Amazon Web Services ブログ

Tag: Amazon CloudWatch

Amazon Elastic Container Service (ECS) Auto Scaling using custom metrics

カスタムメトリクスを用いた Amazon Elastic Container Service (ECS) のオートスケーリング

この記事は Amazon Elastic Container Service (ECS) Auto Scaling using custom metrics (記事公開日: 2022 年 5 月 23 日) の翻訳記事です。 導入 Amazon ECS を使用することで、クラスター管理のための独自のインフラストラクチャをインストール、運用、スケールする必要がなくなります。 お客様は、Amazon ECS 上で動作するマイクロサービスアプリケーションのデプロイとスケーリングに、水平スケーラビリティを採用しています。これは、Application Auto Scaling サービスを用いて、メトリクスデータに基づいて自動でスケールすることで実現できます。

Read More
AWS-SaaS-Factory-1

マルチテナントソリューションでAmazon SQSを使う

AWS SaaS Factoryチームのシニアパートナーソリューションアーキテクト Raju Patel によって書かれた記事です。 モダンアプリケーションは、サービス統合、バッチ処理、またはワークフローオーケストレーションの一部として、キューイングに依存することがよくあります。キューは、システムの環境に拡張性と耐障害性を追加するうえ重要です。 これは、キューイング戦略をマルチテナントソリューションのワークロードにどのように適用するかを考える必要がある、Software-as-a-Service(SaaS)環境では特に当てはまります。SaaS アプリケーションのキューイングモデルを設計する際には、データの分離、パフォーマンス、および運用を考慮する必要があります。 多くの組織がアマゾンウェブサービス (AWS) 上で SaaS ソリューションを構築および運用する過程において、筆者は AWS SaaS Factory のパートナーソリューションアーキテクトとして彼らと連携をしてきました。特に、テナントの分離とスケーラビリティを考慮しつつ、俊敏性を高めるマルチテナントソリューションの構築において組織を支援することにフォーカスしています。 この記事では、Amazon Simple Queue Service (SQS) を利用して SaaS ソリューションを構築する際の一般的なシナリオをいくつか紹介します。ここでは、データ分離、スケーラビリティ、コンプライアンス要件が、キューイングモデルの選択にどのように関係するかを説明します。 本投稿には、マルチテナントソリューションでの SQS の利用について示すサンプルコードが含まれています。 SaaS におけるキューイングの課題 SaaS 環境におけるキューの役割について理解を深めるために、サンプルユースケースを見てみましょう。図 1 に示す概念図は、キューを使用する注文管理システムの一例です。 図 1 – キューを用いた注文管理と在庫更新のフロー 最初のフローは、注文、作成、確定、出荷の各サービスの統合を示しています。注文キューと出荷キューは、複数のテナントからメッセージを受信します。注文確定や注文出荷などのサービスは、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) のコンテナで実行することも、AWS Lambda でサーバーレスで実行することもできます。 図 1 の 2 番目のフローは在庫の更新についてです。このフローでは、テナントがファイルをアップロードし、メッセージがキューに配置されて処理されます。バッチによる在庫更新プロセスでメッセージが取得され、ファイルから在庫テーブルにデータがロードされます。 キューの構成は比較的単純ですが、マルチテナンシーでは追加の考慮事項がいくつかあり、それらはキュー設計に影響を与える可能性があります。 たとえば、あるテナントが […]

Read More

AWS WAF Bot Control のチューニングと最適化

この記事は、Dmitriy Novikovによって投稿された Fine-tune and optimize AWS WAF Bot Control mitigation capability を翻訳したものです。 はじめに 数年前の AWS Summit Sydney で、ある参加者から素晴らしい質問を受けました。彼女は、Amazon Web Services (AWS) 上のウェブ上のリソースをシンプルなボットから保護するために、コスト効率がよく、信頼性が高く、複雑すぎないソリューションを設計するのを手伝ってほしいと言いました。AWS WAF Bot Control のリリースにより、その質問にエレガントなソリューションで対応できるようになったので、私はこのときのことをよく覚えています。Bot Control の機能は、Web アプリケーションに対するトラフィックの 50% 以上を占める一般的で広範なボットのフィルタリングを開始するために、スイッチを入れるだけの問題になっているのです。 新機能 – AWS WAF Bot Control でウェブサイトの不要なトラフィックを削減 では、AWS WAF Bot Control とその機能の一部が紹介されています。この記事では、どこから始めればいいのか、どの要素を設定と保護のために使用すればよいかについて、知るべき情報をカバーしています。本記事では、密接に関連する機能を明らかにし、重要な考慮事項、ベストプラクティス、および一般的なユースケースのためのカスタマイズ方法について説明します。

Read More
EKS Fargate にデプロイされた ADOT コレクターインスタンスのパイプラインコンポーネント

AWS Distro for OpenTelemetry を使用した CloudWatch Container Insights の EKS Fargate サポートのご紹介

