Amazon Web Services ブログ

Category: General

re:Invent 2018 / Andy Jassy Keynote / Amazon Managed Blockchain

Amazon Managed Blockchainが発表されました。 Amazon Managed Blockchain オープンソースフレームワークHyperledger FabricとEthereum *を使用してスケーラブルなブロックチェーンネットワークを簡単に作成および管理できる、完全に管理されたサービスです。 ブロックチェーンを使用すると、複数の当事者が信頼できる中央権限を必要とせずにトランザクションを実行できるアプリケーションを構築することができます。しかし、既存のテクノロジーを使用してスケーラブルなブロックチェーンネットワークを構築することは、セットアップして管理するのが複雑です。ブロックチェーンネットワークを作成するには、各ネットワークメンバーが手動でハードウェアをプロビジョニングし、ソフトウェアをインストールし、アクセス制御用の証明書を作成および管理し、ネットワークコンポーネントを設定する必要があります。ブロックチェーンネットワークが稼働したら、インフラストラクチャを継続的に監視し、トランザクション要求の増加やネットワークへの参加または離脱の新しいメンバーなどの変更に適応する必要があります。 Amazon Managed Blockchainは、わずか数回のクリックでスケーラブルなブロックチェーンネットワークをセットアップおよび管理できる、完全に管理されたサービスです。ネットワークを構築するために必要なオーバーヘッドを排除し、数百万のトランザクションを実行する数千のアプリケーションの要求に合わせて自動的に拡張します。ネットワークが起動して実行されると、管理されたブロックチェーンにより、ブロックチェーンネットワークの管理と保守が容易になります。証明書を管理し、新しいメンバーをネットワークに簡単に招待し、計算、メモリ、ストレージリソースなどの運用メトリクスを追跡することができます。さらに、Managed Blockchainは、完全に管理されている元帳データベースであるAmazon Quantum Ledger Database(QLDB)にブロックチェーンネットワークアクティビティの不変なコピーを複製することができます – プロダクトマーケティング エバンジェリスト 亀田

Read More

re:Invent 2018 / Andy Jassy Keynote / Amazon Quantum Ledger Database(QLDB)

Amazon Quantum Ledger Databae (QLDB)がアナウンスされました。 Amazon Quantum Ledger Database (QLDB) 完全に管理された元帳データベースとなり、中央の信頼された機関が有する透過的、不変、および暗号で検証可能なトランザクションログを提供します。Amazon QLDBは​​、すべてのアプリケーションデータの変更を追跡し、時間の経過とともに完全かつ検証可能な変更の履歴を保持します。 一般的には、組織内の経済活動および財務活動の履歴を記録するために使用され、多くの組織では、銀行取引におけるクレジットや借方の履歴の追跡、保険金請求のデータ系列の検証、または保険会社の動きの追跡など、アプリケーションのデータの正確な履歴を維持するために、Ledgerのような機能を備えたアプリケーションを構築することになります。 Amazon QLDBは​​、独自の元帳のようなアプリケーションを構築する複雑な開発作業に携わる必要性を排除する新しいクラスのデータベースです。QLDBを使用すると、データの変更履歴が変更されたり変更されたりすることがなくなります。 Amazon QLDBでは、プロビジョニングの容量や読み書き制限の設定の心配が不要なサーバレスで提供れ、元帳を作成し、テーブルを定義すると、アプリケーションの要求をサポートするためにQLDBが自動的に拡大/縮小されます。   – プロダクトマーケテイング エバンジェリスト 亀田

