Amazon Web Services ブログ

Category: Management Tools

新機能 – Amazon CloudWatch Logs Insights – 高速でインタラクティブなログ分析

多くのAWSサービスがログを生成します。すぐに思いつくものだけで VPC Flow ログ、Route 53 ログ、Lambda ログ、CloudTail ログ (AWS API 呼び出しのログ)、RDS ログ、IoT ログ、ECS ログ、API Gateway ログ、S3 サーバーアクセス ログ、EC2 インスタンスログ (CloudWatch Agent 経由)があります。EC2インスタンスの上で動くサービス(Apache、Tomcat、NGINXなど)もログを生成します。そしてあなたのアプリケーションコードもおそらく同じでしょう。 それらのログに含まれる、データ、パターン、傾向、洞察により、あなたのアプリケーションや AWS リソースの、振る舞い、改善すべき点、運用上の問題の検出が可能になります。しかし、いつものことですが落とし穴があります。フォーマットやデータ要素数が多様化し、生ログデータサイズが増加することで分析は困難になります。個別の AWS 利用者が定常的に100テラバイト以上のログファイルを毎日生成した場合、find や grepといった従来のツールではもはや分析することはできません。 CloudWatch Logs Insights 新しいサービス CloudWatch Logs Insights がお役に立ちます。これはクラウドスケールで動作するよう設計され、セットアップやメンテナンスが不要なフルマネージドのサービスです。これは大量のログを数秒で走査し、インタラクティブなクエリの実行と可視化を提供します。あらゆるログフォーマットや、JSON ログから自動検出したフィールドを扱えます。使ってみると分かるように、これは大変フレキシブルであり、ログを調査するためのお気に入りのツールの一つになるでしょう。

Read More

re:Invent 2018 AWS CloudFormation セッションガイド

re:Invent2018 開幕まであとわずかになりました。例年のように、 AWS CloudFormation が提供するインフラストラクチャデプロイの舞台裏やフロントエンドを語り尽くす、ブレークアウトセッション、ワークショップ、チョークトーク(ホワイトボードによる講義)などが予定されています。 ここではセッションカタログからいくつかのハイライトをピックアップし、続いてCloudFormationにフォーカスしたセッションやワークショップの一覧を示します。 re:Invent 2018 参加者の方はもちろん、会場にお越しでない方もイベント後の情報収集のためにご利用ください。

Read More

AWS Dev Day Tokyo 2018 セキュリティセッション & ワークショップ 開催レポート

  皆様、こんにちは。セキュリティソリューションアーキテクトの桐山です。 2018/10/29(月)から11/2(金)にかけて開催されたAWS Dev Day Tokyo 2018で実施された、セキュリティ関連のセッションとワークショップをおさらいしてみます。 開発者向けカンファレンスということで、この度はセキュリティに興味のある多くの開発者にご参加いただきました。これから企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)時代に向かっていく中、開発者の役割も更に高度化・専門化しています。 事業部門で、いわゆるSysmem of Engagement(SoE)領域に携わる開発者は、下記のような今までにない新しいワークロードをセキュアに開発することに挑戦しているでしょう。 IoTサービスにより、様々なデバイスから大量の信頼性の高い実データを収集する 企業内データを一元的に集約・保存する場所(データレイク)をセキュアに管理・運用する 迅速にビジネスインサイトを活用するために、データ分析・可視化・利用をサーバーレスコンピューティング環境で実現する 上のそれぞれに相当するIoTセキュリティ、データレイクセキュリティ、サーバーレスセキュリティは新しいセキュリティ技術領域と言えます。 一方で、IT部門にて、いわゆるSystems of Record(SoR)領域に携わる開発者は、事業成長を支えるセキュリティ基盤を実現しなければなりません。ITインフラ自体を変革させると同時に、事業活動の変化やスピードに対応するためにSecurity as a ServiceやSecurity Automationに取り組むことになるでしょう。 このようなDX時代のセキュリティをAWSで実現するとしたら・・・以下のワークショップとセッションが役に立つはずです。

Read More

AWS CloudFormation を AWS Lambda によるマクロで拡張する

今日(2018/9/6)、AWS CloudFormation の強力な新機能である マクロ (Macros) を紹介できることを嬉しく思います。開発者は CloudFormation マクロ を使って CloudFormation テンプレートのネイティブ記法を拡張できるようになりました。これは AWS Lambda による変換処理を呼び出すことで実現されています。みなさんご存知の Serverless Application Model も同様のテクノロジで実現されていますが、今回の機能は、変換処理を、あなたのアカウントの、あなたが作成した Lambdaファンクションを使用して、完全にカスタマイズすることができます。(AWS初心者の方へ)CloudFormation はインフラストラクチャを (YAML や JSON の) コードでモデリングし定義するために重要なツールです。CloudFormation は AWS 全体とそのサービスが依存するコアな構成要素です。

