Amazon Web Services ブログ

Category: Events

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS Key Management Service (KMS) 資料公開

先日 (2018/11/21) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS Key Management Service (KMS)」の資料を公開しました。 AWS Black Belt Online Seminar AWS Key Management Service (KMS) 過去資料はこちらをご覧ください。 今後の AWS Black Belt Online Seminar のスケジュール 直近で以下のオンラインセミナーを予定しています。各オンラインセミナーの詳細およびお申し込み先は下記URLからご確認いただけます。皆様のご参加をお待ちしております! 11月分申込先 ≫  12月分申込先 ≫ AWS CloudFormation アップデート 2018 年 11 月 28 日 | 18:00 – 19:00 | IT 知識レベル:★★☆☆☆ | AWS 知識レベル:★★☆☆☆ AWS re:Invent 2018 アップデート速報 2018 […]

Read More

Firecracker – サーバーレスコンピューティングのための軽量な仮想化機能

私の好きなAmazonリーダーシッププリンシプルの1つはCustomer Obsessionです。 私たちがAWS Lambdaをローンチしたとき、私たちは開発者にセキュアなサーバーレス体験を提供し、インフラストラクチャの管理を避けることに重点を置いていました。 目的のレベルの分離を達成するために、我々は各顧客に専用のEC2インスタンスを使用しました。 このアプローチにより、私たちはセキュリティ目標を達成することができましたが、私たちがLambdaを裏で管理する方法に関していくつかのトレードオフを余儀なくされました。 また、新しいAWSサービスの場合と同様に、顧客がLambdaをどのように使用するのか、あるいはサーバーレスモデル全体をどのように考えているのかもわかりませんでした。 私たちの計画は、時間の経過とともにバックエンドをより効率的にすると同時に、優れたカスタマーエクスペリエンスを提供することに重点を置くことでした。 ちょうど4年後 (Lambdaはre:Invent 2014でローンチされました)、サーバーレスモデルが普及したことは明らかです。 現在Lambdaは毎月何十万人ものアクティブな顧客に対して数兆件の処理を実行しています。 昨年、我々はAWS Fargateのローンチによりサーバーレスの利点をコンテナにまで拡張し、毎週AWSの顧客に数千万のコンテナを提供しています。 私たちの顧客がサーバーレスでの採用を進める中で、効率の問題を再検討する時が来ました。 Invent and Simplifyの原則を念頭に置いて、今のコンテナやファンクションの世界のための設計として仮想マシンがどのように見えるのか自分自身に尋ねました。 Firecrackerの紹介 本日、KVMを利用する新しい仮想化技術であるFirecrackerについてお話したいと思います。 仮想化されていない環境では、軽量のマイクロ仮想マシン(microVM)を数秒で起動することができ、従来のVMで提供されているセキュリティとワークロードの分離と、コンテナに伴うリソース効率性を向上しています。 Firecrackerについて知っておくべきことは次のとおりです: セキュア – これは常に最優先事項です! Firecrackerは複数レベルの分離と保護を使用し、攻撃面は最小限に抑えられています。 ハイパフォーマンス – 今日時点でわずか125ミリ秒 (さらに2019年に高速化予定) でmicroVMを立ち上げることができ、一時的なものや短命のものを含む多くの種類のワークロードに最適です。 Battle-Tested – FirecrackerはBattle-Testedであり、既にAWS LambdaとAWS Fargateを含む複数のハイボリュームなAWSサービスに利用されています。 低オーバーヘッド – Firecrackerは、microVMあたり約5 MiBのメモリを消費します。 同じインスタンス上で、さまざまなvCPUとメモリ構成を持つ数千のセキュアなVMを実行できます。 オープンソース – Firecrackerはアクティブなオープンソースプロジェクトです。私たちはすでにpullリクエストを確認して受け入れる準備を完了しており、世界中の寄稿者とのコラボレーションを楽しみにしています。 Firecrackerは最小限主義の流儀で造られました。 私たちはオーバーヘッドを減らし安全なマルチテナンシーを可能にするために、crosvmからスタートし、最小限のデバイスモデルを設定しました。 FirecrackerはRustで書かれており、その最新のプログラミング言語はスレッドの安全性を保証し、セキュリティの脆弱性を引き起こす可能性があるさまざまなタイプのバッファオーバーランエラーを防止します。 Firecrackerのセキュリティ 前述のように、Firecrackerには多数のセキュリティ機能が組み込まれています! ここに部分的なリストがあります: Simple Guest Model – Firecrackerのゲストには、ネットワークデバイス、ブロックI […]

