Amazon Web Services ブログ

Category: General

新発表 – 映像伝送の安定性を向上し機能拡張するAWS Elemental MediaConnect

AWS入社前、私はスポーツテレビチャンネルを所有し配信していた会社に勤めていました。数十箇所の拠点からのスポーツフィードを1つのチャンネルに集約して24時間配信をしておりました。 この規模の放送グレードのネットワークを運用するためのインフラストラクチャとロジスティクスは膨大であり、運用保守が困難であり高コストでした。 これは一部の地域や組織の問題ではなく、メディア企業は独自のネットワークインフラストラクチャで同様の課題に直面しています。 非都市部からの映像フィードを衛星通信経由で統合し、信頼性と放送機能を維持しながら映像信号を複数の地域や国に配信する事は難しい課題であり設備投資も必要でした。   Introducing AWS Elemental MediaConnect AWS Elemental MediaConnectはメディア企業がライブビデオをクラウドに確実に取り込む事ができ、AWSグローバルネットワークを通じて複数の宛先へ安全に送信できる新しいAWS Elementalサービスです。 AWS Elemental MediaConnectは衛星伝送で慣れ親しんだ信頼性、セキュリティ、可視性をお客様に提供します。柔軟性とコスト最適化はインターネットベースの伝送でのみ可能です。ローカルのスポーツイベントを扱う小規模のビデオ制作者から、複数の24時間365日のテレビチャンネルを持つ全国放送のテレビネットワーク、AWSクラウド以外のソース(スポーツ施設やテレビスタジオなど)からコンテンツを確実に取り込むことができます。放送局グレードの信頼性と運用上の可視性を備え複数の宛先へ安全に映像信号を伝送します。これらの目的地は、お客様独自のAWSベースのビデオ処理システムまたはインターネット上のサービスを指定することができます。   What you need to know: Broadcast Reliability – AWS Elemental MediaConnectは信頼性の高い放送局グレードの基準を満たすように設計されており、ジッタとバッファリングを削減するように最適化されています。そしてビデオプロフェッショナルが使用するビデオ伝送プロトコル(RTP、FEC付きRTP、Zixiプロトコルなど)に対応することで、信頼性を確保します。AWS Elemental MediaConnectは低レイテンシ、高帯域幅のAWSグローバルネットワークを使用して、AWSリージョン間で映像信号を伝送および複製します。 Industry-Grade Security – AWS Elemental MediaConnectはメディア企業のセキュリティ要件をサポートします。 AES-256暗号化を使用してストリームを暗号化するオプションを提供し、AWS Secrets Managerを用いて鍵を安全に保管します。 併せて複製機能を用いて、お客様はAWS内外の複数の関係会社様へコンテンツを安全に伝送できます。 Visibility & Operations  – 最後にAWS Elemental MediaConnectはお客様に映像信号の健全性を可視化します。サービス品質(QoS)アラーム、及びリアルタイム信号チェックを組み合わせミッションクリティカルな映像信号の健全性を 追加設定なしで確認できます。さらにAWS Elemental MediaConnectは他のAWS Media ServicesやCloudWatchと統合されており、ダッシュボードの作成やアラームの作成が容易です。 AWS Elemental MediaConnect in […]

