Amazon Web Services ブログ

Category: Database

Microsoft Excel を使用した AWS DMS タスクのための AWS CloudFormation テンプレートの作成

このブログ記事では、AWS Database Migration Service (AWS DMS) タスクのための AWS CloudFormation テンプレートの作成を自動化するツールについてお話します。DMS タスクのための CloudFormation テンプレートの作成方法をお探しで、CloudFormation に関する知識をお持ちでない場合は、ぜひこの記事をお読みください。

Read More

Amazon RDS for MySQL のパラメータ設定 パート 1: パフォーマンス関連のパラメータ

この記事では、RDS for MySQL インスタンスからベストパフォーマンスを引き出すために留意すべき最重要のパラメータを扱います。これらを調整して、ワークロードに適合させ、ベストプラクティスにも合致させることができます。

Read More

Amazon Neptune が東京リージョンに対応しました。

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス、プロダクトマーケティング エバンジェリストの亀田です。 Amazon Neptune が東京リージョンに対応しましたのでご報告します。 Amazon Neptuneはフルマネージド型のグラフデータベースです。グラフデータは例えば以下の図のような、高密度に結合したリレーショナルデータのことを指します。 このようなデータを通常のリレーショナルデータベースに格納するためのテーブル設計はそれほど難しいものではありません。一方一度テーブルに格納された上記のデータをSQLを駆使しSelectを行い上記の図を復元することを考えた場合、そのSQL実行コストは大きいものになります。グラフデータベースである、Neptuneはあらかじめこれらのデータの取り扱いに特化した機能を有しおり、ACID属性が備わっています。 数十億のリレーションシップの保存とミリ秒台のレイテンシーでのグラフのクエリに最適化され、一般的なグラフモデルである Property Graph と W3C の RDF、それぞれのクエリ言語である Apache TinkerPop Gremlin と SPARQL がサポートされています。 また、可用性は99.99%を上回るよう設計されており、リードレプリカ、ポイントインタイムリカバリ、Amazon S3 への継続的なバックアップ、およびアベイラビリティーゾーン間のレプリケーション機能などがフルマネージドサービスとしてあらかじめ備わっており、ユーザーは開発に集中することができます。データ暗号化機能も AWS Key Management Service (KMS)  との連携によりサポートされ高いセキュリティを実現できます。 レコメンデーション機能も備わっており、以下のようなデータから、新しいデータの相関を抽出することが可能です。 さらに、個人の E メールアドレスに関連付けられた複数の人物、同じ IP アドレスを共有しているが別々の住所に住んでいる複数の人物など、リレーションシップパターンを簡単に検出するグラフクエリを構築することにより、不正検出の実装などに役出ることもできます。 この Amazon Neptune はソーシャルの相関図以外にも多くの用途があります。例えば以下のようなネットワークのログなどから以下のようなデータ相関を作成し、異常なイベントの発生時にその影響範囲の特定に役立てることができます。そして、例えば、ホストで悪意のあるファイルを検出した場合、Neptune では、悪意のあるファイルを広めたホスト間の接続を特定し、その接続をたどってそのファイルをダウンロードした元のホストを突き止めることができます。   Amazon Neptuneの利用には Gremlin か SPARQL のクライアントが必要となります。 https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/neptune/latest/userguide/intro.html のユーザーガイドを見て設定してみてください。 20180703 AWS Black Belt […]

Read More

Amazon DynamoDB が、7 歳の誕生日!

7 年前の今日、AWS の CTO であった Werner Vogels が Amazon DynamoDB のリリースを発表しました。そこで、2018 年と 2017 年の「最新情報」の記事を振り返って、DynamoDB の最近の成長を示すのもおもしろいだろうと考えました。こうした記事は、トランザクション、オンデマンドキャパシティモード、ポイントインタイムリカバリ、グローバルテーブル、バックアップとリストア、Auto Scaling など、さまざまな機能リリースをすべて説明しています。