Read More

新機能 – 100Gbpsのネットワーク帯域に対応するC5nインスタンス

私たちは昨年、強力なコンピューティング集約型のC5インスタンスを立ち上げ、今年初めにはローカルNVMeストレージを追加したC5dインスタンスをフォローアップしました。 どちらのインスタンスもAWS Nitroシステム上に構築されており、AWSカスタムの3.0Ghz Intel Xeon Platinum 8000シリーズプロセッサを搭載しています。 それはバッチ処理、分散解析、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)、広告配信、ハイスケーラブルなマルチプレーヤゲーミング、ビデオエンコーディングなどのコンピューティング重視のアプリケーション用に設計されています。 新しい100 Gbpsのネットワーク 本日私たちはさらに強力な変種であるC5nのインスタンスを追加しました。 最大100 Gbpsのネットワーク帯域幅で、シミュレーション、インメモリキャッシュ、データレイク、その他の通信集約型アプリケーションがこれまで以上に優れたパフォーマンスを発揮します。 スペックは以下の通りです: Instance Name vCPUs RAM EBS Bandwidth Network Bandwidth c5n.large 2 5.25 GiB Up to 3.5 Gbps Up to 25 Gbps c5n.xlarge 4 10.5 GiB Up to 3.5 Gbps Up to 25 Gbps c5n.2xlarge 8 21 GiB Up to 3.5 Gbps Up […]

Read More

新発表 – AWS DataSync – 自動化・高速化されたデータ転送

これまで多くの AWS のお客様から AWS Cloud の内外へ大量のデータを移動させる必要があると言われてきました。そのユースケースには以下のものが挙げられます : Migration – 常に変化し続ける大きなデータセットをお持ちのお客様もいます。一度限りの転送を行うため、中断や停止は許されません。 Upload & Process – クラウド上で処理するために大規模データセットをオンプレミスで定期的に生成するお客様もいます。これには Media & Entertainment 業界や Oil & Gas 業界、Life Science 業界の我々のお客様があげられます。 Backup / DR – 最後に、オンプレミス上の貴重なデータを災害対策やビジネス継続性のためにクラウドにコピーするお客様もいます。 これらのお客様は大規模データで利用しています。数十 TB から数百 TB の一度限りや定期的な転送は日常的に行われています。この規模では、ネットワーク帯域を効果的に使用し、高いスループットを得ることは必要不可欠で、信頼性やセキュリティ、使い勝手の良さも同様に重要です。 Introducing AWS DataSync 今日、我々のデータ転送サービスのポートフォリオに AWS DataSync が加わりました。AWS Snowball, AWS Snowmobile, Kinesis Data Firehose, S3 Transfer Acceleration, AWS Storage Gateway に加わる […]

