Amazon Web Services ブログ

新しい – AWS Elemental Link – がライブビデオをイベントのためにクラウドに配信 & ストリーミング

動画は、非常に多くのオンライン体験の中心となっています。発信元や作成者に関係なく、今日の視聴者は、高解像度かつ放送品質の視聴体験を期待しています。 洗練された環境であれば、専用ハードウェアと関連 A/V チームは、これらの期待に応える動画を記録、エンコード、ストリーミング、または保存できます。しかし、コストと運用の複雑さにより、同様の体験を提供することができないチームもありました。教室、地元のスポーツイベント、企業イベント、小規模なパフォーマンススペースには、確実に動画をクラウドに配信して処理、保存、オンデマンド配信、およびライブストリーミングするために必要なハードウェアとソフトウェアをインストール、設定、実行するために必要な予算や専門知識がありません。 AWS Elemental Link の紹介 本日は、AWS Elemental Link について説明します。この新しいデバイスは、ライブ動画のソースを AWS Elemental MediaLive に接続します。デバイスは小さく (約 32 立方インチ)、重量は 1 ポンド未満です。電力の消費量はわずかで、騒音もありません。995 USD ですぐに購入できます。 これらのデバイスは、AWS マネジメントコンソールから注文して、お届け場所には使用予定の場所を指定できます。デバイスは事前に設定された状態で届くため、必要なのは、電源、動画、およびインターネットへの接続だけです。使用時に特別な専門知識を必要とせずに、コンソールから任意の数の Link デバイスを監視および管理できます。 Link デバイスは、動画のソースに接続すると、組み込みの 3G-SDI または HDMI コネクターに到達したすべての動画、オーディオ、メタデータストリームを AWS Elemental MediaLive に送信し、利用可能な帯域幅に適応する自動ハンズフリーチューニングを行います。動画がクラウドに格納されると、AWS Elemental Media Services のフルラインナップを使用して、動画を処理、保存、配信、収益化できます。 AWS Elemental Link の注文 開始するには、AWS Elemental Link コンソールにアクセスし、[注文を開始] をクリックします。 利用規約を理解したことを表明し、[注文を続行する] をクリックして続行します。 注文の入力を開始します。最初に、連絡先情報と任意の注文名を入力します。 次に、個別の注文明細を入力し、それぞれの後に [新しい注文明細を追加] […]

Read More

AWS AppSync を使用して Amazon QLDB への GraphQL インターフェイスを構築する: パート 2

 この記事は、Amazon Quantum Ledger Database (QLDB) と AWS AppSync を統合する方法を説明する 2 回にわたる連載記事の第 2 回です。この組み合わせにより、Amazon QLDB マネージドの台帳データベースに加えて、多目的な GraphQL を利用した API が提供されます。AWS Lambda 関数を作成してクエリを実行することで、Amazon QLDB と AWS AppSync を接続する方法については、「AWS AppSync を使用して Amazon QLDB への GraphQL インターフェイスを構築する: パート 1」をご覧ください。 この記事では統合を引き続き開発し、QLDB で AWS AppSync のより複雑なクエリとデータのミューテーションをサポートします。このチュートリアルでは、Amazon QLDB および AWS AppSync がキャプチャする履歴データのクエリのサポートも行います。 このシリーズのどちらの記事でも、クエリにドライバーの車両情報の DMV データセットを使用しています。GitHub リポジトリでアプリケーション全体を確認することもできます。 次の図は、このプロジェクトのおおまかなアーキテクチャを示しています。AWS AppSync リゾルバーを使用して、Lambda の Amazon […]

