Amazon Web Services ブログ

Tag: AWS IoT Device Management

AWS IoT の最新アップデートとイベント情報

こんにちは、IoTソリューションアーキテクトの飯塚です。今回はIoTに関するサービスやコンテンツ、イベントの最新情報を本記事にまとめ、ご紹介しようと思います。 AWS IoT のサービスアップデート まずは、AWS IoT のサービスアップデートについてご紹介します。IoTに関するこれらの最新情報はこちらにあります。ここではこの中から直近数ヶ月の大きなアップデートをいくつかご紹介します。

Read More

AWS IoT Device Managementハンズオンを公開 – デバイスのプロビジョニング方法と登録したデバイスの管理を体験することができます

こんにちは!アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 ソリューションアーキテクトの渡邊です。この記事では、AWS IoT Device Management ハンズオンについてご紹介します。 IoTデバイスは現在、数十億個ものデバイスの規模で家庭、工場、油田、病院、車、その他のあらゆる場所で使用されています。様々な場所に配置されたデバイスから頻繁にイベントが発生しており、スケールの観点から、個々のデバイスを個別に扱うことは不可能です。さまざまな構成、デバイスの種類などに対応する柔軟性を保持しながら、一括してデバイスをセットアップ、監視、更新する必要があります。 AWS IoT Device Managementを利用することでIoT デバイスを大規模に登録、編成、モニタリング、およびリモート管理することができます。 AWS IoT Device Managementサービスページより抜粋 AWS IoT Device Management を使用すると、膨大な数の IoT デバイスの登録、編成、モニタリング、リモート管理を簡単かつ安全に行うことができるようになります。AWS IoT Device Management では、接続されたデバイスを個別に、または一括して登録し、簡単にアクセス権限を管理して、セキュアな状態を保つことができます。また、デバイスの整理、デバイス機能のモニタリングとトラブルシューティング、フリートの IoT デバイスの状態のクエリ、および無線 (OTA) によるファームウェア更新の送信も可能です。AWS IoT Device Management はデバイスタイプと OS に依存しないため、すべて同じサービスを使用して、制約のあるマイクロコントローラーからコネクテッドカーまでさまざまなデバイスを管理できます。AWS IoT Device Management によって、フリートの規模をスケールし、大規模で多様な IoT デバイスのデプロイを管理するためのコストと労力を削減できます。 ハンズオンの構成 https://iot-device-management.workshop.aws/ このハンズオンでは AWS IoT Device Managementを利用して、デバイスに対しての4つの操作を体験することができます。 デバイスのプロビジョニング AWS IoT でデバイスをプロビジョニングする場合、デバイスと AWS […]

Read More

FreeRTOSでセカンダリプロセッサのOTAアップデートを実行する方法

多くの組み込みアーキテクチャでは、コネクティビティプロセッサが ビジネスロジックを実行する1 つ以上のセカンダリプロセッサに接続されています。セカンダリプロセッサの無線 (OTA) アップデートを実行する機能は、コネクティビティプロセッサの更新と同じくらい重要です。 これは、バグやセキュリティの脆弱性に対する低コストのパッチ適用と、デバイスへの新機能の提供が可能なためです。 FreeRTOSは、マイクロコントローラ用のオープンソースのリアルタイムオペレーティングシステムで、小型で低消費電力のエッジデバイスのプログラミング、デプロイ、セキュリティ、接続、管理を容易にします。 AWS IoT Device Managementにより、IoT デバイスを大規模に安全に登録、整理、監視、リモート管理することが容易になります。 AWS IoT Device Managementは、OTA 更新マネージャサービスを提供し、デバイス群全体でアップデートを安全に作成および管理します。 このサービスは FreeRTOS OTA エージェントライブラリと連携して、ファームウェアにデジタル署名し、ストリーミング API を使用してファイルを MQTT ストリームに変換し、AWS IoT ジョブを使用してファームウェアをデバイスに配信します。 OTA エージェントライブラリを使用すると、TLS経由でのMQTT接続を再利用することで、コネクティビティプロセッサのメモリ消費を減らすことができます。 この記事では、fileId パラメーターを使用して、セカンダリプロセッサに更新を配信する方法について説明します。 この投稿は、特定のハードウェアに固有のものではなく、FreeRTOS 201908.00 以降を実行しているすべてのシステムに適用することができます。 FreeRTOS および AWS IoT デバイス管理を使用して OTA を設定する方法の詳細については、FreeRTOS OTA チュートリアルを参照してください。

Read More

AWS IoT Device Management フリートインデックスを使用してデバイスの集約情報を取得する

AWS IoT Device Management のフリートインデックスは、機器の集約情報を取得するために、GetStatistics、 GetPercentiles、GetCardinality の3つのAPIを提供開始しました。これらのAPIを使用すると、次のような質問にすばやく回答できます。AWSIoTに接続しているデバイスの割合はどのくらいですか?デバイスのバッテリーレベルの最大値、最小値、平均値はいくつですか?OSバージョンは現在何種類ありますか? この投稿では、データセンターの温度監視シミュレーションについて説明し、フリートインデックス APIを使用してデバイスの集約情報を取得する方法を理解します。データセンターには、サーバーの温度を監視する多くのセンサーがあります。GetStatistics によって最小/最大/平均温度を取得する方法を学習します。GetPercentiles を使って温度の90パーセンタイルを取得します。また、GetCardinality を使って異常な温度のサーバーラックの数を取得します。

Read More

AWS IoT Device Management のセキュアトンネリングの導入、IoTデバイスのトラブルシューティングを行う新しい安全な方法

AWS IoT Device Managementには、企業があらゆる業界向けのIoTアプリケーションを構築できる幅広いツールがあります。ただし、デバイスへのリモートアクセスに関しては、通常、顧客がMQTTトピックを介して制御メッセージを送信するか、デバイスのシャドウを更新してからデバイスエージェントにそれらのメッセージに対してアクションを実行させる必要があります。これは、ハードウェア開発チームがこれらの特定の制御機能をデバイスのファームウェアに明示的に組み込む必要があることを意味します。 これらの事前構成されたフロー以外でのデバイス管理は、デバイスがファイアウォールの内側にある場合に特に注意が必要です。通常のデスクトップコンピューターでは、リモート管理アプリケーションをインストールするか、VNCなどのツールを使用するだけでよいため、これは些細な問題です。一方で、これまで、この種の機能をIoTデバイスに実装することは困難でした。

Read More