Read More

re:Invent 2018 / Andy Jassy Keynote / Amazon Timestream

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、プロダクトマーケティング エバンジェリストの亀田です。 Amazon Timestreamがアナウンスされました。 Amazon Timestream Amazon Timestreamは、IoTおよび運用アプリケーション用の、スケーラブルでスケーラブルで完全に管理された時系列データベースサービスで、リレーショナルデータベースの1/10のコストで、1日あたり何兆ものイベントを簡単に保存および分析できます。 IoTデバイス、ITシステム、およびスマートな産業機械の登場により、時系列データ(時間の経過と共に物事がどのように変化するかを測定するデータ)は、最も急速に成長するデータタイプの1つとなりまし。時系列データは、典型的には時間順の形式で到着し、データは追加専用であり、問​​合せは常にある時間間隔に渡るなどの特定の特性を有します。リレーショナル・データベースはこのデータを格納することができますが、時間間隔でデータを格納および検索するなどの最適化がないため、このデータの処理では非効率です。Amazon Timestreamは、このデータを時間間隔で効率的に保存および処理する目的で構築された時系列データベースです。 毎秒数百万回の挿入でデータを収集し、そのデータをリアルタイムで分析してアプリケーションのパフォーマンスと可用性を向上させることができます。   – プロダクトマーケティング エバンジェリスト 亀田

Read More

新発表 – Amazon FSx for Windows ファイルサーバー – 高速・完全マネージド型・セキュアなファイルサーバー

クラウド上で Windows アプリケーションを利用しようとしている組織では、通常、既存のアプリケーションや Windows 環境と完全に互換性のあるネットワークストレージを探します。例えば、エンタープライズ企業では ID 管理目的で Active Directory を使用し、フォルダやファイルへのきめ細かなアクセス制御のために Windows Access Control List を使用し、これらの企業のアプリケーションは Windows ファイルシステム (NTFS ファイルシステム) と完全互換のストレージに頼った作りになっています。 Amazon FSx for Windows ファイルサーバー Amazon FSx for Windows ファイルサーバーはこれら全てのニーズに対応しています。既存の Windows アプリケーションや Windows 環境で作業することを前提に設計されており、Windows ワークロードのクラウドへの Lift-and-Shift を非常に簡単にしてくれます。完全マネージド型の Windows ファイルサーバーに裏付けられたネイティブ Windows ファイルサーバーに、広く採用されている SMB (Server Message Block) プロトコルを介してアクセスできます。SSD ストレージで構築されている Amazon FSx for Windows ファイルサーバーは、皆さん (と皆さんの Windows アプリケーション) […]

Read More

re:Invent 2018 / Andy Jassy Keynote / AWS Lake Formation

AWS Lake Formation がアナウンスされました。 AWS Lake Formation 数日で安全なデータレイクを簡単に設定できるサービスです。データレイクは、すべてのデータを元の形式で保存し、分析の準備が整った、集中管理されかつ保護された、安全なリポジトリです。データレイクを使用すると、個別化したデータサイロを分解し、さまざまなタイプの分析を組み合わせて洞察を得て、より良いビジネス上の意思決定を導くことができます。 データの格納場所と適用するデータアクセスとセキュリティポリシーを定義するだけで、Lake Formationがデータレイクを作成します。ユーザーは、これらのデータセットを、Apache Spark、Amazon Redshift、Amazon Athena、Amazon Sagemaker、Amazon QuickSightなどのAmazon EMRのような分析や機械学習サービスで選択して活用できます。 S3またはリレーショナルデータベースとNoSQLデータベースにある既存のデータストアを特定し、そのデータをデータレイクに移動します。次に、分析用のデータをクロール、カタログ化、準備します。次に、ユーザーが選択した分析サービスを使用して、データへの安全なセルフサービスアクセスを提供します。他のAWSサービスやサードパーティのアプリケーションも、表示されているサービスを通じてデータにアクセスできます。Lake Formationは、オレンジ色のボックス内のすべてのタスクを管理し、青色のボックスに表示されているデータストアとサービスと統合されています。 – プロダクトマーケティング エバンジェリスト 亀田

