Amazon Web Services ブログ

Tag: AWS IoT SiteWise

Edge to Twin:デジタルツイン向けのスケーラブルなEdge to Cloud アーキテクチャ

このブログは、Edge to Twin: A scalable edge to cloud architecture for digital twins を翻訳したものです。 システムと運用の没入型 3D ビューを取得して、効率を最適化し、生産を増やし、パフォーマンスを向上させる方法を探していますか?おそらく、さまざまなオンプレミスシステムから必要なすべてのデータを生成していますが、実際の仮想表現でこの情報にアクセスする方法が分からないのではないでしょうか。このブログ投稿では、AWS IoT TwinMaker を使用して、エッジからツインまで、エンドツーエンドのソリューションを構築する方法を学習します。また、エッジで Open Platform Communications United Architecture(OPC UA)を使用して産業用ミキサーからテレメトリデータを取得し、AWS IoT TwinMaker でツインを構築するようにさまざまな AWS サービスを設定する方法についても学習します。

Read More

AWS IoT Application Kitを使ったIoT Webアプリケーションの構築

この記事は Sudhir Jena によって投稿された Build IoT web applications using AWS IoT Application Kit を翻訳したものです。 2022年3月1日に IoT アプリケーション開発者向けのオープンソースの UI コンポーネントライブラリ AWS IoT Application Kit を発表しました。AWS IoT Application Kit により、開発者は AWS IoT SiteWise のデータを活用したリッチな対話型 Web アプリケーションを構築することができます。 IoT アプリケーション開発者は ReactJS 、 Vue.js 、ネイティブ JavaScript などの Web フロントエンドフレームワークと AWS IoT Application Kit の再利用可能なコンポーネントを使用して、産業資産監視アプリケーションなどのカスタマイズしたユーザー体験を提供することができます。

Read More

AWS IoT SiteWise Edgeでデータを様々な場所に保存する方法

この記事は Philipp Sacha によって投稿された How to store data with AWS IoT SiteWise Edge in many locations を翻訳したものです。 はじめに この記事では AWS IoT SiteWise と AWS IoT SiteWise Edge を使用して AWS IoT SiteWise のデータストアだけでなく、他の多くの場所にデータを保存する方法について解説します。デフォルトでは、データは AWS 上の AWS IoT SiteWise データストアに保存されます。

Read More

IoT データの取り込みと可視化のための7つのパターン – ユースケースに最適なものを決定する方法

この記事は 7 patterns for IoT data ingestion and visualization- How to decide what works best for your use case の日本語訳です。 モノのインターネット(IoT)を始めたばかりでも、すでに数百万台の IoT デバイスが接続されていても、IoT データから抽出される価値を最大化する方法を探しているのではないでしょうか。IoT デバイスのデータには、報告されたテレメトリデータ、メタデータ、状態、コマンドとレスポンスの中に、豊富な情報が含まれていることがあります。しかし、適切なレポート作成および可視化ソリューションを持つことは、業務効率を最大化し、ビジネス成果を実現するために必要な洞察を得るための鍵となります。 それゆえ、AWS Well-Architected のようなフレームワークは、管理、パフォーマンス、コスト、および運用の観点から最適なソリューションを選択するのに役立ちます。例えば、リアルタイムでデータを提供できるレポートと可視化ソリューションを探しているかもしれません。あるいは、完全にカスタマイズ可能で、インサイトを検索できるソリューションをお探しかもしれません。 このブログ記事では、AWS の様々な IoT レポート作成と可視化ソリューションについて説明します。リアルタイム、ニアリアルタイム、スケジュールに沿ってレポートを提供できる7つの異なるアーキテクチャパターンを紹介します。さらに、各ソリューションのユースケース、更新頻度、データ取り込みプロセス、アーキテクチャ、および複雑さに関するデータポイントも提供します。

Read More

AWS IoT SiteWise による産業機器からのデータ取り込みと管理

AWS IoT SiteWise は、産業機器データの収集、整理、分析を簡素化するマネージドサービスです。AWS IoT SiteWise を利用することで、お客様は追加のソフトウェアを開発することなく、複数の設備からデータを収集し、構造化して、アクセシビリティを高め、設備の状況を理解しやすくなります。AWS IoT SiteWise に保存された機器データにより、産業用機器の性能を遠隔地や拠点間で評価することができるようになります。このように産業設備全体を可視化することで、業務の効率化を図るとともに、生産のギャップや無駄を発見することもできます。また、 AWS IoT SiteWise Edge はオンプレミスで稼働し、機器やローカルのヒストリアンデータベースに安全に接続し、データを読み取ることができます。2021年11月24日に AWS IoT SiteWise は、設備データのクラウドへの取り込みを容易にする3つの新しい機能を発表しました。これらの機能が追加される以前は、お客様は AWS IoT SiteWise にデータを取り込む前に機器のモデルを事前に作成する必要がありましたが、この新機能により、機器が AWS IoT SiteWise に接続されると同時に、クラウドにデータを取り込むことができるようになりました。このブログでは、 AWS IoT SiteWise を使用してモデルに関連付けられていないデータを取り込む場合の詳細、利点、ベストプラクティスについて解説します。