Read More

re:Invent 2018 Midnight Madness/ AWS RoboMaker

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、プロダクトマーケティング エバンジェリストの亀田です。 re:Invent 2018 ミッドナイトマッドネスでAWS RoboMakerという新サービスが発表されました。 AWS RoboMaker https://aws.amazon.com/robomaker/ https://www.youtube.com/watch?v=FHtioa3HKlw#action=share インテリジェントロボットアプリケーションの開発、テスト、および展開を容易にするサービスです。RoboMakerは、最も広く使用されているオープンソースのロボティクスソフトウェアフレームワークであるRobot Operating System(ROS)をクラウドサービスへの接続性で拡張します。これには、ロボットがデータをストリーミングし、ナビゲートし、コミュニケーションし、理解し、学ぶことを可能にするAWSの機械学習サービス、監視サービス、および分析サービスが含まれます。RoboMakerは、アプリケーション開発のためのロボティクス開発環境、アプリケーションテストを加速するロボティクスシミュレーションサービス、およびリモートアプリケーションの展開、更新、および管理のためのサービスを提供します。 AWS RoboMakerは、インテリジェントロボットアプリケーションの開発、テスト、および展開のための4つのコア機能を提供します。 ROS用クラウド拡張 Robot Operating System(ROS)は、ロボットアプリケーションの構築に役立つソフトウェアライブラリを提供する、最も広く使用されているオープンソースのロボットソフトウェアフレームワークです。AWS RoboMakerは、ROSのクラウド拡張機能を提供しているため、インテリジェントなロボティクスアプリケーションに必要な、よりリソース集約型のコンピューティングプロセスをクラウドにオフロードし、ローカルのコンピューティングリソースを解放することができます。これらの拡張機能により、ビデオストリーミング用のAmazon Kinesis Video Streams、画像およびビデオ分析用のAmazon Referencing、音声認識用のAmazon Lex、音声生成用のAmazon Polly、ロギングおよび監視用のAmazon CloudWatchなどのAWSサービスとの統合が容易になります。RoboMakerはこれらのクラウドサービス拡張をオープンソースのROSパッケージとして提供しているため、クラウドAPIを活用してロボットに機能を構築することができます。 開発環境 AWS RoboMakerは、ロボットアプリケーションの構築と編集を行うためのロボット開発環境を提供します。RoboMaker開発環境はAWS Cloud9をベースにしているため、ロボティクスアプリケーションコードを編集、実行、デバッグするための専用ワークスペースを起動できます。RoboMakerの開発環境には、オペレーティングシステム、開発ソフトウェア、ROSが自動的にダウンロード、コンパイル、設定されます。さらに、RoboMakerクラウドエクステンションとサンプルロボティクスアプリケーションは環境にあらかじめ統合されているため、数分で起動することができます。 シミュレーション シミュレーションは、ロボットアプリケーションが複雑な環境や変化する環境でどのように動作するかを理解するために使用されるため、高価なハードウェアに投資したり、物理的なテスト環境を設定する必要はありません。代わりに、物理的なハードウェアに展開する前に、ロボットアプリケーションのテストや微調整にシミュレーションを使用できます。AWS RoboMakerは、大規模および並列シミュレーションをサポートし、シミュレーションの複雑さに基づいて基盤となるインフラストラクチャを自動的に拡張する、完全に管理されたロボティクスシミュレーションサービスを提供します。RoboMakerは、屋内の部屋、小売店、レーストラックなどの事前構築された仮想3Dワールドを提供しているため、シミュレーションでこれらのワールドをダウンロード、変更、使用することができ、迅速かつ簡単に始めることができます。 フリート管理 アプリケーションが開発または変更されたら、アプリケーションをロボットに安全に展開し、後でロボットが使用されている間にアプリケーションを更新するOTA(Over-The-Air)システムを構築します。AWS RoboMakerは、ロボットレジストリ、セキュリティ、フォールトトレランス機能を備えた車両管理サービスを提供しています。これにより、ロボットのライフサイクル全体にわたって、OTAアップデートを展開し、ロボットアプリケーションを管理することができます。RoboMakerのフリート管理を使用して、ロボットをグループ化し、それに応じてバグ修正や新機能を更新することができます。 また日本語ブログでAWS RoboMakerの記事が出たら詳細をお知らせしたいと思います。 ROSのAWS RoboMakerクラウド拡張は、Apache Software License 2.0にて無料で提供されます。ROSアプリケーションがこれらのクラウド拡張を介してAWSサービスを利用する場合にのみ、標準のAWSサービス料金が発生します。 GitHubにサンプルアプリケーションがありますので合わせてご参考ください。 https://github.com/aws-robotics/aws-robomaker-sample-application-helloworld https://github.com/aws-robotics/aws-robomaker-sample-application-persondetection https://github.com/aws-robotics/aws-robomaker-sample-application-voiceinteraction https://github.com/aws-robotics/aws-robomaker-sample-application-cloudwatch Amazon RoboMaker はUS […]

