Amazon Web Services ブログ

Category: Events

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS App Mesh 資料及び QA 公開

先日 (2020/07/31) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS App Mesh」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200721 AWS Black Belt Online Seminar AWS App Mesh AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. サービスメッシュはマイクロサービスアーキテクチャを構築する当初から導入すべきでしょうか?それとも、ある程度の規模になってから導入するべきでしょうか? A. マイクロサービスアーキテクチャを採用したワークロードを新規構築する様な場合は、当初から導入することを検討いただければと思います。一方で、規模が小さい間からマイクロサービスアーキテクチャで構築するべきか?といった観点も必要になります。最初はモノリスで開発し、ある程度の規模になって運用の中でシステムのコンテキスト境界が見えてきた段階でマイクロサービスをサービスメッシュと合わせて検討する、といった例もございます。 Q. アプリケーション間の直接通信からサービスメッシュへ移行するためのコスト・タスク量について知りたいです。 A. サービスメッシュへ移行するためのマイグレーション手段はいくつか考えられますが、Envoy を導入したアプリケーションを別途作成し、既存のアプリケーションを縮退させる方法などが考えられます。上記の作業に関して、アプリケーションの規模や通信方式によって移行コストやタスク量が異なってきますので、まず、検証環境でマイグレーションを実施し、事前にコストやタスク量を見積もるよう推奨いたします。 Q. AppMesh と Istio の互換性について教えて下さい A. App Mesh と Istio は、サービスメッシュとしてのモデルや API に互換性はありません。 Q. AWS Lambda のネットワーク通信でも App Mesh は適用可能でしょうか?それとも、もともとの Lambda の設定を見直すだけでApp Meshの機能の一部でも実現可能でしょうか? […]

Read More

8 月 5 日(水)開催:AWSome Day Online Conference で AWS クラウドの基礎を学ぼう!(チャット Q & A あり)

こんにちは! AWS Webinarチームです。 最近、お取り寄せにはまっています。調べてみたら夏を感じるスイカ、新鮮野菜、坦々麺など色々あるんですね! 皆さまは何を「お取り寄せ」してますか? 「学習」をご自宅にお取り寄せしたいとご希望ですか? AWS クラウドサービスのセミナーをご自宅にお届けし、基礎知識をつけたいと思っている方に お薦めするオンラインセミナーのご連絡です。 AWSome Day Online Conference を 8 月 5 日(水)15 時から配信いたします。 AWS クラウドの基礎を約 2.5 時間の短時間で学べるオンラインセミナーです。 新しくクラウドを始めようと思っている方、クラウドの基礎知識がぼんやりしてしてしまったので復習したいと 思っている方、どちらの方にもお勧めの内容となっております。ぜひこの機会にご登録・ご視聴ください。 当日は AWS エキスパートがチャット形式による Q&A 対応をいたします。 その場で、テクニカルに関する疑問点を質問を投げかける吹き出しに入力ください。チャット形式でお答えいたします。 またAWSを導入する際に出てくる疑問などにお答えるする「AWS 導入に関するご相談」もチャット形式で対応します ※入力した質問内容は他の視聴者には見えません。 日程:2020 年 8 月 5 日(水) 時間:15:00 開始 – 17:40 終了予定 費用:無料 主催:アマゾン ウェブ サービス 株式会社 詳細・ご視聴はこちらからお申込みください。 AWSome Day Online Conference […]

Read More

システム運用の際にご活用いただける2つのハンズオンを公開しました!- Monthly AWS Hands-on for Beginners 2020年7月号

こんにちは、テクニカルソリューションアーキテクトの金澤 (@ketancho) です。7月も最終週ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?この記事を書いている時点で関東はまだ梅雨が明けておらず、毎日じめじめした日が続いています。こんなときこそ新しいことを勉強しようと、私は “ゲーミフィケーション” について勉強しています。この AWS Hands-on for Beginners でも、皆さまに楽しく学習を継続していただけるような仕組みを作りたいなーと考える日々です。何かいい案が降りてくることをお待ちいただければと思います。 さて、今月も下記の2つの新ハンズオンを追加しております。 AWS CloudFormation 編 AWS における監視入門 編 どちらも AWS 上でシステムを運用する際に知っておきたいサービス、考え方が学べるハンズオンとなっています。この記事では2つの新ハンズオンのおすすめポイントを紹介していきます。 また、記事の後半では、「社内の研修でオンデマンドハンズオンを活用したい!」「連休や、長期休みを活用して AWS の学習をしたい!」という方向けに、私が独断と偏見で考えた AWS Hands-on for Beginners を使った AWS 学習プランについて紹介したいと思います。 AWS Hands-on for Beginners シリーズ一覧 前回の記事: AWS ネットワーク入門編を公開しました!- Monthly AWS Hands-on for Beginners 2020年6月号   AWS Hands-on for Beginners とは? AWS Hands-on for Beginners は、動画にそって実際に手を動かしながら […]

