Amazon Web Services ブログ

ディープラーニングネットワーク (GAN と Siamese) を組み合わせハイクオリティでリアルなイメージを生成

ディープラーニングはトレーニングに使用するデータの量と質に依存するため、企業は優れたイメージデータを得ようと多額の費用を投資をしています。通常、そうした企業はコストの掛かる人間による注釈を使ったり、製品や人物の写真を撮るなど、多大な作業を要しています。けれども、このアプローチはコストが掛かる上に拡張性もありません。コンピュータをトレーニングしてハイクオリティなイメージを生成すれば、コストを大幅に削減しビジネスの成長を促進することができます。 このブログ記事では、Amazon の私の同僚数人がまとめた「Semantically Decomposing the Latent Spaces of Generative Adversarial Networks」という学術論文で取り上げられているコンセプトを分かりやすく説明します。この論文は、Semantically Decomposed GANs (SD-GANs) の使用を可能にするため、Generative Adversarial Networks (GANs) と Siamese Networks (SNs) を実際に適用する場合について説明しています。 GANs と SNs は比較的高度なディープラーニングシンボルで、現実的な問題を解決するために各自または他のディープラーニングシンボルと組み合わせて使用することができます。こうしたシンボルを組み合わせると、AI アプリケーションは難しく複雑なビジネス上の問題をより多く解決できるようになります。たとえば、AI の主なチャレンジの 1 つは注釈やタグ付けしたデータの欠如です。ハイクオリティな注釈データには多大なコストが掛かるため、これを利用できるのは大規模で経済的に余裕のある企業に限られています。この論文で説明されているようなディープラーニングの方法を使うと、より多くの企業が質の高いデータを少ないサンプルから生成することが可能になります。 リアルなイメージを分析するために作成者が GANs や SNs そして SD-GANs をどのように使用し、同じ人物やオブジェクトのコントロールしたバリエーションで「偽」のイメージを生成する方法を説明します。パラメータやあなたが設定した「監視プロパティ」により、偽のイメージを別の視点から作成したものに見せたり、別の照明や、より良質な解像度を使用、もしくはそれに似たようなバリエーションを使用したかのように見せることができます。この論分で説明されているイメージ分析を使用すると、プロがフォトショップで加工したもの、または 3D モデルを使用して作成したかのように、実にリアルなイメージを作成することができます。 図 1: 論文で説明されている方法を使用して生成したサンプル各行は同じ顔のバリエーションを示しています。各列は同じ監視プロパティを使用しています。 Generative Adversarial Networks とは? Generative Adversarial Networks (GANs) は、ニューラルネットワークの比較的新しいディープラーニングアーキテクチャです。これは 2014 年にカナダのモントリオール大学の Ian […]

