Amazon Web Services ブログ

Tag: aws-amplify

Amplify JavaScript が新たに Vue 3 をサポート

この記事は、Amplify JavaScript releases support for Vue 3を翻訳したものです。 本日より、Amplify JavaScript は現在対応しているVue.jsバージョン2に加え、新たにVue.jsバージョン3へ対応します。オープンソースの Amplify Librariesは、あらゆるカテゴリのクラウドを使ったオペレーションに対し、ユースケース中心の、独自のスタイルを持った、宣言型で使いやすいインターフェイスを提供し、モバイル開発者やウェブ開発者がバックエンドと簡単にやり取りできるようにしています。これらのライブラリは AWS クラウド技術に支えられており、プラグイン可能なモデルのため、他のプロバイダを利用するよう拡張することもできます。ライブラリは、Amplify CLI を使用して作成された新規バックエンドおよび既存バックエンドリソースの両方で使用可能です。Amplify UI コンポーネントは、複数のフレームワーク向け UI コンポーネント内にクラウド接続部分のワークフローをカプセル化したオープンソースの UI ツールキットです。 このチュートリアルでは、以下を実行します。 このチュートリアルのベースとして新しい Vue 3 アプリを作成 Amplify の Interactions カテゴリの基本設定をセットアップ チャットボットコンポーネントを作成して Vue 3 アプリケーションに追加 前提条件 このチュートリアルを開始する前に、 Amplify ドキュメントの ウェブサイトにアクセスし、Prerequisites (前提条件) セクションに従ってください。前提条件を完了後、このチュートリアルを実行するための準備が整います。 AWS プロファイルを設定するときは、リージョンが Amazon Lex をサポートしていることを確認してください。サポートされているリージョンは、 こちらで確認できます。 新しい Vue アプリの作成 まず、 @vue/cliを使用して新しい Vue アプリケーションを作成し、起動します。このCLIツールを使うことで、現在のベストプラクティスを適用して自動で Vue アプリケーションを作成します。次に、Amplify を追加し、新しいプロジェクトを初期化します。以下の手順で、このプロセスを説明します。 新しい […]

Read More