この記事は Introducing Amazon CloudWatch Container Insights for Amazon EKS Fargate using AWS Distro for OpenTelemetry (記事公開日: 2022 年 2 月 17 日) を翻訳したものです。 イントロダクション Amazon CloudWatch Container Insights は、お客様がコンテナ化されたアプリケーションやマイクロサービスからメトリクスやログを収集、集約、要約するのに役立ちます。メトリクスデータは、埋め込みメトリクスフォーマット (Embedded Metric Format, EMF) を使用したパフォーマンスログイベントとして収集されます。これらのパフォーマンスログイベントは、構造化された JSON スキーマを使用しており、カーディナリティの高いデータを大規模に取り込んで保存することが可能です。このデータから、CloudWatch はクラスター、ノード、Pod、タスク、および Service の各レベルで集約されたメトリクスを CloudWatch メトリクスとして作成します。Container Insights が収集したメトリクスは、CloudWatch の自動ダッシュボードで利用できます。

Read More

AWS での 3Dflow による Photogrammetry の再構築

この記事は、“Photogrammetry reconstruction with 3Dflow on AWS” を翻訳したものです。 イントロダクション この投稿では、Photogrammetry という手法を使用して、静止画からデジタル 3 次元(3D)アセットを作成する方法をご紹介します。そのために、3Dflow によって作成された Photogrammetry の再構築専用の 2 つの製品を取り上げます。グラフィカルユーザーインターフェイスアプリケーションである 3DF Zephyr と、Amazon Web Services(AWS)マーケットプレイスで入手できる FlowEngine コンテナです。次に、AWS オンデマンドコンピュートリソースを使用して、複数の Photogrammetry 再構築タスクのバッチ処理を自動化する方法を示します。

Read More

AWS Network Firewall 柔軟なルールエンジンのハンズオンウォークスルー (Part 2)

本記事は Hands-on walkthrough of the AWS Network Firewall flexible rules engine – Part 2 を翻訳したものです。 このブログ記事は、AWS Network Firewall 柔軟なルールエンジンのハンズオンウォークスルー (Part 1) のPart 2です。AWS Network Firewall は、柔軟なルールエンジンを提供するマネージドサービスであり、きめ細かいポリシーを適用するためのファイアウォールルールを記述することができます。Part 1では、ルールの書き方や、ステートレス検査とアクション順に評価を実施するステートフル検査ではルールエンジンの処理方法が異なることをお伝えしました。

Read More

re:Invent 2021 .NET セッション

AWS での.NET アプリケーションの実行はかつてないほど素晴らしいものであり、今年の re:Invent でのセッションは、その興奮を反映しています。すべてのセッションは、アプリケーションにすぐに適用できる実際の洞察とコーディング例を求めているビルダーを対象としています。ラスベガスに行けない人のためのバーチャルオプションもあります。今年は AWS 上の .NET にとって素晴らしい年になるでしょう!

Read More
目指せ クラウドプラクティショナー #4 ~セキュリティ・モニタリングと分析編~

2021 メディア業界のお客様向け AWS 勉強会 第十回「目指せ ! クラウドプラクティショナー」

2021/11/10 にメディア業界のお客様向けに AWS 勉強会を開催致しました。第十回では AWS 認定の中でも AWS クラウドの基礎知識とスキルを身につけることができるクラウドプラクティショナー認定の取得を目指す方向けに、セキュリティとモニタリング・分析に関して、ソリューションアーキテクトの小南よりご説明致しました。 資料のダウンロードおよび動画の視聴は下記のリンクから無料でご利用頂けますので、合わせてご確認ください。 資料のダウンロード及び動画の視聴リンク

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] CON248 トレーシング入門 コンテナ上でアプリケーションを動かすために 資料公開

AWS Black Belt オンラインセミナー「CON248 トレーシング入門 コンテナ上でアプリケーションを動かすために」を公開します。 視聴は YouTube から、資料閲覧は SlideShare から可能です。 今回扱うのは、AWS X-Ray および Amazon CloudWatch ServiceLens の利用法です。これをコンテナ向けのトレーシングの必要性とあわせて説明します。 AWS X-Ray を使用している場合、デフォルトで CloudWatch コンソールで CloudWatch ServiceLens にアクセスできます。 AWS X-Ray をまだご使用でない場合は、X-Ray SDK を使用して、アプリケーションで AWS X-Ray を有効にすることにより開始できます。

Read More
Pre-built dashboard in console

Amazon ECS と Amazon EKS での AWS Distro for Open Telemetry と CloudWatch Container Insights の Prometheus サポートのご紹介

この記事は Introducing CloudWatch Container Insights Prometheus Support with AWS Distro for OpenTelemetry on Amazon ECS and Amazon EKS (記事公開日: 2021 年 8 月 24 日) を翻訳したものです。 CloudWatch Container Insights を使用して、コンテナ化されたアプリケーションやマイクロサービスを監視、トラブルシューティング、アラームすることができます。Amazon CloudWatch は、CPU、メモリ、ディスク、ネットワークデータなどのコンピュート使用率情報を収集、集約、要約します。また、コンテナの再起動失敗などの診断情報を提供することで、問題を切り分け、迅速に解決するのにも役立ちます。Container Insights は、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) 、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) 、AWS Fargate、スタンドアロンの Kubernetes などの、コンテナ管理サービスからのインサイトを提供します。 AWS は、Cloud Native Computing Foundation (CNCF) […]

Read More