Read More

今すぐ利用可能 – 4TBメモリ搭載のEC2インスタンス

今年の初めに、最大16TBメモリ搭載のEC2インスタンスを提供する計画をお伝えしました。本日、4つのAWSリージョンで4TBのDDR4メモリを搭載した新しいx1e.32xlargeインスタンスが利用可能になったことを発表いたします。以前の記事で書いたように、これらのインスタンスは、SAP HANAなどのメモリ重視のインメモリアプリケーションのために設計されています。 既に多くのお客様が、既存のx1.32xlargeインスタンス上で本稼働SAPアプリケーションを実行しています。本日のリリースによって、これらのお客様は、より大きなデータセットを保管・処理できるようになり、非常に大規模な本番環境でも稼働できるようになりました。 x1e.32xlargeは、x1.32xlarge同様に、4ソケットのIntel Xeon E7 8880 v3 Haswellプロセッサ 2.3GHz (128vCPUs)で実行され、大きなL3キャッシュやメモリ帯域幅を持ち、CステートとPステート制御による最適なパフォーマンスを提供します。 ネットワーク面では、インスタンスごとに最大8つのElastic Network Interfaces(ENIs)をサポートし、Elastic Network Adapter(ENA)によって、EC2プレイスメントグループ内で起動したときに最大25Gbpsのネットワーク帯域幅を提供します。インスタンスはデフォルトでEBS最適化されており、EBSボリューム専用の14Gbpsの帯域幅があり、インスタンスあたり最大80,000IOPSをサポートします。インスタンスには、1,920GBのSSDボリュームのペアも含まれています。 【いくつかのメモ】 x1e.32xlargeに関して、いくつか覚えておくべき事項があります: SAP認定 – x1e.32xlargeインスタンスは、SAP Business Suite on HANA(SoH)、SAP Business Warehouse on HANA(BWoH)、次世代ERPであるSAP S/4HANAや次世代データウェアハウスソリューションであるSAP BW/4HANAの本稼働HANA環境としてSAP社から認定およびサポートされる大規模なクラウドネイティブインスタンスです。もし、お客様が既にX1インスタンスでSAP HANAワークロードを実行されているのであれば、迅速かつ容易にスケールアップすることができます。SAP HANA on the AWS Cloud Quick Start Reference Deploymentは更新済みで、SAPとAWSのベストプラクティスに従って高い性能と信頼性を実現した構成の導入を支援します。SAP HANA Hardware DirectoryとSAP HANA Sizing Guidelinesも関連しています。 リザーブドインスタンス – リザーブドインスタンスのリージョン単位の柔軟性は、x1とx1eには適用されません。 【今すぐ利用可能】 x1e.32xlargeインスタンスは、米国東部(バージニア北部)、米国西部(オレゴン)、欧州(アイルランド)、そしてアジアパシフィック(東京)リージョンで、AWS Management Console、AWS Command Line Interface(CLI)、AWS SDKs、あるいはAWS […]

Read More

新機能 – DynamoDB VPCエンドポイントが出ました

今日(翻訳元記事2017年8月16日)からAmazon Virtual Private Cloud(VPC)でAmazon DynamoDB用エンドポイントがすべてのAWSのリージョンでご利用いただけます。AWS Management ConsoleまたはAWS Command Line Interface(CLI  コマンドラインインターフェイス)を使用して、すぐにエンドポイントをプロビジョニングできます。DynamoDBのVPCエンドポイントには追加費用はかかりません。 多くのAWSをお使い頂いているお客様は、セキュリティまたは分離の理由からAmazon Virtual Private Cloud(VPC)内でアプリケーションを実行します。以前は、VPC内のEC2インスタンスがDynamoDBにアクセスできるようにするには、2つのオプションがありました。インターネットゲートウェイ(NATゲートウェイを使用するかインスタンスの公開IPを割り当てる)を使用するか、すべてのトラフィックをVPNまたはAWS Direct Connect経由でローカルインフラストラクチャにルーティングしてからDynamoDBに戻すことができます。これらのソリューションには両方ともセキュリティとスループットの関係があり、NACLまたはセキュリティグループを構成してDynamoDBだけへのアクセスを制限することは困難でした。下の画像は上記のパターンのアーキテクチャです。 エンドポイントの作成 DynamoDBのVPCエンドポイントを作成しましょう。DescribeVpcEndpointServices APIコールを使用して、指定したリージョンでエンドポイントがサポートされていることを確認できます。 aws ec2 describe-vpc-endpoint-services –region us-east-1 { “ServiceNames”: [ “com.amazonaws.us-east-1.dynamodb”, “com.amazonaws.us-east-1.s3” ] } 上記の結果により、これらのエンドポイントをサポートしていることを確認出来ました。私は自分のVPCの1つを指定して、CLIまたはコンソールからの操作で簡単にエンドポイントをプロビジョニングできます。コンソールの使い方はこれから説明します。 最初に、VPCコンソールに移動し、サイドバーの[Endpoint]を選択します。そこから「Create Endpoint」をクリックして、この便利なコンソールに遷移します。 エンドポイントのAWS Identity and Access Management (IAM) ポリシーセクションに気づくでしょう。これは、通常のIAMポリシーでDynamoDBがサポートする詳細なアクセス制御をすべてサポートし、IAMポリシー条件に基づいてアクセスを制限できます。 今の例ではこのVPC内のインスタンスはフルアクセスし出来るようにして、「次のステップ」をクリックします。 これは私のVPC内のルートテーブルのリストに、これらのルートテーブルのどれに私のエンドポイントを割り当てるかを尋ねています。いずれかを選択して[Create Endpoint]をクリックします。 コンソールの警告メッセージに注意してください。パブリックIPアドレスに基づいてDynamoDBにソース制限がある場合、DynamoDBにアクセスするインスタンスのソースIPはプライベートIPアドレスになります。 DynamoDBのVPCエンドポイントをVPCに追加した後のアーキテクチャは次のようになります。 これでおしまいです!とても簡単で無料で利用する事ができます。是非利用してみて下さい。詳細が必要な場合は、ここでドキュメントを読むことができます。 (SA 成田が翻訳しました。元記事はこちら)

