Amazon Web Services ブログ

VMware Cloud on AWS – 利用可能になりました

昨年、VMware Cloud on AWS を構築するために VMware と一緒に行っている作業についてお話ししました。そこでご報告したように、これはお客様待望の、伸縮性とセキュリティを維持しながら VMware SDDC スタックをベアメタル AWS インフラストラクチャ上で直接実行する、ネイティブな完全マネージド型製品です。これにより、当社のセキュリティを最重視したアーキテクチャの基盤部分であるネットワーキングとシステムレベルのハードウェア機能はもとより、AWS のスケーラビリティと弾力性の利点を活かすことができます。 VMware Cloud on AWS では、お客様が習得済みの知識とすでにお持ちのものを活用できます。お客様の既存のスキル、トレーニングへの投資、運用経験、ソフトウェアライセンスへの投資は、パブリッククラウドに移行しても応用して適用できます。この移行の中で、データセンターの構築や運用、ハードウェアの近代化、一時的または短期の需要に合わせたスケーリングは忘れて構いません。また、AWS の膨大なコンピューティング、データベース、分析、IoT、AI、セキュリティ、モバイル、デプロイメントおよびアプリケーションの各サービスを利用できます。 初期提供 Early Access ベータプログラムで多くのお客様やパートナーからいただいたフィードバックを反映させて、本日、VMworld において、VMware および Amazon は VMware Cloud on AWS の初期提供を発表しました。最初は米国西部 (オレゴン) リージョンで VMware および VMware Partner Network のメンバーを通して提供されます。これは、データセンター拡張、アプリケーションのデプロイおよびテスト、アプリケーションの移行などの一般的なユースケースをサポートするようにデザインされています。 この製品の販売、配信、サポート、請求は VMware が担当します。この製品はカスタムサイズの VM をサポートし、VMware でサポートされている任意の OS を実行します。シングルテナントのベアメタル AWS インフラストラクチャを活用してお持ちの Windows Server ライセンスをクラウドに持ってくることができます。各 SDDC (Software-Defined […]

Read More

AWS Tools for Visual Studio Team Servicesのご紹介

本日、Amazon Web Servicesは、AWS Tools for Microsoft Visual Studio Team Services(VSTS)を発表しました(訳注:原文のBlog記事は2017/8/15にポストされました)。 ツールは無料で使用することができ、Visual Studio Marketplaceで配布されます。 VSTS内とTeam Foundation Serverでホストされたビルドとリリースのパイプラインで、AWSサービスと対話するためにこれらのタスクを使用することができます。 例えばタスクを利用してAmazon S3バケットとの間でコンテンツをコピーしたり、パイプラインにタスクを追加してAWS Elastic Beanstalk、AWS CodeDeploy、またはAWS Lambdaにビルド出力をデプロイしたりすることができます。 ツールはオープンソースとして提供されGitHubで公開されています。 この記事では、ツールのインストール方法、中に含まれるタスクの概要、セットアップを検証するための簡単なシナリオを実行し、いかに簡単に使使えるかを見ていきます。 後続の記事では、タスクの詳細とVSTSパイプラインでの使用方法について詳しく説明する予定です。   インストール AWS Tools for Microsoft Visual Studio Team Servicesのインストールは素早くて簡単です! 最初にVisual Studio Marketplaceにアクセスしてください。 以下に示すように、ツールをインストールするには2つのオプションがあります。 オンラインのVSTSアカウントにインストールするか、ツールをダウンロードしてオンプレミスのTeam Foundation Serverインスタンスにインストールすることができます。 やることはこれだけです! これでこの拡張機能のタスクは、アカウントまたはオンプレミスのインスタンスで使用できるようになりました。この最初のリリースで提供されているタスクを簡単に確認してみましょう。 先に述べたように、続く記事ではこれらのタスクのいくつかをより深く見ていくことになります。 AWS CloudFormation Create/Update Stack: このタスクでは、テンプレートファイルとオプションのパラメータファイルを使用して、AWS CloudFormationでスタックを作成または更新できます。 タスクはスタックがすでに存在するかどうかによって、既存のスタックを更新するか、新しいスタックを作成するかを自動的に切り替えます。 どちらの「モード」かを選択する必要はないため、パイプラインでの使用が便利です。 テンプレートとパラメータファイルを選択するだけでなく、変更セットを使用してスタックを作成または更新することも、変更セットを自動的に実行するオプションを追加することもできます(正常に検証された場合)。 また「Execute […]

