Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon EC2

FireLens の内部構造を示す図。

詳解 FireLens – Amazon ECS タスクで高度なログルーティングを実現する機能を深く知る

この記事は Under the hood: FireLens for Amazon ECS Task (記事公開日: 2019 年 11 月 18 日) を翻訳したものです。 2019 年 11 月、Amazon ECS は FireLens によるカスタムログルーティングのサポートを発表しました。FireLens によって、人気の高いオープンソースのロギングプロジェクトである Fluentd や Fluent Bit を簡単に使用することができ、さまざまな AWS サービスやパートナーの宛先にログを送信することができます。 この記事では、私たちがなぜ、どのようにして FireLens を作ったのか、詳しく説明します。また、私が FireLens を使用した結果を共有し、FireLens を設定するための推奨事項を紹介します。この記事では、FireLens、Fluent Bit や Fluentd について深く掘り下げます。Fluentd や Fluent Bit に馴染みのない方は、読み進める前に、Fluentd や Fluent Bit と FireLens のドキュメントをよく理解しておくことをお勧めします。

Read More

EC2 で Grafana をセットアップして Amazon Managed Service for Prometheus のメトリクスをクエリする

最近ローンチされた Amazon Managed Service for Prometheus (AMP) は、Prometheus メトリクスを取り込み、クエリ、保存するための、可用性の高いセキュアな環境を提供します。Amazon Managed Service for Grafana (AMG) 、セルフホスト型の Grafana サーバー、または HTTP API を使用して AMP 環境からメトリクスをクエリできます。 この記事では、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) でセルフホスト型の Grafana サーバーを構成し、AMPデータソースからダッシュボードを作成する方法を紹介します。

Read More

AWS Global Accelerator と Amazon GameLift FleetIQ を活用してプレーヤーエクスペリエンスを向上させる

インターネット経由で世界中のユーザーにサービスを提供するゲームを構築することは困難です。この2つのパートからなるシリーズでは、ゲーム開発者が世界中のプレイヤーエクスペリエンスを向上させ、より効率的に展開し、レイテンシーを短縮し、インゲームのパフォーマンスを向上させ、ゲームコンテンツをより速く配信する方法について説明します。 この最初の投稿では、AWS Global Accelerator を使用して、ゲームプレイやオンラインストアのトラフィックなどの動的コンテンツのパフォーマンスを向上させる方法について説明します。また、AWS Global Accelerator と Amazon GameLift FleetIQ を統合するためのリファレンスアーキテクチャも提示し、マルチプレイヤーゲーム用のクラウドサーバーを簡単にデプロイ、運用、スケーリングします。2番目のブログ記事である、Amazon CloudFront を使用してゲームバイナリやメディアアセットなどの静的コンテンツを配信することについては、近日公開予定です。

Read More

【開催報告】「AWSへのマイグレーションのその先に ~リフト&シフトからのクラウド最適化~」セミナー

EC2スポットインスタンススペシャリスト ソリューションアーキテクトの滝口です。2021年6月3日にオンラインで開催された「AWSへのマイグレーションのその先に ~リフト&シフトからのクラウド最適化~」セミナーでは、200名を超える聴衆の方々にご参加いただき、AWSからの基調講演および技術解説、またリフト後のマイグレーションを成功裏に実施された、2社のお客様の具体的な事例をご紹介いただきました。 本記事では、お客様のご登壇資料を含む当日資料をご紹介し、また参加者の皆様からいただいた当日のQ&Aの一部をご紹介します。

Read More

Amazon GameLift FleetIQ adapter for Agones のご紹介

本投稿は、Principal Specialist SA, Containers の Jeremy Cowan と Senior Solutions Architect の Trevor Roberts による記事を翻訳したものです。 新しいゲームタイトルのローンチにはある程度のリスクが伴い、かなりの投資が必要になり、大量のコンピューティングパワーが必要になる場合があります。それらはワクワクすることかもしれませんが、ゲームが大ヒットするかどうかを常に知ることはできません。クラウドは、かつて設備投資となっていたものを運用コストに変換できるため、そのリスクの一部を軽減できます。ゲームスタジオとしては可能な限り支出を削減したい、つまり可能な限り低いコストで優れたプレイヤー体験を提供したいと考えています。そのためには、最高の信頼性を提供するゲームサーバーが必要です。Amazon EC2 スポットインスタンスを使用すると、AWS クラウド内の使用されていない EC2 キャパシティーを大規模かつ簡単に活用できます。また、既存のオンプレミスでのデプロイと比較して、EC2 の支出を70%も削減できます。ゲームセッションが途中で終了する可能性を最小限に抑え、ゲームホスティングにおいて低コストのスポットインスタンスを利用できるとしたらいかがでしょうか?