Read More

re:Invent 2018 / Andy Jassy Keynote / AWS Security Hub

AWS Security Hubがアナウンスされました。 AWS Security Hub (Preview) AWS Security Hubを使用すると、AWSアカウント全体で優先度の高いセキュリティ警告とコンプライアンスステータスを包括的に確認できます。ファイアウォールやエンドポイントの保護から脆弱性やコンプライアンスまで幅広く強力なセキュリティツールが用意されています。AWSパートナーソリューションだけでなく、Amazon GuardDuty、Amazon Inspector、Amazon Macieなどの複数のAWSサービスから、セキュリティアラートや検索結果を集約、整理、優先順位付けする単一のダッシュボードを提供します。 調査結果は、実行可能なグラフとテーブルを備えた統合されたダッシュボード上で視覚的に要約され、組織が従うAWSのベストプラクティスおよび業界標準に基づいて、自動コンプライアンスチェックを使用して環境を継続的に監視することができます。   – プロダクトマーケティング エバンジェリスト 亀田  

Read More

re:Invent 2018 / Andy Jassy Keynote / AWS Control Tower

AWS Control Tower が発表となりました。 AWS Control Tower(Preview) AWS Control Towerは、Landing Zoneと言われる安全で整備されたマルチアカウントのAWS環境の設定を自動化します。Landing Zoneの構成は、数千の企業顧客と協力してセキュリティ、運用、コンプライアンスに関するルールを使用してAWSワークロードを管理するための安全な環境を構築することで確立されたベストプラクティスに基づいています。 AWS Organisations、AWS Service Catalog、AWS ConfigなどのAWSの管理およびセキュリティサービスを使用して、ワークロードをきめ細かく制御し、このコントロールを全体にわたって維持する方法を提供します。 Control Towerは、サービスコントロールを使用してポリシーを実施するか、または設定ルールを使用してポリシー違反を検出するための必須およびオプションの高レベルルールを提供します。これらのルールは、新しいアカウントを作成したり既存のアカウントを変更したりするときに常に有効になり、Control Towerは各アカウントがポリシーにどのような問題を生じているか、の概要レポートを提供します。   – プロダクトマーケティング エバンジェリスト 亀田  

Read More

re:Invent 2018 / Andy Jassy Keynote / Glacier Deep Archive

Amazon Glacier Deep Archiveが発表されました。(Pre Announce) Amazon Glacier Deep Archive S3 Glacier ディープアーカイブは Amazon S3 の最も低コストのストレージクラスであり、定期的にアクセスされないデータの長期保存とデジタル保存をサポートします。 これは、特に金融サービス、医療、公的機関などの規制の厳しい業界で、規制遵守の要件を満たすためにデータセットを7 ~ 10 年以上保持するお客様を対象に設計されています。 S3 Glacier Deep Archive に保存されたすべてのオブジェクトは、地理的に分散した 3 つ以上のアベイラビリティーゾーンにレプリケートおよび保存され、99.999999999% の耐久性によって保護され、12 時間以内に復元できます。 主な機能: ・複数のアベイラビリティーゾーンにわたるオブジェクトの 99.999999999% の耐久性を考慮して設計された最低コストのストレージクラスを提供します。 ・7 ~ 10 年間保持されるデータの長期保存用に設計された磁気テープライブラリの理想的な代替品となります。 ・12 時間以内の検索結果に基づく、S3 ライフサイクル管理 オブジェクトの自動移行をサポーとします。 – プロダクトマーケテイング エバンジェリスト 亀田    

