Amazon Web Services ブログ

Tag: Direct-to-Consumer (DTC)

205

【InterBEE 2021登壇事例】株式会社 U-NEXT 「AWS のマネージドサービスをフルに活用したマルチチャンネル対応ライブ配信の実現」

AWSは2021年11月17日−19日にて開催のInter BEE 2021にオンライン出展しました。今回はInter BEE 2021出展社セミナーで登壇いただいた内容をBlogでお伝えします。本Blogでは、株式会社 U-NEXT 様にご登壇いただいた「AWS のマネージドサービスをフルに活用したマルチチャンネル対応ライブ配信の実現」の概要について簡単にご紹介させていただきます。

Read More

顧客の関心に基づいて商品在庫の更新を自動化する

このブログ記事では、マーケティングメッセージをカスタマイズできるように、製品カテゴリに対する顧客の関心を捉えるプロセスを自動化するためのソリューションを紹介します。小売業の例を使用して、AWS のサービスを使用して、顧客に関連するコミュニケーションを生成する高度なプロセスを構築する方法を示します。このソリューションはモジュールごとに別れているため、ビジネスとユースケースに重要な部分のみを構成できます。

Read More

消費財業界における Direct-to-Consumer 販売(直販)への道

消費者の購買習慣はパンデミックにより世界中で急速に変わり、多くの消費財(CPG)企業は、市場シェアの拡大とブランド構築、新商品のテストなど消費者により近づくための手段として Direct-to-Consumer (直販、以降 DTC)を伸ばす機会を狙っています。Forbes の記事で指摘されているように、e コマースは2020 年のパンデミックによって加速され、近年では 2 桁成長となっており、消費財企業は DTC 戦略を迅速に展開あるいは、拡大する方法を模索しています。しかし、消費財企業が DTC 展開を、リスクを最小限に抑えつつ妥当なコストで、かつ迅速に推進するにはどうすればよいのでしょうか。このブログでは、VTEX 社のエンドツーエンドテクノロジーソリューションである DTC Launchpad(訳注: ローンチパッドは発射台の意味。転じて素早く起動するためのもの)を紹介します。VTEX 社は長年にわたり AWS における小売業界コンピテンシーのテクノロジーパートナーであり、コマースソリューションを世界的に牽引するプロバイダーです。

Read More
jpmne-contextualized-viewer-engagement-and-monetization-for-live-ott-events

ライブOTTイベントにおけるコンテキスト化された視聴者エンゲージメントと収益化

人気のライブ配信イベントの多くは、そのコンテンツのスリルや予測不能性、新鮮さ、未知要素によって、視聴者の高い注意を引き付けます。一方、オーバーザトップ (OTT) の世界では、ラストマイルのネットワークレイテンシーとメディアプレーヤーバッファによって、多くの場合、視聴者はリアルタイムよりも少なくとも数秒遅れに抑えられています。視聴者のその関心の高まりとラストマイルのネットワークレイテンシーを組み合わせて活用することで、コンテキスト化されたハイパーターゲットによるエンゲージメントや、ティーザー広告、サプライズを提供することができます。それは、収益化の機会の増大や効果的な視聴者エクスペリエンスにつながる可能性があります。ライブコンテンツのコンテキストと視聴者プロファイルに応じて、パーソナライズされ、コンテキスト化されたエンゲージメントのインストルメント(手段)を、ほぼリアルタイムで視聴者のインターフェイスにプッシュすることが可能です。そのようなインストルメントには、トリビア、クーポンのオファー、投票、コンテスト、アクションを促すパーソナライズされた広告などがあります。

Read More
getting-started-with-aws-elemental-live-and-dolby-vision

AWS Elemental LiveでDolby Visionストリームを生成する

ハイダイナミックレンジ(HDR)技術は、比較的新しく市場で利用され、常に変化し続けています。HDR技術には、映像の明るさ(輝度)、鮮やかさ(色域)の広い美しい映像コンテンツを作成するために選択肢が数多くあります。例えば、HDR10、HDR10+、HLG、Dolby Visionなどです。この記事では、Dolby Visionの主な利点と、AWS Elemental Liveエンコーダを使用してDolby Vision対応ストリームを構成する方法を紹介します。

Read More
improve-streaming-content-security-with-speke-v2-0-and-aws-elemental-mediapackage