Read More

AWS IoT SiteWise Edge ハンズオンを公開 – AWS IoT SiteWise のアセットモデルを使用して、オンプレミスの SiteWise ゲートウェイで機器データをモニタリングする方法について学べます

こんにちは!ソリューションアーキテクトの久次米です。この記事では、 AWS IoT SiteWise Edge ハンズオンについてご紹介します。 AWS IoT SiteWise が2021年10月7日に東京リージョンで利用可能となったことで、 AWS IoT SiteWise Edge も東京リージョンで利用可能になりました。 AWS IoT SiteWise Workshop は既に公開しておりますが、 AWS IoT SiteWise Edge Workshop では更に機器のデータをオンプレミスで収集・処理することができる SiteWise の新しい機能を体験・学習できます。この機能により、クラウドへ接続ができない状態でも動作を継続させる必要のある低遅延アプリケーションを実現することができます。

Read More

インダストリアルIoTソリューションにおける10のセキュリティゴールデンルール

産業用デジタルトランスフォーメーションは、オペレーショナルテクノロジー(OT)の状況に変化をもたらし、インターネット、ITシステム、およびソリューションとの接続性を高めています。オペレーショナルテクノロジーとは、ハードウェアとソフトウェアを使用して、物理的な資産と生産オペレーションを監視および制御することです。OTの要素である産業用制御システム(ICS)は、産業でプロセス制御に使用されるいくつかの種類の制御システムと関連する計器類を含む一般的な用語です。これらの環境が進化し続けるにつれて、OT環境はより多くのITソリューションを活用して、生産オペレーションにおける生産性と効率を向上させています。このITとOTシステムの融合により、厳しい条件のネットワーク環境に耐えるように設計された技術とそうでない技術が混在しており、リスク管理の課題が生じています。産業用機器のインターネット(IIoT)は、産業用制御システムと業務システム、インターネット、ビジネスプロセス、分析を接続および統合するシステムであり、スマートマニュファクチャリングおよびインダストリー4.0の重要な要素です。これは、産業環境で使用可能な技術の範囲を大幅に拡大しました。本記事では、このOT/ITの融合について説明し、産業分野のお客様が適切に管理しなければならない新しいセキュリティリスクと課題を紹介します。

Read More

AWS IoT SiteWise ハンズオンを公開 – デバイスからのデータ収集、データ連携、収集したデータのモニタリング方法について学べます

こんにちは!ソリューションアーキテクトの久次米です。この記事では、 AWS IoT SiteWise ハンズオンについてご紹介します。なお、 2021年5月12日 現在では、 AWS IoT SiteWiseは東京・大阪リージョンで利用することはできないため、利用可能な他のリージョンを活用ください。 ※ 2021年10月7日に東京、ムンバイ、ソウルのリージョンでも利用可能となりました。 AWS IoT SiteWise サービスページより抜粋 AWS IoT SiteWise は、産業機器からのデータの大規模な収集、保存、整理、モニタリングを容易にして、より優れたデータ主導の意思決定を行うことができるようにするマネージドサービスです。AWS IoT SiteWise を使用すれば、全施設にわたる運用のモニタリングや、一般的な産業パフォーマンスメトリクスの迅速なコンピューティングが可能なほか、産業機器データを分析するアプリケーションを作成して、コストのかさむ機器の問題を予防したり、生産のギャップを減らしたりできます。これにより、デバイス間で一貫してデータを収集し、リモート監視で問題をより迅速に特定し、一元化されたデータでマルチサイトプロセスを改善できます。 ハンズオンの構成 このハンズオンでは、 AWS IoT SiteWise を学習するにあたり、3 つの発電所 (Power Plant) に各々2つの発電機 (Generator) がある環境をシミュレートします。各発電機からは温度、回転数や発電量などのデータ (メトリクス) を収集・保存し、生産設備の稼働効率に関する階層化された指標である設備総合効率 (Overall Equipment Effectiveness = OEE) に沿って可視化しモニタリングする方法を、実際に手を動かしながら 3〜4 時間ほどで学ぶことが出来ます。 ハンズオンを始めるにあたっては、デバイスなどを用意せず、ブラウザのみで簡単に学べます。

Read More