Amazon Web Services ブログ

Category: General

AWS Organizations における組織単位のベストプラクティス

AWS のお客様は、新しいビジネスのイノベーションを生み出す際に、迅速かつ安全に行動できることを求めています。マルチアカウントフレームワークは、お客様に合ったAWS 環境を計画するのに役立つガイダンスを提供します。このフレームワークは、変化するビジネスニーズに合わせて環境の拡張と適応能力を維持しながら、セキュリティのニーズを満たすように設計されています。適切に設計されたマルチアカウントの AWS 環境の基礎は AWS Organizations です。これは、複数のアカウントを一元的に管理および管理できる AWS サービスです。

Read More

【開催報告】最新AWS分析サービス活用セミナー

こんにちは! アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 ソリューションアーキテクトの黄です。 2021年6月8日に、デジタルネイティブ企業のお客様向けに「最新AWS分析サービス活用セミナー」を開催いたしました。 本記事ではセミナーの内容や当日の資料を皆様にご紹介します。   開催の背景 データ活用は近年よく耳にするキーワードであります。我々 AWS のソリューションアーキテクトも普段、お客様からデータをどのように活用すれば良いかの相談を多く受けています。 そこで、今回のセミナーは、AWS の分析サービスについて全般的な概要を紹介すると共に、データ活用とリアルタイム処理にフォーカスして4つのセッションを用意しました。Tealium 様と Voyage Group 様をお招きし、データ活用する方法、分析基盤の具体的な事例、ログ分析基盤の構築方法などの内容でのイベント開催となりました。 セミナーの内容 セミナーは以下の4つのセッションで構成されました。 データ活用を加速する AWS 分析サービスのご紹介 ( AWS 川村 誠 ) 年々急激に増加しているビジネスデータの活用の課題とその課題解決へのアプローチとしてのデータレイクアーキテクチャについて紹介しました。データの移動、データレイク構築、データ分析、データ活用 ( 可視化や機械学習利用 ) の観点から、 AWS の主要な分析サービスにフォーカスし、最近追加された機能紹介を交えながら、サービスの概要とユースケースについて紹介しました。紹介にあったサービスは、S3, AWS Glue, AWS Glue Studio, AWS Glue DataBrew, AWS Lake Formation, Amazon EMR, Amazon Redshift, Amazon Managed Streaming for Apache Kafka, Amazon Athena, […]

Read More

AWSジャパン ソリューションアーキテクト・プロフェッショナルサービス新卒向け短期インターンシップのご案内

はじめに こんにちは! 2021年4月に新卒入社いたしました、アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 (AWS ジャパン) のアソシエイトソリューションアーキテクトの稲田大陸と、アソシエイトプロフェッショナルサービスコンサルタントの幾谷吉晴です。AWS ジャパンでは、2021年夏にソリューションアーキテクト (SA) および プロフェッショナルサービス (ProServe) の合同インターンシップを開催します。今回の記事では、このインターンシップについて詳しく説明していきます。

Read More
メディアセミナー AWS入門

2021 メディア業界のお客様向け AWS 勉強会 第一回 「AWS入門」

2021/06/02にメディア業界のお客様向けにAWS勉強会を開催いたしました。第一回ではAWS入門をテーマにこれからAWSを活用していただく皆様に向けて「AWS概要」、「AWSの歩き方」についてお話しさせていただきました。資料のダウンロードおよび動画の視聴は下記のリンクからご利用頂けますので、合わせてご確認ください。

Read More

SaaSテナント分離をAWS IAMとABACで実装する方法

この記事は、How to implement SaaS tenant isolation with ABAC and AWS IAMを訳したものです。 マルチテナントアプリケーションにおいては各テナントのリソースが他のテナントからアクセスできないように設計を行う必要があります。AWS Identity and Access Management (IAM) は多くの場合、この目的を達成するための重要な要素となりえます。一方で、IAMを用いることによる課題の一つとして、テナント分離を実現するのに必要な IAM ポリシーの数と複雑さが急速に拡大することにより分離モデルの規模と管理性に影響を与えることが挙げられます。IAM の 属性ベースのアクセスコントロール (ABAC) の仕組みはこの課題を解決するための方法を開発者に提供しています。 このブログ記事では、IAM の ABAC を用いてマルチテナント環境のテナント分離を実装する方法について解説します。

Read More

AWS Hands-on for Beginners スケーリング基礎編を公開しました!

こんにちは!テクニカルソリューションアーキテクトの上野です。2021年もあっという間に折り返し地点ですね。みなさまいかがお過ごしでしょうか。最近は天気があまり優れず雨の日も多いため、部屋の湿度が急上昇しており、私はカビ対策に勤しむ毎日を送っております。 カビ対策とはまったく関係ありませんが、じめじめを解消させる勢いで、AWS Hands-on for Beginnersシリーズの新コンテンツであるスケーリング基礎編のご紹介をしたいと思います。この記事では、本コンテンツの概要や流れをに加えて、ハンズオン実施後のNext Stepとして、実運用における考慮点についてもご紹介しておりますので、ハンズオン実施後に改めて記事をご覧になっていただけると幸いです。