Read More

AWS Systems Manager の新しい Automation アクションの使い方を紹介

AWS パートナー の Onica によるゲストポストです。Eric Miller (VP of Solutions Development for Onica) が書きました。 AWSのDevOpsコンピテンシーパートナーとして、Onicaはお客様に対し、様々な自動化への挑戦をサポートしてきました。最も重要なツールの一つに AWS Systems Manager があります。AWS Systems Manager はお客様プロジェクトにおけるリソースとアプリケーションの管理をシンプルにし、かつAWSのインフラをセキュアに、信頼性高く、スケーラブルに運用することを容易にしてくれます。Systems Managerは多くのメリットをお客様に提供します。リソースのグループ化、インスタンスの自動メンテナンス、そしてオンプレミスの物理サーバや仮想サーバの管理も。こういった機能によってお客様のビジネス課題の多くを解決することができます。たとえば: 問題検知にかかる時間の短縮 問題に対する対応の自動化(解決までにかかる時間を秒単位にすることも可能) AWSインフラストラクチャの可視性とコントロール性の改善 セキュリティとコンプライアンス対応の自動化 AWS Systems Managerが持つツールのうち、最も有用な機能の一つが AWS Systems Manager Automation です。これは AWS のマネージドサービスで、Automation Jobs を使用して、よく実行される操作やシステムメンテナンスタスクをシンプルにします。Systems Manager の 自動化ドキュメント (Automation documents) で利用可能なアクションは最近まで 15 個でしたが、今回 AWS Systems Manager Automation のチームは 3 つのオフィシャル Automation アクションを公式にサポートしました。これらの新しいアクションは […]

Read More

AWS CDK 開発者プレビュー

皆さんに AWS Cloud Development Kit (CDK) の開発者プレビューをご案内できることを嬉しく思います。現在の対応言語は TypeScript、 JavaScript そして Java で、.NET と Python を近々ご案内予定です。AWS CDK はソフトウェア開発のフレームワークであり、クラウドのインフラストラクチャをコードで定義して CloudFormation でプロビジョニングできます。CDK は AWS のサービスと統合され、高レベルかつオブジェクト指向の抽象概念を使ってAWS リソースを定義できます。CDK によってモダンなプログラミング言語を使ってAWS インフラストラクチャを見通しよく効率よく定義できるため、アプリケーションからインフラストラクチャまで一貫した開発体験 (development experience) が得られます。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS Service Catalog 資料及び QA 公開

先日 (2018/7/18) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar 「AWS Service Catalog」 の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20180718 AWS Black Belt Online Seminar AWS Service Catalog from Amazon Web Services Japan Q1. 質問です。説明では1つの製品は1つのテンプレートから構成されていましたが、複数のテンプレートを一つの製品として登録することはできないでしょうか(複数のテンプレートを並列or順序で実行できないか)? 登録できるテンプレートは1つですが、1つのCloudFormationテンプレートから、複数の製品を連鎖的に起動させることが可能です。 ご参照) AWS Service Catalog が複数プロジェクトの起動を連鎖する機能を導入 Q2. CloudFormationテンプレートの中でもパラメータの制約を設けることができますが、それとは別途サービスカタログでテンプレート制約を設けるメリットとは何でしょうか? 汎用的なCloudFormationテンプレートをひとつ用意しておいて、テンプレート制約でその使い方を状況に応じて切り替えることができます。 例えば、開発環境用のポートフォリオと本番環境用のポートフォリオがあったとして、製品(およびCloudFormationテンプレート)はひとつですが、開発環境用のポートフォリオでは、インスタンスタイプを制限する、本番環境用のポートフォリオでは制限をかけない、といった使い方が考えられます。 今後のWebinar情報 AWS Innovate Japan 2018 AWS Innovate は、AWS のラーニングを目的とした日本初開催の大規模オンラインカンファレンスです。お客様は時間や場所の制約にとらわれず、Machine Learning、IoT、コンテナ、IT基礎、ソリューションなどのセッションに自由に参加できます。AWS Innovate は 36 のセッションからなり、初心者も上級者も AWS […]

Read More

1億2500万人のゲーマーをオンラインでスムーズにプレーするにはどうすればいいでしょうか?Epic GamesがFortniteについて語ってくれました。

FortniteのクリエイターであるEpic Gamesは、2018年7月17日にニューヨークのJavits Centerで開催されたAWSサミットでAWSサービスへオールインを明らかにしました。 ゲーム上に1億2500万人のプレイヤーを想像してください。1億2500万人、それはニューヨークの人口の15倍になります。マルチプレイヤーゲームをプレイしているすべての人が、夢を実現するでしょう。 プレイヤー全員が素晴らしい時間を過ごすことを保証しなければなりません。どのようにしてこの大変多くの人々のすべてのデータを取り扱うのでしょう? Epic GamesのFortnite クリエイターが今年、自分自身でそれを見つました。Fortomiteのこの驚異的な成長により、Epic Gamesが毎月2ペタバイトのデータを扱わなければいけないことを意味します。2,000テラバイトのハードドライブが積み上がっていることを想像してください。どのようにゲームデベロッパーがその規模の情報量を処理するでしょうか?

Read More

AWS OpsWorks for Chef Automate におけるクックブックの継続的なテストとデリバリー

Chef サーバは、テスト済みの信頼できるクックブックを対象ノードの run list に簡単に追加できるハブであるべきです。しかしながら、クックブックのテストを実行し、Chef サーバへ配信する作業は手間のかかるタスクです。このプロセスをシンプルかつ迅速にするために、私たちは AWS の技術を活用してテストの実行と Chef サーバへのクックブックの配信を統合したパイプラインを構築しました。これによりクックブック開発の定型的ながらも重要な部分を自動化できます。

Read More