Amazon Web Services ブログ

Category: SAP

SAP Database Migration Option(DMO)を使ったAWSへの移行

Somckit Khemmanivanhは、Amazon Web Services (AWS)のSAPソリューションアーキテクトです。 このブログ記事では、SAP Software Update Manager(SUM)の機能であるDatabase Migration Option(DMO)を使って、AnyDBデータベースからAWS上のSAP HANAに移行する方法を説明します。SAPでは、SAP社がサポートするSAP HANA以外のソース・データベース(DB2、Oracle、SQL Serverなど)を指すときに、AnyDBという用語を使用しています。ここでは、オンプレミス・アーキテクチャからAWSへの移行オプションについて説明します(ここで留意すべきは、SAP HANAがターゲット・プラットフォームでない場合、他にも多くの移行オプションがあることです。詳細はホワイトペーパーMigrating SAP HANA Systems to X1 Instances on AWSをご覧ください)。 SAP HANAは完全なインメモリーで、列指向に最適化され、また圧縮されたデータベースです。 SAP社により認定されたSAP HANAシステムでは、160+ GB RAMから2TB RAMまでのシステムでSAP HANAデータベースをスケールアップ構成として稼働できます。また、最大14TBまでの認定されたスケールアウト構成も利用可能です。AWSであれば、このシステム構成の柔軟性により、ビジネスとITのニーズに合わせて拡張することができます。もしこれ以上のメモリーを要求するワークロードがある場合は、ぜひご連絡ください。私たちは、お客様要件にお応えできるよう取り組みたいと考えています。 DMOの概要については、SAP Community Networkをご覧ください。大まかには、AnyDBで稼働するSAPシステムをSAP HANAデータベースに移行する際にDMOを使うことができます。また、DMOにより、SAPシステムのソフトウェア・アップグレードとユニコード変換を移行時に合わせて行うこともできます(Enhancement Package(EHP) 8以降、ユニコードは必須)。 標準的なDMOのプロセスでは、ソースのAnyDBをターゲットのSAP HANAデータベースにオンラインかつ直接移行します。 図1: SAP HANA DMOのプロセス 移行先がAWS上のSAP HANAシステムである場合、この直接の移行プロセスを容易にするためにネットワーク接続を確立する必要があります。加えて、標準的なDMOのプロセスにおいて、SAP Note 2277055 – Database Migration Option (DMO) of SUM 1.0 […]

Read More

SAP HANA on AWSの展開 – どのような選択肢が?

Sabari RadhakrishnanはAmazon Web Services(AWS)のパートナー ソリューション アーキテクトです。 SAPアプリケーションをSAP HANAプラットフォーム上に移行、または新規で構築する予定がありますか?もしそうであれば、AWSがSAP HANAのワークロードを実行するためにどのような選択肢を提供しているか知りたいのでは、と思っています。本ブログ記事では、SAP HANAに必要となる主なインフラストラクチャ・コンポーネントおよびAWS上にSAP HANA仮想アプライアンスを構築するためのビルディング・ブロックについて説明します。本記事により、展開方法について深くご理解いただけると幸いです。本記事は、ブログシリーズとして、SAP on AWSに関する様々な情報を公開する最初の記事ですので、頻繁に確認していただければと思います。 SAP HANA Tailored Data Center Integration (TDI) モデルに準拠している場合、メモリー、コンピュート、ストレージ、そしてネットワークの4つがSAP HANAに必要となる主要なインフラストラクチャ・コンポーネントになります。これらの中で、メモリーがデータサイズに依存する唯一の変数となっています。コンピュート、ストレージ、ネットワーク要件はメモリーサイズから算出されるか、あらかじめ定義されています。例えば、メモリーサイズに基づいたコンピュートに必要なコア数の決定には、SAP社が設定した標準的なコアとメモリー比率の要件があります。ストレージについては、メモリーサイズに関係なく、SAP HANA Hardware Configuration Check Tool (HWCCT) ガイドに記載されているように、異なるブロックサイズやその他のKPIにおける特定のスループット要件を満たす必要があります。 最後にネットワークですが、特にスケールアウト構成において、メモリーサイズに関係なく、SAP HANAのノード間で最小9.5 Gbpsのスループットを実現する必要があります。 ここ数年、AWSはSAP社と密に連携して、AWSプラットフォーム上でSAP HANAのワークロードを実行するためのコンピュートおよびストレージ構成の認証を取得しています。どのように我々はこれを実現したのでしょうか。その答えは、 AWSがAmazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)のインスタンスを様々なメモリーサイズで設計し、コンピュートのための適切なコアとメモリー比率を含むSAP HANAの厳しい性能要件を満たすことです。加えて、Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS)は多くの場合にTDIモデルのストレージKPIを満たしています。そしてEC2インスタンスのネットワーク帯域幅は、スケールアウト構成のノード間通信で必要な9.5 Gbpsを満たしています。 それではこれらのビルディング・ブロックと構成オプションについて詳細をみていきましょう。 メモリーとコンピュート AWSでは様々なワークロードに対応できるよう、いくつかのEC2インスタンスのタイプをご用意しています。 メモリー最適化のR3とR4インスタンス、そして大容量メモリー最適化のX1インスタンスといったSAP HANAのワークロードに最適な2つのEC2インスタンスのタイプがあります。これらのインスタンスファミリーは、SAP HANAのようなインメモリーワークロード専用に設計されています。このインスタンスタイプとインスタンスファミリーにはSAP HANAのワークロードを実行するための様々なコンピュートオプションがあります。OLAP(online analytical […]