Read More

Re:Invent 2018 での AWS ビッグデータと分析セッション

re:Invent 2018 が間もなく開催です! 今年は、データと分析の追跡が盛り上がっています。 このブログ記事では、re:Invent 2018 のデータと分析セッションを特集しています。本年のイベントに参加されるなら、会議で行われるセッション、ワークショップ、チョークトーク、ビルダーセッションを確認してください。これまでと同じく、分析、深層学習、AI Summit、サーバーレス、アーキテクチャ、データベースなど、さまざまなトピックカテゴリーのイベントが行われます。 Intuit、Nike、Intel、WuXi NextCODE、Warner Brothers、AutoDesk、NFL、SendGrid、McDonald、AirBnB、Hilton、Guardian Life、Amazon Go、Pfizer など、多くの企業の素晴らしいセッションが行われます。 これらのセッションは録画され、会議後に YouTube から視聴可能です。また、これらのセッションのすべてのスライドデッキは、会議後に SlideShare.net で入手できます。 ブレークアウトセッションの詳細については、この記事のリンクを選択してください。 注意: 機械学習に興味があれば AI Summit と Machine Learning、AI ワークショップとセッションを確認してください。次のブレークアウト分析セッションは、今年のセッションカタログを構成します。 AWS Analytics と DB Services のバイスプレジデント Anurag Gupta と、Amazon Machine Learning (Amazon ML) のバイスプレジデント Swami Sivasubramanian による 2 つのセッションがあります。 ANT205 – テクノロジーの動向: データレイクと分析 この講演では、AWS Analytic と Transactional […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS Direct Connect 資料及び QA 公開

先日 (2018/11/14) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS Direct Connect」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 AWS Black Belt Online Seminar AWS Direct Connect その他の過去資料はこちら Q. Public VIFを使ってオンプレから通信する場合、AWSから提供される/31のグローバルIPにNATする必要があると思いますが、それは利用者側のNW機器で行う必要がある認識で合っていますでしょうか? A. はい。認識合っております。利用者側のNW機器でNATをお願いいたします。 Q. ホスト接続、共有型のものと利用シーンが同じと思ったのですが、何か違いはありますでしょうか? A. ほぼ同じです。共有型の場合は帯域がほかのお客様と共有され、パートナーにより帯域がギャランティされるかどうかは異なります。ホスト接続は帯域がAWSとパートナーにより保証されます。また、共有型では仮想インターフェイスの設定はパートナーが行いますが、ホスト接続の場合はお客様にてセルフサービスで実施していただく必要があります。 Q. DirectConnectGatewayの利用有無による金額変動はありますか? A. 追加料金はかかりません。Direct Connect Gatewayの追加によりリモートリージョンへの転送料金が追加になっておりますので詳しくは料金表をご参照ください。 今後の AWS Black Belt Online Seminar のスケジュール 直近で以下のオンラインセミナーを予定しています。各オンラインセミナーの詳細およびお申し込み先は下記URLからご確認いただけます。皆様のご参加をお待ちしております! 11月分申込先 ≫  12月分申込先 ≫ AWS Key Management Service (KMS) 2018 年 11 月 21 日 | 18:00 – […]

Read More

AWS Black Belt オンラインセミナーのご案内 (2018 年 12月)

こんにちは。マーケティングの鬼形です。12 月の AWS Black Belt オンラインセミナーについてご案内させて頂きます。 12 月は、Amazon AthenaやAWS Certificate Managerなど各サービスの最新情報他、Amazon DynamoDB Advanced Design Patternでは普段お使いの皆さまに向け利用のヒントになるような情報をお届けします!ぜひお役立てください。 視聴方法: オンラインセミナー登録ページよりお申し込みください Amazon Athena 2018 年 12 月 5 日 | 18:00 – 19:00 | IT 知識レベル:★★★☆☆ | AWS 知識レベル:★★★☆☆ Amazon Athena は、S3 上のデータに対して直接 SQL を実行することができるサービスです。このセミナーでは、Athena の概要やアーキテクチャの説明,最適なクエリの実行方法やアーキテクチャパターンについて、リリースしてから 2 年間の間のアップデートも含めてお伝えします。 対象者 技術者の方 本セミナーで学習できること Amazon Athena の概要 Amazon Athena の効果的な使い方、システムアーキテクチャ スピーカー 志村 誠 […]

