Amazon Web Services ブログ

Tag: Best practices

図 6 次世代スマートメーターを活用した電力DXの推進

寄稿:関西電力送配電株式会社によるスマートメーターシステムのクラウド採用に向けた取り組みのご紹介 (後半)

関西電力送配電株式会社によるスマートメーターシステムのクラウド採用に向けた取り組みについて、執行役員である松浦 康雄様より寄稿いただきました。
本稿では、スマートメーターシステムにおけるクラウドや AWS 採用に関わる意思決定に至る社内の議論経過(後半)をお伝えいただきます。

図A. 現行システムと次世代システムのフルクラウド化

寄稿:関西電力送配電株式会社によるスマートメーターシステムのクラウド採用に向けた取り組みのご紹介 (前半)

関西電力送配電株式会社によるスマートメーターシステムのクラウド採用に向けた取り組みについて、執行役員である松浦 康雄様より寄稿いただきました。
本稿では、スマートメーターシステムにおけるクラウドや AWS 採用に関わる意思決定に至る社内の議論経過(前半)をお伝えいただきます。

効果的なクラウドガバナンスによるクラウドのビジネス価値の向上

私たちは、デジタル・トランスフォーメーションに着手するAWSのお客様に、クラウド移行はデジタル・トランスフォーメーションの一部であり、デジタル・トランスフォーメーションはビジネス成果によって推進されなければならないことを考慮するよう、しばしばアドバイスしています。ガバナンス・プログラムの有効性が、クラウド移行とデジタルトランスフォーメーションの成功を左右します。デジタル・トランスフォーメーションのクラウド移行部分には終わりがあります。しかし、デジタル・トランスフォーメーションに終わりはありません。効果的なガバナンスによって、より弾力的に、より速く、より低コストで、より効率的に、よりセキュアにするよう常に努力する必要があります。

Automating Amazon CloudWatch Alarm Cleanup at Scale

Amazon CloudWatch アラームの大規模なクリーンアップを自動化する

このブログでは、CloudWatch で価値の低いアラームのクリーンアップメカニズムを AWS アカウントのリージョン全体に大規模にデプロイする方法を探り、さまざまな種類の設定ミスや価値の低いアラームを特定することによって、お客様が CloudWatch アラームのコストを最適化するのに役立つメカニズムについて説明します。

Amazon DynamoDBにおけるバックアップ戦略

バックアップはあらゆるディザスタリカバリ戦略の中心的な要素であり、主に目標復旧時点 (RPO) と目標復旧時間 (RTO) によって管理されます。最小限の管理でニーズを満たし、ビジネスに支障をきたさず、費用対効果が高いバックアップ戦略が必要です。この記事では、 Amazon DynamoDB で使用できるさまざまなバックアップ戦略と、それぞれの最適なユースケースについて説明します。

Amazon Connect ステップバイステップガイドのベストプラクティス

Amazon Connect ステップバイステップガイドを使うことで、エージェントは複数のツールを切り替えることなく効率的に問い合わせに対応できます。この記事では Amazon Connect ステップバイステップガイドについていくつかのベストプラクティスをご紹介します。再利用性や拡張性を備えたガイドを作成する方法、素早くガイドを開発する方法、セキュリティ、モニタリング、それからコスト最適化などについてです。

大規模言語モデルを Amazon SageMaker 上で学習する際のベストプラクティス

Amazon SageMaker Training で 大規模言語モデル(LLM) の学習を成功させるための Tips とベストプラクティスについて深く掘り下げます。本記事では、LLM 学習ワークロードのすべてのフェーズをカバーし、関連するインフラ機能とベストプラクティスについて説明しています。これらのベストプラクティスにより、SageMaker 上で数千万から数億のパラメータ規模の LLM をトレーニングすることができます。

デジタルトランスフォーメーション:なぜ、誰が、どの様にそして何を – パート4「何を」

パート3 のブログ記事「どの様に」では、変革プロセスのベストプラクティスを取り上げ、効果的な変革をもたらすための、デジタルトランスフォーメーションプロセスフレームワークの活用方法について説明しました。今回は、デジタルトランスフォーメーションを実現するためのテクノロジーについて、より深く掘り下げて解説します。

製造業の拠点の在庫管理をサプライチェーンのデータレイクで改善

このブログシリーズでは 4 つのブログでこの課題に取り組みます。各々のブログで問題の解決のためのキーとなる要素を提示します。この最初のブログでは、分散したデータをまとめて正規化されたサプライチェーンのデータレイクをどのようにまとめ上げられるか、を説明します。次のブログでは、サプライチェーンのデジタルツインを使用してどのように物理的な製品フローを視覚的にモデル化するか、そして情報豊富なサプライチェーンのデータレイクにどうやって育て上げるかについて説明します。3 つ目のブログでは、デジタルツインの上位レイヤで、仕入れ計画のアプリケーションをどのように開発していくか、そして最後のブログでは LoRaWAN などの IoT 技術を使用して、広範囲に分散しデータ取得が難しい拠点からデータを取り、どのように自動的に、コスト効率よく、頻度が高く粒度の細かいデータを使用して、データレイクにデータを注入するかについて説明します。