Read More

Amazon RDS for Oracle における UTL_FILE 問題の解決

 データベースと各種アプリケーションサーバー間でファイルを転送するための一般的な手法として、Oracle の機能である UTL_FILE があります。UTL_FILEを使うと、クライアントサーバーが POSIX 対応のディレクトリにファイルをコピーし、その後そこからファイルを読み取ることを可能にします。さらに、データベースが PL/SQL ルーチンを使用して、これらの同じファイルに対する読み取りと書き込みを行うことも可能にします。 しかし Amazon RDS 上のOracle Databaseへの移動時には、UTL_FILEを用いたファイル転送において問題が生じます。データベースはサーバ上のファイルの読み取りと書き込みを実行できるのですが、これらのディレクトリは外部システムに公開されていないため、外部システムはそれらにアクセスできません。この問題は、多くの組織にとって Amazon RDS for Oracle を導入する妨げとなっています。 このブログ記事では、この問題を解決するプロセスについて順を追って説明していきます。このプロセスは、Oracle PL/SQL ルーチンを使用して Amazon S3 バケットに Oracle RDS インスタンスを統合することによって問題を解決します。こうすることで、現在 UTL_FILE によって提供されている機能性に似た外部ファイル転送メカニズムが提供されます。 このブログ記事では、Amazon RDS for Oracle インスタンスの変更プロセスのみを取り上げます。追加の参照情報は、以下のドキュメントトピックで見つけることができます。これらは、RDS for Oracle インスタンスを作成して、そのインスタンスにアクセスするためのプロセスを説明しています。 Amazon RDS のセットアップ Amazon RDS の使用開始 Oracle DB インスタンスを作成して Oracle DB インスタンス上のデータベースに接続する また、以下のドキュメントトピックにも追加の参照情報があります。これらには、このプロセスをテストするための S3 バケットの作成プロセスが説明されています。 Amazon Simple […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon Redshift Update 資料及び QA 公開

先日 (2018/1/22) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon Redshift Update」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20190122 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Redshift Update from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. Redshiftアドバイザ実行中、Redhiftのパフォーマンスに影響を及ぼさないでしょうか? A. Redshiftアドバイザのための各種ログ収集は内部的にスケジューリングされて自動実行され、パフォーマンスに影響を及ぼさないように動作します Q. クエリエディタについて質問です。ds2.xlargeでも、将来的に使えるようになるのでしょうか? A. 将来的なことはご回答できませんが、お客様のRequestに答えられるよう活動してまいります​ 今後の AWS Webinar スケジュール 直近で以下のオンラインセミナーを予定しています。各オンラインセミナーの詳細およびお申し込み先は下記URLからご確認いただけます。皆様のご参加をお待ちしております! AWS Black Belt Online Seminar 1月分申込先 ≫ AWS Black Belt Online Seminar 2月分申込先 ≫ 2019 年 1 […]

Read More

一元化された AWS バックアップサービス、AWS Backup の紹介

昨日サービスの提供が開始された AWS Backup は、完全マネージド型の AWS バックアップソリューションを提供するために Amazon DynamoDB、Amazon EBS、Amazon RDS、Amazon EFS、および AWS Storage Gateway と統合されています。AWS Backup は、クラウド内だけではなくオンプレミスの AWS のサービス全体におけるデータのバックアップと保持を一元化し、自動化します。AWS Backup コンソールの統合されたビューによって、バックアップの監視、バックアッププランの管理、および監査情報の提供を行うことができ、内部ポリシーと外部の規制監査に対するコンプライアンスを確実にするプロセスがシンプルになります。 地域ごとの可用性に関する情報については、AWS のリージョン表を参照してください。 詳細については、完全な AWS News Blog 記事をお読みください。   著者について Craig Liebendorfer は、アマゾン ウェブ サービスのシニアテクニカルエディターです。この写真は、アイスランドでバスを待っている Craig と Elizabeth です。    

Read More

Coffee Meets Bagel が、Amazon ElastiCache for Redis を使用してリコメンデーションモデルを強化

Coffee Meets Bagel 社が、サービスやモバイルクライアントのレイテンシーをできるだけ短くしながら高品質のマッチングを作成するために、Elasticsearch を使用してリコメンデーションを事前に計算するという選択をしたアプローチ、およびリコメンデーションを保存して提供するために Redis を選択した理由について説明します。また、Amazon ElastiCache for Redis によって、エンジニアリングチームの管理およびインフラストラクチャメンテナンスの作業が、どのように簡略化されたかについても説明します。

Read More

AWS クラウドへの移行時にデータベースコストを削減して可用性を向上させる

従来のオンプレミスデータベースのライセンスコストとインフラストラクチャコストは増えつづけ、データベースのスケーリングが大きな課題になっています。このような場合には何ができるでしょうか? このブログ記事では、AWS クラウドに移行するときにデータベースコストを削減し、可用性を向上させる戦略について説明します。

Read More