Amazon Web Services ブログ

Tag: Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)

AWS Snowball Edge 上の Amazon S3 互換ストレージと AWS DataSync を使用してオブジェクトをレプリケートする

AWS Snowball Edge 上の Amazon S3 互換ストレージと AWS DataSync を使用してオブジェクトをレプリケートする

2015 年の AWS Snowball デバイスの発表以来、ユーザーは Amazon Web Services(AWS)Snow Family を用いて、オンプレミスと AWS リージョン間でペタバイトのデータを転送することに成功しています。ユーザーは、AWS Snow Family を用いてデータを移行するだけではありません。AWS Snowball Edge Compute Optimized デバイスを使用して、ネットワーク接続が拒否、切断、断続的、または制限付きの場所(DDIL)でデータの処理が必要なアプリケーションをホストすることが増えています。エッジでのデータ処理により、より迅速にインサイトを得ることができますが、長期保存のためにユーザーはエッジで取得したデータをアーカイブしてエンタープライズデータレイクに保存することがよくあります。データを AWS に送る最も簡単な方法は、インポートジョブプロセスの一部として Snow デバイスを戻すことです。しかし、インポートジョブはオンプレミスから AWS への 1 回限りのデータ移動ソリューションであり、返送、集荷、データ取り込みに関する時間の遅れが発生します。

Amazon S3 Express One Zone を使用して非構造化データの処理を加速した Akridata

このブログでは、Akridata Data Explorer がどのように機能するかを、自動運転の開発者がビジュアルデータセットの可能性を引き出した例を交えながら説明します。次に、Akridata Data Explorer を使用する際に、Amazon S3 標準と比較してデータアクセス速度が 10 倍向上しリクエストコストを 50 % 削減できるAmazon S3 Express One Zone ストレージクラスにデータを保存することで、3.5 倍処理を高速化できることについて説明します。

J.フロント リテイリングにおけるデータアナリスト育成の取り組みについて

本稿では、J.フロント リテイリング株式会社が取り組んでいるデジタル人財育成の中で、 AWS 上に構築した統合データ基盤を活用したデータアナリスト育成の取り組みについて紹介します。

Amazon S3 の API オペレーションを分析してストレージコストを最適化する

急速に変化するデータ環境(例:大規模なデータが頻繁に作成、共有、複製される状況)により、データストレージの需要が高まっています。多くのお客様は、費用対効果の高いデータの保存方法や、費用をかけずにデータから必要となるすべての情報を入手できる最適な方法を探しています。

Amazon S3 のプライベート DNS サポートのご紹介

Amazon S3 インターフェイス VPC エンドポイントでプライベート DNS オプションをサポートしました。プライベート DNS を使用することで、オンプレミスのアプリケーションからはインターフェイス VPC エンドポイント経由で Amazon S3 にアクセスができ、VPC 内アプリケーションからはゲートウェイ VPC エンドポイントを使用して Amazon S3 にアクセスできるため、コスト効率にも優れています。この記事では、AWS PrivateLink を使用してプライベート DNS で Amazon S3 にアクセスする方法を説明します。

マルチクラウド間のデータ移動を AWS DataSync で簡素化する

AWS DataSync は、様々なクラウドプロバイダー間でデータが移動できるようになりました。DataSync を使用すると、他のクラウドの Amazon S3 互換ストレージと Amazon S3 などの AWS Storage サービス間でオブジェクトデータを大規模に移動できます。この記事では、マルチクラウドでデータ転送を開始するための DataSync の設定に関する一般的な概要を説明します。

AWS DataSync をスケールアウトしてデータ転送を高速化する方法

データセンターの設置するスペースや、光熱費の増加、ハードウェアの更新サイクルを意識せずに、ストレージ容量を増やしたいという要求に悩んだことはありませんか?お客様は、オンプレミスや他クラウドサービスのストレージにて、容量を自由に確保したいとしばしば考えています。これは、アーカイブ用途やクラウドコンピューティングにて利用するデータ、あるいはその両方であっても構いません。オンラインデータ移行の際に利用できる通信帯域に制限があるお客様は、スクリプトの作成と保守への投資を避けたいかもしれません。また移行の際に、データを検証する方法やネットワークを効率的に利用する方法を探していることもあります。