Amazon Web Services ブログ

Category: Announcements

最新の AWS ヒーローのご紹介 – 2021 年 6 月

AWS では、AWS を頻繁に利用するユーザーが、技術コミュニティでの知識の共有とピアツーピア学習のサポートに傾ける情熱に感銘を受けています。世界で最も影響力のある、活発な数名のコミュニティリーダーは、コンテンツを作成し、他のユーザーが AWS でより良く、より速く構築できるように支援することについて、期待を上回る活躍をしており、AWS ヒーローとして認められています。 本日は、ペルーとウクライナの最初のヒーローを含む、最新の AWS ヒーローをご紹介します。 Anahit Pogosova 氏 – タンペレ、フィンランド データヒーローである Anahit Pogosova 氏は Solita のリードクラウドソフトウェアエンジニアです。彼女は 10 年以上にわたり、さまざまな顧客と協力してソフトウェアソリューションの設計と構築に携わっています。当初、Anahit 氏はモノリシックオンプレムソフトウェアを使用していましたが、その後クラウドに移行し、今日では主に AWS Data and Serverless サービスに注力しています。

Read More

Amazon GameLift FleetIQ adapter for Agones のご紹介

本投稿は、Principal Specialist SA, Containers の Jeremy Cowan と Senior Solutions Architect の Trevor Roberts による記事を翻訳したものです。 新しいゲームタイトルのローンチにはある程度のリスクが伴い、かなりの投資が必要になり、大量のコンピューティングパワーが必要になる場合があります。それらはワクワクすることかもしれませんが、ゲームが大ヒットするかどうかを常に知ることはできません。クラウドは、かつて設備投資となっていたものを運用コストに変換できるため、そのリスクの一部を軽減できます。ゲームスタジオとしては可能な限り支出を削減したい、つまり可能な限り低いコストで優れたプレイヤー体験を提供したいと考えています。そのためには、最高の信頼性を提供するゲームサーバーが必要です。Amazon EC2 スポットインスタンスを使用すると、AWS クラウド内の使用されていない EC2 キャパシティーを大規模かつ簡単に活用できます。また、既存のオンプレミスでのデプロイと比較して、EC2 の支出を70%も削減できます。ゲームセッションが途中で終了する可能性を最小限に抑え、ゲームホスティングにおいて低コストのスポットインスタンスを利用できるとしたらいかがでしょうか?

Read More

Amazon Location サービスが新機能 (ルーティングと衛星画像) を備えて一般提供開始

2020 年 12 月に、Amazon Location Service がプレビュー形式で利用可能になりました。このサービスでは、ロケーションベースの機能を使用して、ウェブやモバイルのアプリケーションを構築できます。本日、ルーティングと衛星画像の 2 つの新機能と共に、Amazon Location の一般提供が開始されました。 私は 15 年以上にわたりフルスタック開発者を務め、ロケーションベースのアプリケーションの作成を複数回担当しました。ロケーションプロバイダーと連携したときに直面した最大の課題は、アプリケーションを既存のアプリケーションバックエンドとフロントエンドに統合し、ロケーションプロバイダーと共有するデータを安全に保つことでした。

Read More

Amazon Kinesis Data Analytics Studio の概要 – SQL、Python、または Scala を使用してストリーミングデータをすばやく操作する

タイムリーなインサイトを得て、ビジネスとアプリケーションから受け取った新しい情報に迅速に対応するための最善の方法は、ストリーミングデータを分析することです。これは通常、レコード単位または変動する時間枠で連続的かつ増分的に処理する必要があるデータのことで、相関、集計、フィルタリング、サンプリングなどのさまざまな分析に使用できます。 ストリーミングデータの分析を容易にするために、Amazon Kinesis Data Analytics Studio を紹介します。 まず、Amazon Kinesis コンソールから Kinesis データストリームを選択し、1 回クリックするだけで、Apache Zeppelin と Apache Flink を搭載した Kinesis Data Analytics Studio ノートブックを起動し、ストリーム内のデータをインタラクティブに分析できるようになりました。

