Amazon Web Services ブログ

Category: Industries

AWS Marketplace と AWS Data Exchangeが日本のベンダーをサポートしました

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、シニアアドボケイトの亀田です。 AWS Marketplace と AWS Data Exchangeが日本のベンダーをサポートしましたのでお知らせいたします。 日本に拠点を置く独立系ソフトウェアベンダー(ISV)、データプロバイダー、およびコンサルティングパートナーは、AWSMarketplaceおよびAWSDataExchangeで取引ができるようになりました。これに、日本の数十万のアクティブなAWSのお客様が利用できるソフトウェアとデータの提供範囲が広がります。 AWS Marketplaceは、8,000件以上の商品リストで構成される厳選されたデジタルカタログであり、50カテゴリーあるサードパーティ製ソフトウェアの検索、テスト、導入、管理を容易に行えます。本サービスは世界中の24のAWSリージョンで展開されており、そこでお客様はソフトウェア製品を一元的に検索・比較でき、AWSのコンソールパネルへのログインからわずか数分で、事前構成済みのソフトウェアを迅速に起動できます。 AWS Data Exchange では、お客様はクラウド内のサードパーティデータを簡単に検索、サブスクリプション、使用ができるようになります。認定データプロバイダーには、次のような業界をリードする企業が含まれます。ロイターは、年間 220 万件を超える独自のニュース記事のデータを複数の言語で収集しています。Change Healthcare は、ヘルスケア事業で年間 140 億以上の取引件数と年間 1 兆 USD の売上を持つ企業です。 Dun& Bradstreet は、3 億 3 千万件以上のグローバルな業務記録のデータベースを管理しています。Foursquare は、2 億 2000 万人の固有の消費者から位置データを取得し、それらのデータには 6,000 万か所を超えるグローバルな商業施設が含まれています。データプロバイダーの場合、AWS Data Exchange で、データストレージ、配信、請求、資格付与のためのインフラストラクチャを構築および管理する必要性を排除でき、クラウドに移行中の数百万人におよぶ AWS のお客様に簡単にアクセスできます。 お客様は、AWSMarketplaceおよびAWSDataExchangeで日本に拠点を置くソフトウェアおよびデータプロバイダーから直接ライセンスなどを購入できるようになりました。 AWS Marketplaceのコンサルティングパートナープライベートオファー(CPPO)を使用して、ローカルおよび地域のコンサルティングパートナーを通じてソフトウェアを調達することもできます。 ソフトウェアやデータプロバイダーのメリット この拡張により、日本のISVとデータプロバイダーは、世界中の数十万のAWSMarketplaceバイヤーとAWSDataExchangeサブスクライバーにリーチできるようになりました。これは、グローバルビジネスの成長にも役立ちます。 インサイトテクノロジー、アプトポッド、テックビューロホールディングスなどのISVのソフトウェアがAWSMarketplaceにリストされるようになりました。また、日経、 QUICK、および JMDCのデータ製品がAWS DataExchangeにリストされるようになりました。 日本のISVは、AMIやSaaSなどの複数のソフトウェア展開モデルを顧客と取引することができます。 ISVは、柔軟なサブスクリプションから複数年契約まで、さまざまな契約モデルを提供することもできます。データプロバイダーは、サブスクライバーに簡素化されたデータアクセスと管理を提供し、AWS Data […]

Read More

NIH STRIDESの成果として: 米・国立生物工学情報センターのコロナウイルスゲノム配列データセットをAWS上で公開

Amazon Web Services (AWS) と 米・国立衛生研究所 (National Institutes of Health :NIH) の米・国立生物工学情報センター (National Center for Biotechnology Information: NCBI) は、新型コロナウイルス感染症  (COVID-19) の研究を支援するためのコロナウイルスゲノム配列データセットの作成を発表しました。このデータセットは AWS Open Data Sponsorship Program によってホストされ、AWS 上の Registry of Open Data でアクセス可能であり、研究者がCOVID-19の研究で使うためにコロナウイルスの配列データに無料で素早く簡単にアクセスできます。 コロナウイルスのデータをクラウドに一元化 コロナウイルスゲノム配列データセット は、研究者が提出した次世代シーケンスのデータ(元のファイル形式)と、米・国立医学図書館 (National Library of Medicine : NLM) で NCBI によってホストされる SRA プロセスのシーケンスデータ(ETLファイルフォーマット)の集合体です。このデータセットは、NIH Science and Technology Research Infrastructure for Discovery,Experiments,and Sustainability […]

