Amazon Web Services ブログ

Tag: Live Streaming

AWS Elemental LiveがDolby Atmos® エンコーディングをサポート

近年の技術革新と顧客体験の向上を求めて、HDR映像のDolby VisionとイマーシブオーディオのDolby Atmosの採用が広がっています。コンテンツの制作から配信、消費を担う、デジタルメディアサプライチェーンが成熟し拡大している中、顧客はDolby Visionによる、よりリッチな色彩、詳細なローライト、高いダイナミックレンジ、そしてDolby Atmosによる没入型オーディオ体験の恩恵を受けることができるようになってきています。 この記事ではDolby Atmosの主な利点に焦点を当て、AWS Elemental Liveエンコーダーを使用してDolby Atmos対応ストリームを構成する方法について詳しく説明します。

Read More

Amazon ChimeSDK と Amazon IVS で RubyKaigi を数日で構築するには

本投稿は、Cookpad のシニアソフトウェアエンジニアで、RubyKaigi オーガナイザーでもある Sorah Fukumori 氏による寄稿です。本稿での意見は第三者によるものであり、この記事の内容及び正確さについて AWS は責任を負いません。 RubyKaigi は日本で開催されている、プログラミング言語 Ruby に関する世界最大級の国際カンファレンスです。長引く COVID-19 の影響で、私たちはオフラインでの開催を諦め、オンラインでの開催を決定しました。2020 年、RubyKaigi Takeout 2020 と称し無料で広く使われているオンラインビデオサイトを使用して初のバーチャルカンファレンスを開催しました。そして、 2 回目のバーチャルカンファレンスとなる今年の RubyKaigi Takeout 2021 では、私たちのニーズにあったバーチャルカンファレンスソリューションを構築し、有料で開催することを決定しました。

Read More
how-amazon-live-is-creating-interactive-shoppable-livestreams-for-customers-powered-by-amazon-ivs

Amazon LiveでのAmazon IVSを活用したインタラクティブなShoppable(ショッパブル)ビデオライブストリーム

OTTコンテンツ、ソーシャルメディア、そしてコネクテッドテクノロジーが普及した今、消費者はこれまで以上にライブやオンデマンドのビデオに注目しています。約80%の消費者はブログを読むよりもライブビデオを見たいと考えており、一般的なビデオストリーミングはインターネットトラフィックの80%以上を占めると推測されています。米国でいち早くライブストリーム・ショッピングを開始したAmazon Liveは、Amazon Interactive Video Service(Amazon IVS)を利用して、お客様とお気に入りのインフルエンサーやブランドとを結びつけ、インタラクティブなライブストリームを通じてお客様にショッピングのインスピレーションを提供しています。

Read More

小売業界での Amazon Interactive Video Service と Amazon Personalize 活用のハウツーガイド

ライブストリーミングの人気はますます高まっており、オンラインでのお客様とのやり取りの新たな機会を拡げています。魅力的なコンテンツを提供するライブストリーミングにより、お客様のオンラインショッピングへの流れを促進し、購買体験をオンラインエンゲージメントの1つに加えることができます。また、オンラインストアが提供するパーソナライズされたレコメンデーションによって適切な商品を適切なタイミングでおすすめすることで、お客様のエンゲージメントとコンバージョンを最大化することができます。 このブログでは、ライブストリーミングとパーソナライゼーションを構成して e コマースサイトに展開する方法の詳細をご紹介します。

Read More
Elemental Live supports JPXS

AWS Elemental LiveオンプレミスエンコーダーでJPEG XSおよびSMPTE2110-22をサポート、AWS クラウドでの非圧縮動画ワークフローを実現

AWS Elemental Liveはさまざまな IP 動画ワークロードで高い信頼性と豊富な機能を提供するソフトウェアベースのオンプレミスエンコーダーです。先日の2.21.3 GA ソフトウェアリリースで JPEG XS のエンコーディング・デコーディングおよびSMPTE2110-22入出力をサポートしました。JPEG XSは低レイテンシーかつ視覚的にロスレスなコーデックで、SMPTE2110-22により映像伝送サービスAWS Elemental MediaConnect経由でクラウドへのロスレス入出力をサポートします。 MediaConnect ではAWS Cloud Digital Interface (AWS CDI) フローをサポートしており、AWS クラウドでの非圧縮の動画ワークフローを構築できます。この度のElemental Live のJPEG XS及びSMPTE2110-22入出力サポートにより、AWS CDI フローにAWS Direct Connect を効率的に利用することで、オンプレミスの SDI および SMPTE 2110 動画ネットワークを Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) VPC ライブ動画ネットワークにブリッジできるようになりました。フローにJPEG XS を使用することで、クオリティやレイテンシーを犠牲にすることなく、クラウド動画の帯域幅を最大 90% 削減できます。

Read More