Read More

AWS OpsWorks Chef 12 stackでのApplication Load Balancerの利用

Elastic Load BalancingのApplication Load Balancer機能の利点を活かして、スケーラブルなアプリケーションを構築してみたいですか? Application Load Balancerを使えば、コンテンツベースのルーティングやHTTP/2、WebSocketプロトコルの機能を追加したり、コンテナや拡張メトリクスなどを追加することができます。 AWS OpsWorks Stackのユーザーから、レイヤーに新しいApplication Load Balancerをどのようにしたら追加できるかをAWSにご質問されていました。そこでAWSは、簡単にこれらを統合するためのChef 12のレシピのセットを開発し、オープンソースにすることを決めました。本記事ではOpsWorks StackにおけるChef 12 LinuxレイヤーでApplication Load Balancerと連携させるための手順を紹介します。 手順 特に記載がない限り、すべてのステップはOpsWorksコンソール内で完結されるものとします。 alb_supportレシピの概要 alb_support::attach_to_alb: こちらのレシピはApplication Load Balancerのターゲットグループにインスタンスをアタッチする実際の作業を行います。Setupライフサイクルイベントにより既存のが実行され、追加される必要があり、インスタンスがApplication Load Balancerにアタッチされる前にレシピが実行される必要があります。 alb_support::detach_from_alb: こちらのレシピはロードバランサーからインスタンスをデタッチします。Shutdownライフサイクルイベントにこちらのレシピを追加するようにしてください。Shutdownライフサイクルイベントにより実行される一連のレシピを実行後にこちらのレシピが実行され、こちらによりインスタンスはApplication Load Balancerからデタッチされ、コネクションはdrainされます。 alb_support:install および alb_support::uninstall_http_server: デフォルトのApplication Load Balancerのヘルスチェックをパスする簡単な方法、およびそのロードバランサーが想定した通りに動作していることを視覚的に示す方法として、AWSは80番ポートを使用するNGINXサーバをインストールおよびアンインストールして、デフォルトのテストページを提供するサンプルレシピも提供しています。 ステップ1:Application Load Balancerを作成する 80番ポートを使ってデフォルトのTCPリスナーとHTTPヘルスチェックをシンプルなALBを作成します。ターゲットグループにインスタンスを追加しないようにしてください。こちらはオープンソースのChefレシピによって処理されるためです。 ステップ2:Chef 12 stackを作成する 新しいChef 12 stackを作成します。必ずカスタムChef cookbooksの利用を有効にして、次の設定を行ってください。 Repository typeでは、Gitを選択します。 Repository URLでは、https://github.com/awslabs/opsworks-example-cookbooks を使用します。もし既に動作中のスタックがあれば、そのリポジトリからalb_cookbookをダウンロードして、ご自身のChefリポジトリにマージして、次のセクションを継続することができます。 ステップ3:stack内のインスタンスにElastic […]

Read More

【確定版】9 月の AWS Black Belt オンラインセミナーのご案内

こんにちは。プロフェッショナルサービスの宮本です。AWS Black Belt オンラインセミナー9月の配信について,ご案内させて頂きます。AWSのコスト最適化とリザーブドインスタンスについてのセミナーが追加になりましたので、改めて最新版の配信予定についてお知らせいたします。   9月の開催予定 サービスカット 9/6(水) 18:00-19:00 Amazon AppStream 2.0 9/13(水) 18:00-19:00 Amazon Aurora 9/19(火) 18:00-19:00 AWS DMS ※通常とは異なり、火曜日開催となりますのでご注意ください。 9/27(水) 18:00-19:00 Amazon CloudFront + AWS Lambda@Edge ソリューションカット 9/5(火) 12:00-13:00 AWSでのDDoS対策 9/12(火) 12:00-13:00 AWSのコスト最適化/リザーブドインスタンス お申し込みは、それぞれ上記のリンクより行って頂けます。キャンセルの際も連絡不要ですので是非お早めにご登録ください。スピーカー、スタッフ 一同みなさまのご参加をお待ちしております。