Read More

Amazon Redshift ML が一般公開されました — SQL を使用して機械学習モデルを作成し、データから予測を行う

Amazon Redshift では SQL を使用して、データウェアハウス、運用データベース、データレイク全体で、エクサバイトの構造化データと半構造化データをクエリし、組み合わせることができます。AQUA (Advanced Query Accelerator) の一般提供が開始されたので、追加コストやコードの変更なしで、クエリのパフォーマンスを最大で 10 倍向上させることができます。実際、Amazon Redshift は、他のクラウドデータウェアハウスよりも最大で 3 倍優れたコストパフォーマンスを提供します。 しかし、さらに一歩進んで、このデータを処理して機械学習 (ML) モデルをトレーニングし、ウェアハウス内のデータからのインサイト生成にこれらのモデルを使用したい場合は、どうしたらよいでしょうか。 たとえば、収益の予測、顧客のチャーン予測、異常の検出などのユースケースを実装するには? 以前なら、トレーニングデータを Amazon Redshift から Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットにエクスポートし、機械学習トレーニングプロセス (たとえば Amazon SageMaker を使用します) を設定してから、始めなければなりませんでした。このプロセスには、さまざまなスキルがいくつも必要で、完了するには何人も必要になります。もっと簡単にできないでしょうか。 現在、Amazon Redshift MLが一般公開されており、Amazon Redshift クラスターから直接、機械学習モデルを作成、トレーニング、デプロイすることができます。機械学習モデルを作成するには、シンプルな SQL クエリを使用して、モデルのトレーニングに使用するデータと、予測する出力値を指定します。たとえば、マーケティング活動の成功率を予測するモデルを作成するには、1 つ以上のテーブルで、顧客のプロフィールと、前回のマーケティングキャンペーンの結果を含む列を選択して入力を定義し、さらに予測を出力する列を定義します。この例では、顧客がキャンペーンに関心を示したかどうかを示す列が、出力列になります。 SQL コマンドを実行してモデルを作成すると、Redshift ML は指定されたデータを Amazon Redshift から S3 バケットに安全にエクスポートし、Amazon SageMaker Autopilot を呼び出してデータを準備します […]

Read More

現在準備中 – アラブ首長国連邦 (UAE) の AWS リージョン

現在、オーストラリア、インドネシア、スペイン、インド、およびスイスで AWS リージョンを構築しています。 UAE 現在準備中 AWS 中東 (UAE) リージョンが現在準備中であり、2022 年の上半期にサービスを開始する予定であることをお知らせします。新しいリージョンは、既存の投資を拡張したものであり、AWS Direct Connect の 2 つのロケーションと Amazon CloudFront の 2 つのエッジロケーションが既に含まれており、そのすべてが 2018 年から稼働しています。新しいリージョンでは、UAE の AWS のお客様は、ワークロードを実行し、国内で保持する必要があるデータを保存することができるようになるほか、より低いレイテンシーで現地の顧客にサービスを提供できるようになります。 新しいリージョンには 3 つのアベイラビリティーゾーンがあり、バーレーンの既存の AWS リージョンに次いで、中東で 2 番目の AWS リージョンとなります。現在、25 の AWS リージョン内に 80 のアベイラビリティーゾーンでサービスが提供されており、さらに 15 のアベイラビリティーゾーンと発表した 5 つのリージョンの稼働準備が先ほど言及した場所で進められています。 AWS リージョンの場合と同様に、各アベイラビリティーゾーンは AWS インフラストラクチャの完全に分離された部分となります。このリージョンの AZ は、高帯域幅、低レイテンシーのネットワーク接続を介して接続され、可用性または冗長性のために AZ 間の同期レプリケーションが必要なアプリケーションをサポートします。 UAE の AWS 当社では、今後稼働予定の […]

