Amazon Web Services ブログ

Amazon RDS Performance Insights が一般利用可能に

本日、Performance Insights が一般利用可能になったことを発表します。Performance Insights を使用すると、パフォーマンス問題が発生したときのボトルネックを簡単に特定し、対処方法を見つけることができます。

一般利用可能に合わせて、Performance Insights は次の機能を導入します。

* 7日間のパフォーマンスデータ履歴
* パフォーマンスデータの長期保持オプション
* SDKとAPIの一般公開

Read More

AWS IAM ベストプラクティスのご紹介 – AWSアカウントの不正利用を防ぐために

みなさん、こんにちわ。 アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社、プロダクトマーケティング エバンジェリストの亀田です。   今日は皆さんが普段ご利用のAWSアカウントに対する不正アクセスを防ぐベストプラクティスと言われる運用におけるガイドラインや設定項目の推奨等についてご紹介します。 AWS Identity and Access Management (IAM) は、AWS リソースへのアクセスを安全に制御するためのウェブサービスであり、AWSマネージメントコンソールへのログインに用いるユーザーやAWSリソースへのアクセスに用いるAPIアクセスのキーの管理等に使用されます。マネージメントコンソールへのログインを行う管理用ユーザーを発行する機能が含まれるため、AWSをご利用中のすべての皆さんはAWS IAMを利用していることとなります。 管理者のパスワードが漏洩した場合、外部の第三者がAWSマネージメントコンソールへのログインが可能となるため、この保護は運用上非常に重要な課題となります。 AWSでは「AWS IAMのベストプラクティス」として運用上留意するべきことや、設定のガイドラインをご提供しています。非常に大事な内容が詰まっていますので是非一度目を通してみてください。その中でも特に大事なことについて以下に抜き出してまとめてみます。 ルートユーザーを普段利用しない ルートユーザーとは、AWSアカウントを開設した際に一番最初に作成される管理者ユーザーとなります。ルートユーザーはすべてのAWSリソースへのアクセス権を持ち、非常に強力な権限を保持しています。このため、ルートユーザーのパスワード漏洩を防ぐために、普段の運用や開発業務ではなるべくルートユーザーを用いず、限定された権限を保有するIAMユーザーを新たに発行し普段の業務に用いることを検討してください。そしてその際に、付与される権限は、あとで変更可能であることを踏まえて、必要最低限にしておくことも大事なポイントです。 MFAの有効化 追加セキュリティとして、特権のある IAM ユーザー (機密性の高リソースまたは API オペレーションにアクセスが許されているユーザー) に対して多要素認証 (MFA) を有効化することができます。MFA により、ユーザーは独自の認証コード (ワンタイムパスワード、または OTP) を作成するデバイスを使用することができます。その場合、ユーザーは自身の通常の認証情報 (ユーザーネームやパスワードなど) および OTP を提供する必要があります。MFA デバイスは、ハードウェアの特定部品のほか、またはスマートフォンで作動するアプリのような仮想デバイスでも可能です。 こちらに設定方法などがまとまっています。 アクセスキーの発行を最小にとどめる AWS にプログラムでアクセスするときには、アクセスキーを使用して、自身の ID とアプリケーションの ID を検証します。アクセスキーは、アクセスキー ID とシークレットアクセスキーとで構成されます。IAMユーザーでは、マネージメントコンソールへのログイン用パスワードの他にシークレットキーと言われる秘密鍵を付与することができます。これらは、AWS サービス のAPI への安全な REST […]

Read More

AWS Service Update 動画 (2018/06/21) が公開されました

AWS Service Update 動画が更新されましたのでお知らせします。今回は一般利用可能となったサービスを含む、約 14 の主要なサービスアップデート情報をお届けしています。また、一般利用可能となりました Amazon Neptune や Amazon Elastic Container Service for Kubernetes (Amazon EKS) の詳細を知りたい方は 7 月のオンラインセミナーもご活用ください。

