Amazon Web Services ブログ

Tag: AWS IoT Greengrass

AWS IoT Greengrass v2 コンポーネントを構築するための 5 つのヒント

このブログは、5 tips to build AWS IoT Greengrass v2 Componentsを翻訳したものです。 2020 年 12 月に発表された AWS IoT Greengrass v2 は、構築、デプロイ、管理、およびインテリジェント IoT デバイスがキャプチャするデータをローカルで処理するために使用できるオープンソースのエッジランタイムサービスです。たとえば、データ予測の機械学習モデルを実行し、必要に応じてデバイスデータをフィルタリングおよび集約し、構築済みのソフトウェアコンポーネント、機能、およびツールを使用して、デバイスフリートを大規模に効果的に管理できます。 アプリケーションライブラリとランタイムライブラリで構成される AWS IoT Greengrass コンポーネントを使用すると、カスタムアプリケーションコードを開発し、テストを実行して、AWS IoT Greengrass コアデバイスにデプロイできます。そしてそれは、AWS IoT Greengrass v1よりも柔軟性があります。さらに、コンポーネントはコンテナの外部で実行できるため( 2.0 の新機能)、コアデバイス上のローカルリソースを直接操作できます。また、AWS IoT Greengrass v1 では、AWS Lambda 関数がコアデバイスで実行されるソフトウェアを定義しますが、AWS IoT Greengrass v2 では、コンポーネントは、定義した任意のソフトウェアアプリケーションで構成できます。

Read More

AWS IoT を利用して IoT デバイスの証明書の更新を管理する方法

この記事は Ryan Dsouza と Lukasz Malinowski によって投稿された How to manage IoT device certificate rotation using AWS IoT を翻訳したものです。 はじめに IoT (Internet of Things) は、さまざまな業界でビジネスオペレーションやカスタマーエクスペリエンスを変化させています。この無限のチャンスはビジネスの変革を可能にしますが、正しく導入されなければ、セキュリティ、リスク、プライバシーの懸念をもたらし、データやブランドを危険にさらすことにもなります。産業設備では OT(Operational Technology) 環境は、生産高と効率を向上させるために、より多くの IT ソリューションを活用しています。デジタルトランスフォーメーションの取り組みが IT/OT の融合を加速させ続ける中 IT と OT 環境の間のリスクも混在しています。コンシューマー、企業、産業用アプリケーションで接続されたデバイスの数が増え、データが生成されるにつれて、IoT デバイスやクラウドとのデバイス通信がもたらすセキュリティリスクにどのように対処するかという疑問が発生します。

Read More

IoT データの取り込みと可視化のための7つのパターン – ユースケースに最適なものを決定する方法

この記事は 7 patterns for IoT data ingestion and visualization- How to decide what works best for your use case の日本語訳です。 モノのインターネット(IoT)を始めたばかりでも、すでに数百万台の IoT デバイスが接続されていても、IoT データから抽出される価値を最大化する方法を探しているのではないでしょうか。IoT デバイスのデータには、報告されたテレメトリデータ、メタデータ、状態、コマンドとレスポンスの中に、豊富な情報が含まれていることがあります。しかし、適切なレポート作成および可視化ソリューションを持つことは、業務効率を最大化し、ビジネス成果を実現するために必要な洞察を得るための鍵となります。 それゆえ、AWS Well-Architected のようなフレームワークは、管理、パフォーマンス、コスト、および運用の観点から最適なソリューションを選択するのに役立ちます。例えば、リアルタイムでデータを提供できるレポートと可視化ソリューションを探しているかもしれません。あるいは、完全にカスタマイズ可能で、インサイトを検索できるソリューションをお探しかもしれません。 このブログ記事では、AWS の様々な IoT レポート作成と可視化ソリューションについて説明します。リアルタイム、ニアリアルタイム、スケジュールに沿ってレポートを提供できる7つの異なるアーキテクチャパターンを紹介します。さらに、各ソリューションのユースケース、更新頻度、データ取り込みプロセス、アーキテクチャ、および複雑さに関するデータポイントも提供します。

