Amazon Web Services ブログ

Category: Industries

stream-tennis-matches-through-aws-elemental-medialive-and-generate-real-time-replays-with-amazon-rekognition

AWS Elemental MediaLiveとAmazon Rekognitionでリプレイ映像をリアルタイムで作成する~ テニスでの活用例 ~

放送局では自動化による運用コスト削減のために、クラウドを利用するケースが増えています。例えば、スポーツのライブ中継では、リプレイ映像が利用されます。この作業は従来、編集者が手作業で行っていました。編集者はイベント全体を見て、注目すべきセグメントの開始(マークイン)と終了(マークアウト)のタイムスタンプにフラグを立てます。そして、これらのセグメントをつなぎ合わせて、様々な長さのリプレイを作成します。最新の機械学習(ML)技術を使えば、このような手間のかかる作業を人手を介さずに自動的に行うことができます。この記事ではテニスの試合を例に、AWS Elemental MediaLiveによるビデオストリーミングと、Amazon Rekognitionによるリアルタイムのリプレイ生成を紹介します。

Read More
capture-amazon-chime-sdk-meetings-using-media-capture-pipelines

Amazon Chime SDK Meetings Media Capture Pipelineの利用方法

Amazon Chime SDKの新機能により、デベロッパーはミーティング内容をキャプチャできるようになります。この新しい機能であるメディアキャプチャパイプラインは、会議音声、動画、およびコンテンツ共有ストリームを会議のイベントやデータメッセージとともにキャプチャし、デベロッパーによって指定されたAmazon Simple Storage Service(Amazon S3またはS3)バケットに保存します。Amazon Chime SDKを使用したメディアキャプチャパイプラインは、デフォルトで次のような機能を提供します。(キャプチャしている間に)ミックスされた会議音声ストリームをキャプチャする、アクティブなスピーカーがビデオ利用可能な場合、スピーカーの動画をキャプチャする、そして、コンテンツ共有ストリームについても利用可能な場合、キャプチャすることができます。デベロッパーは、アクティブなスピーカーの動画をオフにするようリクエストすることで、代わりに各参加者がアクティブな時に個々の動画ストリームをキャプチャすることができます。すべてのミーティングアーティファクトは、デベロッパーが指定したS3バケットに、最大5秒のチャンクファイルで会議中保存されます。

Read More

MONAIフレームワークを利用して、Amazon SageMakerで医用画像解析パイプラインを構築する

この記事は、“Build a medical image analysis pipeline on Amazon SageMaker using the MONAI framework” を翻訳したものです。 医用イメージングは、臨床医が疾患を特定し、より良い診断を行い、患者のアウトカムを劇的に改善できるようにする形で医療を変革しました。デジタル医用画像には、超音波、X線、コンピュータ断層撮影(CT)、磁気共鳴画像(MRI)、陽電子放射断層撮影(PET)、網膜写真、組織学スライド、皮膚鏡検査画像など、いくつかのモダリティ(撮影機器)があります。畳み込みネットワークなどのディープラーニングアルゴリズムの最近の開発は、診断と意思決定を補完し、臨床医に疾患に関する洞察を提供し、反復を自動化することで、医用画像のパターンを特定および分類するのに役立っています。タスクを実行し、高リスク状態の患者の迅速なトリアージを可能にします。

Read More

旅行の「次のノーマル」:トラベル&ホスピタリティの未来にカスタマーエンゲージメントが不可欠な理由

この記事は、Braze社にてグローバルストラテジックアライアンスディレクターを務める、Ido Bar Oz氏によるゲスト投稿です。Braze社は AWS トラベル&ホスピタリティコンピテンシーパートナーです。 — ホテルの客室が利用されておらず、フライトが世界中で欠航した1年を経て、休暇時の価格帯の上昇は、一部の旅行者が再び世界を探検する準備ができていることを示しています。しかし、2024年までは完全な回復が期待されないため、トラベルブランドは顧客との関係を取り戻し、新しいユーザーとの関係の構築に取り組むために、大きな課題と機会に直面しています。

Read More

【開催報告】「中堅・中小製造業におけるクラウド活用の実例とユースケース徹底解説!」セミナー

皆様こんにちは! アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 ソリューションアーキテクトの内田です。2021年7月1日にオンラインで開催した「中堅・中小製造業におけるクラウド活用の実例とユースケース徹底解説!」セミナーは、170名を超えるお客様にご参加いただき、ご好評いただけたセミナーとなります。 本セミナーでは、実際のお客様事例を通して中堅・中小製造業における Amazon Web Services (AWS) の価値をご理解いただくとともに、製造業の各業務領域における活用ユースケースをご紹介しております。同時に、お客様がクラウド活用に際して直面する不安や懸念に対する解決策を示し、AWSクラウド活用を開始する方法を提案しております。 本記事では、当日使われた資料、動画の掲載、および各発表をまとめた内容も記載しております。是非ご活用ください。