Read More

AWSと.NET Core 2.0

昨日、.NET Core 2.0がリリースされ(訳注:このブログ記事の原文は2017/8/15に発行されています)、AWSでは .NET Coreプラットフォームに追加された新機能と完成度にとても興奮しています。今後数か月以内に、AWSサービスをアップデートして、.NET Core 2.0のファーストクラスのサポートを提供します。 2つの簡単な方法ですぐにAWS上で.NET Core 2.0を使い始めることができます。   AWS Elastic Beanstalkの利用 Elastic Beanstalkを使用すると、Webアプリケーションを簡単に展開できます。現在、.NET Frameworkおよび.NET Core 1.1がサポートされています。 Elastic Beanstalkプラットフォームは、すぐに.NET Core 2.0をサポートするように更新されるでしょう。 それまではデプロイメントパッケージをカスタマイズして、デプロイ中のインスタンスに.NET Core 2.0をインストールするようにBeanstalkに指示することができます。 ASP.NET CoreアプリケーションがBeanstalkにデプロイされると、AWS-windows-deployment-manifest.jsonというJSONマニフェストがツールキットによって作成され、Beanstalkにアプリケーションのデプロイ方法を指示します。 以前のブログ記事では、このマニフェストのカスタマイズ方法について説明しました。 この機能を使用して、デプロイ前にPowerShellスクリプトを実行して.NET Core 2.0をインストールすることができます。 最初のステップとして、ASP.NET Core 2.0プロジェクトにaws-windows-deployment-manifest.jsonというファイルを追加します。 aws-windows-deployment-manifest.jsonのプロパティウィンドウで、[Copy to Output Directory]フィールドを必ず[Copy Always]に設定してください。 このファイルは、通常、ツールキットによって生成されますが、ツールキットがファイルがすでに存在することが判明した場合は、代わりにデプロイメントウィザードで指定された設定で既存のファイルを変更します。   次に、下の内容をコピーしてaws-windows-deployment-manifest.jsonに貼り付けます。 これはASP.NET Coreアプリケーションをデプロイし、デプロイの前に./Scripts/installnetcore20.ps1 PowerShellスクリプトを実行することを示しています。   { “manifestVersion”: 1, “deployments”: { “aspNetCoreWeb”: [ { […]

Read More

AWS CodePipelineを利用したネストされたAWS CloudFormationスタックの継続的デリバリー

CodePipeline の更新 – CloudFormation スタックの継続的デリバリーワークフローの構築で、 Jeff BarrはInfrastructure as Codeについてと、AWS CodePipelineを継続的デリバリーに使用する方法について説明しています。 本ブログ記事では、ソースリポジトリとしてAWS CodeCommitを、ビルドおよびテストツールとしてAWS CodeBuildを使用した、AWS CodePipelineを使ったネストされたCloudFormationスタックの継続的デリバリーについて説明します。手動承認プロセスに従ってCloudFormationチェンジセットを使用してスタックをデプロイします。 AWS CodePipelineでは、次の4つのステージでパイプラインを作成します。 Source (AWS CodeCommit) Build and Test (AWS CodeBuild および AWS CloudFormation) Staging (AWS CloudFormation および 手動承認) Production (AWS CloudFormation および 手動承認) 次の図に、パイプラインのステージと、各ステージのアクション、およびステージ間の遷移を示します。 CloudFormationテンプレート、テストスクリプト、およびビルドスペックファイルは、AWS CodeCommitリポジトリに格納されています。これらのファイルは、AWS CodePipelineのパイプラインのSourceステージで使用されます。 AWS::CloudFormation::Stackリソースタイプは、親スタックから子スタックを作成するために使用されます。 CloudFormationスタックリソースでは、S3バケットに格納される子スタックのテンプレートを必要とします。テンプレートファイルの場所は、リソース定義のPropertiesセクションにURLとして指定されます。 次のテンプレートは、3つの子スタックを作成します。 Security (IAM, セキュリティグループ) Database (RDSインスタンス) Web stacks (Auto ScalingグループのEC2インスタンス, ELB) Description: Master stack […]