Read More

インダストリアルIoTソリューションにおける10のセキュリティゴールデンルール

産業用デジタルトランスフォーメーションは、オペレーショナルテクノロジー(OT)の状況に変化をもたらし、インターネット、ITシステム、およびソリューションとの接続性を高めています。オペレーショナルテクノロジーとは、ハードウェアとソフトウェアを使用して、物理的な資産と生産オペレーションを監視および制御することです。OTの要素である産業用制御システム(ICS)は、産業でプロセス制御に使用されるいくつかの種類の制御システムと関連する計器類を含む一般的な用語です。これらの環境が進化し続けるにつれて、OT環境はより多くのITソリューションを活用して、生産オペレーションにおける生産性と効率を向上させています。このITとOTシステムの融合により、厳しい条件のネットワーク環境に耐えるように設計された技術とそうでない技術が混在しており、リスク管理の課題が生じています。産業用機器のインターネット(IIoT)は、産業用制御システムと業務システム、インターネット、ビジネスプロセス、分析を接続および統合するシステムであり、スマートマニュファクチャリングおよびインダストリー4.0の重要な要素です。これは、産業環境で使用可能な技術の範囲を大幅に拡大しました。本記事では、このOT/ITの融合について説明し、産業分野のお客様が適切に管理しなければならない新しいセキュリティリスクと課題を紹介します。

Read More

AWS IoT Greengrassとローカルデバイスの連携について

AWS IoT Greengrass は、エッジでのデバイスソフトウェアの構築、デプロイ、管理を支援するオープンソースのエッジランタイムおよびクラウドサービスです。AWS IoT Greengrass Version 2.2.0 には、MQTT を使用して AWS IoT Greengrass Core にローカルに接続するためのローカルクライアントおよび、デバイス (クライアントデバイス) のサポートが追加されました。クライアントデバイスは、MQTT(Message Queuing Telemetry Transport protocol) を使用してクラウド内の AWS IoT Core にメッセージを安全に送受信したり、IPC(Interprocess communication) を介して他のコンポーネントと通信したりできます。

Read More

AWS IoT Greengrass V2 ハンズオンを公開 – デバイスソフトウェアの開発、デプロイ方法について学べます

こんにちは、ソリューションアーキテクトの原田です。この記事では、AWS IoT Greengrass V2(Version 2)ハンズオンについてご紹介します。 AWS IoT Greengrassとは、次のようなサービスです。 AWS IoT Greengrass は、モノのインターネット (IoT) のオープンソースエッジランタイムおよびクラウドサービスであり、デバイスソフトウェアの構築、デプロイ、および管理を支援します。お客様は、家庭、工場、車両、企業の何百万台のデバイスで IoT アプリケーションに AWS IoT Greengrass を使用しています。デバイスをプログラムして、生成したデータにローカルで対応し、機械学習モデルに基づいて予測を実行し、デバイスデータをフィルタリングして集計して、必要な情報のみをクラウドに送信することができます。 AWS IoT Greengrassサービスページより抜粋 AWS IoT Greengrass V2 は、re:Invent 2020 にて一般提供されました。V2では、エッジランタイムがオープンソースで提供され、AWS Lambdaに限らずアプリケーションを開発できるようになりました。モジュール性のある、コンポーネント単位での開発/デプロイの機能や、新しく追加されたローカル開発ツールにより、アプリケーションの開発がより行いやすくなりました。 このハンズオンでは、実際に手を動かしながら、Greengrass V2の基本機能やアプリケーションの開発方法を学ぶことができます。また、エッジランタイムをAWSサービス上で動作させるため、エッジデバイス実機を用意していただく必要はなく、AWSアカウントとブラウザがあればすぐに試すことができます。こちらのハンズオンを通じて体験する開発方法や、作成するアプリケーションは、次のステップとして実機での利用に活用していただくことが可能です。 ハンズオンには、以下のリンクよりアクセスできます。 AWS IoT Greengrass V2 Workshop

Read More