Amazon Web Services ブログ

Tag: AWS IoT SiteWise

インダストリアルIoTソリューションにおける10のセキュリティゴールデンルール

産業用デジタルトランスフォーメーションは、オペレーショナルテクノロジー(OT)の状況に変化をもたらし、インターネット、ITシステム、およびソリューションとの接続性を高めています。オペレーショナルテクノロジーとは、ハードウェアとソフトウェアを使用して、物理的な資産と生産オペレーションを監視および制御することです。OTの要素である産業用制御システム(ICS)は、産業でプロセス制御に使用されるいくつかの種類の制御システムと関連する計器類を含む一般的な用語です。これらの環境が進化し続けるにつれて、OT環境はより多くのITソリューションを活用して、生産オペレーションにおける生産性と効率を向上させています。このITとOTシステムの融合により、厳しい条件のネットワーク環境に耐えるように設計された技術とそうでない技術が混在しており、リスク管理の課題が生じています。産業用機器のインターネット(IIoT)は、産業用制御システムと業務システム、インターネット、ビジネスプロセス、分析を接続および統合するシステムであり、スマートマニュファクチャリングおよびインダストリー4.0の重要な要素です。これは、産業環境で使用可能な技術の範囲を大幅に拡大しました。本記事では、このOT/ITの融合について説明し、産業分野のお客様が適切に管理しなければならない新しいセキュリティリスクと課題を紹介します。

Read More

AWS IoT SiteWise ハンズオンを公開 – デバイスからのデータ収集、データ連携、収集したデータのモニタリング方法について学べます

こんにちは!ソリューションアーキテクトの久次米です。この記事では、 AWS IoT SiteWise ハンズオンについてご紹介します。なお、 2021年5月12日 現在では、 AWS IoT SiteWiseは東京・大阪リージョンで使用することはできないため、使用可能な他のリージョンを活用ください。 AWS IoT SiteWise サービスページより抜粋 AWS IoT SiteWise は、産業機器からのデータの大規模な収集、保存、整理、モニタリングを容易にして、より優れたデータ主導の意思決定を行うことができるようにするマネージドサービスです。AWS IoT SiteWise を使用すれば、全施設にわたる運用のモニタリングや、一般的な産業パフォーマンスメトリクスの迅速なコンピューティングが可能なほか、産業機器データを分析するアプリケーションを作成して、コストのかさむ機器の問題を予防したり、生産のギャップを減らしたりできます。これにより、デバイス間で一貫してデータを収集し、リモート監視で問題をより迅速に特定し、一元化されたデータでマルチサイトプロセスを改善できます。 ハンズオンの構成 このハンズオンでは、 AWS IoT SiteWise を学習するにあたり、3 つの発電所 (Power Plant) に各々2つの発電機 (Generator) がある環境をシミュレートします。各発電機からは温度、回転数や発電量などのデータ (メトリクス) を収集・保存し、生産設備の稼働効率に関する階層化された指標である設備総合効率 (Overall Equipment Effectiveness = OEE) に沿って可視化しモニタリングする方法を、実際に手を動かしながら 3〜4 時間ほどで学ぶことが出来ます。 ハンズオンを始めるにあたっては、デバイスなどを用意せず、ブラウザのみで簡単に学べます。

Read More