Amazon Web Services ブログ

Category: Announcements

AWS IoT TwinMaker の紹介

この記事は Introducing AWS IoT TwinMaker の日本語訳です。 「ツイン」というコンセプトは新しいものではなく、実は宇宙開発の初期にさかのぼります。1960 年代に行われたアポロ 13 号ミッションは、ツインを使った初期のユースケースの例です。サービスモジュール内の酸素タンクが爆発し、損傷した宇宙船は設計時に想定していた状況をはるかに超えており、その状態は急速に変化していました。そこでエンジニアたちは、最新のセンサー情報や宇宙飛行士の観測結果と、あらゆるエンジニアリング情報を駆使して、損傷状態の最善の理解を示す「ツイン」を地球上に作りました。これらのツインは、地球上の NASA エンジニアが宇宙飛行士の苦境を理解するのに役立ち、宇宙飛行士のクルーを無事に地球に帰還させるためのオペレーション上の意思決定を促しました。 最近では、デジタルツインが注目を集めており、従来の手法を超えてビジネス価値を高める可能性を秘めた(クラウドでの)大規模コンピューティング、新しいモデリング手法、IoT コネクティビティの進歩と融合により、ますます実現性が高まっています。お客様やパートナーがデジタルツインのメリットを実感し、新たなビジネス成果を生み出すことができるように、私たちは AWS IoT TwinMaker を構築しました。これは、実世界のシステムのデジタルツインをより早く簡単に作成し、産業オペレーションの監視と最適化に利用できる新しい AWS IoT サービスです。この記事では、デジタルツインとは何かを定義し、デジタルツインを構築する際に直面する一般的な課題を説明し、AWS IoT TwinMaker サービスの主要な機能を説明し、AWS IoT TwinMaker を使用してデジタルツインの作成を開始する方法を紹介します。

Read More

Amazon CodeGuru Reviewer Secrets Detector でハードコードのシークレットを特定し、AWS Secrets Manager を使いシークレットを保護

Amazon CodeGuru は、Java アプリケーションと Python アプリケーションをスキャンしてプロファイリングすることで、コードの品質を向上させ、コードレビューを自動化するのに役立ちます。CodeGuru Reviewer は、コード内の潜在的な欠陥やバグを検出できます。例えば、セキュリティの脆弱性、リソースリーク、同時実行性の問題、誤った入力検証、AWS のベストプラクティスからの逸脱に関する改善を示唆します。 最もよく知られているセキュリティプラクティスの 1 つは、パスワード、API キー、認証情報などのシークレットの集中化とガバナンスです。他の多くのデベロッパーが厳しい納期に直面しているように、私はコード内のシークレットを管理して使用したり、ローカル開発中にプレーンテキストの環境変数を使用したり、静的シークレットをハードコーディングしたりして、不注意にコミットしてしまうことがよくありました。もちろん、私はいつもそれを後悔しており、すべてのリポジトリでこれらのシークレットを検出して保護できる自動化された方法があればいいのにと思っていました。 2021 年 11 月 29 日(米国時間)、新しい Amazon CodeGuru Reviewer Secrets Detector を発表しました。これは、デベロッパーがパスワード、API キー、SSH キー、アクセストークンなどのソースコードまたは設定ファイル内のシークレットを検出するのに役立つ自動化ツールです。

Read More

プレビュー — ロボットフリート管理アプリケーションを構築するための AWS IoT RoboRunner

2018 年、AWS RoboMaker をリリースしました。これは、ロボット工学デベロッパーがインフラストラクチャを管理しなくてもシミュレーションを実行、スケーリング、自動化ができるクラウドベースのシミュレーションサービスです。ロボットのデベロッパーやオペレーターと協力してきた中で、自動誘導車両 (AGV)、自律移動車両 (AMR)、ロボットマニピュレーターなど、さまざまなタイプのロボットを操作するうえで課題に直面しているという声を繰り返し耳にしてきました。 多くのお客様は異なるタイプのロボットを選択していますが、多くの場合、単一の施設で異なるベンダーのロボットを選択しています。ロボットオペレータは、複数のロボットにわたって動作するアプリケーションを構築するために必要な統合データにアクセスしたいと考えています。ところが、自律オペレーションに新しいロボットを追加すると、ロボット制御ソフトウェアを作業管理システムに接続するために、複雑で時間のかかるソフトウェア統合作業が必要になります。 2021 年 11 月 29 日(米国時間)、AWS IoT RoboRunner のパブリックプレビューを開始します。

