Amazon Web Services ブログ

Category: Industries

消費財業界における Direct-to-Consumer 販売(直販)への道

消費者の購買習慣はパンデミックにより世界中で急速に変わり、多くの消費財(CPG)企業は、市場シェアの拡大とブランド構築、新商品のテストなど消費者により近づくための手段として Direct-to-Consumer (直販、以降 DTC)を伸ばす機会を狙っています。Forbes の記事で指摘されているように、e コマースは2020 年のパンデミックによって加速され、近年では 2 桁成長となっており、消費財企業は DTC 戦略を迅速に展開あるいは、拡大する方法を模索しています。しかし、消費財企業が DTC 展開を、リスクを最小限に抑えつつ妥当なコストで、かつ迅速に推進するにはどうすればよいのでしょうか。このブログでは、VTEX 社のエンドツーエンドテクノロジーソリューションである DTC Launchpad(訳注: ローンチパッドは発射台の意味。転じて素早く起動するためのもの)を紹介します。VTEX 社は長年にわたり AWS における小売業界コンピテンシーのテクノロジーパートナーであり、コマースソリューションを世界的に牽引するプロバイダーです。

Read More

アマゾンで AWS を活用して準リアルタイムで再生可能エネルギープラントのパフォーマンスを最適化している監視方法

この記事は、「How Amazon Achieves Near-Real-Time Renewable Energy Plant Monitoring to Optimize Performance Using AWS」を翻訳したものになります。 アマゾンは、2040年までに炭素排出量をゼロにするという目標の一環として、当初の目標である2030年よりも5年早く、2025年までに再生可能エネルギーを100%使用することを目指しています。2021年6月、アマゾンは再生可能エネルギーを購入した世界最大の企業となり、事業全体で65%の再生可能エネルギー化を達成しました。将来的には、アマゾンの年間総電力使用量を世界中のプロジェクトから得られる再生可能エネルギー 100%で賄う予定です。 動画:「Inside Amazon: シニア再生可能エネルギーマネージャー」 アマゾンは、世界中の再生可能エネルギー事業者と協力して、当社の電力需要に対応するための新たな再生可能エネルギープロジェクトをオンライン化しており、アマゾンの再生可能エネルギー最適化(REO)チームがこれらを監視しています。この REO チームは、発電設備の運用および財務パフォーマンスの最大化も担当しています。これらの最適化により、アマゾンはグローバル規模の取組みで大規模に持続可能性の目標を達成することができます。

Read More
aws-elemental-live-introduces-jpeg-xs-for-low-latency-visually-lossless-contribution-to-the-cloud

AWS Elemental LiveがJPEG XSの導入で低レイテンシーかつ視覚的ロスレスなクラウドへの映像打ち上げを実現

JPEG XSの概要 ビデオの消費が増加し、コンテンツプロバイダーによる高品質コンテンツの提供が増加するにつれて、帯域幅の容量がますます重要になっています。放送設備での非圧縮ビデオ伝送について、従来のシリアルデジタルインターフェイス (SDI) インフラストラクチャから、インターネットプロトコル (IP) 技術に移行する放送局は、SMPTE ST 2110やSMPTE ST 2022-6など、米国映画テレビ技術協会 (SMPTE:Society of Motion Picture and Television Engineers) の規格に準拠します。ST2110については、Brian Bedardによるブログ、SMPTE ST 2110 blog (3部構成のうち第1部)をぜひご参照ください。

Read More

Amazon Personalize がカタログ内アイテムの関連情報を活用して、類似アイテムのレコメンデーションの関連性を強化することができるようになりました

2021 年 10 月 7 日、Amazon Personalize で類似アイテムのレコメンデーションの関連性を強化する新しいレシピ(aws-similar-items)が発表されました。このレシピにより、ユーザーのインタラクションデータ(過去のアクセス履歴や購買履歴などのデータ)とカタログ内アイテムの関連情報を活用して、関連性の高いレコメンデーションを提供できるようになります。

Read More
jpmne-nhl-goes-all-in-on-uhd-aws

NHLがAWS Elemental Link UHDで映像制作パイプラインのUHD化を実現

NHLの新しいUHD映像制作パイプラインにより、ファンは氷上で起こっていることをより鮮明に、リアルタイムに見ることができるようになりました。NHLは32のアリーナにAWS Elemental Link UHDクラウド打ち上げエンコーダーを複数台導入するなど、最近の技術インフラのアップデートにより、革新的な視聴体験を提供しています。 NHLは新しいLink UHDにより、氷上から撮影された複数のUHDカメラアングルのライブ映像を素早くクラウドに取り込むことを可能にし、メディアパートナーへの高品質なライブコンテンツの配信を効率化し、VOD(ビデオ・オン・デマンド)番組の制作を加速することができました。また、今回のアップグレードにより、NHLはUHDのライブ映像と同じくAWS上で稼働しているPuck and Player Trackingシステムからのリアルタイムデータや統計情報をより簡単に組み合わせることができるようになり、データに基づいたファン体験を提供できるようになりました。