Read More

Apple Core ML と Keras が Apache MXNet をサポート

Apache MXNet バージョン 0.11 が利用可能になりました。このリリースでは MXNet がコミュニティ開発と Apache プロジェクトを生み出す上で大きな節目を迎えています。今回のリリースのコードは Apple、Samsung、Microsoft の開発者を含む協力者により実現されました。このプロジェクトには現在の時点で 400 人以上の協力者が参加しています。このプロジェクトのコードベースは完全に Apache への移行を完了し、インキュベーティングプロジェクトとして公式にリリースされた第一弾です。このリリースの重要ないくつかの機能については過去のブログでご紹介しました。このブログ記事ではハイライトを再びご説明します。 MXNet モデルを使用して iOS、macOS、watchOS、tvOS 対象のアプリで Machine Learning を構築 Apple の Core ML が WWDC 2017 でリリースされたことにより、開発者は独自のアプリに Machine Learning を簡単に統合できるようになり、いくつかのコードでユーザーにインテリジェントな新機能を提供することができます。すでに、拡張現実といった我々が環境を経験する方法において変化をもたらしています。高速に進化している AI 機能がさらに拡大していくに連れ、開発者は私達のエクスペリエンスを強化する新機能を利用可能にする新たな Machine Learning モデルにアクセスできるようになります。 Apple はアプリ開発者が最新技術のモデルを利用できるようにするため、Apache MXNet プロジェクトにコードを提供しています。MXNet は MXNet を使ってクラウドで Machine Learning モデルを構築しトレーニングを可能にする Core ML を開発者が利用できるようにしました。Xcode に直接インポートすることも可能になり、独自のアプリでインテリジェントな新機能を簡単に構築できます。様々なアプリケーションや独自で構築するモデルに、トレーニング済みモデルの MXNet Model Zoo から選択することができます。このリリースは MXNet モデルを […]

Read More

Amazon Lex ボットのスキーマを Alexa Skills Kit にエクスポート

Alexa スキルの作成プロセスをシンプルにするため、Amazon Lex チャットボットのスキーマを Alexa Skills Kit にエクスポートできるようになりました。 Amazon Lex が Amazon Lex チャットボットの定義を Alexa Skills Kit (ASK) に追加できる JSON ファイルとしてエクスポートできるようになりました。ASK にボットのスキーマファイルを追加すると、Amazon Echo、Amazon Dot、Amazon Look、Amazon Tap、Amazon Echo Show、Alexa を有効にしたサードパーティ製のデバイスで使用する Alexa スキルを構築できます。JSON 設定ファイルには発話、スロット、プロンプト、スロットタイプを含む Amazon Lex チャットボットの構造が含まれています。エクスポート機能は Amazon Lex チャットボットで Alexa スキルの作成プロセスをシンプルにすることができます。 Alexa スキルを作成するには、次のステップを実行して ASK ポータルにある Amazon Lex ボットの定義ファイルを使用できます。手順については次をご覧ください。 Amazon Lex コンソールから ボットの作成、構築、発行が完了したら開発したボットリストを含むページに戻ります。 ラジオボタンを使ってエクスポートしたいボットを選択します。ボットを選択するとページ上部の [Actions] タブが有効になります。 [Actions] タブのドロップダウンメニューの項目から […]

