Amazon Web Services ブログ

Category: General

AWS Glueカスタムコネクタを使用したGoogle BigQueryからAmazon S3へのデータの移行

本記事はAmazon Web Services, Senior Big Data Specialist Solutions ArchitectであるSaurabh Bhutyaniによって投稿されたものです。   今日の接続された世界では、さまざまなデータソースにさまざまな形式のデータが存在することが一般的です。データは意思決定の重要な要素ですが、多くの組織にとって、これらのデータは複数のクラウドに分散しています。組織は、これらの無数のデータ ソースからデータを簡単に取り込み、ニーズに合わせてデータ取り込みをカスタマイズできるツールを求めています。

Read More

Amazon RDS for SQL Server の SQL Server 2014, 2016, 2017 マイナーバージョンのサポート終了のお知らせ

2021年6月1日より、Amazon RDS for SQL Server 2014, 2016, 2017 の下記マイナーバージョンの新しい RDS インスタンスを作成できなくなります。

2014: 12.00.4422.0.v1, 12.00.5000.0.v1 and 12.00.5546.0.v1
2016: 13.00.2164.0.v1, 13.00.4422.0.v1, 13.00.4451.0.v1, 13.00.4466.4.v1, 13.00.4522.0.v1, 13.00.5216.0.v1, 13.00.5292.0.v1, 13.00.5366.0.v1 and 13.00.5426.0.v1
2017: 14.00.1000.169.v1, 14.00.3015.40.v1, 14.00.3035.2.v1, 14.00.3049.1.v1, 14.00.3192.2.v1, and 14.00.3223.3.v1

Read More

Amazon RDS for SQL Server 2012 のサポート終了のお知らせ

Microsoft 社は、SQL Server 2012 のサポートを 2022 年 7 月12 日に終了することを発表しており、それ以降は SQL Server 2012 の Critical Patch Update が Microsoft 社からリリースされなくなります。ご利用の RDS for SQL Server 2012 インスタンスをできるだけ早く別のメジャーバージョンにアップグレードする事をお勧め致します。

Read More
Building a touchless experience with AWS

ハイタッチでありながらタッチレスなホテル体験を想像する

“窮屈な箱から抜け出す唯一の方法は、自分で方法を編み出すことだ” – ジェフ・ベゾス 産業は困難な時代を迎えています。長期にわたるロックダウンの影響を受けたグローバル企業は、課題を大きな機会に変える必要があります。この規模ではないかもしれませんが、世界は過去に同様の出来事を目撃しています。 ホスピタリティ業界は、最も影響を受けた産業の一つですが、回復するでしょう。ゲストのニーズに耳を傾ける (そして他の人と差別化を図った) 人が勝者となります。このニューノーマルな中で成功するには、企業、特にホテルは基本的な前提条件を見直さなければなりません。マッキンゼーによると、世界的な健康危機の前から、92%の企業がデジタル化の波によりビジネスモデルが変わると信じています。今こそ、カスタマーエンゲージメントを再考し、革新する時です。

Read More

Amazon GameLift採用検討FAQ

最近マルチプレイヤーゲームが多く見られ、Amazon GameLift関連の問い合わせも増えています。 この記事はGameLift採用検討のフェーズでよくある質問を紹介致します。 Amazon GameLift とは? Amazon GameLift は、マルチプレイヤーゲーム用のクラウドサーバーをデプロイ、運用、スケーリングする、専用のゲームサーバーホスティングソリューションです。

Read More

事前構築済 Amazon S3 コネクターとAmazon Connect Customer Profilesで顧客情報を統一する

顧客がコンタクトセンターに連絡する場合、顧客のコンテキストを理解することは、優れたエクスペリエンスを提供するための鍵となります。Amazon Connect Customer Profilesでは、より効率的でパーソナライズされたカスタマーサービスを提供するために、最新の情報を含む顧客プロファイルの統一ビューを作成できます。Salesforce、ServiceNow、Zendesk、Marketo、および Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)向けに用意されている、あらかじめ構築されたコネクタを活用して、サードパーティのアプリケーションから数クリックでデータを取り込むだけで、統一された顧客プロファイルを作成できます。 以前の 2 つのブログでは、数回クリックするだけでサードパーティアプリケーションへのコネクタを設定する方法と、統一された顧客プロファイルの作成、パーソナライズされたルーティングの設定、およびエージェントデスクトップへの顧客プロファイルの埋め込み方法について説明しました。このブログでは、Amazon S3 をデータソースとしてカスタムデータテンプレートを使用して取り込みを設定する方法について詳しく説明します。