Read More

AWS SAM Local(ベータ版) – サーバーレスアプリケーションをローカルに構築してテストする

今回、新ツール、SAM Local のベータ版がリリースされました。これにより、簡単にサーバーレスアプリケーションをローカルに構築してテストできるようになります。この記事では、SAM Local を使用し、クイックアプリケーションの構築、デバッグ、デプロイを実行します。これにより、エンドポイントに curl コマンドを使用してタブやスペースで投票できるようになります。AWS は サーバーレスアプリケーションモデル(SAM)を昨年導入しました。これにより、デベロッパーはサーバーレスアプリケーションをより簡単にデプロイできるようになっています。SAM の基本にまだなじみがない場合は、私の同僚である Orr が SAM の使用方法について書いた素晴らしい記事を参照してください。5 分ほどで読めます。基本的に、SAM は AWS CloudFormation 上に構築された強力なオープンソース仕様で、サーバーレスインフラストラクチャをコードとして簡単に保持できるようにすることを目的としています。また、可愛いマスコットもついてきます。 SAM Localでは、SAM の優れた点をすべてローカルマシンで利用できます。 以下を使って、AWS Lambda 関数をローカルに開発してテストすることができます。 sam local Docker Amazon Simple Storage Service(S3)、Amazon DynamoDB、Amazon Kinesis、Amazon Simple Notification Service(SNS)など、既知のイベントソースからの関数の呼び出しをシミュレートできます。 SAM テンプレートからローカルな Amazon API Gateway を開始し、ホットリロードで関数を素早く繰り返すことができます。 SAM テンプレートを素早く検証し、さらに、その検証を linters や IDE で統合できます。 Lambda 関数についてインタラクティブなデバッグサポートを利用できます。 SAM Local のインストール方法はいくつかありますが、NPM を使用するのが一番簡単です。 […]

Read More

AWS Summit ニューヨーク – 発表の概要

なんとも忙しい 1 週間でした。Tara、Randall、Ana と私は、AWS Summit ニューヨークでの発表に関するブログ投稿を休みなく作成していました。手始めにその概要をご紹介しておきます。 Amazon Macie – この新しいサービスは、コンテンツを大規模に検出、分類、セキュリティ保護するうえで役立ちます。Macie は Machine Learning と自然言語処理 (NLP) を使用してパターンを検索し、疑わしい動作について警告します。また、ガバナンス、コンプライアンス、および監査に役立ちます。Tara の投稿をお読みになれば、Macie の使用方法をおわかりいただけます。つまり、対象のバケットを選択し、分類設定をカスタマイズして、Macie Dashboard で結果を確認します。 AWS Glue – Randall の投稿 (豪華なアニメーション GIF 付き) では、この新しい ETL (抽出、変換、ロード) サービスについて紹介しています。Glue はサーバーレスでフルマネージド型です。投稿からおわかりのように、Glue はお客様のデータをクロールし、スキーマを推測して、Python で ETL スクリプトを生成します。お客様は、幅広い変換で場所から場所へデータを移動するジョブを定義し、それぞれをコードで表して人間が読み取れる形式で保存します。Glue は開発エンドポイントとノートブックを使用して、ビルドするスクリプトのテスト環境を提供します。また、Amazon Athena と Amazon Glue の統合や、Amazon EMR での Apache Spark および Hive についても発表しました。 AWS Migration Hub – この新しいサービスは、アプリケーションポートフォリオの […]