Read More

Deadline 10 – AWSでレンダリングファーム起動

Deadline Version10の発表に合わせて、セミナーを9/27に目黒にて開催いたします。奮ってご参加ください! Thinkbox Deadline Version 10 発表セミナー (2017 年 9 月 27 日開催) グラフィカルレンダリング処理は、embarrassingly parallel(驚異的並列)ともいわれる計算能力集約型のタスクです。 言い換えると、タスクを処理しているプロセッサの数とタスクを完了するのに必要な処理時間との間に、直線的な関係があることを意味します。 映画製作などのクリエイティブな取り組みでは、結果をより速くすることで創造性が高まり、フィードバックループが改善され、試行錯誤を繰り返す時間が得られ、より良い結果が得られます。 社内レンダリングファームを所有している場合でも、ピーク時にはより多くのコンピューティングパワーを確保するためにクラウドを活用することができます。 一度このような環境に慣れてしまうと、社内リソース、クラウドリソース、およびデジタルアセットをどのように統一的に管理していくかが次の課題になります。 Deadline 10 8/29、強力なレンダリング管理システムであるDeadline 10を発表しました。Deadline10では、買収したThinkbox Software社の技術をベースとし、シンプルな使いやすさはそのままに、既存のオンプレミスレンダリングをAWS クラウドへ拡張可能に設計されており、レンダリングファームに弾力性と柔軟性を提供します。これにより複数のAWSリージョンにまたがる大規模な分散ジョブを設定および管理することが可能になり、一般によく使われるDeadline for Autodesk 3ds Max, Maya, Arnold等のアプリケーションも弾力性に富んだusage-based(従量課金)で利用可能になり、Thinkboxマーケットプレイスから入手可能です。(訳注:現時点で3ds Maxは近日提供予定となっております)皆様はマーケットプレイスからソフトウェアライセンスを購入したり、既存のライセンスを使用したり、それらを一緒に使用することもできます。 Deadline 10は、EC2 スポットインスタンスへ入札を行うことでクラウドベースのコンピューティングリソースを取得可能です。これにより、あなたの想像力をそのまま形にするために、低コストでコンピューティング能力を提供します! またDeadline 10は既存AWSアカウントを利用し、トラッキング用にEC2インスタンスにタグを付け、レンダリングを開始する前にローカルアセットをクラウドに同期させる機能をもちます。 クイック・ツアー Deadline 10の画面にて、どのようにAWSを活用するのかを見てみましょう。AWSリソースを利用する機能であるAWSポータルは、 Viewメニューから利用できます。 最初のステップは皆様のAWSアカウントでログインすることです。 その後、AWS環境との接続に利用するコネクションサーバ、ライセンスサーバ、レンダリングセットを保管するためのS3バケットを設定します。 次に、Spot Fleetをセットアップし、各EC2インスタンスの1時間あたりの最大入札価格を設定し、ターゲット容量を設定し、目的のレンダリングアプリケーションを選択します。 もちろん、ご希望のEC2インスタンスタイプを選択いただくことも可能です。 レンダリング準備ができたら、「Start Spot Fleet」をクリックします。 これにより、スポットインスタンスの入札と管理のプロセスが開始されます。 実行中のインスタンスはポータルへ表示されます。 レンダリングパイプラインの進行状況を監視できます。 不要になれば停止することもできます。 Deadline 10は、Usage […]

Read More

Windows 向けの新しい Amazon EC2 Elastic GPU

本日、Windows 向け Amazon EC2 Elastic GPU の一般提供を発表しました。Elastic GPU はアプリケーションのグラフィックパフォーマンスを高速化するために Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) インスタンスにアタッチできる GPU リソースです。Elastic GPU は Medium (1GB)、Large (2GB)、XLarge (4GB)、2xlarge (8GB) のサイズで提供されています。G3 または G2 (OpenGL 3.3 アプリケーション向け) といった GPU インスタンスタイプを使用する代わりとして、低コストで利用できるサービスです。Elastic GPU は様々なインスタンスタイプと使用することができ、アプリケーションに適切なコンピューティング、メモリ、ストレージバランスを選べるように柔軟性を提供しています。そして今日から Elastic GPU を us-east-1 と us-east-2 でプロビジョンできるようになりました。 Elastic GPU は eg1.medium で 0.05 USD/時間からご提供しています。1 時間 5 セントです。Elastic GPU を t2.medium […]