Read More

re:Invent 2018 / 11月28日 アップデートのまとめ

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、プロダクトマーケティング エバンジェリストの亀田です。 本日はJapan Nightに多くのお客様にお越しいただきました。楽しんでいただけたようで社員一同ほっとしております。 re:Invent2018 も3日目に入りました。今日も多くのアップデートが発表されています。 AWS Ground Station 衛星通信、ダウンリンクおよびプロセス衛星データを制御し、地上局インフラストラクチャの構築や管理を心配することなく、迅速かつ簡単かつコスト効率の高い完全運用サービスです。衛星は、天気予報、表面イメージング、通信、ビデオ放送など、さまざまな用途に使用されます。地上局は、地上と衛星との間の通信を提供する施設であり、アンテナを使用してデータを受信し、無線信号を送信して衛星を制御および制御することによって、グローバル衛星ネットワークの中核を構築することができます。 AWS Marketplace が Private Marketplaceをアナウンスしました。 Private Marketplaceは、AWS Marketplace から事前承認された製品のカスタムデジタルカタログを作成できる新機能です。 管理者は、ポリシーを満たす製品を選択し、それをユーザーに提供できるようにできるようになりました。 また、ロゴ、メッセージ、配色などの会社のブランドを使用してプライベートマーケットプレイスをさらにカスタマイズすることもできます。 Private Marketplace のすべての制御は AWS Organizaton 全体に適用され、ID 管理とアクセス管理を使用してきめ細かい制御を定義できます。 AWS Marketplace for Containers AWS マーケットプレイスおよび Amazon Elastic コンテナサービス (Amazon ECS) コンソールでコンテナ製品を検索し、従来のMarket Placeと同じようにコンテナ製品を入手することができ、 Amazon ECS、Kubernetes (Amazon EKS)、AWS Fargate などの Amazon コンテナサービスに AWS マーケットプレイスから直接デプロイできます。 Amazon Comprehend […]

Read More

新機能 – AWS IoT Greengrassのデプロイがシンプル化、セキュリティ強化、柔軟性も向上しました

AWS IoT Greengrass では、ローカルコンピューティング、メッセージング、データキャッシング、同期、および機械学習の推論機能をエッジデバイスに導入することができます。 最新のリリースでは、Greengrass上で動作する Lambda 関数のデプロイを簡素化し、新しい環境に Greengrass を導入できるように柔軟性を高め、さらに使いやすいセキュリティ機能も追加しています。 サードパーティアプリケーションや AWS サービスへの接続、アイソレーションとアクセス権の設定を行うための AWS IoT Greengrass の設定オプションの追加、信頼の根幹となる秘密鍵のハードウェアストレージなど、AWS IoT Greengrass デバイスの機能を拡張する新機能を今日から使用できます。

Read More

新機能 – Amazon QuickSightへの機械学習(ML)によるインサイト機能をプレビューで提供

Amazon QuickSightは、高速で、クラウドを活用したBIサービスであり、機能リッチでインタラクティブなダッシュボードを活用することで組織の中の誰もがビジネス・インサイト(Insight – 知見)を得ることができます。Pay-per-session(セッション単位)の料金やダッシュボードの埋め込み(embed)機能により、BIをより誰もが、かつ高い費用対効果でアクセスできるようにしてきました。 しかし、お客様のデータは日々増え続けているため、データをビジネス・インサイトに活用することはより難しくなりつつあります。こういう時こそ機械学習(Machine Learning : ML)の出番でしょう。Amazonは機械学習を利用した自動化や大規模対応のパイオニアであり、ビジネスアナリシスを、サプライチェーン、マーケティング、リテール、ファイナンス等で利用しています。 AWSはこれらAmazonでの多様な機械学習の機能をサービスとしてお客様に提供しています。本日、Amazon内の利用で実績を積んできた3つの新機能をQuickSightに追加し、可視化するだけでなく、機械学習によるインサイト(知見)を得られるようになることを発表いたします: MLによる異常検知:10億ポイント以上のデータを継続的に分析することで異常を自動検知し、隠れていたインサイトを提供 MLによる予測:ポイント&クリックのシンプルな操作で、予測と、what-if分析を提供 自動ナラティブ:ダッシュボード上に分かりやすい説明文を表示し、お客様がデータを理解する事をサポートする

Read More

AWS Ground Station – 人工衛星を用いたデータの取り込みと処理

現在、地球の周りには数千もの人工衛星があるのをご存知ですか?私は知りませんでした。多くとも数百程度かと考えていました。今日では、CubeSats, PocketQubes, SunCubes などのように高校や大学の生徒がナノサット、ピコサット、果てはフェムトサットと呼ばれるような小型人工衛星を設計、製造し、打ち上げています。 一方ビジネス側でも、どんなサイズの組織でも地表観測、コミュニケーション、メディア配信などの理由で人工衛星を打ち上げている状況です。