Read More

How to : Amazon Lex と Babylon.js と AR/VR のハンズフリーインタラクション

本ブログは “How to: Hands-free interaction for AR/VR with Amazon Lex and Babylon.js” を翻訳したものです。 クラウドが空間コンピューティングアプリケーションの開発にどのように役立つのか疑問に思うのはよくあることです。空間コンピューティング/拡張現実 (AR) /バーチャルリアリティ (VR) /3D での作業のほとんどは、フロントエンドの設計とハードウェアの最適化に焦点を当てています。アプリケーションの統合性が高くなり、開発が容易になるにつれて、クラウドは完全な空間アプリケーションにおいて重要な役割を果たします。継続的インテグレーション/継続的デプロイメントなどの DevOps の原則や、Amazon Lex などのアプリケーション層の機械学習サービスは、空間コンピューティングワークロードの相互作用とエンゲージメントの新しい効率的な方法を実現するのに役立ちます。 この記事では、継続的インテグレーション/継続的デプロイ (CI/CD) パイプライン管理に AWS クラウドを使用するシンプルなアプリケーションを作成する手順について説明します。また、Amazon Lex を使用して、自分の声でやり取りやエンゲージメントを制御する方法も示します。最終製品は、デジタルハウスを案内する音声制御の Web アプリケーションです。ボタンをクリックするか、または音声を使用して、家のプリセットビューと色をコントロールできます。

Read More

AWS でのバイオ医薬品プロセス開発のためのマルチフィジックスシミュレーションのデプロイ

本ブログは “Deploying multi-physics simulations for biopharma process development on AWS” を翻訳したものです。 このブログは、Amgen のデータサイエンス担当シニアマネージャー Fabrice Schlegel、Amgen のシニアアソシエイトソフトウェアエンジニア Joao Alberto de Faria、AWS のシニアSA Ammar Latif、および AWS のプリンシパル HPC スペシャリスト SA Pierre-Yves Aquilanti が共同執筆しました。 Amgen は、バイオ医薬品のプロセスに関する洞察を得るために、計算モデリングに依存しています。モデリングは、ラピッドプロトタイピングによって製品設計を改善し、シミュレーションサイクルタイムを短縮します。さらに、これらの計算モデルは、総開発コストの削減、製品プロセス開発サイクルの短縮、市場投入までの時間の短縮に役立ちます。 これらのマルチフィジックス計算モデルは、熱伝達や化学などの構造力学、計算流体力学(CFD)などを網羅しています。多くの場合、CPUとメモリを大量に消費し、強力なコンピュータまたはコンピュータのクラスタを解決する必要があります。このような大規模なクラスタは、ハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) 環境と呼ばれます。 Amgen Digital Integration and Predictive Technologies (DIPT) および情報システム (IS) チームは、現在の AWS クラウドインフラストラクチャの拡張として、オープンソースソリューションの Scale-Out Computing on AWS (SOCA) に基づいて HPC […]

Read More
build-a-live-streaming-chat-application-using-amazon-ivs-and-amazon-chime-sdk

Amazon IVSとAmazon Chime SDKでライブストリーミングチャットアプリケーションを作る方法

低遅延のライブストリーミングの構築やチャット機能の実装は、インタラクティブな体験を求めるお客様からの共通の要望です。例えば、UGC(ユーザー生成コンテンツ)を使ったライブ配信アプリを構築したいと考えているお客様は、ユーザー間の交流を深めるためにチャットを求めています。ライブコマースサービスでは、販売者はライブストリーミング中の製品チャットの問い合わせに対応する必要があり、教育分野では、教師が仮想教室でQ&Aを通じて学生と交流したいと思うかもしれません。 Amazon Chime SDKにAmazon Interactive Video Service (Amazon IVS)を統合することで、お客様は、フルマネージドで低遅延の、チャットを組み込んだインタラクティブなライブ放送イベントを構築することができます。 Amazon IVSは、低遅延でインタラクティブなライブストリーミング体験を迅速に構築するのに役立ちます。Twitchの技術をベースにしたAmazon IVSチャンネルは、完全に管理された低遅延のライブストリームであり、時間指定のメタデータAPIを使用して視聴者の体験を向上させます。 Amazon Chime SDKは、ライブストリーミング用に強化されたチャット体験の構築をサポートします。メッセージング機能であるAmazon Chime SDK for messagingのリリース以来、お客様は非同期、スケーラブル、永続的、インタラクティブなチャット体験やチャット機能を従量課金で構築できるようになりました。

Read More

ライフサイエンス企業の生産工程における「インダストリー4.0」基盤の構築

この記事は、”Setting the “Industry 4.0” foundations for life sciences manufacturing” を翻訳したものです。 はじめに このブログでは、ライフサイエンス企業の生産工程における課題と、アマゾンウェブサービス(AWS)のお客様がクラウドテクノロジーを使用して運用を改善する例をまとめています。また、AWSサービスを使用して「インダストリー4.0」の基盤を構築する方法を示すリファレンスアーキテクチャを紹介しています。最後に、お客様がデジタルな生産工程の成熟度を理解するために使用できるAWSアセスメントエンゲージメントについて説明し、またライフサイエンスの生産環境で共通のGxPワークロードをクラウドに導入するために重要なGxP許可リストのブログ記事を紹介しています。

Read More
aws-media-asset-preparation-system-maps

【Edit in the Cloud】AWS Media Asset Preparation System (MAPS)の構築ガイド

はじめに AWS Media Asset Preparation System (AWS MAPS)の紹介ブログ記事では、MAPSがAWSへのメディアのアップロード、ファイル/フォルダの整理、AWSストレージボリューム上でのファイル移動、メディアの準備、権限の割り当て、検索、フィルタリング、コンテンツ配信などの課題をどのように解決するかについて概要を説明しました。この記事では、MAPSが制作プロセスにおいてどのように重要な役割を果たしているかの概要を説明し、お客様の環境にMAPSを導入する方法を詳細に説明するステップバイステップガイドを提供します。  MAPSを導入した後はこのガイドを参考にして、本番制作環境のパイプライン構築に繋げていただければと思います。

Read More