Read More

AWS AppSync を使用して Amazon QLDB への GraphQL インターフェイスを構築する: パート 1

 Amazon Quantum Ledger Database (QLDB) は、信頼できるデータソースを必要とするユースケース向けに設計されたデータベースです。Amazon QLDB は、データベースにコミットされたすべての変更の履歴を完全で不変な形で保持します (これは台帳と呼ばれます)。Amazon QLDB は、金融、e コマース、在庫管理、政府、その他数多くの用途でお使いいただけます。 Amazon QLDB を AWS AppSync などのサービスとペアリングすると、モバイルアプリケーション、ウェブサイト、データレイクのデータとそのデータの履歴を安全に公開できます。この記事では、Amazon QLDB を AWS AppSync と統合して政府のユースケースを強化するための再利用可能なアプローチについて説明します。 Amazon QLDB を AWS AppSync のデータソースとして追加するには、AWS Lambda 関数を使用してデータベースに接続します。次の図は、このソリューションのアーキテクチャを示しています。 この記事では、Department of Motor Vehicles (DMV) のユースケースを用いて、Amazon QLDB をデータソースとして AWS AppSync に追加します。このユースケースは、Getting Started with the Amazon QLDB Console でご利用いただけます。Amazon QLDB データソースを接続するだけでなく、簡単なクエリも作成します。 今後の記事では、データの変更や履歴の取得など、より高度な Amazon QLDB […]

Read More

ドメイン参加済みの Amazon RDS for SQL Server インスタンスに対する分散トランザクションサポートの有効化

 Amazon Relational Database Service (RDS) for SQL Server が Microsoft 分散トランザクションコーディネータ (MSDTC) を使用した分散トランザクションをサポートするようになりました。MSDTC を使用することで、RDS for SQL Server DB インスタンスが関与する分散トランザクションを実行することができます。この記事では、Amazon RDS for SQL Server 使用時に、AWS Directory Service for Microsoft Active Directory (AWS Managed Microsoft AD) を使って分散トランザクションを実行する最も一般的な方法について説明します。 ソリューションの概要 この記事では、3 つの主要用語が使用されています。 分散トランザクション – 2 台以上のネットワークコンピュータシステムにあるデータを更新するトランザクションです。分散トランザクションは、分散データを更新する必要があるアプリケーションにトランザクションのメリットを提供します。 トランザクションマネージャー – アトミックトランザクションの結果の管理と分散に対する責任を担います。トランザクションマネージャーは、ルートトランザクションマネージャー、または特定のトランザクションに対する下位トランザクションマネージャーのどちらかになります。 リソースマネージャー – アトミックトランザクションの結果とのリソース状態の調整に対する責任を担います。指定されたトランザクションについて、リソースマネージャーはひとつのトランザクションマネージャーのみと連携し、トランザクション結果の表明と最終結果の取得を行います。 このソリューションには、以下のステップが含まれます。 パラメータグループの設定。 オプショングループの設定。 Amazon RDS for […]

Read More

小規模な Amazon Elasticsearch Service ドメインのコストを削減する

 Amazon Elasticsearch Service (Amazon ES) ドメインをデプロイして本番環境のワークロードをサポートする場合、使用するデータインスタンスのタイプと数、アベイラビリティーゾーンの数、専用マスターインスタンスを使用するかどうかを選択する必要があります。ベストプラクティスのための推奨事項をすべて実行するには、次のように設定する必要があります。 3 つの専用マスターインスタンス M5.large 3 つの M5.large データノードを備えた 3 ゾーンレプリケーション プライマリに 2 つのレプリカの使用 必要に応じたストレージ、最大 512 GB、データノード用の GP2 Amazon Elastic Block Store (EBS) ボリューム この設定の場合、最大 400 GB のソースデータと 1 秒あたり数十万のリクエストを、1 か月あたり最大 800 USD (米国東部、バージニア北部の料金) のオンデマンドコストでサポートします。実行可能なデプロイを最小限に抑えることで、このコストを削減できます。本番ワークロードで実行可能な最小のデプロイは、次のとおりです。 専用マスターインスタンスなし M5.large ノードを備えた 2 ゾーンレプリケーション プイマリに 1 つのレプリカの使用 必要に応じたストレージ、最大 512 GB、データノード用の GP2 EBS ボリューム このデプロイでは、同じ […]