Read More

Amazon Aurora の Fast Database Cloning

今回は、私が実に便利だと思う Amazon Aurora の機能、Fast Database Cloning について簡単にご紹介します。Aurora の基盤となる分散ストレージエンジンを利用して、データベースのコピーオンライトで素早く経済的にクローンを作成することができます。 私のこれまでのキャリアの中で、開発、実験、分析に使用するための代表的なデータサンプルを待つことに多くの時間を費やしてきました。たとえば 2 TB のデータベースがあった場合、タスクを行う前にデータのコピーの準備を待つのに何時間も掛かることがあります。RDS MySQL でさえ、スキーマの移行テストやいくつかの分析を行う前に、スナップショットコピーが完了するのを何時間も待つ必要があります。Aurora はこの問題を実に興味深い方法で解決しています。 Aurora の分散ストレージエンジンは、通常であれば実現が不可能なことをできるようにしたり、従来のデータベースエンジンでは経済的に難しいことを可能にします。各ページにポインタを作成することで、ストレージエンジンが Fast Database Cloning を有効にします。そして、ソース内のデータやクローンで変更を行うと、コピーオンライトプロトコルがそのページのコピーを新たに作成し、ポインタを更新します。つまり、これまで 1 時間を要した 2 TB スナップショットの復元タスクを約 5 分で完了することができるのです。そして、その時間の大半は新しい RDS インスタンスのプロビジョニングに費やされます。 同じストレージにポイントしているため、クローン作成の所要時間はデータベースのサイズによります。また、コピー全体ではなく変更を行ったページのストレージ分だけを支払うため、経済的にクローンを作成できます。データベースクローンは耐久性保証を含む通常の Aurora データベースクラスターです。 では、データベースのクローンを作成してみましょう。まず、Aurora (MySQL) インスタンスを選び [Instance Actions] で [create-clone] を選択します。 次にクローン名を 「dolly-the-sheep」 にし、プロビジョンします。 約 5 分半でクローンが利用可能になり、大規模なスキーマ変更をいくつか行ってもパフォーマンスへの影響は見られませんでした。Aurora チームが高速化した DDL オペレーションを有効にしているため、スキーマ変更自体は従来の MySQL で行うよりも早く完了することができました。自分で変更を追加していく間に他のチームメンバーにスキーマ変更をテストさせる場合は、これに続いてクローンのクローンを作成したり、クローンのクローンのクローン (など) を作成することもできます。RDS の視点から見ると、クローンがファーストクラスデータベースであるということは重要なポイントです。スナップショット、バックアップ、モニタリングなど、他の […]

Read More

IP アドレスから AWS とオンプレミスリソースを介したアプリケーションの新しい負荷分散

去年、新しい AWS Application Load Balancer について紹介した時に、それを使用して Layer 7 (アプリケーション) ルーティングを EC2 インスタンス、そしてコンテナで実行しているマイクロサービスに実装する方法も説明しました。 長期に渡る AWS への移行の一部として、ハイブリッドアプリケーションを構築しているお客様もいらっしゃいます。こうしたお客様からは、単一の Application Load Balancer を使用して既存のオンプレミスリソースと AWS クラウドで実行している新しいリソースの両方でトラフィックを分散させたいという声が寄せられています。また、別のお客様からは、2 つ以上の Virtual Private Clouds (VPC) に渡るウェブやデータベースサーバーにトラフィックを分散させたり、特定のポート番号を使用しながら特定の IP アドレスと同じインスタンスで複数のサービスをホストしたり、Server Name Indication (SNI) をサポートしないクライアントに IP ベースの仮想ホスティングを提供したいという声も寄せられています。さらに別のお客様からは、きめ細かなアクセス制御を実装するために複数のインターフェイスとセキュリティグループを使用しながら、同じインスタンス (場合によってはコンテナ内) でサービスの複数のインスタンスをホストしたいというリクエストも頂いています。 これらはハイブリッド、移行、災害復旧、オンプレミスのユースケースやシナリオといった幅広い状況で発生します。 IP アドレスへのルート こうしたユースケースに対処するため、Application Load Balancer が直接 IP アドレスにトラフィックをルートできるようになりました。こうしたアドレスは ALB と同じ VPC、同じリージョンにあるピア VPC、ClassicLink を経由した VPC とリンクしている EC2 インスタンス、VPN […]