Read More

AWS Black Belt オンラインセミナーのご案内 (2020 年 8 月)

こんにちは!AWS Webinar チームです。 「8(八)」という末広がりな数字に果てしない無限を感じます。なぜでしょう。 まだ梅雨も明けきらない 8 月にお届けする AWS Black Belt オンラインセミナーのご案内です。 クーラーで冷えた快適なお部屋(熱中症の心配ゼロ)からぜひご視聴ください。 8 月は、内容盛りだくさんの 7 本のアジェンダを配信予定です! 今回初めて実施する内容、数年前に実施したアジェンダからのアップデートや、お客様からリクエストいただいた トピックを予定しています。 視聴方法: オンラインセミナー登録ページよりお申し込みください 8 月のスケジュール Amazon CodeGuru 2020 年 8 月 4 日 (火) | 12:00 – 13:00 | IT 知識レベル:★★☆☆☆ | AWS 知識レベル:★★☆☆☆ Amazon CodeGuru は、自動化されたコードレビューとアプリケーションパフォーマンスの推奨事項を提供する機械学習をベースとしたサービスです。デベロッパーは Amazon CodeGuru を活用することにより、コードレビューの段階で問題点を把握できる他、稼働中のアプリケーションのプロファイリングを得て最もコストがかかるコード行を特定できます。本セミナーでは、CodeGuru の機能紹介とユースケースについて解説します。 対象者 技術者の方 アプリケーション開発者の方 コードレビュープロセスを効率化したい方 アプリケーションパフォーマンスを最適化したい方 本セミナーで学習できること Amazon […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon Detective 資料及び QA 公開

先日 (2020/07/15) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon Detective」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200715 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Detective AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. Amazon GuardDuty の有効化後、48時間経過すれば必ず有効化できますか? A. はい、有効化できます。Amazon GuardDuty 有効化後の48時間以内に Amazon Detective を有効化しようとするとエラーメッセージが表示され有効化ができませんが、48時間経過すると、このメッセージも表示されず有効化することができます。 Q. 複数の AWS アカウントを運用している場合、どのような構成がベストプラクティスになりますでしょうか?(各 AWS アカウントで有効化する/ログを1つの AWS アカウントに集約して有効化する、など) A. すべてのアカウントで有効化をして、1つのアカウントで検出結果の管理を行うのを推奨しております。最初に、マスターアカウントを一つ選択してください。他のAWSアカウントはメンバーアカウントになります。次に、Amazon GuardDuty または AWS Security Hub のサービスを有効化して、このマスターアカウントがメンバーアカウントの検出結果を管理できるようにしてください。最後に、Amazon Detective でも同じマスターアカウントとメンバーアカウントの関係を維持してください。これによって組織全体で脅威を一元管理ができ、Amazon Detective で迅速に調査ができるようになります。 Q. Detective は […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon Neptune 資料及び QA 公開

先日 (2020/07/14) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon Neptune」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200714 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Neptune AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. 可視化について QuickSigt ではできませんか? A. 現在のところ QuickSight での可視化は直接行えませんので、本セミナーでご紹介した可視化ツールをご検討下さい。 Q. グラフ D Bのクエリ言語が ISO で標準化 (GQL) されたがこれまで Neptune は非対応だった。どうなる? A. Amazon Neptune は GQL には対応しておりません。 Q. Neptune は可視化がサードパーティー頼みだったが、以前より良いものが出てきていそうか? A. 可視化につきましては本セミナーでご紹介した可視化ツールをご検討下さい。 Q. 不正検知やレコメンド機能についてのユースケースや、サンプルの構成がありましたらご教示いただきたいです。 A. 不正検知については可視化と合わせた、こちらのソリューションがございます。 レコメンデーションについては、こちらのハンズオンがよいサンプルとなるかと存じます。 […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon EC2 Deep Dive: AWS Graviton2 Arm CPU搭載インスタンス 資料及び QA 公開