SPEKE v2.0とAWS Elemental MediaPackageでコンテンツセキュリティを強化する

CPIXとSPEKEの歴史 2015年にDASH-IFのCPIX(Content Protection Information Exchange Format)仕様が発表されるまで、エンコーダーやパッケージャーがキーサーバーに暗号化キーを要求する際に利用できる標準的なペイロードフォーマットはありませんでした。CPIXはこのギャップを埋めるために、XMLをベースにしたハイレベルなフレームワークを提供し、保護するストリーム、関連する暗号化キーを記述し、マニフェストのシグナリング情報を伝えるものです。 CPIXは当時の業界にとってまさに革新的なものでしたが、その適用範囲は限られていました。CPIXは、実装者をサポートするための複数のオプションを持つ、幅広いフレームワークであり、XMLをやりとりするための標準的なAPIは含まれておらず、当時はDASHのユースケースのみをカバーしていました(HLSやSmooth Streamingのユースケースは含まれていませんでした)。 AWS Elementalは、CPIX v2.0をベースに、2017年末にSPEKE(Secure Packager and Encoder Key Exchange)仕様を作成しました。SPEKE v1.0は、CPIXエクステンション、CPIXプロファイル、CPIX APIを実装しました。CPIXエクステンションは、HLSおよびMSSシグナリングのユースケースをカバーするためのカスタムXML名前空間を追加しています。CPIXプロファイルは、サポートされるCPIX機能の数を特定のスコープに制限し、CPIX APIは、オンプレミスとクラウドの両方のデプロイメントトポロジーをカバーします。

Read More

ヘッドレスコマース: 消費財企業にとってなぜ重要なのか

ヘッドレスコマース。この言葉は 2021 年の流行語対象にノミネートしてもよいくらいでしょう。非常にホットなトピックになっています! ヘッドレスコマースとは何なのでしょうか。そしてなぜ重要なのでしょうか? このブログでは、eコマース領域で最も議論されつつあり、一方ほとんどまだ理解されていない、この新しい言葉について解説します。 消費財企業リーダーとテクノロジーチームがヘッドレスコマースを理解すれば、アーキテクチャを実装するための戦略構築を始めることができます。

Read More

消費財業界においてマイクロサービスアーキテクチャに移行するための成功戦略

以前のブログ投稿(DTC e コマースサイトをモダナイズするための3つのステップ)では、消費者向け(Direct-to-consumer; DTC) e コマースサイトをモダナイズするための3つの戦略について共有しました。 DCT e コマースサイトを AWS にリフト&シフトする e コマースサイトのアーキテクチャを分解しマイクロサービス化する サーバーレスコンピューティングに移行し、ビジネスに集中する なぜ消費財業界においてマイクロサービスなのか? このブログでは、マイクロサービスアーキテクチャを適用してウェブサイトを再設計するための戦略について詳しく説明します。消費財企業にとっては非常に関心の高いことです。まず DTC ウェブサイトがモノリスな、かつ、レガシーテクノロジーで構築され、開発チームと DBA チームによって管理されているという前提で話を進めます。クラウドテクノロジーが出現し主流となったところに、パンデミックによる混乱が引き起こされたことで、企業ブランドはこれまで以上に柔軟で俊敏な e コマースサイトを必要とするようになりました。

Read More
transforming-audio-and-shared-content-in-the-amazon-chime-sdk-for-javascript

Amazon Chime SDK for JavaScriptでオーディオやコンテンツを会議で共有する方法

バーチャル会議では参加者は通常の音声やビデオに加えて、リッチメディアを共有したいというお客様の要望を聞きます。Amazon Chime SDKは、アプリケーションやブラウザからのメディアを会議で共有することを可能にします。例えば、オンライン・フィットネス・クラスの音楽などです。オーディオやビデオはローカルコンピュータ、ローカルメディアファイル、ブラウザタブ、またはインターネット上の他のソースから共有できます。

Read More

消費財業界パートナー対談: Treasure Data を活用した顧客データ戦略

COVID-19 のパンデミックはかつてない混乱を引き起こし、数日のうちに私たちの世界は大きく変わりました。外出自粛、マスク着用義務、ソーシャルディスタンスが定着するにつれ、新しい買い物のパターンが急速に拡がりました。おそらく、パンデミックの劇的な影響を、消費財(Consumer Packaged Goods; CPG)業界ほど強く感じた業界はないでしょう。しかし、リーダーたちは、レジリエンス、粘り強さ、そしてイノベーションによって前進しています。私たちは、AWS の消費財業界パートナー企業の経営陣と対談し、この混乱を乗り越えるためのリーダーシップとイノベーションに関する考えをお聞きしました。このブログ連載をお楽しみください。ご質問やご提案がございましたら、ぜひコメントをお寄せください。

Read More