Read More

Amazon NeptuneとAWS Amplifyを利用したグラフアプリケーション開発

グラフデータベースの活用が様々な領域で進んでいます。例えば、公共領域では法人情報検索ツール、ヘルスケア領域では薬物間相互作用のチェック、マーケティング領域ではカスタマーインサイト分析などで利用されています。 リレーションシップと大量に接続されたデータセットと連携するアプリケーション開発において、リレーショナルデータベースで実装するのは困難です。しかし、フルマネージドなグラフデータベースであるAmazon Neptuneはリレーションシップの格納とナビゲートを目的として構築されたデータベースで、ナレッジグラフ、IDグラフや不正検出といった代表的なグラフアプリケーションを構築することができます。最近では、ナレッジグラフを利用したチャットボットアプリケーションのサンプルをAWS CloudFormation templateとしてリリースしました。 AWS Amplifyはウェブアプリケーション開発するデベロッパー向けのサービスで、グラフアプリケーションの機能をウェブアプリケーションに容易に組み込むことができます。 AWS AppSync はGraphQL APIを簡単に実装することが可能で、例えば、データへのアクセスレイヤーを提供し、AWS Lambdaを利用してNeptuneに接続するフレキシブルなバックエンド実装が可能です。 本ブログでは、AWS Amplifyで作成したアプリケーションからNeptuneの接続する方法をご紹介します。

Read More

AWS IoT Greengrass V2 ハンズオンを公開 – デバイスソフトウェアの開発、デプロイ方法について学べます

こんにちは、ソリューションアーキテクトの原田です。この記事では、AWS IoT Greengrass V2(Version 2)ハンズオンについてご紹介します。 AWS IoT Greengrassとは、次のようなサービスです。 AWS IoT Greengrass は、モノのインターネット (IoT) のオープンソースエッジランタイムおよびクラウドサービスであり、デバイスソフトウェアの構築、デプロイ、および管理を支援します。お客様は、家庭、工場、車両、企業の何百万台のデバイスで IoT アプリケーションに AWS IoT Greengrass を使用しています。デバイスをプログラムして、生成したデータにローカルで対応し、機械学習モデルに基づいて予測を実行し、デバイスデータをフィルタリングして集計して、必要な情報のみをクラウドに送信することができます。 AWS IoT Greengrassサービスページより抜粋 AWS IoT Greengrass V2 は、re:Invent 2020 にて一般提供されました。V2では、エッジランタイムがオープンソースで提供され、AWS Lambdaに限らずアプリケーションを開発できるようになりました。モジュール性のある、コンポーネント単位での開発/デプロイの機能や、新しく追加されたローカル開発ツールにより、アプリケーションの開発がより行いやすくなりました。 このハンズオンでは、実際に手を動かしながら、Greengrass V2の基本機能やアプリケーションの開発方法を学ぶことができます。また、エッジランタイムをAWSサービス上で動作させるため、エッジデバイス実機を用意していただく必要はなく、AWSアカウントとブラウザがあればすぐに試すことができます。こちらのハンズオンを通じて体験する開発方法や、作成するアプリケーションは、次のステップとして実機での利用に活用していただくことが可能です。 ハンズオンには、以下のリンクよりアクセスできます。 https://greengrassv2.workshop.aws/ja/

Read More
dena_ivs_blog

DeNA はエンドツーエンドのライブストリーム管理において Amazon IVS をフル活用しています

東京を拠点とするテクノロジー 企業である DeNA (ディー・エヌ・エー) はビジネスを通じて人びとを楽しませ、貢献することを目指しています。その使命は、人びとに想像を超えるDelightを提供することです。日本のライブ ストリーミング市場のパイオニアである DeNA の Pococha ソーシャル ライブ ストリーミング コミュニティはこの使命を実現するもので、ユーザーはインタラクティブでカスタマイズ可能なライブ ビデオを簡単に視聴またはライブストリーミング配信できます。 Amazon Interactive Video Service (IVS) のローンチパートナーである Pococha は、マネージド ライブ ストリーミング ソリューションを活用することで、プラットフォームを意識することなくユーザーにインタラクティブ ビデオ エクスペリエンスを提供できるようになり、その結果スムースに双方向コミュニケーションができる安定した高画質・低遅延配信の提供に開発を集中させることができるようになりました。

Read More

GitHub モノレポを AWS CodePipeline と統合して、プロジェクト固有の CI/CD パイプラインを実行する

(この記事は、Integrate GitHub monorepo with AWS CodePipeline to run project-specific CI/CD pipelines を翻訳したものです。) AWS CodePipeline は、ソフトウェアのリリースに必要なステップをモデル化、可視化、自動化できる継続的デリバリーサービスです。AWS CodePipeline を使用して、コードを構築し、稼働前の環境にデプロイし、アプリケーションをテストし、実稼働環境にリリースするまでの完全なリリースプロセスをモデル化できます。AWS CodePipeline は、コードが変更されるたびに定義されるワークフローに従って、アプリケーションを構築、テスト、デプロイします。多くの組織が GitHub をソースコードリポジトリとして使用しています。組織によっては、1 つの GitHub リポジトリに複数のアプリケーションまたはサービスをフォルダで分割して格納することを選択しています。リポジトリ内のソースコードをこのように整理する方法は、モノレポと呼ばれます。 この記事では、AWS Lambda で GitHub イベントペイロード(訳者注:GitHub 上でのアクティビティを元にトリガーされるイベント情報。詳細は GitHub イベントのドキュメントをご確認ください。)を読み取り、サービス固有のパイプラインを実行するようにカスタマイズする方法を示します。

Read More