Read More

新機能 – Step Functions と AWS CodeBuild を使用した継続的インテグレーションワークフローの構築

 ソフトウェアビルドの自動化は、DevOps のベストプラクティスを採用するための重要なステップです。これを支援するために、フルマネージド型の継続的インテグレーションサービスである AWS CodeBuild を構築しました。これは、ソースコードをコンパイルし、テストを実行し、デプロイの準備ができたパッケージを生成します。 しかし、お客様のビルドプロセスには非常に多くのカスタマイズの選択肢があり、ソフトウェアビルドに必要なさまざまなアクティビティを調整するために、開発者が独自のカスタムワークフローを作成することに時間を費やしていることがわかりました。たとえば、一部のテストを実行し、もしくは実行しないこととし、またはクイックフィックスをデプロイする必要がある場合にコードの静的分析をスキップしたい場合があります。 単体テストの結果に応じて、さまざまなアクションを実行したり、SNS を介して通知を受けたりしたい場合があります。 これを簡素化するため、本日、新しい AWS Step Functions の CodeBuild とのサービス統合をリリースします。これで、ステートマシンの実行中に、ビルドの開始または停止、ビルドレポートサマリーの取得、および過去のビルド実行レコードの削除ができるようになります。 これにより、独自のワークフロー主導のビルドプロセスを定義し、手動または自動でトリガーできます。たとえば、次のことができます。 Amazon EventBridge ルールを使用して、定期的に (夜間ビルドの場合)、または何かが発生したときに (AWS CodeCommit リポジトリへのプルリクエストなど)、ビルドワークフローを開始します。 Amazon API Gateway を使用して、ステートマシンへの直接統合で、またはワークフローを開始する前に入力ペイロードの有効性をチェックする AWS Lambda 関数を介して、GitHub などのサービスによって呼び出すことができる webhook を構築します。 この投稿で説明されているように、AWS CodePipeline アクションの動作をカスタマイズします。 この統合により、Step Functions の全機能を使用して、ソフトウェアのビルドを自動化できます。たとえば、Parallel 状態を使用して、ビルドの独立したコンポーネントの並列ビルドを作成できます。コードリポジトリ内のすべてのブランチのリストから始めて、Map 状態を使用して、各ブランチに一連のステップ (自動化ビルド、ユニットテスト、統合テスト) を実行できます。 同じワークフローで他の Step Functions のサービス統合を活用することもできます。 たとえば、メッセージを SQS キューに送信してアクティビティを追跡したり、Amazon ECS とAWS Fargate を使用して構築したコンテナ化されたアプリケーションを開始したりできます。 ワークフロー主導のビルドプロセスのために Step Functions […]

Read More

Persistent-50 高性能ファイルシステムは、強力な機能を備えています!

