Amazon Web Services ブログ

Tag: CPG

クラウドベースの機械学習モデルで配送時刻を予測するには

ここ数年、e コマースとオンライン販売の増加に伴い、輸送・物流ビジネスの需要が高まり取引量が増加しています。しかし、このような喜ばしい成長に伴って、サービス提供の確実性と信頼性を求める顧客の要求はますます厳しくなっています。また、競争が激化していることから、事業者は利益を削って価格を下げざるを得ない状況となっています。 最近の BCG の調査によると、COVID-19 のパンデミックが世界の e コマース量のさらなる増加に寄与し、米国の売上だけでも前年比 58% の増加となったとのことです。しかし、大手宅配業者や郵便業者は収益性の低下や全体的な財務状況の悪化に悩まされています。今日のサプライチェーンは従来よりもダイナミックかつ脆弱なものになっており、物流事業のスケーラビリティと収益性を維持するためには従来とは別のツールが必要です。

Read More

小売業者へ: サードパーティ Cookie 廃止の前にデータ主権者となりましょう

ブログのパート 1 となる「サードパーティ Cookie がなくなりつつあります: 小売業者はどのように対処すべきでしょう?」では、サードパーティのマーケティング Cookie を 2023 年末までに廃止するという Google 社の発表について解説しました。簡単に要約するとこの決定は、個人データとオンライン上の行動に対するより強いプライバシーとコントロールを望む消費者をなだめ、ハッカーが消費者データにアクセスするためにマーケティング Cookie を侵害したり模倣したりするといったセキュリティリスクの排除にも繋がります。これをよいことだとみなそうが、あまりよくないものとみなそうが、Google 社のマーケティング Cookie の廃止によって、小売業にマーケティング担当者が顧客を理解し、ターゲティングし、宣伝、関与するためのデータ収集方法にとって大きな変化が起こります。

Read More

サードパーティ Cookie がなくなりつつあります: 小売業者はどのように対処すべきでしょう?

あらゆるウェブサイトは、ブラウザ上でファーストパーティおよびサードパーティの Cookie の利用同意を求めなくてはなりませんが、全てのウェブサイトが対応しているわけではありません。Cookie がどのように機能しているのか正確な知識がなくとも、Cookie によってユーザー情報が追跡されていることはご存知でしょう。Cookie とは小さなテキストファイルで、ウェブサイトがあなたについての情報を記録しています。 Cookie には、ファーストパーティー Cookie とサードパーティ Cookie の 2 種類があります。 ファーストパーティ Cookie はあなたが訪問したウェブサイトのみが設定、アクセスするもので、そのウェブサイトがユーザーを記憶していることでサイトに訪問する都度、優れたユーザーエクスペリエンスが提供されます。サードパーティ Cookie は、あなたが訪問したウェブサイトではないサードパーティによって設定され、消費者のプロファイルを作成したりターゲティング広告を提供したりするために、さまざまなウェブサイトにおける消費者の行動を追跡するものです。

Read More

【開催報告】 ファーストリテイリングにおけるデジタル改革の取り組み 〜AWSを活用したエンジニアリング組織の変革〜 (Part 2)

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社は 2021年9月2日に株式会社ファーストリテイリング様をお招きし「ファーストリテイリングにおけるデジタル改革の取り組み」というテーマで、2時間に渡ってファーストリテイリングの皆様にご講演をいただきました。前回に引き続きこのブログでは講演の後半をレポートさせていただきます。

Read More

【開催報告】 ファーストリテイリングにおけるデジタル改革の取り組み 〜AWSを活用したエンジニアリング組織の変革〜 (Part 1)

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社は 2021年9月2日に株式会社ファーストリテイリング様をお招きし、「ファーストリテイリングにおけるデジタル改革の取り組み」というテーマで、2時間に渡ってファーストリテイリングの皆様にご講演をいただきました。本ブログでは、2回に分けてその内容をレポートしたいと思います。

