジェクトをより低コストなストレージクラスへ移動させるために S3 Lifecycle と Storage Class […]

Read More

オンラインテックトーク (6 月 19 日): AWS Snow Family のイノベーションとベストプラクティス

6 月 19 日の AWS オンラインストレージテックトークをお見逃しなく。ここでは、AWS Snow Family が提供するエッジ、ストレージ、およびコンピューティングソリューションを AWS のエキスパートが説明します。このテックトークは、太平洋時間の午前 9:00~午前 10:00 (東部時間の午後 12:00~午後 1:00) に開催されます。 今日では、アプリケーションは、これまでにないほどの速度でクラウドに移行しています。新しいカテゴリのアプリケーションでは、クラウドのエッジで、あるいはネットワークのエッジを超えて、機能とパフォーマンスを向上させる必要があります。AWS は、インテリジェントなリアルタイムの応答性を提供し、転送されるデータ量を合理化するために、データが作成される場所に必要なだけ近いところでデータ処理と分析ができるようにするエッジインフラストラクチャとソフトウェアを提供します。AWS Snow Family は、厳格な非データセンター環境で、また一貫したネットワーク接続が不足している場所で運用を実行する必要があるお客様をサポートします。接続のない環境および接続されたエッジロケーションでアプリケーションを実行することは、データセンターの IT 機器に必要なスペース、電力、および冷却が不足していることが多いため、困難な場合があります。AWS Snow Family は、データをエッジロケーションに安全に保存し、エッジコンピューティングワークロードを実行できます。 この 200 レベルのオンラインセミナーで学べること エッジローカルコンピューティングと AWS との間におけるデータ転送のために AWS Snow Family をエッジロケーションで使用する方法 AWS Snow Family のメリットとユースケース、および最新の開発状況 AWS Snow Family の機能と仕様、およびそれらの仕組み 参加対象者 クラウドアーキテクト IT ディレクター IT マネージャー IT 管理者 IoT 開発者 […]

Read More