Read More

AWS CodeDeploy による AWS Fargate と Amazon ECS でのBlue/Greenデプロイメントの実装

AWS Fargate と Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) 上で稼働するサービスでの Blue/Green デプロイメントがサポートされます。 AWS CodeDeploy を利用し、 Blue/Green デプロイメントを行うことでアプリケーションの更新時のダウンタイムを最小限に抑えることが出来るようになります。 Blue/Green デプロイメントは、古いバージョンと新しいバージョンのアプリケーションを同時に起動し、新しいバージョンをテストしてからトラフィックをルーティングします。デプロイ状況を監視し、問題が発生した場合はすぐにロールバックすることも出来ます。 この新しい機能により、デプロイメント、テスト、トラフィックのカットオーバーが管理されたサービスを、AWS Fargate または Amazon ECS で作成することが出来ます。 サービスを更新すると、AWS CodeDeploy によってデプロイメントがトリガーされます。 このデプロイメントは、Amazon ECSと連携して、新しいバージョンのサービスを Green 環境用のターゲットグループにデプロイし、ロードバランサのリスナーを更新してこの新しいバージョンをテストできるようにし、ヘルスチェックが成功した場合にカットオーバーを実行します。

Read More

新発表 – 映像伝送の安定性を向上し機能拡張するAWS Elemental MediaConnect

AWS入社前、私はスポーツテレビチャンネルを所有し配信していた会社に勤めていました。数十箇所の拠点からのスポーツフィードを1つのチャンネルに集約して24時間配信をしておりました。 この規模の放送グレードのネットワークを運用するためのインフラストラクチャとロジスティクスは膨大であり、運用保守が困難であり高コストでした。 これは一部の地域や組織の問題ではなく、メディア企業は独自のネットワークインフラストラクチャで同様の課題に直面しています。 非都市部からの映像フィードを衛星通信経由で統合し、信頼性と放送機能を維持しながら映像信号を複数の地域や国に配信する事は難しい課題であり設備投資も必要でした。   Introducing AWS Elemental MediaConnect AWS Elemental MediaConnectはメディア企業がライブビデオをクラウドに確実に取り込む事ができ、AWSグローバルネットワークを通じて複数の宛先へ安全に送信できる新しいAWS Elementalサービスです。 AWS Elemental MediaConnectは衛星伝送で慣れ親しんだ信頼性、セキュリティ、可視性をお客様に提供します。柔軟性とコスト最適化はインターネットベースの伝送でのみ可能です。ローカルのスポーツイベントを扱う小規模のビデオ制作者から、複数の24時間365日のテレビチャンネルを持つ全国放送のテレビネットワーク、AWSクラウド以外のソース(スポーツ施設やテレビスタジオなど)からコンテンツを確実に取り込むことができます。放送局グレードの信頼性と運用上の可視性を備え複数の宛先へ安全に映像信号を伝送します。これらの目的地は、お客様独自のAWSベースのビデオ処理システムまたはインターネット上のサービスを指定することができます。   What you need to know: Broadcast Reliability – AWS Elemental MediaConnectは信頼性の高い放送局グレードの基準を満たすように設計されており、ジッタとバッファリングを削減するように最適化されています。そしてビデオプロフェッショナルが使用するビデオ伝送プロトコル(RTP、FEC付きRTP、Zixiプロトコルなど)に対応することで、信頼性を確保します。AWS Elemental MediaConnectは低レイテンシ、高帯域幅のAWSグローバルネットワークを使用して、AWSリージョン間で映像信号を伝送および複製します。 Industry-Grade Security – AWS Elemental MediaConnectはメディア企業のセキュリティ要件をサポートします。 AES-256暗号化を使用してストリームを暗号化するオプションを提供し、AWS Secrets Managerを用いて鍵を安全に保管します。 併せて複製機能を用いて、お客様はAWS内外の複数の関係会社様へコンテンツを安全に伝送できます。 Visibility & Operations  – 最後にAWS Elemental MediaConnectはお客様に映像信号の健全性を可視化します。サービス品質(QoS)アラーム、及びリアルタイム信号チェックを組み合わせミッションクリティカルな映像信号の健全性を 追加設定なしで確認できます。さらにAWS Elemental MediaConnectは他のAWS Media ServicesやCloudWatchと統合されており、ダッシュボードの作成やアラームの作成が容易です。 AWS Elemental MediaConnect in […]

Read More