Read More

データメッシュで作る消費財企業向けモダンデータレイクのアーキテクチャ

COVID-19 パンデミック以来、世界中でオンラインショッピングと消費者向け直販(Direct To Consumer; DTC)への劇的なシフトが見られます。消費財(Consumer Packaged Goods; CPG)業界がどの業界よりもこの変化を感じていることは間違いないでしょう。Statista 社によると「小売ウェブサイトへの訪問者数は全世界で、2020年1月の160億7000万回から、2020年6月には約 220 億回に増加」しました。ウェブサイトへのトラフィックが半年間で27% 増加したことで、データ企業、特に消費財企業にとって管理すべきデータ量が急激に増えました。 これまで消費財企業の多くは消費者と直接的な接点を持ってきませんでした。そのためデータは、小売業者との間の発注や出荷といった内部情報など最小限しかなかったのです。今や優れた消費財企業はエンドユーザーである消費者の行動と、検索分析やソーシャルメディアにおけるセンチメントといった外部データをトラッキングしています。このブログ投稿では、データを大規模に管理するというテーマを深く掘り下げ、なぜ消費財企業がデータメッシュによるデータ管理という新しいアプローチを検討する必要があるのか、その理由について解説します。

Read More

消費財パートナー対談: Orbital Insight 社による地理空間分析とサステナビリティ

COVID-19 のパンデミックは、かつてない混乱を引き起こしました。たった数日間で世の中は大きく変わりました。自宅待機命令やロックダウン、マスク着用義務、ソーシャルディスタンスが定着するにつれ、新しい消費行動が急速に浮上しました。おそらく、消費財業界ほどパンデミックの劇的な影響を感じた業界はないでしょう。しかし、リーダーたちは回復力を信じ、粘り強くイノベーションで推進しています。AWS 戦略パートナーのエグゼクティブとの対談を通じて、この困難な時代におけるリーダーシップとイノベーションを紹介します。

Read More

消費財業界においてマイクロサービスアーキテクチャに移行するための成功戦略

以前のブログ投稿(DTC e コマースサイトをモダナイズするための3つのステップ)では、消費者向け(Direct-to-consumer; DTC) e コマースサイトをモダナイズするための3つの戦略について共有しました。 DCT e コマースサイトを AWS にリフト&シフトする e コマースサイトのアーキテクチャを分解しマイクロサービス化する サーバーレスコンピューティングに移行し、ビジネスに集中する なぜ消費財業界においてマイクロサービスなのか? このブログでは、マイクロサービスアーキテクチャを適用してウェブサイトを再設計するための戦略について詳しく説明します。消費財企業にとっては非常に関心の高いことです。まず DTC ウェブサイトがモノリスな、かつ、レガシーテクノロジーで構築され、開発チームと DBA チームによって管理されているという前提で話を進めます。クラウドテクノロジーが出現し主流となったところに、パンデミックによる混乱が引き起こされたことで、企業ブランドはこれまで以上に柔軟で俊敏な e コマースサイトを必要とするようになりました。

Read More

消費財パートナー対談: Noodle.ai によるサプライチェーン計画の変革

COVID -19 によるパンデミックはこれまでに例のないような混乱を引き起こしました。たった数日間で世の中は大きく変わりました。屋内退避命令やロックダウン、マスク着用義務、ソーシャルディスタンスといったルールが定着するにつれて、新たな消費行動が出現しました。消費財業界ほどパンデミックの劇的な影響を感じた業界はないでしょう。しかし、インダストリーリーダーたちは回復力を信じ、粘り強くイノベーションを推進しています。私たちは、消費財企業にサービスを提供している AWS 戦略的パートナー幹部との対話を通して、この混乱を乗り越えるためのリーダーシップとイノベーションについて彼らの考えを聞いています。このブログシリーズをお楽しみください。質問や提案があればぜひ、コメントを投稿してください。

Read More

パーソナライゼーション: より深い洞察を得て売上を伸ばすために

誰も COVID-19 のパンデミックを予測できませんでした。ステイホーム(外出禁止令)やソーシャルディスタンスにより、人々は以前ほど頻繁には小売店に行かなくなりました。代わりにオンラインでの購入が増え、消費者はじっくり考えて吟味してから購入するようになりました。通常、小売店で購入する場合でも、オンラインで購入する場合でも、消費者は訪問ごとにより多くの商品を購入します。多くの点で、実店舗からオンラインへのシフトは、パンデミックのずっと前から続いていた傾向でもあります。 パンデミック以降、ショッピングのトレンドは変化し続けていますが確かなことが 1 つあります。それは、ブランドの当たり障りのない一般的なメッセージではもはや消費者の共感を得られない、ということです。小売ブランドがカスタマージャーニーにおける障壁を打ち破り、ブランドの認知度と忠誠心に影響を与え、売上へと繋げるためにはパーソナライゼーションが不可欠です。ブランドには、カスタマージャーニーのあらゆる段階で、すべてのチャネルにまたがってパーソナライズされた一貫性のある顧客体験が求められています。

Read More