Amazon Web Services ブログ

Category: Events

新サービス — Amazon SageMaker Ground Truth Plusを発表

2021 年 12 月 1 日(米国時間)、データセットのラベル付けをかつてないほど容易にする Amazon SageMaker スイートの最新サービスを発表できることを嬉しく思います。Ground Truth Plus は、専門スタッフが高品質のトレーニングデータセットを迅速に提供し、コストを最大 40% 削減するターンキーサービスです。 機械学習モデル作成の課題 機械学習 (ML) モデルの構築とトレーニングにおける最大の課題の 1 つは、ラベル付けされた高品質のデータを大規模に調達して、モデルにフィードしてトレーニングし、正確な予測を行うことができるようにすることです。 一見すると、データにラベル付けするのはかなり簡単な作業のように思えるかもしれません…

Read More

Amazon SageMaker Inference Recommender を発表

2021 年 12 月 1 日(米国時間)、Amazon SageMaker Inference Recommender を発表できることを嬉しく思います。Amazon SageMaker Inference Recommender は、負荷テストを自動化し、機械学習 (ML) インスタンス全体でモデルのパフォーマンスを最適化する、まったく新しい Amazon SageMaker Studio 機能です。最終的には、機械学習モデルの開発から本番稼働までの時間が短縮され、運用に関連するコストが最適化されます。

Read More

新機能 — Amazon SageMaker Studio で EMR クラスターと Spark ジョブを作成して管理する

2021 年 12 月 1 日(米国時間)、Amazon SageMaker Studio サービスに 3 つの新しい機能強化を提供できることを非常に嬉しく思います。 現在、SageMaker Studio のユーザーは、単一の AWS アカウント内、および組織全体の共有アカウントで実行されている Amazon EMR クラスターの作成、終了、管理、検出、接続を SageMaker Studio から直接行うことができます。さらに、SageMaker Studio ノートブックのユーザーは SparkUI を利用して、Amazon EMR クラスターで実行されている Spark ジョブを SageMaker Studio ノートブックから直接モニタリングおよびデバッグすることができます。

Read More

Amazon VPC IP Address Manager による大規模なネットワークアドレス管理と監査

クラウドワークロードとコネクテッドデバイスが急速に増加し続ける中、大規模ネットワークの IP アドレス割り当ての管理、モニタリング、監査は、複雑で時間がかかり、エラーが発生しやすい作業です。従来、ネットワーク管理者は、複数のアカウント、Virtual Private Cloud (VPC)、およびリージョンにまたがるアドレス割り当てを追跡するために、スプレッドシート、自社開発ツール、スクリプトを組み合わせて使用していました。アプリケーション開発チームによって IP アドレスの割り当てが要求された際には、スプレッドシートを手動で更新する必要があり、エラーを回避するために時間と注意が必要です。エラーに気付かないと、アドレスの競合やそれに伴うダウンタイムが発生し、運用上およびビジネス上の深刻な問題を引き起こす恐れがあります。また、これらの更新にかかった時間 (場合によっては数日) によって、新しいアプリケーションのオンボーディングや既存のアプリケーションの拡張が遅れ、開発チームのスピードが低下します。自社開発のツールやスクリプトを最新かつエラーのない状態に保つというニーズにスタッフの時間が費やされ、より戦略的でビジネスに影響を与えるプロジェクトに時間を割けなくなります。 2021 年 12 月 1 日(米国時間)、Amazon VPC IP Address Manager を発表しました。これは、ネットワーク管理者に IP の自動管理ワークフローを提供する新機能です。IPAM を使用すると、ネットワーク管理者は、大規模なネットワークで簡単に IP アドレスの整理、割り当て、モニタリング、監査を行うことができ、管理とモニタリングの負担が軽減され、遅延や意図しないエラーの原因となる手動プロセスが排除されます。

Read More

AWS Shield Advanced のアップデート – アプリケーションレイヤー DDoS の自動緩和

2016 年に、分散型サービス妨害 (DDoS) に対するマネージド型保護サービスである AWS Shield がリリースされました。これは、AWS で実行されているアプリケーションを保護するサービスです。AWS Shield では、AWS Support に連絡することなく、アプリケーションのダウンタイムとレイテンシーを最小限に抑える常時オンの検出と自動インライン緩和機能が提供されます。 AWS Shield には、Standard と Advanced の 2 つのティアがあります。すべての AWS のお客様は、AWS Shield Standard によるネットワークレイヤーの自動保護の利点を無料で受けることができます。AWS Shield Standard は、最も一般的で頻繁に発生するネットワークおよびトランスポートレイヤー (レイヤー 3 および 4) の DDoS 攻撃を防御し、AWS のサービスの可用性を最大化します。