Read More

新しいNetwork Load Balancer – 秒間数百万リクエストに簡単にスケーリング

Elastic Load Balancing(ELB)は、Auto ScalingとAmazon CloudWatchを含む3つの組みの一部としてローンチした2009年以来、AWSの重要な要素になっています。それから、私たちは多数の機能を追加し、そしてApplication Load Balancerをリリースしました。コンテナで稼働するアプリケーションに対するアプリケーションレベルでのコンテンツベースルーティングをサポートする様に設計されており、Application Load Balancer はマイクロサービス、ストリーミング、リアルタイムワークロードと相性が良いです。 長年にわたって、私達のお客様はあらゆる規模のwebサイトや、アプリケーションをサポートする為にELBを利用しています。1, 2台のT2インスタンス上で動くシンプルなサイトや、ハイエンドインスタンスで構成される大きなフリート上で動き大量のトラフィックを捌く複雑なアプリケーションにまで利用されています。ELBはバックグラウンドでトラフィックを監視し、需要に応じる様に自動的にスケールしています。このプロセスには、余裕をもったバッファが含まれていて、長年にわたってより迅速になりより反応性があがってきたことで、生放送やフラッシュセール、ホリデーシーズンををサポートするためにELBを利用しているお客様にとっても、よく動作します。しかしながら、リージョン間の瞬時のフェイルオーバーや急激なワークロードの変動(スパイク)などの状況では予想されるトラフィックの急増に対してELBをプリプロビジョニングをするようお客様と協力して対応してきました。 新しい Network Load Balancer 今日、新しいNetwork Load Balancer(NLB)を発表します。NLBは超低遅延で高いスループットを維持しながら利用者の努力なしに、秒間何百万リクエストを捌く様に設計されています。Network Load Balancerはターゲットグループやターゲットの完全なプログラム制御を含めて、Application Load BalancerとAPI互換性があります。最も重要な機能のいくつかは以下の通りです。 固定IPアドレス – 各Network Load Balancerは 各VPCサブネットの範囲に対して1つの固定IPアドレスを提供します。us-west-2aにあるサブネットにターゲットがあり、他のターゲットがus-west-2cのサブネットにあった場合、NLBは2つのIPアドレス(サブネットあたり1つ)を作成し管理します。そのIPアドレスに対する接続は そのサブネット内のインスタンス全体に分散します。さらに制御をするために、各サブネットに対して既存のElasticIPを割り当てることも可能です。IPアドレスを完全に制御することで、Network Load BalancerはIPアドレスを、DNSレコードやファイアウォールルールなどにハードコードされる必要がある場合でも利用可能です。 ゾーナリティ(Zonality) – サブネット単位のIP機能はパフォーマンスの向上により遅延を減少させ、アイソレーションとフォールトトレランスを通じて可用性を向上させ、Network Load Balancerの利用をクライアントアプリケーションから透過的にします。Network Load Balancerは、自動フェイルオーバーを可能にしながら、特定の送信元からの一連のリクエストを1つのサブネットのターゲットにルーティングします。 送信元アドレスの保持 – Network Load Balancerでは、到達コネクションのオリジナルの送信元IPアドレスと送信元ポートを維持するので、アプリケーションソフトウェアはX-Forwarded-Forやプロキシプロトコルや他のワークアラウンドをサポートする必要がありません。これは、VPC Security Groupsを含む一般的なファイアウォールルールをターゲット上で利用可能であることを意味しています。 長時間の接続 – NLBは組み込まれたフォールトトレランスによりコネクションを扱うため、NLBは何ヶ月も何年にもわたってオープンなコネクションを処理できるため、IoTやゲーム、メッセージングアプリケーションに最適です。 フェイルオーバー – Route53による ヘルスチェックによって、NLBはリージョン内およびリージョン間のIPアドレス間のフェイルオーバーをサポートします。(訳注: NLB単体では複数AZをサポートします) Network […]

Read More