Amazon Web Services ブログ

Tag: logging

FireLens の内部構造を示す図。

詳解 FireLens – Amazon ECS タスクで高度なログルーティングを実現する機能を深く知る

この記事は Under the hood: FireLens for Amazon ECS Task (記事公開日: 2019 年 11 月 18 日) を翻訳したものです。 2019 年 11 月、Amazon ECS は FireLens によるカスタムログルーティングのサポートを発表しました。FireLens によって、人気の高いオープンソースのロギングプロジェクトである Fluentd や Fluent Bit を簡単に使用することができ、さまざまな AWS サービスやパートナーの宛先にログを送信することができます。 この記事では、私たちがなぜ、どのようにして FireLens を作ったのか、詳しく説明します。また、私が FireLens を使用した結果を共有し、FireLens を設定するための推奨事項を紹介します。この記事では、FireLens、Fluent Bit や Fluentd について深く掘り下げます。Fluentd や Fluent Bit に馴染みのない方は、読み進める前に、Fluentd や Fluent Bit と FireLens のドキュメントをよく理解しておくことをお勧めします。

Read More

Fluent Bit for Amazon EKS on AWS Fargate をリリース

本投稿は、Akshay Ram, Prithvi Ramesh, Michael Hausenblas による寄稿を翻訳したものです。   Container roadmap 上の issue 701 では、 EKS on Fargate 利用時の CNCF Fluent Bit を利用したログルーターのサポートについて議論していました。このブログ記事では、EKS on Fargete利用時におけるいくつかの設定ステップによってCloudWatch へ直接ログを送信する事が出来る新しい機能とそれを利用する流れをみていきましょう。 以前は、AWS Fargate 上で動くAmazon EKS の Pod から コンテナログを送信するためには サイドカーコンテナを動かす必要がありましたが、組み込みのログルーターを利用出来るようになりました。これはサイドカーをインストールしたり維持する必要が無いという事を意味しています。ユーザーはデータの送信先を選択するだけで、ログは選択した送信先にルーティングされます。 私たちは、2つの設計原則を維持しながらこの機能を構成しました。 一貫性:必要に応じて、ネイティブの Kubernetes オブジェクトを利用して、コンピューティングタイプ(EC2、マネージドノードグループ、Fargate)に渡った一貫したインターフェイスをお客様に提供する シンプル:お客様のインフラストラクチャーや add-ons をさらに管理する この設計原則に従う事で、Fluent Bit 設定言語と Kubernetes Config Map を、プライマリインターフェイスとして選択し、 Kubernetes クラスターにおける標準的な方法としてロギングを設定する様にしました。Fluent Bit をプラットフォームの中に含める事で、Fluent Bit のライフサイクル管理をシンプルにしました。ログを何処に送るかを指定するだけで、後はAWSによって管理されます。   […]

Read More