Read More

[開催報告] Amazon Interactive Video Service ローンチセミナー

2020 年 8 月 18 日に新しいサービス Amazon Interactive Video Service (Amazon IVS) について、サービス概要と使い方を実演でご説明するほか、ゲストスピーカー様(株式会社ディー・エヌ・エー様)より現場での活用をご紹介していただくイベントを開催しましたので、その資料公開とともに内容をブログでお届けします。 Amazon IVS は、コンテンツの取り込み、処理、配信までの動画ワークフローを一括でまとめられるマネージド ライブストリーミング ソリューションです。汎用ストリーミングソフトウェアから Amazon IVS を介し、ウェブサイトやアプリへ低遅延のままライブストリームを配信できます。

Read More

【開催報告】AWS Autotech Forum 2020 Online #1

はじめに みなさんこんにちは、ソリューションアーキテクトの福嶋、渡邊です。AWS では 2018 年・2019 年と実施してきた自動車業界向けクラウドテクノロジーカンファレンス「AWS Autotech Forum」を夏と冬の2日間に拡大し、「AWS Autotech Forum 2020 Online #1」を8/7にオンラインにて開催させていただきました。オンライン開催第一回目となる今回は、MaaS、自動運転開発、コネクテッドカー、エッジコンピューティング、マップ/ロケーションサービス等の分野において、先進的な取り組みを志向する企業のビジネスリーダー、エンジニアの方々に向けて、お客様の新たなビジネスをご支援させていただく中で学んできた、汎用的に利用可能なプラクティスやテクノロジーの活用シーンを AWSのソリューションアーキテクトからご紹介させていただきました。 オープニング 自動車業界における AWS の取り組みとお客様事例 ソリューションアーキテクト安藤から皆様の新しいビジネスの企画立案に役立てていただくために、 AWS の活用事例や取り組みについてご紹介しました。 テクノロジートレンドの CASE (Connected/Autonomous/Shared/Electric) はすでに多くのお客様が取り組まれており、ビジネストレンドである MaaS への注目度も日増しに高まっています。 MaaS にはエマージングビジネスの側面と企業間アライアンスによる新プラットフォームビジネスの側面があり、AWS を活用いただくことで「価値創出への集中」「最新技術の活用」「試行錯誤の繰り返し」といったメリットをご享受いただけます。 セッションの中では実際に、 AWS をご活用いただいている企業の事例や CES 2020 において Amazon と AWS が共同で発表した自動運転で走行する電気自動車におけるカーシェアリングサービスのコンセプトデモを例に AWS をご利用いただくことによるメリットがどのようなビジネス効果を生み出しているかをご説明しました。 登壇資料: 自動車業界における AWS の取り組みとお客様事例 MaaS関連セッション AWS Connected Mobility Solution (CMS) のご紹介 ソリューションアーキテクト高野からは、コネクテッドモビリティのシステム開発に関する AWS […]

Read More
Webinar Title

【開催報告】AWS 環境上での医療情報ガイドライン対応の最新動向 ウェビナー

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 インダストリー事業開発部 の佐近です。 ヘルスケア領域のシステム企画・開発・運用にご興味をお持ちのエンドユーザーおよびパートナーを主な対象として2020年7月16日に開催したウェビナー「AWS 環境上での医療情報ガイドライン対応の最新動向」は、400名以上の方々にご視聴いただけました。 本記事では医療情報システム向けAWS利用「リファレンス」作成パートナー5社の登壇内容を含む当日の資料・動画と、ウェビナー視聴者にAWSの活用を今後1年以内で新規にご検討中の分野を伺ったアンケートの回答結果を皆様にご紹介します。

