Amazon Web Services ブログ

AWS Japan Staff

Author: AWS Japan Staff

Webinar Title

【開催報告】AWS 環境上での医療情報ガイドライン対応の最新動向 ウェビナー

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 インダストリー事業開発部 の佐近です。 ヘルスケア領域のシステム企画・開発・運用にご興味をお持ちのエンドユーザーおよびパートナーを主な対象として2020年7月16日に開催したウェビナー「AWS 環境上での医療情報ガイドライン対応の最新動向」は、400名以上の方々にご視聴いただけました。 本記事では医療情報システム向けAWS利用「リファレンス」作成パートナー5社の登壇内容を含む当日の資料・動画と、ウェビナー視聴者にAWSの活用を今後1年以内で新規にご検討中の分野を伺ったアンケートの回答結果を皆様にご紹介します。

Read More

AWS Organizationsによる、日本準拠法に関する AWS カスタマーアグリーメントの一括変更について

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、 シニアアドボケイトの亀田です。 今日は、AWS Organizationsによる、日本準拠法に関する AWS カスタマーアグリーメントの一括変更について、日本のお客様にとって重要なアップデートをお届けします。AWS Organizationsは複数のAWSアカウントにおいて、請求の一元管理や、アクセス、コンプライアンス、セキュリティの制御、AWS アカウント間でのリソースの共有などを実現するサービスです。 AWSのアカウントは開設直後、”AWS カスタマーアグリーメント”は準拠法、かつ管轄裁判所が米国ワシントン州法となっています。2017年11月に我々は、お客様が自動で”日本準拠法に関する AWS カスタマーアグリーメント変更契約”を締結可能とするAWS Artifactの機能をリリースしました。 https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/how-to-change-aws-ca-by-artifact/ これによりお客様は、自身で複雑な処理を行うことなく、AWSのマネージメントコンソール上でAWS カスタマーアグリーメントの変更契約締結が可能となり、準拠法を日本法に変更し、更に、同契約に関するあらゆる紛争に関する第一審裁判所を東京地方裁判所に変更することができるようになりました。 この作業はアカウント単位で行う必要があり、企業内で複数のAWSアカウントを保有し、AWS Organizationsで管理されている場合、AWSアカウントの数だけその作業を行う必要がありましたが、このアップデートにより、マスターアカウントで作業を行うと、一括してメンバーアカウントへその設定が適応されます。また、設定作業後、新たに新規で追加されたメンバーアカウントにもその設定は自動で反映されるため、従来個別に作業を行う必要があったときに懸念されていた、作業漏れを防ぐことも可能です。 また、リセラーなど実運用にいおけるマスターアカウントとメンバーアカウントの管理母体が異なる場合は、本機能によるAWS カスタマーアグリーメント変更契約の一括締結には十分な注意を払う必要があります。 使い方は簡単です。 マネージメントコンソールからAWS Artifactにアクセスし、”契約”を開きます。”日本準拠法に関するAWSカスタマーアグリーメント変更契約(AWS Organizations用)を選びます。 その後画面右上の”契約の受諾”ボタンを押すと、”NDAを受諾して契約のダウンロードする”という画面が表示されますので、契約書をダウンロードします。 その後再度”契約の受諾”ボタンを押し、表示される確認ダイアログに同意すると、以下のようにAWSカスタマーアグリーメント変更契約が締結され、準拠法が切り替わります。 その他の詳細については下記のページをご参照ください。 https://aws.amazon.com/jp/artifact/faq/ – シニアアドボケイト 亀田

Read More

AWS IoT Eventsハンズオンを公開 – ノンコーディングで複雑な条件の組み合わせが必要な状態を管理を行う方法について学べます

こんにちは、Prototyping Solutions Architectの市川です。この記事では、AWS IoT Events ハンズオンについてご紹介します。 AWS IoT Eventsサービスページより抜粋 AWS IoT Events は、IoT センサーやアプリケーションで発生したイベントを容易に検出し対応できるようにする、完全マネージド型の IoT サービスです。(中略) ユーザーは、取り込みたい関連のデータソースを選択し、単純な if-then-else 文を使って各イベントのロジックを定義して、イベント発生時にトリガーさせるアラートまたはカスタムアクションを選択するだけで済みます。

Read More

AWS セキュリティドキュメントに150 以上の AWS サービスが追加されました

2019 年 6 月の AWS セキュリティブログで説明した、 AWSドキュメント の取り組みについての最新情報をお伝えします。 AWS セキュリティドキュメントに 150 以上のAWS サービスが追加されたことをお知らせできることを嬉しく思います。 AWS セキュリティドキュメントに馴染みがない方のためにお伝えすると、これは既存のサービスドキュメントの中にあるセキュリティコンテンツを簡単に見つけることができるように開発されたもので、AWS サービスのセキュリティ機能を確認する際に複数のソースを参照する手間を省くものです。これは、AWS 責任共有モデルで説明されている、クラウド “の” セキュリティ、クラウド “における”セキュリティに関する情報を含む、AWS クラウド導入フレームワーク( Cloud Adoption Framework – CAF)のセキュリティに沿った内容となっています。各章では、各 AWS サービスに適用される CAF の中から、以下のセキュリティトピックを取り上げています。

Read More
Amplify Meetup #01 開催!

