Amazon Web Services ブログ

AWS Japan Staff

Author: AWS Japan Staff

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS CloudFormation deep dive 資料及び QA 公開

先日 (2020/10/06) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS CloudFormation deep dive」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 ※ライブ配信中に切れてしまった最後の部分を再編集して掲載しております。 20201006 AWS Black Belt Online Seminar AWS CloudFormation deep dive from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. DeletionPolicy:Retain のとき、削除されるリソースは Changeset でどう表示されますか。Stack のリファクタリングで元スタックを削除するのは怖いので確認したいと思っています。 A. DeletionPolicy を指定してリソースを作り、対象のリソースを除外したテンプレートを作って ChangeSet を作ると、ChangeSet 上は Remove と表示され、リソースが残ることの確認はできません。類似のテンプレートを使ってテストを行い、加えて本番の環境に正しく DeletionPolicy が設定されていることを CFn 画面や CLI で得られるテンプレート情報で確認して削除を行って頂くことをおすすめします。 Q. SAM のアプリを CodePipeline […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon Aurora MySQL Compatible Edition ユースケース毎のスケーリング手法 資料及び QA 公開

先日 (2020/09/29) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon Aurora MySQL Compatible Edition ユースケース毎のスケーリング手法」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200929 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Aurora MySQL Compatible Edition ユースケース毎のスケーリング手法 from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. Amazon Aurora for MySQL のバージョン・アップグレード時にダウンタイム削減するためには DMS を使用する方法以外あるのでしょうか? A. マイナーバージョンアップグレードの場合、RDS コンソールや API でのインプレースアップグレードが可能です。参考として、ベストエフォートに基づくものとなりますが、クライアント接続の切断を防ぐ ゼロダウンタイムパッチ という機能もございます。 5.6 互換から 5.7 互換へのアップグレードの場合には、インプレースアップグレードは提供しておりません。ダウンタイムを削減したい場合、MySQL 標準のレプリケーション機能と DMS […]

Read More

【開催報告】新聞・出版業界におけるAWS事例オンラインセミナー

はじめに 新聞・出版業界のお客様による AWS の活用は大変活発になっています。お客様は、自社の豊富なメディアデータやインサイトを生かし、ビジネスの課題を解決するため、様々なアプローチでクラウドを活用されています。 ぜひとも、皆様のご参考になる事例を紹介させていただきたいと考え、10 月 1 日に「新聞・出版業界における AWS 事例オンラインセミナー」と題して、アマゾン ウェブ サービス ジャパン初となる新聞・出版業界に特化した、オンラインイベントを開催させていただきました。国内のお客様による事例紹介が中心となりますが、ワールドワイドでこの業界向けのビジネスを統括している Dominika Rybakowska(ドミニカ・リバコフスカ)より海外の事例をご紹介しました。   「新聞業界AWS活用Overview」 アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 ソリューションアーキテクト 八木 達也から、新聞業界におけるAWS活用の 3 つの傾向についてご説明しました。 ・テジタル配信基盤は既に AWS がデファクトスタンダードとなっている ・コンテンツ制作・管理システムへの活用も活発化 ・分析、AI サービスによる新たな付加価値の創造が進んでいる 上記を事例の紹介と、それらの事例において AWS を選択いただいた理由について考察をお話しました。 なお 以下の表は、各国の AWS Summit に登壇いただいたり、Keynote で紹介させていただいたり、事例をインターネットに公開いただいたお客様のロゴを、年代別にプロットしたものとなります。この年からAWSを利用開始したことを示すものではございません、予めご了承ください。 また、コンテンツ制作・管理システムにおいては、映像、音声、画像やテキストデータを機械学習サービスと連携して、制作・編集作業の自動化や効率化推進はもちろん、履歴データを活用したサービスの離反防止、レコメンデーションといった機能を短期間に実現されるケースが増えてきています。 登壇資料: [Slide]   お客様事例紹介 「中日新聞社のクラウドジャーニー」 ~全社的クラウド活用に向けたCCoE立ち上げ及びガイドライン策定~ 中日新聞社 技術局 局次長 兼 ネットワーク部長の近藤 祐司様より、AWS をベースとした統合クラウド基盤を構築したお話とプロフェッショナルサービスを活用された事例について紹介いただきました。新聞社にとって新聞制作システムが稼働する IT インフラは事業の重要基盤。しかし、二重三重の冗長性担保が当然の高コストな状況から変化が訪れており、費用対効果が求められる時代になってきているとのことです。当初 Web […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon Kinesis Video Streams 資料及び QA 公開