Read More

マネージドスキーマを使用して Amazon Cloud Directory 上でアプリケーションを迅速に開発する

この度、Amazon Cloud Directory がマネージドスキーマを使用して、アプリケーションを迅速に開発できるようになりました。マネージドスキーマを使うと、ディレクトリを作成して、それからオブジェクトの作成と検索をさらにすばやく開始できます。今回の立ち上げでは、QuickStartSchema という Cloud Directory マネージドスキーマが利用可能となっています。豊富な種類の階層データモデルを構築し、Amazon Cloud Directory の Typed Links などの構造を使用して、オブジェクト間の関係性を確立することができます。ひいては、階層をトラバースすることで、データ内の任意の情報をクエリすることができます。 Amazon Cloud Directoryでは、動的ファセットという新しいスタイルのファセットも導入されています。これにより、ファセット内の属性を定義しなくても、アプリケーションを迅速にプロトタイプし、開始できるようになりました。アプリケーションのさらなる開発に際して、新しい属性を追加したり、属性に格納されている値をサポートされている他のデータ型へと後日変更したりすることが可能です。 Amazon Cloud Directory では、バリアントという新しいデータ型も導入されています。バリアントデータ型として定義された属性の値を格納するには、Amazon Cloud Directory でサポートされているプリミティブデータ型のいずれかの値 (例えば、文字列またはバイナリ) を利用します。その後、属性の値を別のデータ型に変更することもできます。データ検証を強制されることはありません。 Amazon Cloud Directory は、QuickStartSchema の 1 つのファセットを動的スタイルとして定義しました。これにより、アプリケーションに必要な任意の数の属性を作成することが可能となります。このファセットを使用して任意の属性を作成すると、バリアントデータ型として作成されます。 のブログ記事では、学校のスポーツチームの生徒を追跡するアプリケーションを作成する方法を説明します。Amazon Cloud Directory と新しい QuickStartSchema を使用します。生徒を 1 次元、そしてスポーツチームを 2 次元で作成します。生徒とチームの情報をディレクトリに追加し、データをクエリします。 このブログ記事の例では、Java コードを使用しています。AWS SDK に精通しており、Java ベースのコードを使って Amazon Cloud Directory のコード例を構築できるものとしましょう。この記事で示した概念を、Python や Ruby など他のプログラミング言語に適用してもらって結構です。 Amazon Cloud Directory マネージドスキーマを使って、すばやい開発を行う スポーツチームのディレクトリアプリケーションを大急ぎで開発し、すぐに利用したいとします。階層をトラバースする階層データとクエリが必要です。生徒名やスポーツチーム名など、保存しているデータ型には所定の値が決まっていないため、Cloud Directory が提供するデータ型や制限を確認する作業は必要ありません静的ファセット。つまり私のニーズは、Amazon Cloud […]

Read More

Amazon EC2 アップデート – インスタンスタイプの追加、Nitro システム、CPU オプション

みなさんとシェアしたい EC2 アップデートのバックログがあります。私たちは新しい機能やインスタンスタイプを迅速にリリースしており、追いつくべき時が来ました。ここでは、現在どこにいるのか、今後どこへ行くのかを簡単に見てみましょう… インスタンスタイプの追加 最新の EC2 インスタンスタイプのアナウンスを簡単に要約します。 コンピューティング最適化 – コンピューティング最適化 C5d インスタンスは、C4 インスタンスに対して 25% ~ 50% パフォーマンスが改善されています。5 つのリージョンで利用可能であり、最大で 72 の vCPU、144 GiB のメモリ、1.8 TB のローカル NVMe ストレージを提供します。 汎用 – また、汎用 M5d インスタンスも 5 つのリージョンで利用可能になりました。最大で 96 の vCPU、384 GiB のメモリ、3.6 TB のローカル NVMe ストレージを提供します。 ベアメタル – i3.metal インスタンスが数週間前に一般利用可能になりました。Elastic Block Store (EBS)、Elastic Load Balancing、Virtual Private Clouds などの […]

Read More

AWS Systems Manager Parameter Store を使用して最新の Amazon Linux AMI IDを取得する

最新の Amazon Linux AMI を取得するシンプルな方法が必要ですか? AWS Systems Manager Parameter Store はすでに最新の Windows AMI を取得できます。今回、最新の Linux AMI も取得できるよう機能が拡張されました。各 Amazon Linux AMI は、固有の 公開パラメータストア名前空間 を持ちます。AMIの名前空間をクエリすることで、指定したリージョンのイメージIDを得ることができます。

Read More

新機能: Amazon RDS for Oracle Database がvCPUの削減や最適化に対応

すべてのAWSサービスと同様に、Amazon RDS のロードマップは、主にお客様からのフィードバックや製品改善リクエストに基づいています。Oracle RDS for Oracle Database でデータベースワークロードを実行しているエンタープライズの複数のお客様から、私たちはフィードバックを受けました。そのフィードバックとは、物理コアに対するRAMの比率を Amazon RDS for Oracle より大幅に高くすることで、Oracleのワークロードを実行しているエンタープライズのお客様は、ソフトウェアライセンスの価値を最大化しているというものでした。

この記事の目的は、Amazon RDS 上の Oracle Database のための2つの新機能を使用することで、仮想CPU (vCPU) の数を減らし、ライセンスコストを最適化する方法を説明することです。