Read More

オートメーションを活用したCloudEndureによるAWSへの容易な移行

Carmen PuccioとMandus Mombergによる記事。 CarmenとMandusは、AWSパートナーソリューションアーキテクトで、移行に注力しています。 オンプレミス環境からクラウドへのソフトウェアやサービスの移行は、独自の考慮事項と要件を伴うことは明らかです。移行結果に自信を持たせるには、容易に拡張できる移行戦略が必要です。つまり、ワークフローの大部分を自動化する必要があります。なぜクラウド内の自動化が重要であるのかに関する文書が不足しているわけではありません。この記事では、AWSアドバンスト・テクノロジーパートナーであるCloudEndureを使用して自動化された移行を実行する方法を説明し、自動化されたテストを組み込むことに重点を置いて、アプリケーションが移行後に期待どおりに動作することを確信できます。 オンプレミスからAWSへのワークロードの移行には、慎重な計画と正確な実行が必要です。クラウドに移行するにはさまざまな戦略がありますが、移行を容易にするツールも数多くあります。すべての移行ツールは、ダウンタイムとアプリケーションワークロードの影響を最小限に抑え、AWSへの移行を容易にし、データ損失を最小限に抑える、という共通の目標を持っています。 ワークロードをクラウドにすばやく移動したい場合、通常リホスト方式(リフト&シフト)に従います。リホスト実行時の課題の1つは、移行されたアプリケーションが期待どおりに実行されていることを手動で確認するのにかかる時間です。適切な移行を検証するための自動化および迅速なテストパイプラインを組み込んだ移行は、成功する可能性が高いだけでなく、反復可能なプロセスを活用し、手動検証時間を短縮することで効率を向上させます。 ソリューションの概要 このブログ記事で説明するソリューションでは、CloudEndureとAWS Database Migration Service(AWS DMS)を使用し、ソースAmazon VPCから目的のAmazon VPCへ、オンプレミスからAWSへの、Go Gitサービス(Gogs)の移行について説明します。このデモのために2つの異なるVPCを使用していますが、このブログポストで使用しているツールの自動化と組合せによって、オンプレミスからAWSへの移行を容易に実現することができます。CentOS 7が稼働するモックソース環境の設定では、AWS CloudFormationとAnsibleの組合せを選択しましたので、あなたのテスト用AWS環境でご確認することができます。 CloudEndureはアプリケーションサーバの移行を担当し、AWS DMSはEC2インスタンス上で実行されているMySQLサーバからGogs DBを、完全に管理されたAmazon RDSデータベースに再構築する役目を負います。このデモンストレーションのためDMSを活用し、RDSへのデータベースのレプリケート方法を示しました。もう1つの選択肢として、データベース移行において、CloudEndureによるEC2へのリホストを行うことができます。 CloudEndureは起動時に、移行後のインスタンスでカスタム後処理スクリプトを呼び出す機能があります。この機能を使用すると、カスタム構成を実行し、自動化された承認テストを実行して、移行されたサーバでアプリケーションが正常に動作していることを確認できます。 移行の信頼性のため、AWS Lambda、AWS SNS、AWS SQS、CloudEndureの後処理機能を活用して、一連のテストを実行するための自動テストパイプラインを構築しています。すべてのテストが正常に完了すると、ソース環境から構築されたイメージを使用して高可用性Gogs環境をデプロイするAWS CloudFormationテンプレートが自動的に起動されます。 次の図は、この記事で取り上げる移行プロセスを示しています。 プロセスの仕組みは次のとおりです。 Ansibleは、AWS Application Discovery Service、CloudEndureエージェント、およびGogsソースサーバの再設定およびテストに使用されるスクリプトをインストールします。 AWS DMSは、GogsソースDBサーバを宛先RDSインスタンスに移行します。 CloudEndureエージェントが実行されると、ブロックレベルのコピーが開始され、GogsソースサーバとAWSの初期同期が実行されます。 CloudEndureが初期同期を完了すると、Continuous Data Protection(CDP)エンジンは新しいデータのリアルタイム同期を開始し、サーバはAWSでのテスト準備完了としてマークされます。 CloudEndure.pyスクリプトはconfig.ymlファイルのhosttomigrate変数に基づいて移行を開始します。 (この変数は、CloudEndureダッシュボードにインスタンス名として表示されます)。 CloudEndure.pyスクリプトはCloudEndure APIを呼び出し、ソースインスタンスの最新のスナップショットからテストインスタンスを開始します。 CloudEndureは、最新のスナップショットから宛先に新しいインスタンスを起動し、CloudEndure.shポストプロビジョニングスクリプトを実行します。このスクリプトは次の処理を行います。 DMSが複製しているRDSインスタンスを指すようにGogsを再構成し、Gogsサービスを再起動します。 Gogsサービスが稼動しているかどうかを確認します。稼働している場合、CloudEndure.shポストプロビジョニングスクリプトはCloudEndure_PostProcessing.pyスクリプトを呼び出します。このスクリプトはCloudEndure Pass / Fail SNSトピックに成功通知を送信します。メッセージの例は次のようになります。 “Message”: “{“instanceId”: ” i-0bb669daff4b1eea1″,”Pass”: […]

Read More

LumberyardがGitHubで公開されました!