Read More

AWS Data Exchange for APIs の発表: 一貫した認証でサードパーティー API を検索、サブスクライブ、利用が可能に

データは、機械学習モデルのトレーニングに使用される大規模なデータセット、リレーショナルデータベース、API ベースの統合など、多くのプロセスや製品の中心にあります。AWS Data Exchange では、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) を介して、Reuters、Foursquare、Change Healthcare、Vortexa、IMDb などのサードパーティーが提供する何百ものファイルベースのデータセットを検出し、サブスクライブし、使用できます。さらに、AWS Data Exchange for Amazon Redshift では、手作業による処理や変換を行うことなく、Amazon Redshift データウェアハウスにサードパーティーのデータを簡単に取り込むことができるようになります。 しかし、多くの場合、データプロジェクトでは静的データセット以上のものが必要です。これは、少量の情報を頻繁に同期的に取得する必要があるためです。例えば、1 時間ごとに株価を取得する必要がある場合などです。データ API を使用すると、大量のデータセットを取り込み、処理、分析するためのアドホックデータパイプラインを構築することなく、特定の質問にすばやく回答できます。しかし、各 API プロバイダーには独自の使い勝手、SDK、ドキュメント、認証メカニズムがあり、必要以上に困難になっています。 2021 年 11 月 29 日(米国時間)、AWS Data Exchange for APIs の一般提供を開始したことをお知らせします。

Read More

Docker 公式イメージが Amazon Elastic Container Registry Public で利用可能になりました

この記事は Docker Official Images now available on Amazon Elastic Container Registry Public を翻訳したものです。 コンテナベースのアプリケーションを構築する開発者は、Amazon Elastic Container Registry (Amazon ECR) Public から直接 Docker 公式イメージを見つけて、ダウンロードできるようになりました。この新しい機能により、AWS のお客様は豊富な AWS 無料利用枠を利用しながら、Docker 公式イメージをプルするためのシンプルで可用性の高い方法を得ることができます。Amazon ECR Public から任意の AWS リージョンにイメージをプルするお客様は、事実上無制限にダウンロードできます。AWS 外で動作するワークロードについて、AWS 上で認証されていないユーザーは毎月 500 GB のデータダウンロードが可能です。さらにデータをダウンロードしたい場合は、AWS アカウントにサインアップまたはサインインすることで、毎月 5 TB までのデータをダウンロードすることができ、その後は 1 GB あたり 0.09 ドルの料金が掛かります。

Read More

Experimental construct librariesがAWS CDK v2で利用可能になりました

AWS CDK v2の実験的な(experimental)APIは、既存の安定した(stable)APIとは別のパッケージとして提供されるようになりました。 AWS Cloud Development Kit (AWS CDK)は、使い慣れたプログラミング言語を使ってクラウドアプリケーションのリソースをモデル化し、プロビジョニングするためのオープンソースのソフトウェア開発フレームワークです。AWS CDKを使用すると、インフラストラクチャをコードとして定義し、AWS CloudFormationを通じてプロビジョニングできます。AWS CDKは、クラウドリソースに対して実績のあるデフォルト値を設定したハイレベルなコンポーネントを提供しているため、専門家でなくてもクラウドアプリケーションを構築できます。また、組織の要件を組み込んだ独自のカスタムコンポーネントを構成して共有できるため、チームが新しいプロジェクトを迅速に開始するのに役立ちます。