Read More

新機能 – Amazon FSx for Lustre ファイルシステム向け高パフォーマンス HDD ストレージ

ゲノム解析、機械学習モデルのトレーニング、ハイパフォーマンスコンピューティング (HPC)、分析アプリケーションなど、多くのワークロードは、同じデータセットにアクセスする複数のコンピューティングインスタンスに依存しています。これらのワークロードでは、コンピューティングインスタンスのクラスターは、通常、高パフォーマンス共有ファイルシステムに接続されます。Amazon FSx for Lustre を使用することで、世界でも最も人気のある高パフォーマンス共有ファイルシステムを簡単かつコスト効率よく起動および実行できます。そして本日、FSx for Lustre 向けの新しいHDDストレージオプションを発表します。これにより、SSDストレージのミリ秒未満のレイテンシーを必要としないスループット集約型のワークロードにおいて、ストレージコストを最大 80% 削減します。 お客様は、スループットが主要なパフォーマンス属性である場合にワークロードのストレージコストを削減しながら、1 秒あたり最大 10 GB のスループットを達成できます。このようなスループット集約型ワークロードの 2 つの例として、ビデオレンダリングと財務シミュレーションがあります。 この発表には、シーケンシャルファイルデータの読み取りと書き込みに最適化された 2 つの新しい HDD ベースのストレージオプションが含まれています。1 つはストレージの TiB あたり 12 MB/秒のベースラインスループットを提供し、もう 1 つはストレージの TiB あたり 40 MB/秒のベースラインスループットを提供し、どちらもそのスループットレベルの 6 倍までバーストできます。頻繁にアクセスされるファイルのパフォーマンスを向上させるために、SSD キャッシュをプロビジョニングすることもできます。これにより、HDD ファイルシステムのストレージ容量の 20% に自動的にサイズ設定できます。SSD キャッシュでプロビジョニングされたファイルシステムでは、キャッシュから読み取られたファイルは、ミリ秒未満のレイテンシーで提供されます。 新しい FSx ファイルシステムは、複数の HDD ベースのストレージサーバーと 1 つの SSD ベースのメタデータサーバーで構成されています。メタデータサーバー上の SSD ストレージにより、ファイルシステム操作の大部分を占めるすべてのメタデータ操作が、ミリ秒未満のレイテンシーで行われます。 ストレージ容量により HDD のパフォーマンスが向上するため、ファイルシステムのボトルネックに遭遇することなく、ストレージソリューションを簡単にスケールアウトできます。以下、新しい […]

Read More

創薬ワークフローハンズオン~ Amazon Comprehend Medicalを利用したSNS/論文分析~

創薬研究において、クラウドリソースの活用は有用です。例えば、大規模計算に必要なHPC環境を必要な時に瞬時に立ち上げて処理したり、目視による画像分類・判別を機械学習により自動化する事で、従来多くの時間がかかっていた業務を短縮することができ、創薬プロセスを飛躍的に効率化することが可能です。しかしながら、クラウドのサービスやソリューションが業務にフィットするか検証するために、計算環境や機械学習環境を構築するには手間と時間がかかります。そのため、ヘルスケア・ライフサイエンスチームでは、創薬ワークフローに対するハンズオンといった業界特化のソリューションを提供することで、機能やソリューションが業務にフィットするかユーザの方々に体感頂いております(例えば、「化合物の溶解度予測」の内容はこちらに記載しています)。今回、当該ハンズオンに対してご要望の多かった、「AWS CloudFormation (以下、CFn)によるテンプレート化」を2つのハンズオンコンテンツで実装し、数回のクリックだけでご自身の環境にDeployできるようにしました。これにより、幅広いユーザーの方に利用頂き、ソリューションを体感頂ければと思います。