Read More

Amazon Managed Service for Grafana を始めよう

この記事は、Amazon Managed Service for Grafana – Getting Started を翻訳したものです。 Amazon Managed Service for Grafana (AMG) は、フルマネージドでセキュアなデータ可視化サービスです。このサービスでは、お客様は複数のデータソースからアプリケーションの運用メトリクス、ログ、トレースデータを即座に検索、関連付け、そして可視化することができます。AMG は、オープンソースの Grafana プロジェクトに基づいています。Grafana は、広く展開されているデータ可視化ツールであり、拡張可能なデータソースのサポートによって普及しています。Grafana Labsと共に開発したAMGでは、Grafana のプロビジョニング、セットアップ、スケーリング、メンテナンスをお客様自身で行う必要がありません。

Read More

Amazon RDS for Oracle バージョン 12.1.0.2と12.2.0.1 のサポート終了のお知らせ

この投稿は、AWS フォーラムで案内されたアナウンスメントの参考和訳です。 Oracle 社は、Oracle Database のバージョン 12.1.0.2 のサポートを 2022 年 7 月 31 日に終了することを発表しており、それ以降はこのデータベースバージョンの Critical Patch Update が Oracle サポートからリリースされなくなります。このサポート終了のスケジュールに基づき、Amazon RDS for Oracle は 2022 年 7 月 31 日に Oracle Database のバージョン 12.1.0.2 の廃止を予定しています。 Oracle 社は、Oracle Database のバージョン 12.2.0.1 のサポートを 2022 年 3 月 31 日に終了することを発表しており、それ以降はこのデータベースバージョンの Critical Patch Update が Oracle サポートからリリースされなくなります。このサポート終了のスケジュールに基づき、Amazon RDS for […]

Read More

Amazon RDS for Oracle バージョン 18cのサポート終了のお知らせ

この投稿は、AWS フォーラムで案内されたアナウンスメントの参考和訳です。 Oracle 社は、Oracle Database のバージョン 18c のサポートを 2021 年 6 月 30 日に終了することを発表しており、それ以降はこのデータベースバージョンの Critical Patch Update が Oracle サポートからリリースされなくなります。このサポート終了のスケジュールに基づき、Amazon RDS for Oracle は 2021 年 6 月 30 日に Oracle Database のバージョン 18c の廃止を予定しています。 Amazon RDS for Oracle は、すべての 18c の DB インスタンスを 2021 年 7 月 1 日以降に 19c に自動アップグレードします。これらの自動アップグレードは、お客様のメンテナンスウィンドウでは行われない可能性があります。メンテナンス期間中にアップグレードを行う必要がある場合は、できるだけ早くアップグレードを計画してください。 すでに DB インスタンスを上位バージョンにアップグレードしている場合は、対応の必要はありません。そうでない場合、 […]

Read More

新しい AWS SDK for Rust のアルファリリース

本投稿は、Senior Linux Witch, Linux & Open Source の iliana etaoin による記事を翻訳したものです。 AWS SDK for Rust をアルファリリースとして発表できることを嬉しく思います。Rust で開発している AWS のお客様は、使い慣れている言語の概念をそのまま使用できるネイティブ な Rust による SDK を求めています。また、Rust に慣れていないお客様は、他の言語環境で使用した SDK と同様に動作するものを求めています。このアルファリリースでは、7 つの AWS サービスのクライアントをお試いただき、エルゴノミクスとユーザビリティに関するフィードバックをお寄せいただくことができます。 私はこの1年間、コミュニティ開発の Rust 用 AWS SDK である Rusoto の共同メンテナーでした。AWS を代表して、2015 年の最初のリリース以来 Rusoto の構築に取り組んだ原作者、他の共同メンテナー、およびコミュニティに感謝したいと思います。幅広い AWS サービスに対し機能するよう維持し続けることは非常に困難でしたが、それがお客様にとってどれくらい重要だったかを考えてみると、誇りに思える仕事でした。 新しい SDK の主な設計目標は、新しい AWS サービス のAPIが登場した時点でSDKから使用できるようにすることです。最近の他の SDK と同様に、AWS SDK for Rust […]

Read More