本日とてもエキサイティングなご報告をさせていただきます。LumberyardのソースがGitHubで公開されました。コミュニティーの皆様からの特に多いご要望の1つでしたが、ようやく実現でき大変嬉しいです。こちらのURL(www.github.com/aws/Lumberyard)をご確認ください。 ゲームを制作する事はチャレンジングですが、GitHubを活用することで2つの手法が容易になります。   LumberyardをGitHubから取得できます。 これまでは、Lumberyardを標準インストーラーからインストールする事がLumberyardを入手いただく唯一の方法で、ソースを含めたすべてのLumberyardが新たに別のディレクトリに保存されました。ですので継続的にLumberyardをアップグレードすることはうんざりする作業だったかもしれませんが、GitHubを活用することで劇的に変わります。   本日よりLumberyardソースコードをGitHubリポジトリから容易に直接取得して管理する事が可能となります。新たなバージョンのLumberyardをインテグレートすることも今までよりとてもシンプルな操作で可能です。そして、今後の新たなLumberyardのリリースは別々のブランチで提供されますので、任意のバージョンのインテグレートも可能となります。さらに!あなた自身のGitHubアカウントを作成してGitHubであなたのプロジェクトを管理したり、リモートリポジトリであなたのチームとの共同作業も容易にできるようになります。 Lumberyardの改良やバグ修正を送っていただく事も可能です。 これまでは、Lumberyardの開発者は最大50行までのLumberyardのコードをフォーラムを通して送っていただく事が可能でしたが、簡易な修正にしか適用できませんでした。(このような状況にもかかわらず、これまで修正を送っていただいた皆様に御礼を申し上げます!)本日より、GitHubを活用することで、どのようなサイズの改良やバグ修正でも容易にLumberyardチームに送っていただく事が可能となります。プルリクエストにより、必要となるコードを複数のファイルにまたがるような場合でも、正確な方法で管理できます。皆様からのフィードバックとサポートは我々を突き動かす大きな要因で、皆様とともにこのエンジンを創り上げていける事はとてもエキサイティングです。 メインブランチで安定したLumberyardを提供し続けていく事は我々にとってとても重要ですので、プルリクエストがすぐにはマージされるわけではなく、承認された変更は将来のリリースに反映される可能性があるということにご留意ください。継続的にプルリクエストは確認させていただきます。プルリクエストが採用されました皆様はリリースノートにクレジットさせていただきます! もう一点、我々のリポジトリからフォークする事も可能です(詳しくはリポジトリ中のReadme.mdファイルをご参照ください)がLumberyardは引き続き「AWS Customer Agreement」と「Lumberyard Service Terms」の元にライセンスされております。この点にご留意いただければ公開リポジトリとすることも可能ですので、ログインせずに取得する事も可能となります。 いつでもお気軽にご意見をお聞かせください。今後の数ヶ月でScript Canvasや新たなアニメーションツール等さらにいくつかのエキサイティングな要素の提供も予定していますのでお見逃しなく!Lumberyardに関します様々な情報はチュートリアルやコミュニティフォーラム、さらにドキュメントからも得られます。 LumberyardのGitHub公開に関します詳細はこちら(www.github.com/aws/Lumberyard)をご参照ください。 本記事の作者について Todd Gilbertsenは1980年台からゲームエンジンの制作、ビデオゲームだけでなく、様々なソフトウエア開発のプロフェッショナルとして活動を続けており、ゲーム開発者がクリエイティブに開発を進めるためのツールやテクノロジーの開発をする事に情熱を注いでおります。ToddはLumberyradのシニア・テクニカルプロダクトマネージャーです。 (翻訳は下田が担当しました。原文はこちら)

Read More