Read More
jpmne-mediaawsstudymeeting2021-9

2021 メディア業界のお客様向け AWS 勉強会 第九回「AWSを活用したパートナーソリューション紹介 / Inter BEEの歩き方」

2021/10/20 にメディア業界のお客様向けに第九回目となる AWS 勉強会を開催いたしました。この勉強会は二部構成となっており、前半の「Inter BEEの歩き方」では、Inter BEE出展概要について、主催者セミナーセッションの見どころとElementalライブエンコーダーの展示について紹介しました。後半の「AWSを活用したパートナーソリューション紹介」では、 AWSのパートナー企業様2社より、AWSを活用したソリューションについて説明していただきました。

Read More

ホワイトペーパー: GxP関連システムにおけるAWS製品の使用

この記事は “Whitepaper: Building a solid foundation for GxP-regulated workloads on AWS” を翻訳したものです。また、文中のホワイトペーパーについても日本語に翻訳済みです。 AWSの製品を使用してGxP準拠の環境を構築するお客様に向けて新しいホワイトペーパー「GxP関連システムにおけるAWS製品の使用」を公開しました。 ホワイトペーパーにアクセス このホワイトペーパーでは、AWSの製品を使用したGxP対象システムの構築に関する重要な情報とガイダンスを提供し、AWSがGxP関連のコンプライアンスとセキュリティにどのように取り組むかについて説明しています。以前のGxPガイダンスをもとに、この新しいホワイトペーパーの内容は、AWSの製薬企業および医療機器メーカーのお客様およびAWSパートナーの経験とフィードバックを踏まえて作成されました。

Read More

Cortica が Amazon HealthLake を使用してより深い洞察を得て患者ケアを改善する方法

この記事は、“How Cortica used Amazon HealthLake to get deeper insights to improve patient care” を翻訳したものです。 これは、Cortica のエンタープライズアプリケーションおよびデータの責任者である Ernesto DiMarino (エルネスト・ディマリノ) によるゲスト投稿です。 Cortica は、自閉症やその他の神経発達症を持つ子供たちの医療に革命を起こすというミッションを達成するため日々活動をしています。Cortica は、多くの家族が子供の診断と治療法を探す時に典型的に辿る、統一されていないバラバラなユーザー体験を解決するために設立されました。目的を実現するために、Cortica では、神経学、研究ベースの治療法、テクノロジーをシームレスに融合させ、彼らが支える子供たちに包括的なケアプログラムを提供しています。この調和した取り組みは、利用者にとって最高の満足度に繋がり、家族の長く続く改善の達成を支援します。

Read More

IoT@Loft #22 スマート工場(IIoT)に向けた課題と取り組み 〜機器接続とデータ活用〜 vol.4

こんにちは、プロトタイピングソリューションアーキテクトの渡邉です。 2021年10月13日に開催されたIoT@Loftの22回目「スマート工場(IIoT)に向けた課題と取り組み 〜機器接続とデータ活用〜 vol.4」のご紹介をさせていただきます。

Read More

コンテキスト情報とサードパーティデータを活用したレコメンデーションの改善

自分の購買行動が天候に影響されることに気付いたことはありますか?たとえば、暑い日にはホットコーヒーよりもレモネードを飲みたくなるのではないでしょうか。 消費財企業や流通小売企業のお客様は、どうすれば気温や雨などの気象条件をもとに消費者によりよい商品提案を提供することができるか、について深く理解したいと考えてきました。 一年以上のデータが取得されています。暑い日には清涼飲料の需要が増えるといったこれまでの観測に基づいて、気象情報を組み合わせることで Amazon Personalize モデルを高度にしたいと考えているでしょう。 2019 年 12 月、AWS は Amazon Personalize でのコンテキスト推奨のサポートを発表しました。この機能を使用すれば、モデルトレーニング時に相互作用でコンテキスト情報を含めることができ、まだユーザー向けのレコメンデーションを生成するときにもコンテキストを含めることができます。リアルタイムなコンテキストレコメンデーションを実装する方法については、Increasing the relevance of your Amazon Personalize recommendations by leveraging contextual information (コンテキスト情報を活用して、Amazon Personalize によるレコメンデーションの相関性を高める)を参照してください。 このブログでは、AWS Data Exchange でパートナーから提供されるデータを使用して、レコメンデーション生成時にコンテキストを含めるための実践的なアプローチを共有します。AWS Data Exchange は、サードパーティのデータをクラウドで簡単に検索、購読、使用するためのサービスです。

Read More