Read More

Redis セキュリティ アドバイザリ

日本時間 2018年6月13日 03:00 インメモリデータストアであるRedisのセキュリティアドバイザリが公開されました。Amazon ElastiCache によって管理される Redis互換のノードは、単一のエンジンが稼働する、お客様の VPC で独立したお客様専用のノードです。したがって、VPC の設定で明示的に許可されていない限りは、他のお客様がそれらのノードに対しアクセスすることはできません。 Amazon ElastiCache においても、アップデートを含む新しい Redis バージョンがリリースされました。2018年6月10日以降に起動された ElastiCache クラスターには、影響はありません。既存の ElastiCache クラスターをお持ちのお客様は、メンテナンスウィンドウにて新しいバージョンへのアップデートが予定され、順次実施されます。このアップデ―トは今回の問題に完全に対処できるよう設計されており、ElastiCache はデフォルトで意図しない外部からのアクセスを防ぎます。このアップデートに関して、お客様によるアクションは必要ありません。 本件に関してセキュリティの懸念がある場合は、http://antirez.com/news/119 をご覧ください。また、Amazon ElastiCache クラスターへのネットワークアクセスをセキュアに保つ方法は、”Amazon VPCs and ElastiCache Security”[1] をご覧ください。 [1]: https://docs.aws.amazon.com/AmazonElastiCache/latest/mem-ug/VPCs.html   上記はAWS Japan Security Awareness Teamによって翻訳されました。原文は以下です: https://aws.amazon.com/jp/security/security-bulletins/AWS-2018-016/

Read More

新規 – Amazon ElastiCache での Redis 4.0 の互換性

Amazon ElastiCache は、Redis または Memcached での完全マネージド型のインメモリデータストアやキャッシュの設定を簡単にします。本日、ElastiCache が Redis 4.0 と互換になったことを発表いたします。これにより、すべての商用 AWS リージョンで、Redis 4.0 互換の ElastiCache ノードまたはクラスターを起動できるようになります。ElastiCache Redis クラスターは、テラバイト単位のメモリや毎秒当たり何百万回もの読み書きへスケールして、ゲーム、IoT デバイス、金融アプリケーション、ウェブアプリケーションなどの最も厳しいニーズに対応することができます。 AWS マネジメントコンソールまたは AWS コマンドラインインターフェイス (CLI) で Redis クラスターを起動する方法は、引き続き簡単です。新しい Redis 4.0 の機能を使ってみるための小さなクラスターを作成し、新しいバージョンを使用するために「Engine version compatibility」で 4.0 リリースを選択します。これにより、この記事を書いている時点で、4.0.10 互換のクラスターが起動します。 新機能 Least Frequently Used (LFU) キャッシュエビクションポリシー – Redis 4.0 は、新しい LFU キャッシュエビクションアルゴリズムを含めて多くのキャッシング機能が強化されたことで、Least Recently Used (LRU) より優れたパフォーマンスを実現できます。Antirez のブログが、いくつかの変更について深く掘り下げています。 非同期の FLUSHDB、FLUSHALL、UNLINK – […]

Read More

AWS Step FunctionsとAWS Lambdaを使って複数のETLジョブの統合を行う

抽出、変換、ロード(Extract, Transform, Load, ETL)操作は、現在のエンタープライズデータレイクのバックボーンにひとまとまりとして形成されています。rawデータを役に立つデータセットへ変換し、最終的には、洞察可能な状態に変換します。ETLジョブは通常1つまたは1つ以上のデータソースからデートを読み、様々な種類の変換を適用し、結果を利用準備できているターゲットに書き込みます。ETLジョブのソースとターゲットはリレーショナルデータベースであるAmazon RDS(Amazon Relational Database) もしくはオンプレミス、データウェアハウスとしてAmazon Redshift 、オブジェクトストレージとしてAmazon Simple Storage Service(Amazon S3) のバケットなどがあります。Amazon S3は、AWSでデータレイクを構築するという状況において特に一般的です。 AWSは、ETLジョブの作成とデプロイを支援するAWS Glueを提供しています。AWS Glueは抽出・変換・ロードを行うフルマネージドなサービスであり、お客様が簡単に自分のデータとして準備、ロードできるものとなります。他のAWSサービスでもETLジョブを実装、デプロイすることも可能です。 AWS Database Migration Service(AWS DMS)、Amazon EMR(ステップAPIの利用)、さらにAmazon Athenaも含まれます。   ETLジョブワークフロー統合へのチャレンジ 多様なETLテクノロジーを含むETLワークフローをどのように統合できるでしょうか? AWS Glue、AWS DMS、Amazon EMRなどのサービスは、Amazon CloudWatch Eventsをサポートしており、ETLジョブを連動させることができます。 Amazon S3は、中心に置かれたデータレークストアでもあり、CloudWatch Eventsをサポートしています。しかし、CloudWatchイベントのみに依存するということは、ETLワークフローの視覚的表現が1つもないことを意味します。また、全体的なETLワークフローの実行ステータスを追跡し、エラー・シナリオを処理することは困難になります。 本ブログでは、AWS Step FunctionsとAWS Lambdaを使用して、任意の複雑なETLワークフローでさまざまなテクノロジを含む複数のETLジョブを編成する方法を説明します。

Read More