Amazon Web Services ブログ

Category: General

Weekly aws Japan edition

週刊AWS – 2024/1/15週

OpenJDK ディストリビューション Amazon Corretto の四半期アップデートが公開、RDS for MySQL でマルチソースレプリケーションがサポート、Amazon FSx for Windows File Server のスループット向上、AWS CodeBuild でリザーブドキャパシティが利用可能に、Amazon EFSのIO性能向上、RDS for Db2 でクロスリージョン自動バックアップがサポート 等

組織内でのAWS CDK 利用拡大のためのベストプラクティス

組織内での AWS CDK 利用拡大のためのベストプラクティス

企業はクラウド移行の加速を常に追求しています。Infrastrcture as Code (IaC) は、クラウドリソースを効率的に自動化および管理するうえで不可欠です。AWS Cloud Development Kit(AWS CDK) を使用すると、お気に入りのプログラミング言語でクラウドインフラストラクチャをコードとして定義し、AWS CloudFormation を使用してデプロイできます。この記事では、組織内での CDK の採用を加速するための戦略とベストプラクティスについて説明します。この記事を読むことで、パイロットプロジェクトから得た教訓をプラットフォームエンジニアリングを通じて組織全体に広げる方法を学ぶことができます。再利用可能なコンポーネントの構築を通じて複雑さを軽減し、開発者ツールを介した高速かつ安全なデプロイ、内部開発者ポータル(IDP) によるプロジェクトのスタートアップの加速などの方法を学びます。CDK コミュニティへの参加とそこからのメリットについても述べます。

Projen と AWS CDK のはじめ方

Projen と AWS CDK のはじめ方

Infrastrcture as Code (IaC) は、クラウドリソースのデプロイと管理に不可欠な要素となっています。AWS Cloud Development Kit (AWS CDK) は、開発者が馴染みのあるプログラミング言語を使用してクラウドリソースを定義できるようにする、人気のオープンソースフレームワークです。関連するオープンソースツールである Projen は、複雑なソフトウェア設定の管理を簡素化する強力なプロジェクト生成ツールです。この記事では、Projen と AWS CDK を使用するための基本的な使い方について学び、Projen を使用することのメリットや課題について紹介します。

Amazon DynamoDB のプロビジョンドキャパシティを使用した突発的なトラフィック増加への対処

テーブルでプロビジョンドキャパシティを使用する場合、突然のリクエストトラフィックの増加 ( スパイク ) に対して、スロットルされることなく対処するための最善の方法を検討するのは課題の一つです。スロットルは、リクエストレートが設定された制限を超えたことを DynamoDB が検知した場合に発生するサービス応答です。たとえば、テーブルの書き込み容量ユニット ( WCU ) を 10,000 にプロビジョニングしており、トラフィックが 20,000 を消費するレートでアクセスされた場合、やがてスロットルが発生し、スロットルされたリクエストを処理するためリトライをする必要があります。
突発的かつ長時間続くトラフィックスパイクほど、テーブルにスロットルが発生する可能性が高まります。ただし、突発的なトラフィックに対して、スロットルの発生を避けることができないわけではありません。ここでは、トラフィックのスパイクに対処するための 8 つの設計と、それぞれの利点と欠点を紹介します。

AWS Glue を使用した個人情報の検出・マスキング・編集および Amazon OpenSearch Service へのロード

大企業や中小企業を問わず、多くの組織がアマゾン ウェブ サービス(AWS)上で分析ワークロードの移行と近代化に取り組んでいます。AWS への移行にはさまざまな理由がありますが、主な理由の 1 つは、インフラストラクチャのメンテナンス、パッチ適用、モニタリング、バックアップなどに時間を費やす代わりに、フルマネージドサービスを利用できることです。リーダーシップと開発チームは、現在のインフラストラクチャのメンテナンスではなく、現在のソリューションの最適化や新しいユースケースの実験などにより多くの時間を費やすことができます。

AWS Step Functions の Distributed Map と再実行機能を使用した効率的な ETL パイプラインの構築

AWS Step Functions は、完全マネージドのビジュアルワークフローサービスで、AWS Glue、Amazon EMR、Amazon Redshift などのさまざまな抽出・変換・読み込み (Extract, Transform, Load; ETL) テクノロジーを含む複雑なデータ処理パイプラインを構築できます。Step Functions では、失敗、中止、タイムアウトしたステートからワークフローを再実行できるようになりました。この投稿では、Step Functions のDistributed Map ステートを使用して、Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) のテーブルからデータをエクスポートする ETL パイプラインジョブをご紹介します。その後、障害をシミュレートし、新しい失敗したステートから再実行する機能を使用して、障害が発生したタスクを障害発生地点から再起動する方法をデモンストレーションします。

Weekly aws Japan edition

週刊AWS – 2024/1/8週

ECS のデプロイメントサーキットブレーカーを利用した際の失敗検知速度向上、東京リージョンで新たな EC2 インスタンスタイプ (C7i・M7i・M7i-Flex・R7i) のサポート、CloudShell で Docker のサポート、ECS on Fargate で EBS との統合機能をサポート、AWS マネジメントコンソールの Private Access を東京リージョンでサポート、ROSA で HCP 構成のサポート、など