Amazon Web Services ブログ

Category: Best Practices

Next.js と Amplify を活用した製品ロードマップアプリの構築

本記事では、私たちがロードマップを公開している自動車会社であると想像してみましょう。私たちには世界中のユーザーがいて、車載エンターテイメントシステムにどのような機能が提供されたかを定期的にチェックしています。ここでは、プロダクトマネージャーがログインしてロードマップを更新し、ロードマップページに反映させるための管理ページを構築します。 ロードマップページは世界中の多くの読者が閲覧し、更新頻度が低いため、Incremental Static Regeneration (ISR) を用いた Static Site Generator (SSG) の最適な候補になります。

Amazon Connect のより細かいアクセスコントロールを利用したリアルタイムメトリクスの監視

今日の組織は、地域・業界、またビジネスニーズによって異なる、プライバシーや規制の課題に直面しています。こうしたプライバシー規制に加え、コンタクトセンターでは、多くの場合、個別の事業部門または組織毎のアクセスコントロールが必要です。このブログ記事では、コンタクトセンターの管理者が、リアルタイムメトリクスへのユーザーアクセスを制限する方法について説明し、タグベースのアクセスコントロールの柔軟性を実証します。

AWS re:Invent 2023 直前セッションガイド – モニタリングとオブザーバビリティ、および運用管理

2023 年 11 月 27 日から 12 月 1 日 (米国太平洋標準時) までラスベガスで開催される毎年恒例のクラウドコンピューティングカンファレンス、AWS re: Invent 2023 での モニタリングとオブザーバビリティ及び運用管理に関して、おすすめのブレイクアウトセッションとチョークトークのご紹介です。

誰もが忙しい。では、変革する時間があるのは誰なのか?

ある企業は、未来に向けて変革したいと考えています。変革がなければ、破壊的な競合他社に脅かされるか、顧客にサービスを提供できなくなります。しかし、従業員が日々の仕事に忙殺されているため、変革に着手できません。変革には努力が必要です。また、プロセスを変更すると同時に、そのプロセスを使ってビジネスを運営しなければなりません (「自転車に乗りながらタイヤを交換する」という問題)。新しいスキルの習得、新しいクラウド環境の準備、ビジネスプロセスの変更、企業の再編成など、変革に必要な作業を、同じプロセスで忙しくしている間に誰が行うのでしょうか?

サードパーティ拡張による AWS CloudFormation と AWS CDK の機能強化

サードパーティ拡張による AWS CloudFormation と AWS CDK の機能強化

AWS CloudFormation や AWS Cloud Development Kit (AWS CDK) でサードパーティのリソースを管理できることをご存知でしょうか?AWS CloudFormation パブリックレジストリでは、CloudFormation 拡張機能を検索可能な形で提供し、簡単に見つけて CloudFormation テンプレートと AWS CDK アプリケーションでプロビジョニングできます。GitLab、Okta、PagerDuty などの新たな素晴らしいパートナーが数多くパブリックレジストリに追加されています。

Amazon VPC Lattice と VMware Cloud on AWS によるアプリケーションネットワークのシンプル化

モダンアプリケーションは、モジュール式かつ分散型のコンポーネントで構築されています。お客様は、特にハイブリッドクラウド環境において、サービスコンポーネント間のアプリケーションネットワーキングをシンプル化する柔軟な方法を求めています。
VMware Cloud on AWS を利用することで、お客様はオンプレミスの vSphere 環境からのワークロードとアプリケーションをシームレスなハイブリッドクラウド体験で Software Defined Data Center (SDDC) に簡単に移行できます。
お客様がワークロードを VMware Cloud on AWS に移行するにつれ、SDDC 上で実行されている既存のアプリケーションと、ネイティブ AWS サービスを使用してデプロイされた新しいサービスとの間のサービス間接続の要件に対処することが不可欠となっています。
異なるAWSアカウントや Amazon Virtual Private Cloud (VPC) 間のサービス接続をサポートするために、お客様は通常、VPCピアリング、AWS Transit Gateway、AWS PrivateLink、サービスメッシュプロキシなど、追加のネットワーキングサービスとコンポーネントをプロビジョニングする必要があります。
さらに、複数の AWS アカウントと VPC を持つお客様は、重複する CIDR ブロックや環境分離の要件などの課題に直面することが多く、これらはサービス間のアンダーレイとなる IP 接続性の構築に追加の複雑さを課しています。
この記事では、Amazon VPC Lattice が SDDC やクラウドネイティブ環境全体のサービス間通信を、アンダーレイネットワークの複雑さを抽象化しながらシンプル化する方法を見ていきます。また、VPC Lattice を活用して、VMware Cloud on AWS からクラウドネイティブサービスへアプリケーションをシームレスに変換、移行できることも説明します。

ITを乗り越えれば、イノベーションがやってくる

企業は、コスト構造、市場投入のスピード、提供する商品の質を改善するために研究開発(R&D)に投資しています。研究開発費は、ヘルスケア、製薬、テクノロジー業界のように、研究活動が製品ロードマップと連動している業界で最も高くなります。これらの業界では、通常、売上の10%から15%をイノベーションに充てています。しかし、その他の業界では、売上の0.5%から3%しか研究開発に割り当てられず、短期的な技術インフラのニーズや業界のトレンドによって増減する裁量的支出となっています。これらの企業は、プロセスからサプライチェーン、オペレーションに至るまで、ビジネスの一部をデジタル化し始めています。イノベーション能力は企業の成功に不可欠であり、クラウドはそれを実現する最良の手段です。