Amazon Web Services ブログ

Tag: IAM

CDKでAmplifyで生成されたバックエンドリソースをカスタマイズする

Amplifyで生成されたバックエンドリソースをCDKでカスタマイズする新機能 「オーバーライド」のご紹介

この記事は、Override Amplify-generated backend resources using CDKを翻訳したものです。 AWS Amplifyは、開発者がAmplifyで生成されたAWS IAM、Amazon Cognito、Amazon S3、およびAmazon DynamoDBのリソース構成を上書きし、アプリの要件を最適に満たす機能を発表しました。 開発者はAmplifyが提供する標準のリソースを使用してバックエンドを簡単に構成できますが、この新しい “オーバーライド” 機能を用いることでさらに細かいリソースの設定をカスタマイズできます。

Read More

IAM Access Analyzer を利用して、アクセスアクティビティに基づいて IAM ポリシーを生成し、最小限の権限のアクセス許可を簡単に実装する

2019 年に AWS Identity and Access Management (IAM) Access Analyzer がリリースされ、既存のアクセス許可の設定状況を分析することで、意図しないパブリックおよびクロスアカウントアクセスを削除できるようになりました。2021 年 3 月、IAM Access Analyzer は、ポリシーの作成中にセキュリティで機能的なアクセス許可を設定するのに役立つポリシー検証機能を追加しました。そして、IAM Access Analyzer はさらに一歩進み、ポリシーを生成します。IAM Access Analyzer を使用して、AWS CloudTrail ログのアクセスアクティビティに基づいて、きめ細かなポリシーを生成できるようになりました。ポリシーの生成を要求すると、IAM Access Analyzer が動作して、CloudTrail ログからアクティビティを識別してポリシーを生成します。生成されたポリシーは、ワークロードに必要なアクセス許可のみを付与し、最小権限のアクセス許可を簡単に実装できるようになります。 開発者は、開発環境で構築する場合は、より広範なアクセス許可から始めて、必要な AWS 機能を試して判断します。ワークロードが完成に近づくにつれて、使用されるサービスとアクションにのみアクセス許可を絞り込む必要があります。これにより、開発環境から運用環境にワークロードを移行する際にポリシーがセキュリティのベストプラクティスに従っていることが保証されます。IAM Access Analyzerを使用して、必要なアクセスのみを付与するきめ細かなポリシーをより簡単に生成できるようになりました。この記事では、IAM Access Analyzer を使用したポリシー生成の仕組みの概要を説明し、ポリシーを生成、カスタマイズ、および作成する手順について説明します。 概要 ポリシーを生成するには、IAM コンソールに移動して、ロールに移動します。そこから、CloudTrail 証跡と日付範囲を指定してポリシーをリクエストします。その後、IAM Access Analyzer は CloudTrail ログの分析を実行しポリシーを生成します。IAM Access Analyzer がポリシーを生成したら、ポリシーを取得してカスタマイズできます。一部のサービスでは、IAM Access Analyzer は CloudTrail に記録されたアクションを識別し、アクションレベルのポリシーを生成します。IAM Access […]

Read More

AWS Identity and Access Management (IAM) Access Analyzer を使った意図しないリソースアクセスの特定

本日の発表をここでシェアしたいと思います。この発表は、AWS 上のビルダーの方のためのセキュリティ強化のみに留まりません。また、設定なしに利用料金不要でオンにすることが出来ます。AWS は、AWS Identity and Access Management (IAM) Access Analyzer と呼ばれる今までにない機能をリリースします。 IAM Acess Analyzer は数学的なアルゴリズムを使って AWS 上のリソースにアタッチされている アクセス制御ポリシーを分析し、他のアカウントもしくは、誰もがアクセスできるリソースが無いか見つけ出します。IAM Access Analyzer は継続的にAmazon Simple Storage Service (S3) バケット、IAM ロール、 AWS Key Management Service (KMS) キー、AWS Lambda 関数、 Amazon Simple Queue Service (SQS) キューといったリソースのポリシーを監視します。 IAM Access Analyzer によって、アクセス制御状況のインパクトを集約、可視化し、 利用されているアカウントの外側からの意図しないアクセスからリソースが保護されていることを確認出来ます。 いくつかの例をご紹介します。 IAM Access Analyzer の結果は my-bucket-1 という S3 バケットが ID 123456789012 の AWS […]

Read More

Amazon Connect S3バケットへのアクセスを制限する

このブログでは、Amazon S3へのカスタマーアクセスポリシーを作成する方法について説明します。 これらのバケットはデフォルトでは公開されていません。このブログではさらに踏み込んで、Amazon Connectのレポートと通話録音が保存されているバケットをAmazon Connectにロックします。 Amazon Connectアカウントに割り当てられた適切な権限を使用することで、スケジュールされたレポートと保存されたレポートを表示したり、Amazon Connectインターフェイスから通話録音を再生したりできます。 セキュリティとデータのプライバシーは多くの顧客にとって最優先事項であるため、組織やプライバシーの要件を遵守することが重要です。 そのためには、IAMポリシーを使用して、Amazon S3に格納されているAmazon Connectアーティファクトのセキュリティをさらに強化することができます。 これは、顧客情報を危険にさらす可能性があるデータ漏洩または侵害を回避するのに役立ちます。 これにより、顧客のプライバシーを維持するためのセキュリティが強化され、ローカルの規制を遵守するのに役立ちます。 警告 セキュリティ設定を変更するときは注意してください。 これらの変更は恒久的なものであり、あなた自身のアクセスを制限してしまうかもしれません。まずはテストバケットで試すことをお勧めします。 もし間違えると、管理しようとしているリソースへのすべてのアクセスが失われるかもしれません。 これは、Amazon Connectインスタンスの動作に悪影響を及ぼす可能性があります。本番環境で行う前に、テストS3バケットでアクセス制限を試してみることを検討してください。 この記事で説明する次の手順は、S3バケットへのアクセスを制限するために必要です。 インスタンスに使用されているS3バケットを特定する Connectに使用されているIAMロールを特定する コマンドラインを使ってロールIDを特定する S3バケットポリシーを作成する S3バケットへのアクセスを確認する それでは始めましょう。 S3バケットを特定する Amazon Connectインスタンスに関連付けられているバケットを特定します。 インスタンスの作成時に既存のS3バケットを使用しなかった場合は、新しいバケットが作成されています。 次の例に示すように、Amazon Connectダッシュボードで、Amazon Connectに使用されているバケットを見つけることができます。 私のインスタンスの例で使用されているバケット名は、connect-25fd0a3be3ef です。 IAMロールを特定する Amazon Connectサービスに使用されているIAMロールを特定します。Amazon Connectインスタンスでの権限は、IAMロールにより許可されています。 注:Amazon ConnectはService-linkedロールを導入しました 。 この記事の手順は、2018年10月17日にService-linkedロールが導入される前に作成されたAmazon Connectインスタンスに適用されます。 近日中に、この記事をService-linkedロールに関する情報で更新する予定です。 Amazon ConnectサービスのIAMロールを見つけるには IAMコンソールを開きます。 Amazon Connectインスタンスを作成したときに作成されたロールを見つけます。 複数のインスタンスを作成した場合は、作成時間を確認することで、どのロールが各インスタンスに関連付けられているかを判断できます。 作成時間の列が表示されていない場合は、ページの右上隅にある歯車のアイコンから追加できます。 どのロールがどのインスタンスに対応しているか判断できない場合は、ロールがアクセス権を持つS3バケットが、そのインスタンスで使用されるバケットと一致するかを確認します。 正しいロールを使用していることを確認する […]

Read More