Read More

AWSを通じて日本取引所グループ(JPX)のarrownetにアクセスをする

“undifferentiated heavy lifting”という言葉をしばしば聞くことがあると思います。これは、競合他社との差別化にはなりえない作業にリソースを大量に消費することを言います。たとえば、サーバを構築し、OS にセキュリティパッチを適用するようなことです。このような作業は、より付加価値が高い製品やサービスを生み出すための活動から、ヒト・モノ・カネを奪い去ります。AWS では、お客様起点の重要な役割として、作業を簡素化し、自動化できるクラウドによるソリューションによって、開発者を”undifferentiated heavy lifting”から解放できるように支援しています。 金融業界では、過去20年間で大きな進歩を遂げています。たとえば、キャピタルマーケットの領域では、クラウドによるマーケットデータの活用により、トレーディングチームはリアルタイムでより良い洞察を導き出し、増え続けるデータからリスクをより効率的に計算できるようになりました。 しかしながら、いくつかの企業にとって、”undifferentiated heavy lifting”はまだ存在しています。それらの1つは、金融機関が規制機関や取引所によって設定された規制や業界ルールを遵守しなければならないことに関連しています。市場参加者は、これらの市場ルールを遵守する必要があり、遵守しない場合はペナルティを受ける場合もあります。 金融業界は、進化し続ける要件の複雑さと細分性が高まっている世界で最も規制の厳しい業界の1つです。しかし、金融機関がコンプライアンスに投資するすべてのリソースについて、多くは義務から機会への移行を行えていません。言い換えれば、ほとんどの金融機関では、同業他社との差別化を図るのではなく、ビジネスを行うためのコストとして、依然として規制やコンプライアンスを捉えています。 野球で例えるならば、プレイヤーはゲームのルールに従わなければなりませんが、優れたプレイヤーは、常に個人とチームの両方のレベルでパフォーマンスを改善するために戦略と戦術を使用しています。同様に、企業は規制要件に対応する必要がありますが、合理化、自動化、コスト効率の高い方法でそれに対応する必要があります。 このブログでは、日本取引所グループ (JPX) が AWS でどのように市場参加者にとってより良い顧客体験を生み出しているかをお話します。JPXは、これまでネットワークへのアクセスに関連していた”undifferentiated heavy lifting”を排除することで、市場参加者が新しいサービスのテスト、構築、立ち上げに向けてリソースを再利用できるようにしています。 JPXは、メンバー企業のクラウドでの市場アクセスを強化 2020年5月、JPX は市場参加者が AWS Direct Connect を介して、売買システムや清算決済システムなどにつながる高信頼ネットワークである arrownet にアクセスできるようにしました。 以前は、会員企業がarrownetに接続したい場合、JPXと自社のオフィスやデータセンター間に専用線を注文し、そのうえでネットワーク構築やセキュリティ対策を実施する必要がありました。このネットワーク構成は、変動する市場に迅速に対応するための信頼性と安定性が必要で、さらに十分な通信容量を提供する必要がありました。回線が接続されると、市場参加者は24時間365日体制で監視し、ハードウェア障害に対応するために人的リソースも投下する必要がありました。また専用線ベンダー側の監視にも、これらの重要なタスクのための人件費とサポート費も付属しています。つまり、arrownetへの接続は、利用者が長年にわたって対応してきた”undifferentiated heavy lifting”とも言えます。 JPXは、市場参加者からフィードバックを取り入れ、arrownetをクラウドに拡大し、市場参加者のアクセスを簡素化しました。市場投入までの時間が短縮され、マーケットからのデータを AWS 環境で扱うことで、マーケットの変動に対してオンデマンドで拡張できるようになります。 JPX は AWS Direct Connect の仮想インターフェイスを提供します。これにより、会員企業は短い期間でarrownetに接続して、テストすることができます。その結果、AWS の利用者は、以前は専用回線接続で直面していた”undifferentiated heavy lifting”な作業をすることなく、クラウド環境でマーケットからのデータを受け取ることができます。 現在の会員企業がこの合理化されたマーケットアクセスの恩恵を受けるだけでなく、FinTech スタートアップも恩恵を受けることができます。多くの Fintech スタートアップは AWS のサービスを使用しているため、彼らの既存の環境をより効果的に活用するには、クラウドネイティブ接続が必要でした。マーケットへの迅速なアクセスができるようになったFintech スタートアップは、新製品やサービスの市場投入までの時間をさらに短縮することができるでしょう。 現在、AWS Direct Connect により、JPX […]

Read More

Amazon CloudFront キャッシュポリシーとオリジンリクエストポリシーを発表

Amazon CloudFront の新しいキャッシュポリシーとオリジンリクエストポリシーにより、CloudFront がリクエストデータを使用して、キャッシュキーとキャッシュミス時にオリジンに転送されるリクエストの両方に影響を与える方法をより詳細に制御できます。これにより CloudFront が実行するキャッシュの制御と効率を向上させながら、さらに柔軟性が高まります。これらの設定はすでに部分的には存在していましたが、キャッシュキーの設定はオリジン転送の設定から独立することになります。以前は転送されたデータのほとんどはキャッシュキーを自動的に変更していました。このポリシーにより、ほとんどのリクエスト要素をキャッシュキーに影響を与えることなくオリジンに転送できるようになります。ヘッダー、Cookie、およびクエリ文字列パラメータの任意の組み合わせを設定して、キャッシュキーとして考慮するよう含めたり、除外したり、必要に応じて転送したりできます。 基本的な設定の柔軟性の向上に加えて、これらのオプションは “ポリシー” を使用して設定されるようになりました。ポリシーでは、同様の設定の組み合わせを任意の数のディストリビューションに適用できます。これによりセットアップ時間が短縮され、複雑さが軽減されてチームは全体の設定にわたって一貫性を管理できます。

Read More

Amazon Interactive Video Service – アプリとウェブサイトへのライブ動画の追加

今日は、アプリとウェブサイトにライブ動画を直接追加できる新しい Amazon Interactive Video Service をご紹介できるのをとても嬉しく思っています。皆さんが私と同じような考えを持っているならば、AWS チームがインタラクティブで低レイテンシーのライブ動画のアプリケーションへの統合をいかにシンプルにしたかに驚かされるでしょう。 このサービスは、Amazon Interactive Video Service (IVS) コンソールまたは API のどちらかを使用してチャネルを作成することを可能にします。作成後、標準的なストリーミングソフトウェアを使って動画をこのチャネルにストリーミングします。世界中のあらゆる視聴者にライブ動画を提供するために必要となる作業は、すべてサービスが実行します。サービスには、ウェブ、iOS、または Android プロジェクトへのライブ動画の統合を容易にするプレーヤー SDK が含まれています。 私はこのサービスの機能がこれだけだったとしても感動していたと思いますが、チームはもうひと頑張りして、このサービスをユニークなものとする 2 つの主要機能を追加しました。

Read More