Amazon Web Services ブログ

Tag: AWS Systems Manager

AWS Systems Manager で SAP HANA データベースのリストアを自動化する

はじめに 多くのお客様にとって、SAP システムのコピーは日常的な保守作業の1つです。SAP システムコピーは、SAP の本番データを非本番環境にコピーするために定義された一連のステップです。このブログ記事では、SAP HANA データベースのリストアを自動化することについて説明します。 Amazon Web Services (AWS) Backint Agent for SAP HANA は、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンス上で動作する SAP HANA ワークロード用の SAP 認定バックアップおよびリストアソリューションです。AWS Backint Agent は、 SAP HANA データベースを Amazon Simple Storage Service(Amazon S3) にバックアップし、SAP HANA Cockpit 、SAP HANA Studio 、または SQL コマンドなどのSAP 管理ツールを使用してリストアします。AWS Backint Agent は、SAP HANA のデータベースとカタログの Amazon […]

Read More

SAPシステムの起動停止自動化をAWS Systems Managerで実現

最近のブログでは、ビルドとオペレーションの両方におけるDevOps for SAPの利点について説明し、AWS Chatbotを使ってStop/Startを開始する方法を探りました。今日は、Linuxオペレーティングシステムにインストールされた分散SAP HANAランドスケープを開始・停止するAWS Systems Managerベースのソリューションをオープンソースで提供することで、SAP運用のためのAWSネイティブサービスの利用を迅速に行うことができるようにします。

Read More

使用されていないAmazon EBSボリュームを削除してAWSのコストをコントロールする

業界や業種を問わず、お客様にとってコスト管理は最優先事項の1つです。 EBSボリュームのライフサイクルの可視性が十分でないと、未使用のリソースに対してコストが発生する可能性があります。 AWSはコスト管理のサービスを提供しており、コスト情報へのアクセス、コストの理解、コストの制御、およびコストの最適化を行えるようにしています。 未使用、および管理が行き届いていないAmazon EBSボリュームは、AWS のコストに影響します。 EBSボリュームのライフサイクルは、Amazon EC2 コンピューティングインスタンスから独立して管理可能です。そのため、EBS ボリュームに関連付けられている EC2インスタンスが終了しても、EC2起動時に「終了時に削除」 オプションを選択しない限り、EBS ボリュームは削除されません。 また、開発とテストのサイクルの中でEC2インスタンスの起動停止を繰り返す際、自動的にEBSボリュームを削除する処理がないと、 EBS ボリュームが残る可能性があります。 EC2にアタッチされておらず孤立したEBS ボリュームは、アタッチされていない間も料金が発生します。 この記事では、OpsCenter を活用した自動化プロセスについて説明します。OpsCenter は、AWS Systems Manager の一機能として最近発表されたもので、OpsCenterを使えば、EC2 インスタンスにアタッチされておらず、未使用なEBS ボリュームを識別および管理できるようになります。

Read More