Read More

AWS re:Invent 2018 で開催予定の Amazon DynamoDB セッション、ワークショップ、およびチョークトークのご案内

AWS re:Invent 2018 がもうすぐ開催されます! この記事には、AWS re:Invent 2018 で行われる、Amazon DynamoDB セッション、ワークショップ、チョークトークの全リストを掲載しています。この記事の情報で、今年のラスベガスでのコンファレンスウィークをうまくスケジューリングしましょう。上司を説得できず、まだ AWS re:Invent 2018 に登録していないのなら、こちらの出張の必要性についてのメモを読んでみてください。 レベル 200 – 入門 DAT201 – Amazon DynamoDB の新情報についてのディープダイブ これは、DynamoDB の総括的な新着情報のセッションです。新しく発表された機能を紹介し、エンドツーエンドから見た最新のイノベーションを提供します。お客様の成功事例やユースケースもシェアする予定です。DynamoDB の新機能について、一緒に学びましょう。 レベル 300 – 上級 DAT303 – 最大級に重要な資産 (つまり、あなたのデータ) の保護 : DynamoDB を使ったセキュリティベストプラクティス このセッションでは、DynamoDB に組み込まれているセキュリティ機能と、それらを使用してデータを保護する最善の方法を学びます。利用できるオプションを使って、テーブルへのアクセスとそのテーブルに格納されているコンテンツをどう制御するかを考えます。また、暗号化を使用してテーブルの内容を保護する方法と、データへのアクセスを監視する方法についても説明します。 DAT311-R – Amazon DynamoDB と AWS Lambda を使用したサーバーレスアプリケーションの構築 – ワークショップ形式 先進的デザインとベストプラクティスを使った、全く新しいタイプのワークショップです。このワークショップは、幅広い AWS サーバーレス製品のご紹介と、コンポーネントがどのように連携するかを実証します。このインタラクティブなワークショップでは、ある e コマース会社の発展を考察します。簡素なサーバレス製品カタログから始まって、1日のユーザー数が100万人に達する規模に成長し、その後、分析とほぼリアルタイムでのモニタリングを追加します。ワークショップを進めながら、DynamoDB や […]

Read More

AWS DevDay Tokyo 2018 Database トラック資料公開

Database フリークな皆様、こんにちは!AWS DevDay Tokyo 2018 Database トラックオーナーの江川です。 2018 年 10 月 29 日(月)〜 11 月 2 日(金)にかけて、AWS DevDay Tokyo 2018 が開催されました。本記事では、11/1(木)に実施された Database トラックのセッション資料をご紹介します。 セッション資料紹介に先立ち、お客様セッションとしてご登壇いただいた、Sansan株式会社間瀬様、株式会社ソラコム安川様、Amazon Pay 吉村様にお礼申し上げます。併せて、ご参加いただいた皆様、ストリーミング配信をご覧いただいた皆様ありがとうございました。   ●お客様セッション資料 AWSサービスで実現するEightの行動ログ活用基盤(Sansan株式会社 間瀬哲也様) AWSサービスで実現するEightの行動ログ活用基盤 DynamoDB Backed なテレコムコアシステムを構築・運用してる話(株式会社ソラコム 安川 健太様) AWS Dev Day Tokyo 2018 | Amazon DynamoDB Backed なテレコムコアシステムを構築・運用してる話 DynamoDBとAmazon Pay で実現するキャッシュレス社会 公開調整中。後日公開された場合は本記事をアップデートします。 ●AWSセッション資料 DevOps with Database on […]

Read More