 人生の多くのことでいえることですが、選択肢が多いほど、決断を下すことが難しくなります。クラウドでワークロードを実行すると、いくつかの決定が容易になりますが、それによってワークロードが完全になくなるわけではなく、クラウドの最適な設計方法を選択する必要があります。これらの決定は、どの AWS のサービス、リソース、または設定があなたに最適であるかに重点を置いています。Amazon FSx for Lustre に永続的なファイルシステムが備わったところで、どのユニットあたりのスループット設定がワークロードに最適であるか疑問に思われた方も多いことでしょう。このブログ記事では、FSx for Lustre persistent-50 ファイルシステムのパフォーマンスについてご紹介します。ここでは、並列ファイルシステムのパフォーマンスを評価するのに一般的に使用されるファイルシステムベンチマークアプリケーションである IOR を使用します。これで、読み取りおよび書き込み操作を使ってさまざまなファイルシステムコンポーネントをテストします。そうすることで、persistent-50 ファイルシステムが、これらのファイルシステムのアドバタイズされたユニットごとのスループット値をはるかに超えて、非常に高いスループットをどのように実現できるかを知ってもらえればと思います。 FSx for Lustre の永続的ファイルシステムにあまり詳しくない場合は、AWS の同僚が書いたこの最近のブログ記事を読むことをお勧めします。 どのようにして高性能が達成されるか FSx for Lustre の (スクラッチまたは永続的) ファイルシステムを作成する場合、ファイルシステムの合計ストレージ容量を選択します。ファイルシステムがサポートできるスループットは、そのストレージ容量に比例します。スクラッチデプロイタイプのファイルシステムの場合、ユニットあたりのスループットはストレージ容量の TiB あたり 200 MB/s です。簡単で、決断する必要はありません。デプロイタイプの永続的ファイルシステムの場合、ストレージ容量の TiB あたり 50 MB/s (persistent-50)、100 MB/s (persistent-100)、または 200 MB/s (persistent-200) を選択できます。これらのユニットごとのスループットオプションの料金はそれぞれ異なりますが、予算とパフォーマンスのニーズに最適なスループットレベルを柔軟に選択できます。 ファイルシステムの全体的なスループットに寄与する 3 つのコンポーネントがあります。ネットワークスループット、インメモリキャッシュとディスクスループットです。Amazon FSx for Lustre ユーザーガイドのパフォーマンスセクションには、すべてのデプロイタイプのファイルシステムのディスク、インメモリキャッシュ、ネットワークスループットを示した素晴らしい表があります。次の (表 1) はその表のサブセットであり、永続的ファイルシステムのスループットとキャッシュ情報のみを示しています。 ネットワークスループット (MB/s、プロビジョニング済みファイルシステムストレージ […]

Read More

AWS Storage Gateway で数分以内にクラウドストレージを実現

 クラウドにワークロードを移動すること。これは、CIO にとって、機敏性を高め、革新を促し、安全性を強化し、コストを削減するなど、戦略的な優先度を踏まえたうえで課題を処理するための主要策のひとつです。データセンターやリモートオフィスなど、企業は多くの既存型インフラストラクチャを保有していますが、クラウドサービスの優位性を活用したいと考えています。AWS はハイブリッドのクラウドストレージサービスを提供することで、こうしたお客様のクラウドジャーニーを加速し、AWS 上のオンプレミスインフラストラクチャからシームレスに拡張できるようにします。企業が自社のアプリケーションを評価するうえで、クラウドへの移行が相対的に容易なものもあれば、より複雑なものもあります。パフォーマンスやコンプライアス上の理由や、ローカルの IT インフラストラクチャと密接に統合する必要があることからオンプレミスを残さざるを得ない場合があります。このような理由から組織ではオンプレミスから AWS のデータストアへアクセスできるようにする、ハイブリッドクラウドストレージソリューションを模索しています。 AWS Storage Gateway はお客様がこうした課題を克服し、オンプレミス環境とクラウド環境との隙間を埋めるのに役立つハイブリッドクラウドストレージソリューションです。Storage Gateway では標準のストレージプロトコルを介して低レイテンシーのデータアクセスを可能にすることで、オンプレミスのアプリケーションがクラウドストレージを使用できるようにします。ローカルキャッシュが最近使用したデータのオンプレミス環境を保存し、クラウドがスケーラビリティと同様に、業界最先端のデータ保護、耐久性、可用性、安全性、性能などを提供します。Storage Gateway を使用することでクラウドへの最初の一歩を踏み出すことができます。また、この製品はデプロイ、アクティブ化、アプリケーションによるアクセスが容易になるよう設計されています。本ブログ記事では、Storage Gateway の主要な特徴と機能について解説し、ハイブリッドストレージアーキテクチャについて総合的にレビューしていきます。さらに、Storage Gateway の 3 つの種類 (File、Volume、Tape)、一般的な顧客ユースケースについて触れ、ご使用の環境に Storage Gateway をデプロイするときに実行する 4 つの主なステップについて順を追って解説しながら、本製品の使用開始方法もご紹介します。 図 1 – この図ではオンプレミス環境と AWS クラウドの間にある課題について説明しています Storage Gateway の概要 Storage Gateway は仮想マシン (VMware ESXi、Microsoft Hyper-V、Linux KVM) として、または事前設定したスタンドアロンハードウェアアプライアンスとしてご使用のオンプレミス環境に直接デプロイできます。さらに、Storage Gateway では特殊なネットワーキングや追加的なハードウェアは不要で、以下の機能が備わっています。 NFS、SMB、iSCSI、iSCSI-VTL などの標準のストレージプロトコルをサポートしているため、既存のアプリケーションは変更なしに AWS クラウドを使用できます。 ご使用のアプリケーションへの低レイテンシーアクセスを可能にするローカルキャッシュ。 オンプレミスと AWS […]