Read More

AWS を活用したオープンバンキング ~ データ受信企業における実装方法

本投稿は AWS のソリューションアーキテクトである Akash Jain による寄稿を翻訳したものです。 2017年11月26日、オーストラリア政府は、消費者データ権 (CDR)の導入を発表しました。オーストラリア競争・消費者委員会 (ACCC)によって管理される CDR は、消費者が自分のデータをより詳細に制御し、商品とサービスの比較や乗り換えする能力を高めることを目指しています。例えば、フィンテックはオープンバンキングデータを使用することで、消費者に最も適したクレジットカードやローンを見つけやすくします。AWS パートナーである Adatree のオープンバンキングユースケースレポートには、このようなユースケースが多数記載されています。CDR によって推進される透明性は、住宅ローン、個人ローン、クレジットカード、貯蓄口座などの銀行商品の価格競争の強化につながるだけでなく、消費者データを活用する革新的な製品やサービスにつながります。

Read More

【オンデマンド利用可】Amazon EC2 ハイメモリインスタンスの新しいラインナップ

はじめに ※ご注意 2021年5月14日現在、ご利用可能なリージョンは以下の通りです。 US East (バージニア北部), GovCloud (米国西部), EU (アイルランド), EU (フランクフルト), Asia Pacific (シンガポール). SAPをお使いのお客様は、AWSを革新的なプラットフォームとして活用されています。あるお客様は、SAPクラウドへの移行の初期段階にあり、クラウド移行に集中しています。他のお客様は、AWS上のSAPシステムを強化し、高度なAWSサービスを使ってコアビジネスプロセスを革新しています。例えば、Zalando社はデータとアナリティクスのアーキテクチャを刷新して顧客体験を向上させ、Invista社はSAP ERPを用いてAI/MLを活用して製造成果の向上を図り、Volkswagen社はDigital Production Platform構想の一環としてSAP S/4HANAシステムとAWS IoTを統合しています。しかし、ビジネスラインや技術的なユースケースのレベルでこれらの革新的なソリューションを用いて変革を行っているSAPのお客様にとっても、SAPシステムを支える基礎的なインフラストラクチャは依然として重要な検討事項です。

Read More

AWS SaaS Boost がオープンソースとしてリリースされました

re:Invent 2020 で、Amazon は AWS SaaS Boost の プレビューを発表 しました。これは、ソフトウェア開発者が既存のソリューションの提供形態を SaaS (Software-as-a-Service) モデルに移行するのをサポートするツールです。AWS SaaS Boost を、AWS 上で貴社の SaaS を推進および管理するのに役立つすべての地上運用とロケットを備えた、アプリケーションのスペースローンチシステムとして考えてください。SaaS Boost によって SaaS へのアプリケーション変換を迅速化することで、開発作業を大幅に軽減し、ソフトウェア開発者は自社製品を差別化する機能の開発に集中できるようになります。何百人もの開発者からの関心を受けたこのプロジェクトを、本日 2021年5月12日 GitHub で公開できることをうれしく思います。

Read More
AWS-CPG-DTC-Modernization

DTC e コマースサイトをモダナイズするための3つのステップ

筆者(Danny Yin)は15年以上にわたって、多くの革新的な消費者ブランドの e コマースプラットフォームの設計を支援してきました。特に消費者向け(Direct To Consumer; DTC)e コマースサイトにおける顧客体験の向上と運用効率向上を支援することが、AWS における筆者の役割です。 レガシーアーキテクチャに多額の投資を行っている消費財企業からも、クラウドベースの e コマースプラットフォームのメリットをどうすれば実現できるのかよく聞かれます。このブログでは、e コマースサイトをモダナイズするための3つの戦略について、その概要を紹介します。 DTC eコマースサイトの典型的なレガシーアーキテクチャはおわかりになりますね。オンプレミスのデータセンターに配置されたモノリシックアプリケーションで、DBA チームが巨大なウェブサイトを管理、チューニングしています。特にホリデーシーズンの購買ピーク時には、コストがかかる上に、拡張は難しく、管理にも時間がかかっていました。ここではこの点についてこれ以上深追いはせず、3 つのモダナイゼーションを見ていきましょう。

Read More
Cloud Video Editing

【Edit in the Cloud】AWSで編集環境を構築する方法 ~Cloud Video Editing テンプレート~

Edit in the Cloudシリーズの第1回目では、AWS上で様々な編集シナリオの想定モデルを実現するための基礎知識を説明しました。今回はいよいよGitHubのサンプルをデプロイする段階に入ります。このステップ バイステップガイドでは、AWS上で編集ホスト、ストレージをデプロイし、接続する方法を詳しく説明します。このテンプレートによりユーザーはAmazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) 上に編集環境を構築することができます。加えて、Amazon FSx for Windows ファイルサーバーはEC2インスタンスからストレージとして利用し、メディアアセットの共有リポジトリとして活用することができます。また、このテンプレートには、Teradici for Federated Loginと連携したAWS Directory Servicesが含まれており、シームレスな編集体験を可能にしています。では早速テンプレートを利用して環境を構築していきましょう。まずご自身のAWSアカウントを利用して、AWSマネジメントコンソールにログインしたら次のAWS CloudFormationデプロイメントテンプレートを使用します。本テンプレートは現在、US-East-1とUS-West-2で提供しています。

Read More