Read More

あらゆる言語でのCDKアプリケーションのテスト

AWS Cloud Development Kit (AWS CDK)は、使い慣れたプログラミング言語でクラウドアプリケーションのリソースを定義するためのオープンソースソフトウェア開発フレームワークです。AWS CDKはインフラストラクチャをプログラミング言語で定義できるため、アプリケーションのコードと同様に、インフラストラクチャのコードに対しても自動化されたユニットテストを記述することができます。テストは効果的なDevOpsの実践のために重要な要素であり、インフラストラクチャのコードをテストすることで、AWSクラウドで期待通りのリソースを確実に作成することができ、リグレッションが発生するのを防ぐことができるなどのメリットがあります。 今日、私はAWS CDK用のassertions モジュールを発表できることを嬉しく思います。これはCloudFormationテンプレートを中心に、CDKアプリケーションに対してユニットテストを書くのに役立つように設計されたAPIのセットです。 すべての言語をサポート 以前のAWS Blogの記事では、JavaScriptとTypeScriptでのみ利用可能なassertモジュールを使ってテストを書く方法を説明しました。assertモジュールと同様に、新しいCDK assertionsモジュールは、CDKアプリによって生成(synthesize)されたCloudFormationテンプレートを正確に検証するためのAPIセットを提供します。さらに、新しいassertionsモジュールは、CDKがサポートするすべての言語に対応しています。

Read More

新機能 — AWS Proton は、テンプレートを管理するための Terraform および Git リポジトリをサポートします

2021 年 11 月 24 日(米国時間)、AWS Proton の 2 つの機能のリリースを発表します。1つ目は、AWS Proton オープンロードマップで最も要望の多かった、Terraform を使用してインフラストラクチャの定義とプロビジョニングを行うためのものです。 2 つ目は、Git リポジトリから AWS Proton テンプレートを直接管理する機能です。 AWS Proton は、re:Invent 2020 で発表された、コンテナおよびサーバーレスアプリケーション向けの完全に管理されたアプリケーション配信サービスです。AWS Protonは、インフラストラクチャーチームが、開発者の生産性に影響を与えることなく、インフラストラクチャーの自動化と管理を行えるようにすることを目的としています。これにより、開発者はプラットフォームチームを介さずに、アプリケーションの配信に必要なテンプレートを入手できます。 AWS Proton を使用する場合、インフラストラクチャチームは環境とサービステンプレートを定義する必要があります。テンプレートの詳細については、こちらをご覧ください。

Read More

re:Invent 2021 クラウドオペレーショントラックの参加者ガイド

AWS re:Invent は、グローバルなクラウドコンピューティングコミュニティ向けに Amazon Web Services (AWS) が主催する「学習型カンファレンス」です。ぜひ 10回目の re:Invent へご参加いただき、AWS のリーダー達から最新情報を得て、深く学び、開発方法をご理解いただきたいと思います。記念すべき10回目のマイルストーンは、ラスベガス(11月29日~12月3日)とバーチャル(11月29日~12月10日)で開催されます。お客様とパートナーの健康と安全は引き続き最優先事項です。詳細については、健康対策のページをご覧ください。バーチャルフォーマットの詳細については、バーチャルセクションをご覧ください。まだ登録していない場合は、登録してお気に入りのセッションを保存することをお忘れなく。 re:Invent の クラウドオペレーション (Cloud Operations) トラックでは、AWSに標準で備わったガバナンス制御の仕組みによって、クラウド環境を迅速にセットアップ、プロビジョニング、オペレーションするために役立つセッションを提供しています。セッションレベルは中級(200)からエキスパート(400)までさまざまで、ビジネスイノベーションのペースを加速するのに役立ちます。この投稿では、見逃せない クラウドオペレーショントラックのセッションを紹介します。

Read More

AWS クラウド導入フレームワーク (CAF) 3.0 が利用可能に

AWS クラウド導入フレームワーク (AWS CAF) は、デジタルトランスフォーメーションのための包括的なプランを構築し、実行できるように設計されています。AWS CAF は、AWS のベストプラクティスと数千もの顧客エンゲージメントから学んだ教訓を活用して、トランスフォーメーションの機会を特定して優先順位を付け、クラウドへの対応を評価して改善し、お客様のトランスフォーメーションを導くために従うロードマップを繰り返し進化させるのに役立ちます。 バージョン 3.0 を今すぐご利用いただけます AWS CAF のバージョン 3.0 が利用可能になったことをお知らせします。このバージョンは、デジタルトランスフォーメーションとデータと分析の使用に重点を置き、バージョン 2.0 のリリース以降に学んだことを反映しています。 このフレームワークは、6 つの基本的な視点 (ビジネス、人、ガバナンス、プラットフォーム、セキュリティ、運用) を特定することから始まり、前バージョンで 31 個だった個別の機能は合計 47 個になりました。

Read More