Amazon Web Services ブログ

Category: General

Amazon CloudWatch Internet Monitor の紹介

Internet Monitor では、AWS でのワークロードの利用状況に合わせて、可用性やパフォーマンスなどのインターネット測定値を継続的に監視できます。Internet Monitor を使用すると、時間の経過に伴う平均的なインターネットの性能の指標や、場所やインターネットサービスプロバイダー (ISP) ごとの問題 (イベント) に関する洞察を得ることができます。また、Amazon CloudFront、Amazon WorkSpaces ディレクトリ、または Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) で直接ホストされているアプリケーションのエンドユーザーのユーザー体験に影響を与えているイベントを簡単に特定できます。アプリケーションエンドポイントに関連する測定値により、問題の範囲、場所、根本原因をすばやく特定できるため、修正に必要なアクションを実行できます。これらすべてを、アプリケーションコードを変更することなく、またワークロードのパフォーマンスに影響を与えることなく実行できます。

Landing Zone Accelerator を VMware Cloud on AWS に接続する

本ブログでは、AWS Landing Zone Accelerator (LZA) を用いて展開されるマルチアカウント環境において、AWS ネイティブサービスやインターネット接続と VMware Cloud on AWS SDDC のインテグレーションを可能にするネットワークアーキテクチャと設計上の考慮点について解説しています。

最新のコマース MACH ソリューションを AWS で構築

現代のコマースアプリケーションには、急速な変化に対応できる柔軟でスケーラブルなソリューションが必要です。MACH アーキテクチャ(Microservices-based, API-first, Cloud-native SaaS, Headless)は、デジタル世界で競争力を維持したい企業に柔軟性、スケーラビリティ、俊敏性を提供できるため、近年ますます人気が高まっています。

Amazon Q と Amazon Connect の新しい生成系 AI 機能がコンタクトセンターのサービス向上を促進

この記事では、Amazon Connectの新しい AI 機能と Amazon Q についてご紹介します。これらの機能は、コンタクトセンターの顧客体験を AI 技術を利用して向上させることを目的としています。Amazon Connect は大規模言語モデルを使用して、テキスト生成、会話、ダイアログの要約などの機能を提供します。Amazon Q はリアルタイムでエージェントに回答やアクションの提案を行い、迅速なカスタマーサポートを実現します。また、Amazon Connect Contact Lens や、Customer Profiles の統合も含まれています。これらのアップデートは、コンタクトセンターの生産性、顧客満足度、全体的な効率を高めることを目指しています。

単一の Amazon Connect インスタンスに対する複数の SAML ID プロバイダー

Amazon Connect は SAML 2.0 による ID フェデレーションをサポートしており、シングルサインオン (SSO) により安全なアクセスが可能です。この記事では、単一の Amazon Connect インスタンスに複数の ID プロバイダを設定するために必要な手順について解説します。

Firework は Amazon IVS でライブ e コマースを簡単にします

消費者の行動と期待値は、大きく変化しました。この変化に対し、小売業者はライブストリームビデオなどの画期的な技術を使って顧客とのつながりを深め、買い物客がお気に入りのブランドに関わる方法を変えています。上手に活用すれば、これらのビデオはマネタイズ可能であり、ライブショッピングと呼ばれるライブストリーム e コマースには大きな収益機会があります。