先日 (2020/09/30) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon Kinesis Video Streams」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200930 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Kinesis Video Streams from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. Amazon Kinesis Video Streams でクラウドに送りつけた動画は実体はS3に保存されているのでしょうか?動画のストリーミング処理をしつつ、動画ファイルは例えば 30 分 x nといった形で保存しておく場合 KVS の設定のみで可能でしょうか?もしくは Lambda を定期発火させるなどして S3 に Put するような仕組みを組む必要がありますでしょうか? A. Amazon Kinesis Video Streams の特徴より > […]

Read More

サーバーレス LAMP スタック – Part 5: CDK コンストラクトライブラリ

本投稿は AWS サーバーレス アプリケーションのシニアデベロッパーアドボケートである Benjamin Smith による寄稿です。 本シリーズの他のパートは以下のリンクからアクセスできます。また、関連するサンプルコードはこちらの GitHub リポジトリにあります。 パート1:サーバーレス LAMP スタックの紹介 パート2:リレーショナルデータベース パート3:Webサーバーの置き換え パート4:サーバーレス Laravel アプリの構築 パート6:MVC からサーバーレスマイクロサービスへ この投稿では、サーバーレス LAMP スタック用の新しい CDK コンストラクトライブラリが、開発者によるサーバーレス PHP アプリケーションの構築にどのように役立つかを学びます。 AWSクラウド開発キット(AWS CDK)は、クラウドアプリケーションリソースをコードで定義するためのオープンソースソフトウェア開発フレームワークです。開発者は、TypeScript、Python、C#、Javaなどの使い慣れたプログラミング言語でインフラストラクチャを定義できます。開発者は、インターフェイス、ジェネリクス、継承、メソッドアクセス修飾子など、言語が提供する機能を利用できます。AWS Construct ライブラリは、CDK アプリケーションで AWS リソースを定義するための API を公開するモジュールの広範なセットを提供します。 「サーバーレス LAMP スタック」ブログシリーズでは、ベストプラクティス、コード例、多くのサーバーレスコンセプトの詳細を紹介し、これらが PHP アプリケーションにどのように適用されるかを示しています。また、PHP 開発者のインスピレーションを刺激するのに役立つ、コミュニティからの貴重な貢献に焦点を当てています。 このサーバーレス LAMP スタックの各コンポーネントについては、一連のブログ記事で詳しく説明しています。 パート1:サーバーレス LAMP スタックの紹介 パート2:リレーショナルデータベース パート3:Webサーバーの置き換え パート4:サーバーレス Laravel アプリの構築 サーバーレス LAMP […]

Read More
Weekly AWS

週刊AWS – 2020/10/5週

こんにちは、AWSソリューションアーキテクトの小林です。 涼しくなったなぁ、過ごしやすくていいなぁ、と思っていたら先週末の東京は肌寒いような気候でした。ここまでひんやりしてくると、やはり美味しいのは鍋物ですね(若干気が早い気もしますが)。鍋物はだいたい何でも好きなのですが、個人的なナンバーワンはシンプルな鶏肉と野菜の鍋にちょっといいポン酢をつけて食べるやつですね。博多の水炊きに近い気もするのですが、一度も実物を食べたことがないので果たしてどれくらい似ているのかが今ひとつわかりません。いつか本場で水炊きを食べるチャンスがあるといいなぁと思うのですが、なかなか果たせず……。 それでは、先週の主なアップデートについて振り返っていきましょう。