Read More

ディスラプションへの対応 : 金融機関がクラウドテクノロジーを使用して COVID-19に対応し、業界を変革する方法

AWS for Industries 本投稿はアマゾンウェブサービス (AWS) のグローバル金融領域の市場開発を担当するマネージングディレクターの Scott Mullins による寄稿を翻訳したものです。 「ディスラプション」。 これは、金融業界でよく耳にする言葉です。確立された規範、マーケットリーダー、あるいは製品に取って代わる可能性のある、新しい市場やバリューネットワークを生み出すイノベーションについて述べる際によく使われます。今世界が直面している前代未聞の健康上の難題は、世界経済そして世界中の人々に、上記とは異なる種類のディスラプション(混乱)をもたらしています。これは、今ある金融サービスの提供方法に直接影響し、将来的には金融業界の仕組みや利用者とのやり取りの形を変えていくことになるでしょう。 COVID-19 は、金融機関や利用者の通常のビジネスのやり方を根底から覆し、両者それぞれが対処すべき独自の懸念事項や要求を抱えることとなりました。事業の存続可能性を判断したり、財務的なコミットメントを達成する能力を維持したりする上で、スピードが非常に重要視されているときには、金融サービスの利用者は資本に到達できるかどうかに注目しています。金融機関は、安全性、セキュリティ、回復力、拡張性、および業務の継続的な健全性を重視しています。金融規制当局は、経済の回復を重視し、資金を必要とする企業が資金調達できるようにし、国内および世界の金融システムの安定性の確保に務めています。技術的な観点では、これらの懸念や要求の高まりは金融システムの負担に変換されていきます。この病気は、レガシーなアプリケーションやインフラストラクチャーが利用者と主にデジタルでやり取りを行う体制へ即座に移行する能力、そして世界市場が直面している異常な取引量と変動の凄まじさへも対応する能力を持ち合わせているかどうかを試しています。 AWS は世界中の金融機関、政府、規制当局と協力して、COVID-19 がもたらす世界経済の課題への取組みを支援しています。リモートワークの実現、ミッションクリティカルなアプリケーションの業務回復力の維持、桁外れの取引量を捌くための世界規模の市場システムの拡張性、充実した機能で使いやすい顧客体験を提供するデジタルでの関わり方の実現、費用対効果を改善するためのアプリケーションおよび環境の最適化など、世界経済を動かしている人々やシステムが継続して動き続けられるよう、AWS は金融サービスのお客様と協働しながら取り組んでいます。本投稿では、私たちがお客様と共に積極的に取り組んでいるいくつかの主要な取組みをご紹介します。(実現できることやどのように AWS が支援できるかといった点に焦点を当てるため、具体的な金融機関名にはあえて言及しておりません。)主要な取組みには以下のようなものがあります: 金融サービスを動かしている人々が働き続けられるようにする COVID-19 が世界中の人々に影響を与えている状況下で、日々の生産性への影響を最小限に抑え、従業員の健康と安全を確保するため、金融機関は業務手順をすばやく変更し、リモートワークに切り替えました。パンデミックが継続するにつれて、企業は従業員が場所を問わず安全に働くための選択肢をさらに検討し始めています。場所を問わず働けるようサポートする方法、世界中にいる従業員間のコラボレーションを促進する方法、状況に応じて変更できる接続ポイントを管理する方法、あるいは災害発生時にビジネスの継続性を確保する方法といった信頼できるリモートワークソリューションを金融機関は求めています。AWS は、従業員、契約社員、学生、そしてコンタクトセンターの従業員がリモートワークをすばやく行えるよう、一連のソリューションを構築し、提供しています。 例えば、Amazon WorkSpaces はマネージド型のセキュアな Desktop-as-a-Service (DaaS) ソリューションで、外勤および在宅勤務の従業員が必要なアプリケーションへのアクセスを支援します。Amazon WorkSpaces を使用すると、外勤者はインターネット接続が可能であればいつでもどこからでもサポートされているデバイスを使用して、自身で選択した応答速度が速いデスクトップ環境を手にすることができます。金融機関は、デスクトップアプリケーションおよび外勤者に対するセキュリティとデータ統制の要件を満たす必要があります。エンドユーザーデバイスは、非常に重要なデータが攻撃、損失、または盗難に晒されるといったリスクがある接続ポイントになりうるという課題をもたらします。AWS では、お客様は接続ポイントを一元管理することで、セキュリティを向上させ、コンプライアンスを維持できます。この対策のために、オンプレミスソリューションで発生するような費用や複雑さはありません。COVID-19 への対応策として、あるグローバル投資管理会社のお客様は、数千人のユーザーに対し在宅勤務ソリューションを 1 週間以内に展開しました。セキュリティを最優先としながら、このお客様は従業員 1 人あたり複数の Amazon WorkSpace を提供しました。 Amazon Connect を使うと、完全に機能するコンタクトセンターをわずか数分で立ち上げ、事実上どこからでも運用できます。エージェント、スーパーバイザー (SV)、マネージャー、管理者は自宅で働きながら、通常の業務をすべて実行できます。エージェントは受電・架電を行えます。SV は、同じオフィスにいるかのように、エージェントをリアルタイムでモニタリングし、コーチングすることができます。管理者は、ダッシュボードの表示、レポートの作成、サービスレベルの監視、通話履歴の聴き取り、パフォーマンスの追跡といった作業をすべて自宅で行うことができます。ある欧州のグローバルなシステム上重要な銀行 (G-SIB) は、COVID-19 へ対処するために迅速に Amazon Connect を展開し、サービスを中断することなく、エージェントが自宅から銀行の顧客をサポートできるようにしました。 AWS Client VPN は、数千人のリモートユーザーをサポートするように伸縮自在にスケール可能な、完全マネージド型の従量制 […]