【全資料まとめ&開催報告】Amplify Meetup #01

みなさんこんにちは!アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 ソリューションアーキテクトの木村公哉(@kimyan_udon2)です。梅雨が明けて、気づけばお盆も明けた今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか? 7月31日に「Amplify Meetup #01」を開催しました。「Amplify Meetup」はAWS AmplifyのユーザーとAWS Amplifyに興味のあるエンジニアのみなさんでLTなどを通して盛り上がるコミュニティーイベントです。今回初めて開催しましたので、開催報告と合わせて「Amplify Meetupとは?」という点についてもご紹介いたします。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon CodeGuru 資料及び QA 公開

先日 (2020/08/04) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon CodeGuru」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200804 AWS Black Belt Online Seminar Amazon CodeGuru from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. P27 において、AWS CodeCommit でリポジトリを作成する時に CodeGuru Reviewer を有効化することもできれば、後から有効化もできるとのことですが、有効化された時点以降のものしか反映されないのでしょうか? A. はい、既存リポジトリにて CodeGuru Reviewer を有効化した場合、Pull Request ベースのコードレビューに関しましては有効化された以降の Pull Request 内の差分のみをレビューする形となっております。なお、BlackBelt Online Seminar を実施した翌日に、Full Repository Scan の機能が公開となりました。次のご質問で詳しく紹介します。 Q. CodeGuru Reviewer についてですが、新規変更点だけでなく、既存のコードの検査をしてみたいのですが、Pull Request […]

Read More

創薬ワークフローハンズオン~ Amazon Comprehend Medicalを利用したSNS/論文分析~

創薬研究において、クラウドリソースの活用は有用です。例えば、大規模計算に必要なHPC環境を必要な時に瞬時に立ち上げて処理したり、目視による画像分類・判別を機械学習により自動化する事で、従来多くの時間がかかっていた業務を短縮することができ、創薬プロセスを飛躍的に効率化することが可能です。しかしながら、クラウドのサービスやソリューションが業務にフィットするか検証するために、計算環境や機械学習環境を構築するには手間と時間がかかります。そのため、ヘルスケア・ライフサイエンスチームでは、創薬ワークフローに対するハンズオンといった業界特化のソリューションを提供することで、機能やソリューションが業務にフィットするかユーザの方々に体感頂いております(例えば、「化合物の溶解度予測」の内容はこちらに記載しています)。今回、当該ハンズオンに対してご要望の多かった、「AWS CloudFormation (以下、CFn)によるテンプレート化」を2つのハンズオンコンテンツで実装し、数回のクリックだけでご自身の環境にDeployできるようにしました。これにより、幅広いユーザーの方に利用頂き、ソリューションを体感頂ければと思います。

Read More
Weekly AWS

週刊AWS – 2020/8/3週

みなさん、こんにちは。ソリューションアーキテクトの下佐粉です。 今週も週刊AWSをお届けします。 前回書いたときは長めの梅雨がまだ続いていたのですが、急に夏本番になりましたね。去年は暑さ対策のために日傘を買ったことをこの週刊AWSで書いたのですが、今年は在宅勤務が続いていることもあり、日傘の出番はなさそうです。(なお、人気フィットネスソフトの抽選には繰り返しトライしていますが、まだ当選していません…) それでは、先週の主なアップデートについて振り返っていきましょう。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] What’s New in Serverless 資料及び QA 公開

先日 (2020/07/28) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「What’s New in Serverless」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200728 AWS Black Belt Online Seminar What's New in Serverless from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. EventBridge については 「Lambda ⇒ EventBridge ⇒ Lambda」 といった AWS サービス間の連携も可能という認識です。ただし, 従来の方法ですと 「Lambda ⇒ SQS ⇒ Lambda」 といったものもあったと思いますが, 何か使い分けのポイントなどはありますでしょうか? A. サービス間の統合を担うという意味では共通していますが、サービスの特徴が異なります。 Amazon SQS はメッセージキューイングサービスで、キューはメッセージの保持もすることから、設定された保持期間 (60 […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon Redshift Advanced Guide −最新ベストプラクティスとアップデート 資料及び QA 公開

先日 (2020/07/29) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon Redshift Advanced Guide −最新ベストプラクティスとアップデート」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200729 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Redshift Advanced Guide −最新ベストプラクティスとアップデート from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. CTAS で、Parquet の外部テーブルを作成する際の質問です。利用イメージとして、データの全件洗替を上記でしたいのですが、S3 ファイルの上書きができないため、SQL 以外でS3ファイルを削除する必要がある認識です。Redsfhit で完結できないでしょうか。 A. データ全件洗い替えの方法はご認識いただいている通りとなります。現状 Redshift の CTAS での既存 S3 ファイルの上書きや、SQL 経由での S3 ファイルの削除をサポートしていないため、Redshift SQL のみでの完結は出来ません。 Q. Amazon DynamoDB […]

Read More