Read More
CDK

CloudFormation テンプレートから AWS Cloud Development Kit への移行

AWS CloudFormation を使用すると、開発者やシステム管理者は、関連する AWS リソースのコレクションを簡単に作成および管理し、それらを整然かつ予測可能な方法でプロビジョニングおよび更新できます。AWS CloudFormation のサンプルテンプレートの使用、または独自のテンプレートの作成によって、アプリケーションの実行に必要な AWS リソース、相互の依存関係、および実行時パラメーターを定義できます。AWS サービスのプロビジョニングの順序や、それらの依存関係を解決するための詳細を把握する必要はありません。CloudFormation はあなたに代わってこれを処理します。AWS リソースをデプロイしたら、制御され予測可能な方法で変更し更新できます。これにより、ソフトウェアと同じ方法で AWS インフラストラクチャにバージョン管理を適用できます。 2019 年 7 月、AWS Cloud Development Kit(CDK)がリリースされました。開発者が AWS インフラストラクチャを TypeScript、JavaScript、Python、C#、Java などの使い慣れたプログラミング言語のコードで定義できるようになったことで、お客様の選択肢が増えました。CDK では、より高いレベルの抽象化を使用してインフラストラクチャを定義できますが、その背後では CloudFormation が使われています。つまり、自動ロールバックやドリフト検出など、CloudFormation のすべてのメリットを享受できます。 多くの開発者は、アプリケーションコードに使用するのと同じ使い慣れたプログラミング言語でインフラストラクチャを定義することを好むため、CDKを使用したいと考えています。しかし一方で、実証済みのインフラストラクチャパターンと重要な構成設定をエンコードした CloudFormation テンプレートの広範なライブラリをすでにお持ちです。これらのテンプレートは、構築と維持に時間と労力を要します。一方で既存のスタックを再現する CDK コードを手動で記述することは、面倒でエラーが発生しやすくなります。 今日まで、既存のテンプレートで定義されたインフラストラクチャを活用する唯一の方法は、コアモジュールの CFnInclude クラスでした。これにより、CDK アプリケーションに CloudFormation テンプレートを組み込み、変更せずに出力することができました。ただし、このソリューションにはいくつかの制限があります。 テンプレートに含まれるリソースは、インクルードした後で変更することはできません。 テンプレートから取り込んだリソースは、その論理 ID を使用して手動で参照します。これはエラーが発生しやすく、この方法で作成された参照は、CDKが提供する強力な機能である CDK の自動クロススタックリファレンス生成機能を利用できません。 CloudFormation-Include CDK モジュールの発表 既存の CloudFormation スタックを CDK コードに移行するために特別に開発された CloudFormation-include […]

Read More
CDK

CDK Pipelines: AWS CDK アプリケーションの継続的デリバリ

AWS Cloud Development Kit(AWS CDK)は、使い慣れたプログラミング言語でクラウドインフラストラクチャを定義し、AWS CloudFormation を通じてプロビジョニングするためのオープンソースのソフトウェア開発フレームワークです。AWS CDK は、次の 3 つの主要なコンポーネントで構成されています。 再利用可能なインフラストラクチャ・コンポーネントをモデリングするためのコアフレームワーク CDK アプリケーションをデプロイするための CLI AWS Construct Library(クラウドリソースを抽象化し、実績のあるデフォルト値をカプセル化する高レベルのコンポーネントのセット) CDK を使用すると、cdk deploy を実行するだけで、ワークステーションから AWS クラウドにアプリケーションを簡単にデプロイできます。これは、初期開発およびテストを行う場合に最適ですが、本番ワークロードをデプロイするためには、より信頼性の高い自動化されたパイプラインを使用する必要があります。 CDKアプリケーションを継続的にデプロイするために、お好みのCI/CDシステムを利用することが可能ですが、より簡単で、かつすぐに利用可能な方法をお客様はご要望でした。これはCDKの中核的な理念に適合します。つまりクラウドアプリケーションの開発を可能な限り簡素化して、お客様が関心のある部分に集中することです。 CDK Pipelines の開発者プレビューリリースをお知らせします。CDK Pipelines は、AWS CodePipeline によって CDK アプリケーションの継続的なデプロイパイプラインを簡単にセットアップできる高レベルのコンストラクトライブラリです。この投稿では、CDK Pipelines を使用して、AWS Lambda と連携した Amazon API Gateway エンドポイントを 2 つの異なるアカウントにデプロイする方法について説明します。

Read More

AWS Systems Manager Quick Setupを使ったAWS Organizations全体でのインスタンス管理

運用部門の管理者は、エージェントのアップデートやパッチ適用状況のチェックのような一般的な設定を組織全体に適用したいとお考えではないでしょうか。2020/07/28にAWS Systems Manager Quick SetupはAWS Organizationsをサポートしました。この機能によって、Systems Managerの設定を簡単に、組織のアカウント全体に定義できるようになりました。この操作はOrganizationマスターアカウントから行います。Quick Setupは、Organization全体または、特定のAWS Organization Units(OU)を選択して適用することが出来ます。このブログ記事では、組織内のマルチアカウントに対して、Systems Manager Quick Setupの設定オプション(Configuration options)を展開するベストプラクティスをご紹介します。

Read More