先日 (2020/07/07) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon EC2 Deep Dive: AWS Graviton2 Arm CPU搭載インスタンス」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200707 AWS Black Belt Online Seminar Amazon EC2 Deep Dive: AWS Graviton2 Arm CPU搭載インスタンス AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. 現在 ECR に登録してあるコンテナイメージは Graviton2 でそのまま動きますか? A. コンテナイメージについては、Arm アーキテクチャ専用のものが必要になります。ECR 上で x86 、Arm 両方のイメージをホストする事も可能ですのでこちらの Blog 記事もご参照ください。 また、Arm 用イメージの作成方法については、M6g などの Arm インスタンス上で作成する方法の他にも、CodeBuild の Arm […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Container Service Update 資料及び QA 公開

先日 (2020/6/24) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Container Service Update」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200624 AWS Black Belt Online Seminar Container Services Update AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. 6月上旬に「今後数か月で、AWS Fargate は LATEST フラグをプラットフォームバージョン (PV) 1.4.0 に更新する予定です。」という通知がされていますが、「今後数か月」はどの程度の期間と考えればよいでしょうか?1.4.0 の移行のどちらを優先するかを決めたい考えております。 A. 現在アナウンスさせて頂いている時期は、2020-3Q、2020 年 7 月 – 9 月となっております。下記 Blog でもご案内しておりますが、正式な発表をお待ちください。 日本語訳:https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/aws-fargate-platform-versions-primer/ 原文:https://aws.amazon.com/blogs/containers/aws-fargate-platform-versions-primer/ Q. Docker Engine を使っていたら、platform を 1.3 以上から二度とアップグレードできない、と考えてよろしいのでしょうか? Containerd にはしたくない、というお客さまがいた場合、です。 A. […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon Cognito 資料及び QA 公開

先日 (2020/06/30) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon Cognito」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200630 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Cognito AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. ユーザープール、Cognito ID プールはどこに保存されるのでしょうか?例えば貴社でご用意する Cognito 用インスタンスのローカル等に保存されるイメージでしょうか? A. お客様が指定された AWS リージョン内の Amazon Cognito 環境内に保存されます。 Q. ユーザープールに登録した情報(usename、password、email, tel)のバックアップとリストアは、どのように行えばよいですか? A. Cognito ユーザプールはバックアップやリストアの機能は提供していませんが、ユーザプールに登録された情報は、安全に保存されています。そのため、単一リージョン内での耐久性では不十分な場合や操作ミスからの復旧が、バックアップやリストアの目的になるかと思われます。 前者への対応としては、定期的に全ユーザの属性を読み取って S3 や DB 等に保存しておく、あるいはユーザの新規・変更時に都度 DB にも記録する、ログイン時に発行される ID トークンの内容を都度 DB に反映しておくといった事をしておき、それをさらに別リージョンにもコピーするという方法が考えられます。ただし、パスワードは取り出すことはできません。万が一リストアする際は、バックアップデータからユーザ情報を Cognito ユーザプールに再登録し、パスワードについてはユーザの方に再設定して頂くことになります。なお、構成によってはユーザの入力したパスワードを DB 等に記録しておくことも不可能ではありませんが、セキュリティ上おすすめしません。 […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon Athena 資料及び QA 公開

先日 (2020/06/17) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon Athena」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200617 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Athena AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. スキャンしたデータサイズに関して従量課金とありますが、S3 の料金とは別途発生するのでしょうか? A. Amazon Athena の料金はクエリでスキャンされたデータ量に基づき、5 USD/TB で課金されます。その他に、クエリ結果を保存するストレージ料金、S3 API リクエスト、データ転送に対する Amazon S3 利用料、AWS Glue データカタログの利用料が発生いたします。 Q. ファイルが分割可能というのはどのような状態をさすのでしょうか。いくつかのファイルが置いてある状態ではないのでしょうか? A. 1つのファイルを分割することができるかどうか、をさします。Amazon Athena は単一ファイルのサイズが閾値を超えた場合に、対象のファイルを分散処理できるように複数のチャンクに分割します。その際、ファイルの圧縮形式・ファイルフォーマットによっては分割できない場合があり、この場合は分散処理できず期待したパフォーマンスが得られなくなります。主なファイルフォーマット・圧縮フォーマットの分割可否は以下の通りです: gzip 圧縮ファイルは分割することができません。 bzip2 圧縮されたファイルは bzip2 がファイルを分割可能な単位で圧縮するアルゴリズムのため、分割することができます。 Snappy で圧縮されたデータそれ自体は分割することができませんが、Parquet ファイル形式が分割可能なブロックごとに Snappy 圧縮を実施しているため、分割可能となります。 Q. […]

Read More