Read More

AWS Well-Architected フレームワーク: 高リスクのセキュリティ問題を解決してセキュリティインシデントを防ぎましょう

こんにちは、AWS セキュリティ ソリューションアーキテクトの桐谷、中島です。 本日は AWS をより安全に利用いただくための情報として、「AWS Well-Architected フレームワーク : セキュリティの柱」を使った、セキュリティインシデントの防ぎ方を紹介します。 お客様にセキュリティ対策をご支援する中で、「セキュリティの事故のニュースが増えた」といったお話から「セキュリティインシデントへの対応方法」や「高度化するセキュリティ脅威を防ぐ方法」についてご相談を受けることが増えてきました。 お客様に利用いただいている AWS 環境上のシステム(ワークロード)についてもセキュリティ対策は必要です。たとえば、 IAM のアクセス権限が正しく設定されていなかったり、アクセスキーの管理が不十分で漏洩してしまった結果、EC2 インスタンスでの暗号通貨のマイニングや、データベースからの機密情報の窃取、ファイルを暗号化され身代金を要求されたりするリスクがあり、それらに対して注意しておく必要があります。 「Well-Architected フレームワーク:セキュリティの柱」は、このようなリスクにおけるセキュリティインシデントを防ぐために活用することができます。

Read More
VMware Cloud on AWS

VMware Cloud on AWS で実現するマイクロサービスアーキテクチャとモダンアプリケーション

AWS で Sr. Specialist Solution Architect を務める Sheng Chen による記事です。 VMware Cloud on AWS は、Amazon Web Services (AWS) グローバルインフラストラクチャ上で、 VMware Software-Defined Data Center (SDDC) を展開し、 vSphere ワークロードを実行するための柔軟でスケーラブルなソリューションを提供します。 200 以上の AWS ネイティブ サービスとの統合アクセスにより、VMware Cloud on AWS は、お客様がビジネスの中断を最小限に抑えつつ、アプリケーションのモダナイゼーションジャーニーを加速するのに役立ちます。 具体的には、VMware Cloud on AWS と AWS サービス統合するための独自の機能を利用することで、お客様はアプリケーションの変革とマイクロサービス アーキテクチャへの移行を開始することができます。

Read More

【開催報告】アップデート紹介とちょっぴりDiveDeepするAWSの時間 第六回 (05/27)

みなさんこんにちは!アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 ソリューションアーキテクトの赤澤です。 5月27日に「第六回 アップデート紹介とちょっぴりDiveDeepするAWSの時間」をオンラインで開催しました。早くも第六回となり、今回も多くのお客様に参加していただきまして、ありがとうございます。 第一回、第二回、第三回、第四回、第五回 の様子が気になる方は、それぞれのブログをご参照ください! 第六回の当日の様子と実施内容 当日は50名を超えるお客様にご参加いただき、登壇者のネタや質問にチャットで反応してくださる参加者もいて、とても賑やかでした。 可用性のセッションでは、「障害によってみなさんのビジネスを止めないためにみなさんは何を考える必要があるでしょうか?」というインタラクティブな質問に対して「地震」、「バックアップ」、「惑星間でのマルチリージョン。。」など面白い回答もあり非常に盛り上がっていました!

Read More

IoT Lens を使用して AWS IoT Well-Architected 環境を構築する

2020年には310億台のIoTデバイスがあり、Secutiry Todayによると、2025年には750億台まで増加すると予測されています。あなたは、IoTジャーニーを始めるか、数十万台のデバイスを接続し、アーキテクチャを改善し、コストを削減したいと考えています。このプロセスをご案内するため、AWS は、AWS のWell-Architectedフレームワークの IoT レンズを発表いたします。AWS Well-Architected は、クラウドアーキテクトが、アプリケーションとワークロードのために、安全で高パフォーマンス、耐障害性、効率的なインフラストラクチャを構築するのに役立ちます。この記事では、IoT レンズの目的、取り上げているトピック、一般的なシナリオ、IoTレンズに含まれているAWS サービスの概要について説明します。 新しい IoT レンズは、AWS のベストプラクティスに従って IoT デバイスとクラウドフレームワークが設計されていることを確認するための包括的なガイダンスを提供します。目標は、次の 5 つの柱に基づいて、IoT デバイスおよび関連するクラウドアーキテクチャを設計および評価するための一貫した方法を提供することです。 運用上の優秀性 セキュリティ 信頼性 パフォーマンス効率 コスト最適化 IoT レンズは、潜在的なリスクを特定し、改善のための提案を提供することで、AWS にデプロイした IoT デバイスソフトウェアとワークロードを評価するのに役立ちます。 IoT レンズを使用して一般的な要件に対応 IoT Lens は、デバイス側の次の事項に対応します。 デバイスとクレデンシャルの保護 IoT デバイスへのアクセス IoT デバイスのプロビジョニング IoT デバイスでの構成、認証情報、ファームウェアのアップグレード IoT レンズは、デバイス間のデータフローをカバーします。 デバイスからデバイスへのデータの暗号化 クラウドからデバイスへのメッセージフローの頻度の制御 デバイスからのデータ取り込みの最適化 IoT Lens は、クラウドの設計にも言及し、次のことを実現します。 デバイスのパフォーマンスを改善するためのデバイスメトリクスの分析と監視 クラウドでのデバイスデータの信頼性とコスト最適化ストレージの設計 デバイス数の増加に合わせてIoTワークロードを拡張     上記に加えて、IoT […]

Read More