Amazon Web Services ブログ

Tag: Multi-Tenant

SaaSソリューションの運用を成功させるには

この記事は、Achieving Operational Success of SaaS Solutions を翻訳したものです。 本投稿は、AWS SaaS Factory の Partner Solutions Architect である Ujwal Bukka により寄稿されました。 運用上の優秀性は、SaaS (Software-as-a-Service) プロバイダーにとって重要な課題です。運用上の優秀性とは、ワークロードを効果的に運用および監視し、サポートするプロセスや手順を継続的に改善してビジネス価値を提供する能力のことです。 それを得るために努力することは、SaaS ソリューションにおけるスムーズな運用、ひいては最適なカスタマーエクスペリエンスの確保につながります。 マルチテナント環境を運用する場合、SaaS プロバイダーは各テナントの現在のステータスを把握し、自動化されたプロセスが新規および既存のテナントに対して同一かつ期待どおりに機能していることを確認し、サポートするプロセスや手順を継続的に改善する必要があります。 マルチテナント環境に関連する運用上の優秀性の設計原則とベストプラクティスには、ソリューションの運用状態を効果的に監視し、管理する能力が含まれます。これには、システムが各テナントや利用プランに対してどの程度効果的にリソースをスケーリングしているかを把握すること、アラートやインサイトを生成するために適切なメトリクスデータを取得すること、テナントのオンボーディングなどの運用プロセスを管理すること、マルチテナント環境におけるテナントのさまざまなニーズをサポートすることなどが含まれます。 今回の記事では、運用上の優秀性の設計原則とベストプラクティスについて確認します。

Read More

AWS サーバーレスサービスによるマルチテナント SaaS ソリューションの構築

この記事は、Building a Multi-Tenant SaaS Solution Using AWS Serverless Services を翻訳したものです。 本投稿は、AWS SaaS Factory の Sr. Partner Solutions Architect である Anubhav Sharma と AWS SaaS Factory の Partner Solutions Architect である Ujwal Bukka により寄稿されました。 SaaS (Software-as-a-Service) 提供モデルへの移行に際しては、コストと運用効率を最大限に高めたいという要望が伴います。 これは、利用傾向を予測することが困難なマルチテナント環境では特に難しい場合があります。なぜならば、テナントの活動とリソースの実際の消費量を一致させるスケーリング戦略の組み合わせを見つけることは困難だからです。今日はうまくいっていても、明日はうまくいかないかもしれません。 このような特性により、SaaS はサーバーレスモデルに非常に適していると言えます。SaaS のアーキテクチャからサーバーの概念を取り除くことで、企業はマネージドサービスを利用することによって、アプリケーションが消費するリソースの正確な数をスケーリングして提供することができます。 これにより、アプリケーションのアーキテクチャと運用のフットプリントが簡素化され、スケーリングポリシーを継続的に追跡・管理する必要がなくなります。また、運用上のオーバーヘッドや複雑さも軽減され、運用責任の多くをマネージドサービスに委ねることができます。 この記事では、機能的なマルチテナントのサーバーレス SaaS 環境に関してエンドツーエンドで提供するリファレンスソリューションを見ていきます。その目的は、このリファレンスソリューションを作成する際に考慮されたアーキテクチャと設計の検討事項を探ることです。

Read More