Read More

Perforce Helix Core を AWS 上に構築する (Part2)

イントロダクション 前回の記事では AWS 上で Perforce Helix Core を構築することの利点を説明し、実際の構成パターンと構築における注意点を解説しました。 本記事では、実際に Perforce Helix Core をAWS に構築する手順をご紹介します。手順といっても AWS CloudFormation テンプレートを用意しておりますので、大部分は自動化されています。AWS CloudFormation では、設定をjsonやyamlでファイルに記述するだけでAWS のリソースのプロビジョニングを自動化することができます。 今回作成するサーバー構成の全体像は下図のようになります。AWS Cloudと書かれた中にあるサーバ群を設定します。デフォルトは Perforce の Master Server だけを構築する設定になっていますが、手順の中で Read only の Replica server を設定することも可能です。今回はインターネットから直接アクセスできるPublic Subnetにサーバーを配置していますが、Private Subnetにサーバーを配置して、VPNや AWS Direct Connect を介してオフィスやデータセンタのみからアクセスできる閉域にすることも可能です。 本記事では、まずは Perforce の Master server を構築する手順を見ていきます。次の Part3 の記事で、Replica server の構築手順を紹介します。Replica server の設定では、いくつか手動でコマンドを実行していただく必要があります。 なお、今回構築する Perforce Server への接続には […]

Read More