Read More

新発表 – X1インスタンスのクラスタによるSAP HANAの稼働

SAP HANAの大規模ワークロードにおける新しい利用方法をお伝えするために、私の同僚のSteven Jonesが寄稿してくれました。 — Jeff; AWSクラウド上でSAP HANAのような大規模なインメモリデータベースやインメモリアプリケーションを稼働させるため、Amazon EC2 メモリ最適化インスタンスファミリーに新しいX1インスタンスタイプとして、2TBのRAMを搭載したx1.32xlargeの利用開始を5月に発表しました。 X1インスタンスのシングルノード構成でのSAP HANAにおけるSAP認定取得を同時に発表し、それ以来、SAP S/4HANAとSuite on HANAといったOLTP、またBusiness Warehouse on HANAにBIといったOLAPにおける幅広い用途で、世界中の多くのお客様にご利用いただいています。とはいえ、クラスタ化されたX1インスタンスによるスケールアウト構成でのSAP HANAの提供のご要望も多くいただいていました。 SAP認定プロセスに応じたSAP HANAスケールアウト構成の広範囲なテストとベンチマークを終え、本日、高度に最適化された次世代データウェアハウスSAP BW/4HANAの新発表と同時に、X1インスタンスの最大7ノード、つまり14TBのRAMに対応したSAP BW/4HANAを含むOLAPシナリオの大規模スケールアウト構成におけるSAP認定取得を発表できることを嬉しく思います。 拡張性、柔軟性、コスト効果の高いSAP社の新しいフラッグシップのデータウェアハウスであるSAP BW/4HANAのローンチを私たちがサポートできることに非常に興奮しています。 以下は7台のX1インスタンスで稼働する大規模(14TBメモリ)なスケールアウト構成を表示したSAP HANA Studioのスクリーンショットです: そして、これはほんの始まりに過ぎません。私たちは他のサイズでのX1インスタンスを利用可能にする計画があり、より大きな50TBメモリまでのクラスタ構成を研究室でテストしています。もし、14TBメモリを超える大規模なスケールアウト構成が必要な場合は、ご支援しますので、ぜひご相談ください。 コストと複雑性の削減 多くのお客様が複数のR3インスタンスによるスケールアウト構成でSAP HANAを稼働してきました。今回の新しい認定により、コストと複雑性の両方が削減できる、より少ないインスタンス数での大規模スケールアウト構成に統合できる可能性があります。統合戦略における詳細はSAP HANA Migration Guideをご参照ください。 柔軟性のある高可用性オプション AWSプラットフォームでは、可用性が求められるSAP S/4HANAやSAP BW/4HANAのような環境で使われる重要なSAP HANAを保護するために、お客様のご要望に応じた様々なオプションを提供しています。実際に、従来型のホスティングプロバイダーやオンプレミスのスケールアウト構成でSAP HANAを稼働しているお客様からは、ハードウェア障害に迅速に対応できるように予備のハードウェアやスタンバイノードを購入し非常に高額なメンテナンス契約料を支払わなければならない、とよくお伺いします。他には、残念ながら、何も起こりませんようにと祈って、この余分なハードウェアをなしで済ませようとされています。 AWSプラットフォーム上で活用されている便利なオプションの一つは、Amazon EC2 Auto Recoveryと呼ばれるソリューションです。AWSに起因するハードウェア障害や問題が発生したときに自動的に正常なホスト上で復旧するよう、EC2インスタンスを監視するAmazon CloudWatch アラームを簡単に作成できます。復旧されたインスタンスは、アタッチされたEBSボリュームやホスト名、IPアドレス、AWSインスタンスIDなどの構成情報も元のインスタンスと同じものです。Amazon CloudWatchの標準料金(例えば、米国東部では月当たりアラームごとに0.10ドル)が適用されます。実質、ハードウェア異常への迅速な復旧のために、私たちの持つ空いているキャパシティをすべてお客様の予備機として活用することが可能です。 開始方法 最新のAWS Quick Start Reference Deployment for SAP HANAを使うことで、十分にテストされたX1インスタンスでのシングルノード構成、およびスケールアウト構成のSAP […]