Read More

re:Invent 2018 / AWS Marketplace for Containersが公開されました。

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、プロダクトマーケティング エバンジェリストの亀田です。 AWS Market Place for Containers が発表となりました。 AWS Market Place for Containers AWS マーケットプレイスおよび Amazon Elastic コンテナサービス (Amazon ECS) コンソールでコンテナ製品を検索し、従来のMarket Placeと同じようにコンテナ製品を入手することができ、 Amazon ECS、Kubernetes (Amazon EKS)、AWS Fargate などの Amazon コンテナサービスに AWS マーケットプレイスから直接デプロイできます。 AWS Marketplace のこの新しいソフトウェア配信オプションを使用すると、毎月の固定料金と使用量ベースの料金の両方で、無料で所有ライセンス持ち込み(BYOL)、有料のコンテナー製品を見つけることができ、使用した分だけのお支払いが簡単になります。 こちらで、AWS Marketplace で利用可能なすべてのコンテナ製品を確認できます。 – プロダクトマーケティング エバンジェリスト 亀田

Read More

re:Invent2018 AWS Ground Station が発表になりました。

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、プロダクトマーケティング エバンジェリストの亀田です。 AWS Ground Station が発表となりました。 AWS Ground Station 衛星通信、ダウンリンクおよびプロセス衛星データを制御し、地上局インフラストラクチャの構築や管理を心配することなく、迅速かつ簡単かつコスト効率の高い完全運用サービスです。衛星は、天気予報、表面イメージング、通信、ビデオ放送など、さまざまな用途に使用されます。地上局は、地上と衛星との間の通信を提供する施設であり、アンテナを使用してデータを受信し、無線信号を送信して衛星を制御および制御することによって、グローバル衛星ネットワークの中核を構築することができます。 人工衛星を制御する場合、地上局とアンテナを建設するか、または地上局のプロバイダーとの長期リースを取得するか、しばしば複数の国で、地球の周回軌道上で衛星と接触する機会を十分に提供する必要があります。このデータがすべてダウンロードされると、衛星からのデータを処理、保存、および転送するために、アンテナに近接したサーバー、ストレージ、およびネットワーキングが必要になります。 AWS地上局は、地球規模の地上局をサービスとして提供することにより、これらの問題を排除します。AWSの地上局にデータをダウンロードする低遅延のグローバルファイバーネットワークを含む、AWSサービスとAWSグローバルインフラストラクチャへの直接アクセスを提供します。 – プロダクトマーケティング エバンジェリスト 亀田

Read More

re:Invent 2018 / 11月27日 アップデートのまとめ

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、プロダクトマーケティング エバンジェリストの亀田です。 re:Invent2018 2日目の今日は、Monday Night Liveの発表に加え多くのアップデートが発表されましたので纏めたいと思います。 Firecrackerがアナウンスされました。 KVMをベースとした新しい仮想化技術であり、非仮想化環境で軽量のマイクロ仮想マシン (microVM) を数秒で起動できます。従来の VM が提供するセキュリティとワークロードの分離と、コンテナーに伴うリソース効率を活用できます。 AWS Key Management Service がカスタムキーストアに対応しました。 AWS CloudHSM と連携し、独自の KMS カスタムキーストアが作成可能です。各カスタムキーストアは AWS CloudHSM クラスターによってバックアップされ、お客様が制御するハードウェアセキュリティモジュール(HSM)で KMS キーを生成、保存、使用できます。 KMS カスタムキーストアは、それ以外の場合はオンプレミス HSM の使用を必要とするコンプライアンス義務を満たし、KMS と統合された AWS サービスと暗号化ツールキットをサポートします。 Amazon S3 Object Lock が発表されました。 Amazon S3 Object Lock は、お客様が定義した保持期間中にオブジェクトバージョンの削除をブロックする新しい S3 機能です。これにより、データ保護の追加レイヤーとして、または法令順守のために保持ポリシーを適用できます。保持設定は、PUT リクエスト内で適用することも、作成後に既存のオブジェクトに適用することもできます。 どのオブジェクトにS3オブジェクトロックがあるかを追跡するには、S3インベントリレポートを参照できます。 Amazon EC2 C5n インスタンスがリリースされました。 小さいインスタンスサイズでは […]