Read More

新機能 – Amazon SQS 標準キューに拡張されたデッドレターキュー管理エクスペリエンス

何十万人ものお客様が Amazon Simple Queue Service (SQS) を使用してメッセージベースのアプリケーションを構築し、マイクロサービス、分散システム、サーバーレスアプリケーションの分離とスケーリングを行っています。キューコンシューマーがメッセージを正常に処理できない場合は、メッセージをデッドレターキュー (DLQ) に保存するように SQS を設定できます。 ソフトウェア開発者やアーキテクトであれば、DLQ 内の消費されなかったメッセージを調べて確認し、処理できなかった理由を解明して、パターンを特定し、コードエラーを解決して、最終的に元のキューでこれらのメッセージを再処理したいと考えるでしょう。これらの消費されなかったメッセージのライフサイクルは、エラー処理ワークフローの一部であり、多くの場合、手作業で行うため時間がかかります。 2021 年 12 月 1 日(米国時間)は、SQS 標準キュー用に拡張された新しい DLQ 管理エクスペリエンスの一般提供が開始されたことを発表しました。この新しいエクスペリエンスを使用すると、消費されなかったメッセージを DLQ からソースキューに簡単にリドライブできます。

Read More

新機能 – Amazon VPC Network Access Analyzer

組織のネットワーク、クラウドオペレーション、またはセキュリティチームのメンバーであれば、この新機能を気に入っていただけるはずです。新しい Amazon VPC Network Access Analyzerは、意図しないネットワークアクセスにつながるネットワーク設定を特定するのに役立ちます。この後、ご紹介するようにこの新機能によって、個人および組織の俊敏性と柔軟性を維持しながら、セキュリティ体制を改善できる方法を把握できます。エラーが発生しやすく、スケーリングが難しいネットワーク設定を手動でチェックするのとは対照的に、このツールを使用すると、規模や複雑さを問わず AWS ネットワークを分析できます。

Read More

新しい Amazon EC2 M1 Mac インスタンスを使用して、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、および Apple TV 用のアプリケーションを構築およびテストする

昨年の AWS re:Invent で、Jeff Bar は Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) Mac インスタンスが利用可能になったという心が躍るような記事を著しました。2021 年 12 月 2 日(米国時間)、新しい EC2 M1 Mac インスタンスのプレビューを発表しました。 EC2 Mac インスタンスの提供開始により、すべての Apple デベロッパーは、AWS の柔軟性、スケーラビリティ、およびコストメリットの恩恵を享受できるようになりました。EC2 Mac インスタンスは、Thunderbolt を介して AWS Nitro System に接続された専用 Mac mini コンピュータです。これにより、 Mac mini は別の EC2 インスタンスのように表示され、動作することができます。このインスタンスは Amazon Virtual Private Cloud (VPC) に接続し、Amazon Elastic Block Store (EBS) ボリュームから起動し、EBS […]

Read More

AWS Graviton2 プロセッサと NVIDIA T4G Tensor Core GPU を搭載した Amazon EC2 G5g インスタンス

AWS Graviton2 プロセッサは、Amazon EC2 で最高の料金パフォーマンスを実現するために AWS によってカスタム設計されています。数千ものお客様が、Graviton2 ベースのインスタンスを利用して、さまざまなワークロードで大幅な料金パフォーマンスの改善を実現しています。 2021 年 11 月 29 日(米国時間)、Graviton2 の料金パフォーマンス上のメリットを、グラフィックスアプリケーションや機械学習推論などの GPU ベースのワークロードにまで拡張する Amazon EC2 G5g インスタンスの一般提供の開始を発表しました。G5g インスタンスは、Graviton2 プロセッサに加えて NVIDIA T4G Tensor Core GPU を備えており、最大 25 Gbps のネットワーク帯域幅と 19 Gbps の EBS 帯域幅で、Android ゲームストリーミング向けに最高の料金パフォーマンスを提供します。 これらのインスタンスでは、x86 ベースの GPU インスタンスと比較して、Android ゲームストリーミングのストリームごとの 1 時間あたりのコストを最大 30% 低く抑えることができます。費用対効果の高い推論を求めていて、CPU パフォーマンスの影響を大きく受ける機械学習モデルを持ち、NVIDIA の AI ライブラリを活用する機械学習デベロッパーにも G5g インスタンスは最適です。 G5g インスタンスは、以下に示すように […]

Read More

新しい Amazon Inspector – クラウドワークロード向けの脆弱性管理が改善および自動化

Amazon Inspector は、あらゆる規模の組織がセキュリティ評価と管理を大規模に自動化するために使用するサービスです。Amazon Inspector は、意図しないネットワークへの露出、ソフトウェアの脆弱性、およびアプリケーションセキュリティのベストプラクティスからの逸脱がないかどうかをスキャンして、組織が AWS にデプロイされたワークロードについてのセキュリティとコンプライアンスの要件を満たすのをサポートします。 2015 年の Amazon Inspector のリリース以降、クラウドのお客様にとっての脆弱性管理は大きく変化しました。過去 6 年間を超える期間にわたって、評価レポート、プロキシ環境のサポート、Amazon CloudWatch メトリクスとの統合など、チームはお客様からのご要望があった新しい機能をいくつか提供してきました。しかし、チームは、大規模かつフリクションレスなデプロイの実現、評価が必要な幅広い一連のリソースタイプのサポート、迅速な検出と修復についての重要なニーズなど、満たすべき新たな要件があることも認識していました。2021 年 11 月 29 日(米国時間)、以下の機能でこれらの要件を満たすことができる、新しい Amazon Inspector を発表します。

Read More