Read More

EC2のX1インスタンス – メモリー重視のワークロードに対応可能

多くのAWSのお客様はメモリー性能を必要とするビッグデータ、キャッシング、および分析系のワークロードを実行しており、増え続けるメモリー量に対応したEC2インスタンスについてのご要望をいただいていました。 昨年の秋、初めて新しいインスタンスタイプX1についての計画をお伝えしました。今日、このインスタンスタイプのインスタンスサイズx1.32xlargeが利用可能になったことを発表します。このインスタンスの仕様は以下です: プロセッサー: 2.3GHzの4 x Intel™ Xeon E7 8880 v3 (Haswell) – 64コア / 128 vCPUs メモリー: Single Device Data Correction (SDDC+1)を実現した1,952 GiB インスタンスストレージ: 2 x 1,920 GB SSD ネットワーク帯域幅: 10 Gbps 専用のEBS帯域幅: 10 Gbps (デフォルトでEBS最適化、追加料金不要) Xeon E7 プロセッサーはターボ・ブースト2.0(最大3.1GHzまで)、AVX 2.0、AES-NI、そして非常に興味深いTSX-NI命令をサポートしています。AVX 2.0(Advanced Vector Extensions)は、HPCやデータベース、ビデオ処理といったワークロードの性能を向上できます; AES-NIは、AES暗号化を使用するアプリケーション速度を向上します。新しいTSX-NI命令は、トランザクションメモリーと呼ばれる素晴らしい機能をサポートします。この命令は、並列性が高いマルチスレッドアプリケーションにおいて、メモリーアクセスを必要としたときに行われる低レベルのロックとアンロックの数を削減することで、非常に効率的な共有メモリーの使用を可能とします。 X1インスタンスは、米国東部(バージニア北部)、米国西部(オレゴン)、欧州(アイルランド)、欧州(フランクフルト)、アジアパシフィック(東京)、アジアパシフィック(シンガポール)、そしてアジアパシフィック(シドニー)リージョンで準備ができており、利用申請をしていただければできるだけ早く稼働させようと思っています。また、あまり遠くない将来に、X1インスタンスを他のリージョンで、および他のインスタンスサイズを提供する計画があります。 米国東部(バージニア北部)リージョンの場合、3年契約の一部前払いで1時間あたり3.970ドルでご利用いただけます; 詳細な情報はEC2の料金ページをご覧ください。今日時点で、リザーブドインスタンスとDedicated Host Reservationsを購入することができます; スポット価格は短期的なロードマップにあります。 x1.32xlargeが動いているスクリーンショットをいくつか記載します。lscpuで4ソケットにわたり128vCPUsが搭載されていることが表示されています: システム起動時のカーネルがアクセス可能な総メモリーです: topコマンドでは膨大な数のメモリーとプロセスが表示されています: エンタープライズ規模のSAPワークロードに対応可能 X1インスタンスは、本稼働ワークロードにおけるSAP認定を取得しています。SAP […]

Read More