Read More

新機能 – EC2 A1インスタンス – ARMベースのAWS Gravitonプロセッサーを搭載

今年の初めに私がAWS Nitroシステムについてご紹介したとき、この数ヶ月のうちに、AWS Nitroによってこれまでよりも速く新しいインスタンスタイプを提供できるようになります、とお約束したのを覚えているでしょうか。私たちはこの言葉どおり、より多くのメモリを搭載したR5とR5dインスタンス、高クロック周波数で動作するz1dインスタンス、バースト可能なt3インスタンス、12TiBものメモリを選択可能なハイメモリインスタンス、それからAMDプロセッサベースのM5aとR5aインスタンスを提供してきました。EC2インスタンスをホストするハードウェアの能力を最大限に活用しながら、私たちはAWS Nitroシステムを構成する専用のハードウェアと軽量ハイパーバイザによってさらに改善の速度を早めています。 私たちは2015年にアンナプルナ・ラボ を買収する前に、彼らとAWS Nitroシステムの初めてのバージョンを共同開発しました。その後、2世代に渡るASICチップ(ASICsと言ってもスポーツ用品のアシックスじゃないですからね)の開発を協業した結果、このチップによってEC2システムの全機能をNitroにオフロードし、ハードウェア本来の性能をフルにお客様のEC2インスタンスのために活用できるようになりました。そして数年前より、このチームはコスト効率の良いスケールアウト型のワークロードに向けたAmazon独自のCPU設計の検討を始めました。 AWS Gravitonプロセッサー 本日、私たちはARMベースのAWS Gravitonプロセッサーを搭載したEC2インスタンスを発表します。ARMコアを用いた独自開発のシリコンチップを大規模に使用し、性能とコストに最適化されたのがA1インスタンスです。A1インスタンスは小さなインスタンスのグループにまたがることのできるような、スケールアウト型のワークロードに最適です。この例としては、コンテナ化されたマイクロサービス、ウェブサーバー、開発環境、キャッシュ層などが挙げられます。 A1インスタンスでは5種類のインスタンスタイプを用意しました。いずれのインスタンスタイプもごく安価ながら、EBS最適化オプションがデフォルトで有効になっています。 インスタンスモデル vCPUs メモリ EBS 帯域幅 ネットワークパフォーマンス 米国東部(バージニア北部)での 時間あたりオンデマンド価格 a1.medium 1 2 GiB 最大 3.5 Gbps 最大 10 Gbps $0.0255 a1.large 2 4 GiB 最大 3.5 Gbps 最大 10 Gbps $0.0510 a1.xlarge 4 8 GiB 最大 3.5 Gbps 最大 10 Gbps $0.1020 a1.2xlarge 8 […]

Read More

新機能 – 100Gbpsのネットワーク帯域に対応するC5nインスタンス

私たちは昨年、強力なコンピューティング集約型のC5インスタンスを立ち上げ、今年初めにはローカルNVMeストレージを追加したC5dインスタンスをフォローアップしました。 どちらのインスタンスもAWS Nitroシステム上に構築されており、AWSカスタムの3.0Ghz Intel Xeon Platinum 8000シリーズプロセッサを搭載しています。 それはバッチ処理、分散解析、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)、広告配信、ハイスケーラブルなマルチプレーヤゲーミング、ビデオエンコーディングなどのコンピューティング重視のアプリケーション用に設計されています。 新しい100 Gbpsのネットワーク 本日私たちはさらに強力な変種であるC5nのインスタンスを追加しました。 最大100 Gbpsのネットワーク帯域幅で、シミュレーション、インメモリキャッシュ、データレイク、その他の通信集約型アプリケーションがこれまで以上に優れたパフォーマンスを発揮します。 スペックは以下の通りです: Instance Name vCPUs RAM EBS Bandwidth Network Bandwidth c5n.large 2 5.25 GiB Up to 3.5 Gbps Up to 25 Gbps c5n.xlarge 4 10.5 GiB Up to 3.5 Gbps Up to 25 Gbps c5n.2xlarge 8 21 GiB Up to 3.5 Gbps Up […]

Read More