Amazon Web Services ブログ

Category: Public Sector

ジョージア州知事は、5,000名超の住民のAWS認定取得を支援

今回のブログでは、 AWSジャパン・パブリックセクターより、「住民にクラウド・スキルのトレーニングを提供している米国の州政府の取り組み」を紹介します。 AWSでは、類似の取り組みを一緒に構想いただける日本の公的機関との対話を歓迎します。ご不明の点、「Contact Us」までお問合せください。(以下、米国現地のチームが執筆したブログの翻訳となります。)

Read More

大学・研究機関向け AWSの買いかた・支払いかたシリーズ (1)

今回は、大学・研究機関におけるAWSの買いかた・支払いかたについて紹介します。
大学や研究機関のお客様はサーバやストレージなどを“モノ”として購入することには慣れていますが、クラウドという”サービス”として購入するのはあまり馴染みがないことかと思います。
今回のブログでは、比較的少額なAWS利用の場合にフォーカスをあて、大学・研究機関におけるAWSの始めかたや買いかた・支払いかたに関する様々な疑問・質問に対する回答をお届けします。
なお、このブログは2021年6月3日(木)に開催したウェビナー「大学・研究機関向け AWSの買いかた・支払いかた~少額編~」の内容を一部抜粋・加筆修正を加えたものです。
ウェビナーを収録した動画も視聴可能です。このブログでは書ききれなかった内容も多数ございますので是非、ご覧ください。

Read More

文科省「教育情報セキュリティポリシーガイドライン」の”攻め”の改訂を、クラウドのレンズで読み解く

今回のブログでは、 AWSジャパン・パブリックセクターより、文部科学省より発出された「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」の趣旨と、今回の「改訂」のポイントを紹介します。  1)ネットワーク分離を必要とせず、そして、2)クラウドにこそ利便性向上とコスト削減のメリットを期待できる──と整理した今回の改訂は、画期的なものであるとAWSでは認識しています。ご不明の点、「Contact Us」までお問合せください。

Read More

この夏、AWSのエデュケーションプログラムが進化します

AWS では、日本の学生や教員、教育機関向けに主に2つのエデュケーションプログラムAWS EducateとAWS Academyを提供してきました。今回は、これらのプログラムについて、この夏を皮切りに始まる変更についてご紹介します。より多くの教育機関でAWSのエデュケーションプログラムがご活用いただけるようになるのと同時に、実践的な学びにフォーカスしたプラットフォームへと進化します。

Read More

米国政府機関に学ぶ、クラウド調達の4つのベスト・プラクティス

今回のブログでは、 AWSジャパン・パブリックセクターより、「米国政府が見出した、クラウド調達のベスト・プラクティス」を紹介します。 クラウドの「買い方」には、独特の”コツ”がある──というのが、クラウドの導入と調達において先行する米国政府機関からの学びです。ご不明の点、「Contact Us」までお問合せください。以下、米国現地の公共調達渉外チームが執筆したブログの翻訳となります。

Read More

Amazon NeptuneとAWS Amplifyを利用したグラフアプリケーション開発

グラフデータベースの活用が様々な領域で進んでいます。例えば、公共領域では法人情報検索ツール、ヘルスケア領域では薬物間相互作用のチェック、マーケティング領域ではカスタマーインサイト分析などで利用されています。 リレーションシップと大量に接続されたデータセットと連携するアプリケーション開発において、リレーショナルデータベースで実装するのは困難です。しかし、フルマネージドなグラフデータベースであるAmazon Neptuneはリレーションシップの格納とナビゲートを目的として構築されたデータベースで、ナレッジグラフ、IDグラフや不正検出といった代表的なグラフアプリケーションを構築することができます。最近では、ナレッジグラフを利用したチャットボットアプリケーションのサンプルをAWS CloudFormation templateとしてリリースしました。 AWS Amplifyはウェブアプリケーション開発するデベロッパー向けのサービスで、グラフアプリケーションの機能をウェブアプリケーションに容易に組み込むことができます。 AWS AppSync はGraphQL APIを簡単に実装することが可能で、例えば、データへのアクセスレイヤーを提供し、AWS Lambdaを利用してNeptuneに接続するフレキシブルなバックエンド実装が可能です。 本ブログでは、AWS Amplifyで作成したアプリケーションからNeptuneの接続する方法をご紹介します。

Read More

AWSのISMAP登録リージョンが23リージョンに拡張されました。

AWSは「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度(Information system Security Management and Assessment Program: 通称、ISMAP(イスマップ))」において、すでに登録済みの日本国内のリージョンに加え、ISMAP登録範囲として23リージョンが認定されました。

Read More

AWS Global Acceleratorのカスタムルーティングアクセラレータのご紹介

AWS Global Accelerator ではカスタムルーティングアクセラレータがサポートされるようになりました。新しく追加されたこの機能を利用することにより、Global Accelerator の利点を活用しつつ、独自のアプリケーションロジックを使用して複数のユーザーの宛先を特定の Amazon EC2 にルーティングできるようにします。 Global Accelerator は、 AWS グローバルネットワークインフラストラクチャを使用して、インターネットユーザーのパフォーマンスと可用性を向上させるネットワーキングサービスです。Global Accelerator の自動ルーティング最適化により、パケット損失、ジッタ、レイテンシーを一貫して低く抑えることができます。現在提供されているアクセラレータ機能は、ユーザーに最も近い正常なエンドポイントにトラフィックを自動的にルーティングします。これは、A/B テスト、ブルーグリーンのデプロイ、API アクセラレーション、ライブビデオのインジェストなど、さまざまなユースケースに使用できます。

Read More

AWSも検討会に参加。”ガバメントDX”『行政府における理念と実践』ハンドブックの公開が開始

本日2021年6月1日より、『GDX:行政府における理念と実践』──”ガバメントDX”ハンドブックのPDF版が無料配布・公開開始されましたので、お知らせします(以下、『GDXハンドブック』)。このハンドブックの議論の端緒となった、一般社団法人 行政情報システム研究所主催の「世界各国におけるDX推進における手法の調査」検討会(『GDXハンドブック』のp.4にて言及)には、AWSからも3名が参加をする機会をいただきました。今回のブログでは、 AWSジャパン・パブリックセクターより、この『GDXハンドブック』の概要紹介をお届けします。ご不明の点、「Contact Us」もしくは行政情報システム研究所までお問合せください。

Read More

Udemy, Cousera, edX。AWSはクラウドの”調達”に特化した無料トレーニングを3つのMOOCで同時リリース

今回のブログでは、 AWSジャパン・パブリックセクターより、世界各国の「クラウドの調達」にAWSが向き合うなかで蓄積してきた知見を集約した「How to Buy Cloud – Strategies for Cloud Procurement (クラウドの買い方 – クラウド調達戦略)」の概要紹介をお届けします。世界的なMassive Open Online Courses(MOOC)である、Coursera,  edX, そしてUdemyでの同時ローンチであり、ホームセンターで資材(=AWSの個々のクラウドサービス)を揃え、「一軒家(=ITソリューション)」をつくりあげる──という比喩が採用されたトレーニングとなります。ご不明の点、「Contact Us」までお問合せください。

Read More